ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

【風邪の正しい5つの対処法】必見!やりがちなNG行動とは?

更新日:

どれだけ普段から気を付けていても、風邪をひいてしまうことってありますよね。でも、そんなときの対処は果たして正しく行われているのでしょうか?

今回は、風邪をひいたときの正しい対処法と、予防のために効果的な方法について具体的にご紹介していきたいと思います。

 

風邪とは

adobestock_104227414

体の不調を感じて病院に行くと、「風邪」と診断されることが多いですよね。しかし、この風邪というのは病名ではなく、正式には“風邪症候群”といいます。

そもそも風邪というのは、ウイルスが呼吸器系の粘膜に感染し炎症を起こしている状態をまとめて指しています。症状としては、のどの痛みや鼻水、発熱などが主に見られることが多いです。

基本的に、人間の体は一度感染したウイルスに対しては免疫ができるのですが、風邪の場合は原因となるウイルスが200種類以上もあると言われているため、年に何度も風邪をひく、という状態にもなりうるのです。

なお、病院で風邪と診断するには他の病気の可能性を一つずつ排除していく必要があります。風邪かと思いきや、インフルエンザや、他の重大な病気が隠されていることも考えられるためです。

 

風邪をひいたときの正しい対処法

adobestock_81250413

風邪をひいてしまったときの正しい対処法についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

水分をとる

風邪をひいていない平常時でも、人間の体には十分な水分が必要であるとされています。風邪をひいてしまうと、発熱が起きた場合には汗をたくさんかいたり、鼻に炎症を起こしている場合には鼻水がたくさん出たりと普段よりも多く水分を排出しがちなので、積極的な水分補給が必要になります。少なくとも、排出される量以上の水分を摂取するようにしましょう。

水分を摂取する際の注意点としては、まず一度に大量に飲まないこと。水分を摂取することを意識しすぎて一度に飲んでしまうと、逆に体調を悪化させてしまうことがあります。また、腎臓へ大きな負担をかけてしまうことにもなります。

それから、きんきんに冷えているような水分を摂らないことです。熱があるときなどはどうしても冷たい飲み物を欲してしまうかもしれませんが、体内に大量の冷たい飲み物を流し込むとそれが大きな刺激となり、身体へ負担をかけてしまいます。

 

睡眠を十分にとる

風邪をひいたら、“とにかく安静にすること”と教わってきた方も多いと思います。睡眠は、風邪を治すために非常に重要なポイントになります。風邪をひいているときには体の免疫力が低下しているので、十分な睡眠をとって体力を回復させ、免疫を高める必要があります。熱が出ているときなどは特に、起きているのが辛いというのも珍しくないので、体からのサインに従ってしっかりと睡眠をとるようにしましょう。

 

部屋を加湿する

空気が乾燥していると、風邪の原因となるウイルスも空気中に漂いやすくなります。風邪を治すためにはしっかりと乾燥対策をして、ウイルスを排除しましょう。鼻やのどにウイルスが感染している場合には乾燥が症状を悪化させる場合がありますが、部屋の加湿を心がけることによって症状を和らげることが期待できます。のどを守るために、寝るときにマスクをするのも効果的です。

 

栄養をとる

風邪をひくとどうしても食欲は減退しがちですが、できる範囲で風邪を治すのに効果的な栄養を摂取するようにしましょう。積極的に摂りたいのは、ビタミンCたんぱく質、それから体を温めてくれるような食材です。それぞれ下記のような食材に含まれています。

 

・ビタミンC…柑橘類、緑黄色野菜

・たんぱく質…卵、豚肉

・体を温める…生姜、ニラ

 

摂りやすいように、おかゆやジュースにしてみるのも良いかもしれません。

 

適度に体を温める

平常時でも体の冷えは健康に悪影響を及ぼすのと同じように、体が冷えた状態では治る風邪もなかなか治りません。寒気を感じたときには、温かい格好をしたり温かい飲み物を飲んだりして体を温めるようにしましょう。ただし、発熱で頭がクラクラするほどだったり汗が止まらないときには温めすぎるのは厳禁です。かえって体に疲労をあたえ、回復を長引かせてしまうおそれがあります。

 

やりがちなNG対処法

adobestock_51085264

風邪をひいたときについやりがちな、間違った対処法についてご紹介します。

 

お風呂に絶対入らない

風邪をひいたときにお風呂に入ると悪化する、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか?

実はこれはお風呂に入ること自体を指しているのではなく、お風呂から上がったあとに湯冷めをしてしまうことで症状が悪化する、ということから広まったとされています。

熱が高くない状態であれば、お風呂に入ることでウイルスを洗い流すことができるのでむしろ効果的であると言われています。長風呂や湯冷めに気を付ける必要はありますが、のどや鼻の粘膜を十分に潤してくれるという効果もあります。

ただし、高熱が出ているときには悪化させてしまう可能性がありますので、お風呂は避けるのが賢明でしょう。

 

汗をたくさんかく

汗をかくことでウイルスを排出する、ということはありません。厚着をしたり激しい運動をしたりして汗をかくと、ただでさえ失われがちな水分がさらに汗となって排出されてしまうため、脱水症状を引き起こしたり体力を激しく消耗してしまいます。熱が出ているときなどはどうしても汗をかきがちですが、そんなときは水分をしっかりと補給しつつ、こまめに着替えをするようにしましょう。

 

熱を下げるためにおでこを冷やす

熱を下げるためにはおでこを冷やす、という人は多いと思いますが、実はおでこを冷やしても熱を下げる効果はあまり期待できません。熱を下げるために冷やすべきなのは、太い動脈です。お腹太ももの付け根わきの下などを冷やすと体を巡る血液を冷やすことができるため、熱も下げることができます。ただし、寒気を感じているときにはむやみやたらと冷やさないように注意しましょう。

 

風邪を予防する方法

adobestock_63436454

風邪の予防に効果的な方法についてご紹介します。

 

手洗いうがいを徹底する

風邪の予防で一番欠かせないのは、やはり手洗いうがいです。外にはウイルスや細菌がたくさんいるので、帰宅したらすぐに手洗いうがいをしましょう。手を洗うときには手のひらをさっと洗うだけではなく、指の間、爪の間、手首などもしっかり洗うようにしましょう。

帰宅時だけでなく、トイレの後やくしゃみをした後なども手には菌がつきやすいので、こまめに洗うようにすることをおすすめします。

 

質の良い睡眠をとる

風邪を予防するためには、免疫を高めておくことが重要になります。疲れやストレスがたまっていると免疫力が低下しがちなので、毎日しっかりと質の良い睡眠をとるようにしましょう。質の良い睡眠をとるためには、寝る前にテレビやスマホを控えたり、お風呂では湯船にしっかり浸かるようにしたりするのが効果的です。

 

バランスの良い食事をする

風邪をひかない体づくりのために、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。ただ野菜を食べればいい、肉を食べればいい、などというわけではなく、様々な栄養を摂れるようなバランスのよい食事を心がけることが大切です。それに加え、生姜など体を温めるような食材をとったりすることで免疫力をさらに高めることができますよ。

 

まとめ

adobestock_91798836

いかがでしたでしょうか?

風邪は、もっとも身近な病気と言っても過言ではないかもしれません。少しの油断でひいてしまうことも多いですが、普段からいくつかのポイントに注意しておくことで予防することは可能です。また、もしひいてしまったとしても正しい対処法を用いることで早い回復が見込めるようになりますよ。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.