ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ビジネス

後悔しない!「会社を辞めたい人」が考えるべきポイントとは?

更新日:

入社した時は期待とやる気に満ち溢れていたのに、いつの間にか「辞めたい」とばかり思うようになってしまった…という人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。初めて社会人になった時は特に、慣れない環境で辛いと感じることも多いと思います。

 

でも、気の赴くまますぐ辞めてしまうのはちょっと待ってください。本当に辞める必要があるのか、辞めた後は大丈夫なのか、まずはじっくりと考えてみましょう。

 

辞めたい理由と改善策を考えよう

adobestock_41623120

会社を辞めたいと思う理由によっては、改善策がないこともありません。焦る前に振り返ってみてください。

 

人間関係の悩み

円滑な人間関係が築けていないことにより、会社を辞めたいと考える人も多いです。性格が合わなかったり、やたらと敵対する人がいたりすると大変ですよね。気の置ける同僚が一人でもいれば楽ですが、そうでもないと疲れてしまうのもよく分かります。

 

しかし、人間関係というのはどの会社に行ってもつきまとうものです。一概には言えませんが、違う会社に入ったからといって必ずしも人間関係の悩みが解消するとも言い切れません。

 

どうしても苦手な人がいるのであれば、信頼できる上司に話してみると何か改善策を提案してくれるかもしれませんよ。

 

お金の悩み

仕事というのは、生きていくために必要となるお金を稼ぐためにするものです。汗水垂らして会社の売り上げに貢献しているはずなのに、貰えている給料が見合っていないと感じる場合、転職を考えたくなるという人も多いと思います。

 

でも実は、給料が低いと感じているのは自分だけかもしれません。業界的には平均的、むしろ高い方である可能性もあるでしょう。そのあたりをしっかり把握して判断するためにも、求人や他の会社の給料と比較してみると良いかもしれません。

 

仕事内容が合わない

現在の仕事内容を選んでいるのは自分自身ではあるものの、当初提示されていたはずの条件と全く違ったり、あまりにも単調でやりがいのない仕事だったりすると辞めたくなってしまうこともあると思います。

 

そんな時は、仕事の中に小さな目標をつくったり楽しみを見つけ出したりと、自分で環境を変える努力をしてみましょう。気持ち次第で、「あれ、意外と楽しい」と感じることができるようになるかもしれません。

 

忙しさへの不満

仕事が忙しすぎて満足に休む時間もとれないと、毎日疲れがたまっていく一方です。休日日数や勤務時間などに一応の規定はあるものの、最近ではそれらを全く無視したような労働をさせるブラック企業が話題になっていますね。

 

ブラックな状況を改善させるためにはまず会社の上層部に掛け合うのが第一ですが、もしも何の対応もしてくれない場合には労働基準監督署に報告するのも一つの手段です。

 

また、忙しいのとは逆に、することがなさすぎるという悩みを持っている人も中にはいると思います。仕事を全く与えてもらえないというのはパワハラの一種ですのでこの場合は信頼のできる上司に相談するか、余裕があれば資格の勉強をしたりと、時間を有効に使うというポジティブな方向で考えるのもありではないでしょうか。

 

新卒で入ったが辛い

会社は「とりあえず3年」とも言われていますが、実際は新卒で就職した人の3人に1人は3年以内に辞めているという状況です。すぐに辞めることが必ずしも悪いというわけではありませんが、これから改善する見込みや仕事の楽しさを感じる可能性は全くないのか、よく考えてみましょう。

 

辞めたくても辞められない?

adobestock_41699955

今の会社は辞めたい、と思いつつも、なかなか行動に移せないという人は多いと思います。その理由としてまず考えられるのが、「上司に言い出せない」「周りからどう思われるか気になる」等ではないでしょうか。

 

本当に辞めたいと思っているのであれば、その悩んでいる時間はもったいないとしか言えません。なぜなら、本来であればその期間に次の仕事のことを考えられますし、会社としてもすでに働く気がない人を置いておきたいとは思わないはずです。辞めたい理由がはっきり固まっているのなら、行動は早いほうが自分と会社のためになります。

 

また、会社を辞めてからのお金が不安でなかなか辞められないという人もいるでしょう。そんな人にまず言いたいのは、会社は一つだけではないということ。今の会社でなくても、働けばお金は貰えます。そのお金を途切れさせないために「転職活動」があるのです。

 

会社によっては禁止されているところもあるかもしれないので注意が必要ですが、転職活動して転職先を決めてから辞意を伝えるという方法もあります。この流れで会社を辞めれば、お金の心配はなくなりますよね。

 

すぐに辞められるわけではない

adobestock_43891941

法律では、退職届を提出してから最短2週間で退職することができます。しかしこれはあくまでも法律の問題であり、実際には退職する場合には1か月、もしくは2か月前までに提出することとしている会社が多いです。

 

退職を伝えると同時に発生するのが、業務の引継ぎです。新人の場合はまずありませんが、ほとんどの場合は自分が空けた穴を埋めるための引継ぎを次の人にする必要が出てきます。自分が他の誰も分からないような重要な役割を持っていた場合、この引継ぎをしっかり行わないと会社が大きな損害を受けてしまうこともあります。そうなると最悪の場合、退職後に会社から損害賠償を請求される可能性もないとは言い切れませんので、辞める前の最後の一仕事だと思って引継ぎはしっかりと行いましょう。

 

円満に退職するためにも、自分の都合だけでなく会社のことも考えて行動しましょう。

 

最後に決めるのは自分!

adobestock_84160952

会社を辞めるか辞めないのか、最終的に決めるのは自分です。友達でも家族でも会社の人でもありません。「仕事を辞める」というのはどうしても悪いイメージがついてしまいがちなので中には引きとめる人もいるかもしれませんが、自分の中で辞める理由と覚悟が固まっているのなら、悩む必要はありません。

 

ただし、会社を辞めるというのは簡単なことではないということを覚えておきましょう。その会社に勤め何年働いて辞めた、という事実は一生付いて回るものですし、もしもあまりに短期間で辞めてしまった場合はそれが今後の足枷となってしまう場合もあります。

 

辞めた後のことを考えよう

adobestock_28616395

転職先が決まっているのであれば、自分で何か手続きをしたりする必要はほとんどありません。次の会社で働くのに向けての準備をすると良いでしょう。

 

しばらく働かないという場合には、雇用保険健康保険などの手続きを自分で行う必要があります。特に雇用保険は、手続きしないと貰えるはずのお金が貰えず損をしてしまうこともあるので注意しましょう。

 

転職先を決めずに会社を辞めると、多くの人は解放感でいっぱいになることと思います。労働環境がひどかったりすると、とにかく休むことばかりを考えてしまいますよね。でも、いつまでも休んでいるわけにはいきません。だらだらと毎日過ごしていたら、お金もなくなり無駄に長い空白期間ができてしまっていた、なんてことにもなりかねません。

 

何も身に付けられなかった空白期間は、次に就職活動をした時に履歴書を見た面接官に「あれ?」と思わせ大きなマイナスポイントになってしまいます。休むのは構いませんが、後の人生設計をしっかり考えた上での行動としていきたいところですね。

 

最後に

adobestock_13267693

会社を辞めたい、というのは多くの人が一度は思うことだと思いますが、思い立ってすぐに辞めるというのはおすすめできません。

 

近い将来後悔することのないよう、まずは辞めたい理由を明確にしてみましょう。どうしても改善できなさそうなら、辞めてしまうのも一つの選択です。

 

一度入った会社を辞める・辞めないというのは、人生の大きな岐路となります。将来を見据えて、後悔のない選択をしましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-ビジネス
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.