ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

中古車

中古車購入マニュアル☆これで安心!試乗時のチェックポイント

更新日:

プライスボードの表示について

ここでは、プライスボードに表示されている項目とその内容について紹介します。なお、プライスボードの表示は、販売店によっても異なります。

1.販売価格
中古車の車両本体価格を表しています。税金や保険などの費用は含まれていません。

2.初度登録(検査)年月
日本で初回に登録された年月が記載されていますが、軽自動車の場合は検査年のみの記載となっています。

3.車検証の有効期限
この項目で車検残の有無と、車検証の有効期限が記載されています。検付きであっても、税金は支払わなければなりません。

4.走行距離
走行距離が表示されます。走行距離が不明であったり、メーターが交換されている場合、その旨の記載があります。

5.点検整備記録簿
以前の所有者の点検整備記録簿が存在するかどうかが表示されています。

6.修復歴の有無
修復歴がある場合、修正や交換歴が記載されています。

7.使用歴
自家用、営業用、レンタカーなど、使用歴が記載されていますが、輸入中古車の場合、不明であることが多くなっています。

8.保証の有無
保証が付いているかどうか確認することができ、保証内容や補償が受けられる条件も把握できます。

9.定期点検整備実施状況
定期点検整備が実施されるかどうかがわかります。

10.定期点検整備ありの場合の整備費用
車体価格に定期点検整備が含まれているかどうか確認できます。

11.リサイクル料金の預託状況
自動車リサイクル料金が預託済みであるかどうかが表示されています。預託済みの場合、リサイクル料金が価格に含まれていることが確認できます。

見積書と保証書の確認

AdobeStock_104076135

中古車を購入する際には、見積書保証書をしっかり確認しなければなりません。

見積書では、自動車税、自動車取得税、自動車重量税、消費税、自動車リサイクル料金、車検整備費用、納車費用をチェックしてください。

金額が合っているかどうかだけではなく、払わなくても良い費用が記載されていないこともしっかり確認する必要があります。

もし、不明瞭な項目があれば、販売店に問い合わせて、納得のいく回答を得たうえで、契約を進めるようにしてください。また、中古車選びに迷っているのであれば、相見積りを取って比べてみることもお勧めします。

中古車の保障内容は保証書に書かれていますが、保証書をしっかり確認しないことが原因でトラブルになることもあるようです。

トラブルを避けるためにも、保証書を貰ったら内容を確認し、疑問点や不明点があれば、販売店に質問するようにしてください。

特に、保証期間と、走行距離がどの程度まで保障の範囲になるのか確認することが必要です。さらに、保証の範囲についても確認するようにしましょう。

工賃が無料なのかどうか、消耗品も保証の対象になるのか、しっかり確認しておいてください。また、どのようなトラブルに対して保証が受けられるのかについても、はっきりさせておかなければなりません。

例えば、走行トラブルが起こり、ロードサービスを依頼した場合も保証の対象になるのかどうか前もって確認するようにしましょう。

試乗時に確認すべきこと

AdobeStock_101691949

中古車を購入するのであれば、実際に乗ってみて状態を確認することが大切です

中古車を試乗した時には、エンジンルーム備品を確認してください。マスターキー、スペアタイヤ、スペアキー、車載工具、取扱説明書、点検記録簿が存在するかどうか確認します。

リモコン付きのキーであれば、実際に操作をしてみて、問題がないことをチェックします。次に、スペアタイヤをチェックしたり、車載工具が揃っているかどうかも確認してください。

また、カーナビゲーションシステム、オーディオの取扱説明書が揃っているかどうか確認し、点検記録を見て整備状況を把握します。エンジンルームに関しては、エンジン、バッテリー、オイル類、マフラー、ベルト類を確認します。

エンジンは1回でかかるか、変な音がしないかどうか確認します。オイル類やバッテリーについては、油量や液量に不足がないかどうか見ます。

マフラーには、サビや穴がないことをチェックし、さらに、音や色が自然であることを確かめましょう。

ベルト類については、ボンネットを開けたときに確認できるものだけでも、張りや劣化の状態を見ておきましょう。中古車に詳しくない方は、エンジンルームの詳細部分まで確認することは難しいかもしれません。

もし、不安があれば、中古車に詳しい人に同伴してもらって、一緒に車の状態を確認してもらうと良いでしょう。

試乗した際には、ハンドルを操作した時の振動、ブレ、直進安定性、さらに、アクセルやブレーキが正常に利くかどうか確認しましょう。

その他、ミッションの状態、ギアチェンジがスムーズであることも確認しなければなりません。最後に、メーターの針が変にぶれることがないかどうかも忘れずに確認しましょう。

自動車リサイクル法について

2005年1月1日に自動車リサイクル法が施行され、自動車を購入する際には自動車リサイクル料金を支払わなければならなくなりました。

新車であれば、購入時に払うのですが、中古車を購入する場合は、その車がリサイクル預託済みであるかどうかによって、支払う時期が異なります。

リサイクル預託済みの車であれば、自動車の購入時に支払わなければなりませんが、そうでない車であれば、廃車時に支払います。

リサイクル料金は、車種やグレードによって異なりますが、大体10,000円~20,000円の支払いになります。ただし、後でエアコンなどを設置した場合、廃車時に追加料金が取られるかもしれません。

そして、リサイクル料金を支払うと、リサイクル券の発行を受けますので、くれぐれも紛失することがないよう、自動車検査証と一緒に保管するようにしてください。

それから、中古車の車両本体価格にリサイクル料金が含まれている場合とそうでない場合があります。

車両本体の価格に含まれていない場合、別途リサイクル料金を支払わなければなりませんので、中古車購入の際にはその点をしっかり確認するようにしてください。

なお、リサイクル料金には、リサイクル料金情報管理料金資金管理料金が含まれています。この中の資金管理料金は、新車購入時のみに必要となる費用です。

もし、自動車リサイクル料金について疑問点などがあれば、財団法人自動車リサイクル促進センターか販売店に問い合わせるようにしてください。

中古車の法定費用とは

中古車を購入した場合には、法定費用を支払わなければなりません。

法定費用とは、簡単に言えば税金のことで、金額の計算方法は全国統一となっており、中古車の排気量、車検残によって異なってきます。

以下に、法定費用の種類について解説していきます。

自動車税は都道府県税の一つで、排気量が少なければ安くなり、多くなれば高くなりますが、軽自動車であれば、金額は一律となっています。

自動車重量税は国税の一つで、車両の重量が重くなるほど金額が高くなります。ただし、車検残がある場合は支払いの必要がなく、車検を通すときになってから、車検期間分だけを支払います。軽自動車の場合、車体の重量にかかわらず、税額は一律となっており、車検期間により、金額が決まります。

自動車取得税は、都道府県税の一つで、中古車を購入した際に支払わなければなりません。税額については、軽自動車は取得価額の3%、その他の自動車は取得価格の5%と決められています。

それから、自賠責保険料は必ず加入しなくてはいけない保険のことで、車検の際に次回車検までの期間分、保険料が発生することになります。

さらに、法定費用には、消費税も該当しますが、福祉車両の一部は免除となります。法定預かり費用は、手続きの際に必要な印紙代のことですが、地域ごとに金額は異なってきます。

中古車の自動車リサイクル料金については、車種やグレードごとに費用が違ってきます。また、リサイクル預託金が支払い済であるかどうかによっても支払い時期が異なります。

そして、自動車リサイクル料金は、車両本体価格に込みになっている場合もありますので、中古車を購入する際には確認してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-中古車

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.