ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

プラセンタ

プラセンタ種類を比較!動物性と植物性の効果の違い、安全性は?

更新日:

豚プラセンタ

AdobeStock_79842204

プラセンタの種類?豚由来

化粧品や美容製品、健康食品などに含まれているプラセンタ配合商品の大半が現在豚由来のプラセンタを使用しています。今市販されているプラセンタ製品には、他に馬や羊由来の動物性のものやライ麦などの植物性があります。

それでも豚由来のものが大きい範囲を占めていると言っても良いでしょう。豚由来がメジャーになる以前は、また違う哺乳類のプラセンタが主流だったことがご存知でしょうか?それは牛由来とヒト由来のものです

勘が良い方でしたらすぐにお分かりかと思いますが、牛由来はBSE問題以降使用禁止になっています一時は、動物プラセンタ全部が認められていませんでしたが、現在は牛以外の動物性プラセンタは認可が下りているので安全だと言えるでしょう。

ヒト由来のプラセンタは、薬事法の関係上、現在は病気治療用でのみ使用が許されています。美容業界での使用は禁止されているんですよ。そんな訳で、現在のプラセンタの主流を行く豚由来のものですが、それでも不安に思う方はいらっしゃると思います。

一般的に知られている豚の飼育環境は、一つの小屋で何十匹もの豚を一緒に育てているといったものではないでしょうか?確かに食用の豚でしたらそのような環境ですが、プラセンタを抽出する豚はSPF豚という豚がメインなんですよ。これは豚の飼育環境に関連しており、衛生面や感染症予防が徹底された厳重な管理の施された豚を指します。

そういった厳しい管理の中で育った豚ですから、とても質の良いプラセンタエキスが抽出できるんですよ。現在販売されている豚由来のプラセンタ配合製品にはほぼ、SPF豚が使用されています。

豚のプラセンタは人間自体ととても相性がいい言われており、ヒト由来のものに負けない効果が発揮されると言われています。今まで豚由来はちょっと…と思われていた方もいらっしゃるかもしれません。

プラセンタの成分としては豚由来のものは申し分がありませんから、是非一度試してみてくださいね。

馬プラセンタ

プラセンタの種類?馬由来

今動物性プラセンタと言うと、豚由来、羊由来、そして馬由来のものがメインで製品に配合されています。一番多いのは豚プラセンタですが、現在馬由来のものが成分的にもとても高品質で注目を集めているんですよ。

豚由来のプラセンタエキスも大変品質は良いのですがそれより更に良いと言われているのには様々な理由があるんです。

まず馬は1度の出産で1頭のみを出産します。豚と比べたら判りやすいのですが、豚は複数匹の赤ちゃんを産む動物ですから、その胎盤は複数頭育てることによって少し薄いものとなってしまうんです。

馬の胎盤は、その点1頭のみを育てるために1つ備わっていますから、シッカリと有効成分を保ったまま厚みのあるものです。また、人間の胎盤と構造が似ているといったところも馬由来の魅力の一つです。それから馬プラセンタは大体の製品がサラブレッドから抽出されているんですよ。これは血統がサラブレッドだということではなく、しっかりとサラブレッドとして育て上げられた馬ということを意味しているんです。

ですから衛生面もですが環境も一流、訓練も一流、その上栄養面でもきちんと管理が行きとどいた環境で育った馬由来ということです。豚と比較しても病気に対して耐性があるため健康であるというのも付け加えることが可能です。

数々の面からみても、豚由来に比べて馬由来はとても安全であることが判りますよね。もちろん成分的にも優れているところがあるんですよ。それはアミノ酸の量です。

豚プラセンタに比べ、そのアミノ酸量は約250倍ほどあり、また必須アミノ酸の種類も6種類多く含まれています。アミノ酸は私たちの体内に無くてはならない大事な栄養源です。

それが余りあるほど吸収できるという点も、馬プラセンタの魅力となっています。

羊プラセンタ

プラセンタの種類?羊由来

日本では商品を見かけることが少ないですが動物性プラセンタには羊由来のものがあります。これはもちろん羊の胎盤から抽出されるプラセンタエキスのことを指しています。

人間の胎盤組織ととても似た構造でアミノ酸組織も似ているとして、使用した際の反発が起こりにくいことで定評があります。とても馴染みやすく浸透しやすい種類だと言えるでしょう。

ニュージーランドやオーストラリア、スイスではメジャーなプラセンタエキスなんですよ。そのなかでもニュージーランドでは羊を育てることに関しても一目置かれています。

羊自体が病気になりにくい動物なのですが、特にニュージーランドの羊は狂牛病の発症が今まで一度もなく、徹底管理されているため大変安全面で信頼が置かれているんです。広大な大地でのびのびと育った、心身ともに健康的な羊たちの胎盤から抽出されたプラセンタエキスはとても質の良いもに仕上がっているんですよ。

また成分の面でも30種類以上にもなるアミノ酸と、高品質なプロテインが含有しているとあって、他の動物性に比べ優れている点も多かったりします。病気になりにくい=抵抗力が高い。というところも魅力ですね。

そして美肌効果にはどの動物由来のものよりも浸透力を発揮し、エイジングケアには欠かせないと言われるほどです。

羊プラセンタは、多くの海外セレブの間でも人気があり、プラセンタ愛用者のマドンナやエリザベステイラーはまさに羊由来のものを気に入っていることも注目される理由です。

老化によるシワや頬のたるみ、そしてほうれん線といった気になる肌の衰えを改善してくれる効果が高と話題なのがこの羊プラセンタです。

そのような悩みをもし改善されたいと思われるのでしたら、一度羊由来のプラセンタにも挑戦されてみてくださいね。

植物性プラセンタ

AdobeStock_82545332

植物性プラセンタとは

プラセンタはもともとは哺乳類の胎盤から抽出した成分です。ではなぜ植物性のプラセンタが存在するのか疑問に思いませんでしたか?

植物にはもちろん胎盤という組織はありませんが、同様の働きをする胎座というものがあるんですよ。植物性プラセンタはこの胎座から抽出されるものになります。胎座は植物が成長する段階で発生する栄養分で、成長に伴い細胞分裂していきます。そんな成長段階初期の植物から抽出されたエキスが植物性プラセンタなんですよ。

動物性と変わらず、植物性にもビタミンやアミノ酸が豊富に含まれていますから、動物由来のものと同じように美容化粧品やスキンケア製品に使用されています。

動物由来と植物由来のプラセンタの大きな違いとは

一番大きな違いは「成長因子」の有無です。動物性にはあり、植物性にはありません。「成長因子」は哺乳類が胎内で育つ上で、細胞分裂の促進や臓器生成に不可欠なものです。

成長因子を含む動物性プラセンタは、細胞の活性化や修復能力、再生能力が強い言われていますから、美容面においては肌トラブルを抑制し改善する効果が高いと言えるでしょう。

植物性プラセンタは残念ながら成長因子はありませんから、これらの効果より美肌効果に重点が置かれたものが多いのは事実です。実際、動物由来に比べるとやはり少し効果が弱いように感じる方も多いと聞きます。

それでも植物プラセンタが愛される理由は

美容効果が植物性の方が弱いと言われているのに、今も愛用者が減らないのには理由があります。それはやはり数年前にあったBSE問題でしょう。

当時プラセンタと言えば動物性で、そのほとんどが豚や牛から抽出したものでしたから、BSE問題により一時的にその安全性が疑われることになりました。現在は牛由来のもの以外、豚や馬、羊由来のものが動物性プラセンタとして流通しています。

しかし当時、厚生労働省は動物性プラセンタを原料とした商品の不認可を決めました。それにより植物性プラセンタの開発が進み、現在も根強い人気となっています。

動物性プラセンタの方が美容効果が高いと判っていても、やはり動物由来を避ける方も多い現状です。もちろん現在流通している動物プラセンタは安全面も効果面でもしっかりと管理されています。

それでも動物性と言うだけで、避けられる方もいらっしゃるということです。したがって、多少美容効果は劣るとはいえ、安心して使用出来る植物性プラセンタの人気は変わることがないと言えるでしょう。

ヒト由来のプラセンタ

プラセンタの種類?ヒト由来

プラセンタとは哺乳類の胎盤を意味する単語なのはご存知の方も多いでしょう。最近目にすることが多くなった高級美容成分プラセンタには、豚や馬の胎盤から抽出された動物由来や、大麦やライ麦といった植物の胎座から抽出された植物由来といったものがあるのですが、同じようにヒト由来のものもあるんですよ。

ヒト由来のプラセンタは、もちろん人間の胎盤から抽出されたプラセンタエキスです。美容系や健康系の製品には使用されることが許されていませんが確かに存在するんですよ。

現在日本におけるヒト由来のプラセンタは、医薬品である「ラエンネック」と「メルスモン」にのみ配合されています。「ラエンネック」は肝機能障害の治療薬、「メルスモン」は更年期障害の治療薬としてもう何十年も日本で活躍しているお薬なんですよ。

ヒト由来のプラセンタは、もちろん私たちと同じ人間のものですからその細胞組織や構造は同種の成分です。人間の胎盤そのものが使用されている訳ではなく、それぞれの機能改善に効果的な成分のみが抽出されていますのでとても高品質で有効な作用があると言われています。

そんな効果的なヒト由来のプラセンタですが…美容成分には使用されていないのには訳があるんですよ。大体想像がつくかと思いますが、胎盤とは胎児を育てる為にしか生成されない組織。海外のお話ではあるのですが、そんな胎盤を高値で売買するといった問題が生じたことがあるんです。

これは大変大きな問題になり、現在日本ではヒト由来の胎盤は医薬品である上記の薬品にしか配合することを許していません。専門の医療機関でのみ取り扱われ、厳重に管理生成されたヒト由来のプラセンタは注射として医療にのみ使用されることが許されています。

美容成分として興味がわくかもしれませんが、残念ながら病気の治療でしか使用が許されていません。しかし、もし今後更年期障害に悩む時が来ないとも限りません。そんな時にとても効果的な薬があるということを是非覚えておいてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-プラセンタ
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.