美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

健康

骨盤が歪むとどうなる?カラダへの影響をまとめました

更新日:

TVや雑誌などで“骨盤の歪み”というワードを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?実は骨盤が歪むと、体に様々な悪影響を及ぼすことが明らかになっているんです。

今回は、骨盤の歪みや矯正方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

骨盤の歪みによる体への影響

adobestock_53404631

骨盤の歪みが体におよぼす影響についてご紹介します。

 

頭痛・肩こり

頭痛には、偏頭痛、症候性頭痛、緊張型頭痛などがあるのですが、骨盤の歪みによる頭痛は緊張型頭痛に当てはまります。骨盤の歪みによって姿勢が崩れやすくなり、前かがみになったり左右に傾いたりといった姿勢が続くことで首や肩の筋肉が緊張し、神経を刺激することによって頭痛を引き起こします。姿勢が悪いので、首や肩のこりも実感することが多いです。

 

神経痛

骨盤の歪みにより生じる神経痛の一つとしては、坐骨神経痛があります。坐骨神経とは腰から足の先まで繋がっている末梢神経なのですが、骨盤が歪むことによりその神経が圧迫され、下半身に痺れが走ったりうまく力が入らなくなったりといった症状が生じるようになります。

 

関節痛

骨盤が歪んでいると、体が左右対称に使えていなかったり一部分に無理な力がかかっていたりすることから、膝などの関節に痛みを感じるようになることもあります。もちろんすべての関節の痛みが骨盤の歪みのせいであるということはありませんが、骨盤の歪みを解消することにより関節痛が解消された、というケースもあります。

 

生理痛

骨盤の歪みにより子宮や卵巣が同じく歪んでしまうことで、生理痛が悪化することがあります。特に、出産時に骨盤が歪むとその後の生理痛がひどくなることもあります。

 

便秘

骨盤後傾」という骨盤の歪みが生じると、股関節や腸に圧迫を与え、排便がしにくくなってしまいます。排泄機能そのものが低下してしまうとも言われています。

 

太りやすくなる

骨盤が歪むと太りやすくなる、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。骨盤が歪むと、内臓の位置が下がり、本来の機能を発揮させることができなくなります。

また、骨盤が歪むことで姿勢や体のバランスが崩れがちなので、筋肉の働きが悪くなり、脂肪を溜め込みやすくなってしまいます

 

冷え性

骨盤が歪むことによって、内臓の機能が低下し血行が悪くなり、体に冷えをもたらします。当然代謝が落ちている状態なので、むくみも起こりやすくなります。

 

骨盤が歪む原因

adobestock_101107396

骨盤が歪む原因として考えられるものをいくつかご紹介します。

 

姿勢が悪い

普段の姿勢が悪いと、結果的に骨盤の歪みに繋がってしまうことがあります。常に猫背ぎみだったり、足を組んだり片方に重心をかける癖があったりするとどんどん体が傾き、骨盤も歪んでしまうのです。

 

仰向け以外で寝る

寝るときには、横向きやうつ伏せで寝るのが楽だと感じている方。実はすでに骨盤が歪んでいるかもしれません。横向きやうつ伏せで寝ると、仰向けに寝たときにはかからない余計な負担がかかることが多く、骨盤が歪む原因にもなりかねません。

 

筋力の低下

骨盤を支える筋肉の力が低下すると、正常な位置で支えられなくなった結果骨盤が歪んでしまいます。中でも、腰の奥部分にある大腰筋という筋肉が重要な役割を担っています。

 

出産

出産時には、どうしても骨盤がゆるんでしまいがちです。基本的には元の位置に戻ろうとはするのですが、ホルモンバランスの乱れなどにより戻らないこともあるのと、少しの姿勢の傾きなどで歪みやすくなっています。

 

骨盤の歪みをチェックする方法

adobestock_110248442

骨盤の歪みは、意外にも簡単にチェックすることができます。

まず、以下の項目を見てみましょう。

 

・足を組む癖がある

・片方の足に重心を置く癖がある

・片方の靴のすり減りが早い

・O脚もしくはX脚である

 

これらが1つでも当てはまる場合は、骨盤が歪んでしまっている可能性が非常に高いです。

 

また、すぐにできるチェック方法がありますのでご紹介します。

 

横座り

横座りとは、所謂“お姉さん座り”です。左右どちらかに足を崩して座る座り方ですが、どちらか、もしくは両方がやりづらい場合には骨盤が歪んでいる可能性があります

 

仰向けに寝る

かかとを少し離した状態で仰向けに寝て、全身の力を抜きます。その状態でつま先を見たときに、左右のつま先の開きが80~90度ほどのVの字に開いていれば問題はありません。それ以上に開いていたり、左右の開きが対象ではない場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。

 

足踏みする

まず、地面に何かしらの目印をつけます。その印の真上に立ち、その場で大きく50~100回ほど足踏みしてみましょう。このときのポイントとしては、腕を大きくふって足を高く上げることです。終わったあとに印から大きくずれている場合には骨盤が歪んでいる可能性があります。印からのずれかたによって骨盤がどうずれているかを判断することができます。

 

骨盤矯正によるメリット

adobestock_73044283

骨盤を矯正することによって得られる様々なメリットについてご紹介します。

 

体質の改善

骨盤が歪んでいるときに感じていた頭痛や肩こり、神経・関節痛などは、骨盤を正常な位置に戻すことによって症状の改善が期待できます。骨盤の歪みによって生じていた内臓への圧迫や内臓機能の低下も解消されます。骨盤矯正によって、複数の症状が一気に改善することも考えられます。

 

太りにくい体になる

骨盤矯正をすると、内臓が元の位置に戻り代謝が上がるので、太りにくい体になることができます。これまでいろいろなダイエットをしてきたけどなかなか痩せなかった、という人も、骨盤矯正で骨盤と内臓の位置を元の位置に戻してあげることですぐに効果があらわれるようになるかもしれません。

 

冷え性の改善

骨盤矯正をすると内臓の機能が正常に働くようになるため、全身に血液をスムーズに流せるようになり、冷え性の改善が期待できます。それに伴い、むくみも解消できるようになります。

 

骨盤を矯正する方法

adobestock_85968623

骨盤の矯正に効果的な方法をご紹介します。

 

整骨院や整体に行く

もっとも確実なのは、整骨のプロに見てもらうことです。自分ではよくわからなくても症状について相談することもできますし、適切な施術をしてくれます。骨盤は簡単に歪んでしまいがちなので、体に明らかな不調を感じているときでなくても定期的に施術を受けるようにすると、精神的にもとてもリラックスできるようになりますよ。

特に、出産後の女性は積極的に施術してもらうと産後太りも防ぐことが期待できます。

 

エクササイズをする

骨盤の歪みの改善には、自宅で簡単にできるエクササイズもおすすめです。

おすすめは、お尻で歩くエクササイズです。両足をまっすぐ前に伸ばし、お尻(骨盤)を前に出すようなイメージで歩きます。これを前後に行ってみましょう。

骨盤の歪みを矯正するだけでなく、骨盤周りの筋肉を鍛えることができるのでおすすめです。

また、仰向けになったまま両膝を抱え、前後に体を揺らすことでも骨盤の歪みの改善に効果的です。就寝前などにも簡単にできますよね。

 

まとめ

adobestock_101267792

いかがでしたでしょうか?

骨盤の歪みは、体にさまざまな不調をもたらします。頭痛が続いたり、太りやすくなったりと、何一ついいことはありません。

骨盤矯正をすれば、体の不調はなくなり太りにくい体になり、メリットだらけです。

骨盤の歪みは簡単にチェックすることができますので、歪みがある場合には整骨院に行ったりエクササイズをしたりしてみてはいかがでしょうか。

なお、無理な姿勢を続けたり変な癖がついていると、一度歪みを解消したと思ってもすぐに元通りになってしまいますので、普段から綺麗な姿勢を心掛けましょう。。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-健康
-,

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.