ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育毛

脱毛症の種類とフケの関係とは?ホルモンバランスの乱れが薄毛に!

更新日:

フケと脱毛症

最近、何だか「フケ」の量が増えてしまった…という人はいませんか?それはひょっとすると、抜け毛のサインなのかもしれません。

大量に増えたフケの原因を突き止めることは、抜け毛の予防に繋がります。早めに対処法を探して、大切な髪のヘアサイクルを守りましょう。

そもそもフケというのは、頭皮から剥がれ落ちた角質のこと。自然に剥がれ落ちるフケもありますし、洗髪の際の刺激で、削り取られてしまうフケもあります。

こうした日常的に出るフケを見て、薄毛を心配する必要はまず無いでしょう。気を付けておきたいのは、フケが大量に出る症状、いわゆる「フケ症」の場合です。

フケ症は、2つのタイプに分かれています。ひとつは、頭皮がカサカサの『乾性タイプ』のフケ症。頭皮の水分が不足している状態です。このタイプのフケ症は、毛穴の炎症を引き起こしやすいのが特徴ですね。毛穴の炎症は、髪の毛根を傷付け、抜け毛を増やしてしまいます。

そしてもうひとつは、頭皮がベタつく『脂性タイプ』のフケ症です。脂性タイプのフケ症は、時に「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」という炎症を引き起こします。これは過剰に分泌された皮脂が、毛穴に詰まってしまったことから起こる症状です。この炎症により、頭皮の状態がさらに酷くなると、次にやって来るのが「脂漏性脱毛症」です。

「脂漏性脱毛症」は、頭皮の毛穴を塞いで、毛髪をもろくしてしまいます。最悪の場合、毛髪の働きが停止してしまう!という恐ろしい脱毛症なんですよ。「脂漏性脱毛症」の原因は、「マラセチア」と呼ばれる菌の繁殖にあると言われています。

フケ症で悩んでいる人は、普段使用しているシャンプーを見直してみましょう。ホルモンバランスの乱れや、生活習慣による栄養不足などを原因とするフケ症もありますが、シャンプーを切り替えることで、フケ症が治まった!という報告は意外と多いんですよ。

まず乾性タイプのフケ症の人は、強い洗浄力を持ったシャンプーを避けて、頭皮に潤いを与えるシャンプーに切り替えてみてください。シャンプーの洗浄力が強いと、頭皮の保湿に必要な皮脂まで取り除かれてしまいます。

一方、脂性タイプのフケ症の人には、「脂漏性脱毛症」の原因とされるマラセチア菌を抑制するシャンプーがオススメです。また脂性タイプとは違って、皮脂の分泌が多いので、洗浄力が強いシャンプーを選ぶこともポイントです。

さらにフケ症の人は、洗髪の仕方にも注意しておきたいところ。頭皮をゴシゴシと強くこすると、洗髪後にフケが出やすくなってしまいます。シャンプーの際は、頭皮を揉みほぐすように、出来るだけ丁寧に洗ってくださいね。

円形脱毛症とは?

脱毛症の中でも、特に有名な『円形脱毛症』。皆さんも、一度は耳にしたことがありませんか?

抜け毛の前兆が全く無い!というのが、この脱毛症の特徴です。まばらに髪が抜けるタイプや、脱毛面積が広範囲のものなど、『円形脱毛症』の程度は様々。一番良く知られているのは、「10円ハゲ」タイプの『円形脱毛症』ではないでしょうか。実のところ、『円形脱毛症』のメカニズムは、いまだによく解明されていません。

自己免疫疾患(正常な細胞を、免疫系が攻撃してしまう病気)によって引き起こされる脱毛症、ということは判っているのですが、発病の切っ掛けそのものは、謎に包まれたままなんです。

ただ、昔からよく言われているのが、『円形脱毛症』とストレスの関係性ですね。生活環境の変化など、強いストレスに晒されているうちに、いつの間にか『円形脱毛症』になっていた!と訴える人は少なくありません。そしてまた、ストレスを取り去ったことで、症状が改善した!という報告も数えきれないほどあるのです。

どうにかして『円形脱毛症』を防ぎたい!と考える人も、皆さんの中にはいらっしゃるかもしれません。しかし何の前触れもなくやって来る脱毛症を、未然に防ぐというのは至難のワザ。ましてや『円形脱毛症』の原因は、全てが解明されていないワケですからね。

こうした予防が出来ない脱毛症に立ち向かうには、発症してから治療するまでのタイミングを大切にするしかないんですよ。万が一、頭部に『円形脱毛症』を見つけた時は、何よりも本格的な治療に取り掛かることが先決!なるべく早い段階で、育毛専門のクリニックを受診しておきましょう。

自己流の抜け毛対策は控えて、専門医の指導のもと治療に励んだ方が、俄然、症状の回復率は高まります。『円形脱毛症』の治療期間は、短くても半年ほど。再発の可能性が高いため、長期的な治療が必要となるケースもあるそうです。

脂漏性脱毛症とは?

頭皮が大ダメージを受けてしまう脱毛症があります。『脂漏性(しろうせい)脱毛症』と呼ばれるもので、大量のフケの発生と、痒みを伴う症状が特徴です。この脱毛症にかかると、頭皮の毛穴が皮脂でベッタリと塞がれてしまいます。

そして『脂漏性脱毛症』の症状が悪化すると、なんと髪の毛が生えてこない箇所が、頭皮にポッカリと出来上がってしまうんですよ。

『脂漏性脱毛症』は、慢性の「脂漏性皮膚炎」が進行したものです。「脂漏性皮膚炎」というのは、過剰に分泌された皮脂によって引き起こされる皮膚炎のこと。

皮脂の過剰分泌は、「マラセチア菌」と呼ばれる菌の繁殖が原因だと考えられています。実際に『脂漏性脱毛症』を発症する人は、ごく僅か。しかし、この恐ろしい脱毛症にかかってしまう人がいる!ということも、また事実です。

頭皮が脂っぽい人は、フケの量が増えたら要注意!すぐに何らかの対処をしておきましょう。そのまま放っておくと、『脂漏性脱毛症』を招きやすい「フケ症」になってしまいますからね。

貴方の頭皮は、いつもベタ付いていませんか?頭皮がベタベタして脂っぽいのは、フケが「脂性タイプ」である証拠です。フケが脂性タイプの人は、頭皮を清潔に保つことに力を注いでください。

入浴時には洗浄力の強いシャンプーを使用して、しっかりと皮脂を落としましょう。すでに脂性タイプのフケ症で悩んでいる人には「マラセチア菌」の繁殖を抑えるシャンプーがオススメですよ。

脂性タイプのフケの人は、毎日欠かさずに洗髪をして、『脂漏性脱毛症』を招かない頭皮環境を作っておきましょう。また普段の食生活を見直して、脂っこい食事を控えることも大切です。

粃糠性脱毛症とは?

頭皮がカサカサに乾燥してしまう脱毛症があります。『粃糠性(ひこうせい)脱毛症』と呼ばれるもので、頭皮にカサブタ状のフケが大量にできてしまう症状が特徴です。

この脱毛症の発症過程は、頭皮が大量のフケで覆われてしまう「脂漏性(しろうせい)脱毛症」とそっくりです。『粃糠性脱毛症』は、脂漏性脱毛症と同じく、頭皮の毛穴がフケで塞がれてしまうことから起ります。

2つの脱毛症の違いは、発生するフケの種類です。脂漏性脱毛症のフケは、過剰に分泌された皮脂の残骸から出来たもの。指で触るとベタベタしています。

一方、『粃糠性脱毛症』のフケというのは、代謝異常によって頭皮の角質が大量に剥がれ落ちたものです。指にとってみると、フケが乾燥していることが判ります。

『粃糠性脱毛症』をそのまま放置していると、頭部に若ハゲが出来てしまう恐れがあります。角質の代謝異常は、髪の健全なヘアサイクルを乱します。フケの量が異常だと感じたら、早めにヘアクリニックを受診しておきましょう。

実のところ『粃糠性脱毛症』の発症率は、それほど高いものではありません。しかし万が一『粃糠性脱毛症』と診断されるようなことがあれば、すぐにでも頭皮の乾燥を避ける生活を始めてくださいね。

『粃糠性脱毛症』の治療には、頭皮の保湿が不可欠です。頭皮に潤いを与えることで、乾燥したフケの量は減少します。ヘアケアグッズなどをうまく利用して、頭皮の保湿をはかりましょう。

乾燥した頭皮の洗浄には、低刺激のシャンプーの使用がオススメです。くれぐれも洗浄力が高いシャンプーの使用は避けてください。いい加減なヘアケアをしていると、『粃糠性脱毛症』を悪化させることになりますからね。

男性ホルモンと薄毛の関係

AdobeStock_85500693

「男性ホルモン」・「女性ホルモン」という名を、皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。

私たちは誰しも、この2つの性ホルモンを身体に宿しています。性ホルモンの働きは、健やかな身体づくりに欠かせないものです。

ホルモンの分泌量が安定していないと、人間の身体には様々な弊害が現れます。そして男性ホルモンの過剰分泌は、男性型脱毛症を引き起こしやすい!と言われているんですよ。

薄毛と深い関わりを持っているのは、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。ただしテストステロンが適度に分泌されている状態であれば、男性が薄毛に悩む心配はありません。

厄介なのは、テストステロンが還元酵素「5a-リダクターゼ」と結び付いてしまったとき!なんと5a-リダクターゼと結合したテストステロンは、薄毛の原因とされる男性ホルモンのひとつ「ジヒドロテストステロン」に変身してしまうのです。

ジヒドロテストステロンの作用は、髪の成長に悪影響を及ぼします。体毛を濃くする作用がある一方で、頭皮に余分な皮脂を増やすほか、髪の毛を構成するタンパク質を破壊してしまうんですよ。

ひょっとすると貴方の薄毛も、男性ホルモンの過剰分泌が引き起こしているモノなのかもしれません。おでこ付近と天辺の髪の毛が特に薄くなっている場合は、男性型脱毛症を疑ってください。前頭部と頭頂部は、ジヒドロテストステロンの作用によって、もっとも薄毛になりやすいところなんです。

男性女性に限らず、男性型脱毛症の疑いがある人は、育毛専門のクリニックを受診してみましょう。男性型脱毛症と診断されると、『フィナステリド』配合の飲み薬が処方されるケースが多いですね。

『フィナステリド』には、テストステロンと結び付く5a-リダクターゼの作用をジャマする力が備わっています。『フィナステリド』を配合した育毛剤の服用を続ければ、体内で過剰に分泌されるジヒドロテストステロン量を抑制することができますよ。

女性の薄毛について

AdobeStock_66577294

育毛努力が必要になってくるのは、男性だけだと思っていませんか?

実は近年、薄毛で悩む女性の数は増加傾向にあるのです。そう言えば、ドラッグストアなどで女性向けの育毛シャンプーを見かける機会が増えてきましたよね。

育毛剤のメーカーも、最近では女性向けの商品開発に力を入れているようです。注目したいのは、若い女性が薄毛に悩んでいる!という事実です。初老を迎えて、だんだんと薄毛になってくる女性は昔からいますが、これは実に深刻な問題ですよね。

女性の薄毛の原因として考えられているのは、仕事のストレスや不規則な生活、過度のダイエットによる栄養不足およびホルモンバランスの乱れなどです。

そのほか、髪を傷めるカラーリングも薄毛の原因のひとつに挙げられるでしょうね。昔と今とでは、女性のライフスタイルは随分と変わってきました。

女性が暮らしやすい社会になったぶん、現代ならではの苦労が増えてしまったようです。現代のライフスタイルが変わらない限り、薄毛について悩みを抱える女性の数は、減ることがないのかもしれませんね。

女性の薄毛は、髪の毛のボリュームが無くなってくる場合がほとんど。男性と違って、集中的にハゲの部分ができてしまうような症状ではないんですね。また女性の薄毛は、男性の薄毛よりも比較的治りやすいものが多いのだそうです。薄毛に悩んでいる女性は、まず不規則な生活習慣を改めてみましょう。

バランスの良い食事と適度な睡眠を心がけて、できるだけストレスを溜めない生活を送ります。もちろん育毛シャンプーなどを使用した、毎日の頭皮ケアも薄毛の治療には効果的ですよ。

薄毛の進行度は、頭皮の状態によって変わってきます。頭皮が硬くなっていたり、乾燥している状態では、生えてくる髪の毛はまばらで弱々しいものです。日ごろの頭皮ケアを怠っていると、次第に頭皮は「老化」してしまうんです。

薄毛を本格的に治療したいのであれば、何としてでも頭皮ケアに励みましょう。ちなみに頭皮ケアには、アンチエイジング効果もあるんですよ。人間の身体は、頭の天辺から足の爪先まで、皮膚で覆われていますよね。一枚皮でできた皮膚のどこかがたるんでしまうと、その近辺の皮膚もたるんでしまいます。

ですから老化してしまった頭皮がたるめば、自然と顔の皮膚もたるんでくる!ということなんです。女性は頭皮ケアをしっかりと行って、頭皮と顔の老化を防ぎましょう。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-育毛
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.