知らなかった薬の飲み方!薬は水で飲む?水なしはOK?お茶や牛乳で飲むのはダメ?

更新日:

薬は、飲んでしまえば大丈夫と思っている人も多いのではないでしょうか。
実は、その飲み方によっても効果の違いが生じてくるんです。
水なしで飲んでいる人、お茶で飲んでいる人、様々だと思いますが、今回は薬を飲む時の注意点についてご紹介します。

 

薬は水で飲むことが推奨されている

adobestock_120839772

病院から処方された薬や市販の薬を飲むときに、手元に水がなかったり面倒だったりすると「水なしで飲んでも大丈夫かな?」と思ってしまう人もいるかと思いますが、結論から言うと、薬は水もしくはぬるま湯で飲むことが推奨されています
多少面倒かもしれませんが、薬を飲むときにはきちんと水と一緒に飲むようにしましょう。

 

なお、全ての薬に当てはまるというわけではなく、現在では錠剤も進化しており、水なしで飲めるものも存在します。
病院などで、舐めて服用するように言われたことのある人もいるかと思います。

 

大概の場合は、口頭で服用方法を指示されるか、パッケージに服用方法について記載されていることがほとんどなので、しっかり守るようにしましょう。

 

注意が必要なのは、水なしで飲めるとされていない薬を水なしで飲んでしまうことです。

 

水だけではなかなか飲めない…という人には、オブラートゼリー状の服薬サポート商品などもあります。これらには薬の効果を下げるような成分は含まれていないので、必要に応じて使用するのが良いでしょう。

 

水で飲まないといけない理由

adobestock_43483275

なぜ薬は水で飲まないといけないのかというと、いくつかの理由があります。

それらを具体的にご紹介します。

 

薬の吸収を妨げないようにするため

薬を飲む時にもっとも重要なのは、しっかりと効果が発揮されることですよね。

せっかく効果的な薬を服用したとしても、正常に吸収されなければ期待する効果は現れません

飲み物にも様々ありますが、その中でも水には余計な成分が入っていないため、一番薬の吸収を妨げないとされているのです。

もしも口の中で薬の成分を包み込んでしまうような飲み物を一緒に飲めば、高い効果は期待できませんよね。

 

食道や胃にくっつくのを防ぐため

薬は飲んでさえしまえば問題ない、と思う人もいるかもしれませんが、飲み方も非常に重要になります。

水なしで飲んでしまうと、薬は流れていきにくく、食道や胃などの粘膜に直接触れてしまう可能性があります

そうすると、その触れた部分が炎症や出血を起こしてしまうこともあるのです。

内臓に余計な刺激を与えないためにも、水で薬の流れとクッションを作ってあげることが大切です。

 

薬と一緒に飲んではいけない飲み物

adobestock_102927475

薬を飲む際には水かぬるま湯で飲むべきである、とお伝えしましたが、ではその他の飲み物が避けられる理由は何なのでしょうか?

薬と一緒に飲むべきではない飲み物と、その理由についてご紹介します。

 

アルコール

薬とアルコールは一緒に飲んではいけない、というのはご存知の方も多いと思います。

アルコールを一緒に飲むと、薬が正常に体内に吸収されず、効き目が減少したり、逆に効きすぎてしまうことがあります。

副作用が大きくなる可能性もあり、服用した薬の種類によっては重大な症状が現れたりしてしまいます。

例としては、睡眠薬などがわかりやすいでしょうか。アルコールと一緒に飲んでしまうと、想定していた以上の眠気を感じるようになり、意識障害にまで繋がってしまう可能性もあるのです。

 

牛乳

牛乳は、タンパク質カルシウムを豊富に含んでいる飲み物です。

一見体には良さそうに感じますが、実はこれらと薬を一緒に飲むことにより、成分同士が結合して薬の効果が薄れてしまうこともあるのです。

またそれだけでなく、牛乳は、胃酸を想定してのコーティングがされている薬の表面を溶かしてしまうこともあります。

その結果、薬に含まれる有効成分はどんどんと溶けてしまうので、期待する効果は低くなってしまうことは一目瞭然ですよね。

 

コーヒーや紅茶、緑茶

これらの飲み物には、カフェインが多く含まれています。カフェインは一部の薬との相性がよくないとされており、一緒に飲むと効果が強く出すぎてしまったり、吐き気などの症状があらわれてしまうこともあります。

薬を飲まなければいけないのについいつもの習慣でコーヒーを飲んでしまった、というような場合には、30分以上時間をおいてから薬を飲むようにすると良いでしょう。

 

ジュース

ジュースの中でも特にグレープフルーツジュースには、フラノクマリンという薬の代謝の働きを弱めてしまう成分が含まれており、一緒に飲むと想定していた効果よりも強い効果があらわれてしまうことがあります。

また、酸性のジュースの場合には薬の効果を弱めてしまう場合があるので、ジュースで薬を飲むのはおすすめできません。

 

ミネラルウォーター

薬は水で飲むべき、ということはミネラルウォーターもいいの?と疑問の方も多いと思います。

実は、ミネラルウォーターは薬を飲むには適しているとは言えません

なぜかというと、ミネラルウォーターは名前の通り豊富なミネラルが含まれている硬度の高いものが多く、薬の中にはミネラルとの相性が悪いものも存在するためです。

薬の吸収が悪くなり本来の効果が薄れてしまう可能性があるので、なるべく避けるようにしましょう。

 

特に避けるべき飲み合わせ

adobestock_60221462

薬を水以外で飲むことはおすすめできませんが、中でも特に危険性のある、避けるべき飲み合わせも存在しますのでご紹介します。

 

カルシウム拮抗薬とグレープフルーツジュース

カルシウム拮抗薬は、高血圧の人などに使用される血圧降下薬です。

グレープフルーツジュースには、薬を飲んだ際の血中濃度をある程度高めてしまう働きがあり、血圧降下薬とともに飲んでしまうと効果が想定していたよりも強く表れてしまい、血圧が下がりすぎてしまう可能性があります。

また、それに伴い何らかの副作用が出てしまう場合もあるため、注意が必要です。

 

抗生物質と牛乳

抗生物質は、風邪をひいたときなどに処方されることが多い薬ですが、牛乳と一緒に飲むと牛乳に含まれる成分と結合してしまい、効果が半減、もしくは完全になくなってしまう可能性もあります。

抗生物質は正しく服用すれば比較的早く効果を実感できる薬ですので、せっかくの薬の効果を牛乳で妨げさせないようにしましょう。

 

便秘薬と牛乳

便秘薬と牛乳は、一緒に飲むと効果がありそうな気もしなくもないのですが、実は逆。

胃に到達した時点で薬のコーティングがはがれ溶けてしまう可能性があるので、便秘薬としての効果には期待できなくなってしまいます。

また、何らかの副作用があらわれる可能性もありますので、避けるようにしましょう。

 

風邪薬とカフェインを含む飲み物

カフェインを含む飲み物とは、コーヒーや緑茶、紅茶などのことを指します。

実は、風邪薬自体にも少量のカフェインが含まれているため、一緒に飲んでしまうとカフェインの過剰摂取となり、頭痛などを引き起こしてしまう可能性があります。

風邪の症状に苦しんでいる時に、さらに症状が悪化してしまっては元も子もありませんよね。

 

まとめ

adobestock_104897032

いかがでしたでしょうか?

薬は、基本的には水もしくはぬるま湯で飲むことが推奨されています。

 

そもそも水なしで薬をそのまま飲んでしまうと、途中でひっかかってしまったり粘膜に直接付着した部分が炎症を起こしてしまったりする可能性があります。

薬の効果を最大限に発揮させるには、水と一緒に飲んで薬を流しやすくし、成分を溶かしやすくする必要があるのです。

 

では水分であれば何でもよいのかというと、そうではありません。

コーヒーや牛乳など、一緒に飲んでしまいそうになりがちな飲み物は、一部の薬との相性がよくないものもあり、効果を半減させてしまったり、逆に効果を増大させて体に負担をかけてしまう恐れがあります。

中には命の危険にさらされる危険性のある飲み合わせもあるので、水以外の飲み物では薬を飲まないのが賢明です。

 

薬は、正しい飲み方で飲むことが治療への近道ですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.