美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ランクラボ

お茶

花粉症に効果のあるお茶は?子どもや妊婦さんが飲める一番おすすめのお茶はこれ!

更新日:

このページでは、花粉症など辛いアレルギー性鼻炎に悩んでいる方のために、花粉症に効くお茶についてご紹介いたします。

・花粉症に効果があるお茶って何がある?
・お茶を選ぶ時のポイントは?
・なんでお茶が花粉症に効果があるの?
・コンビニで買えるおすすめのお茶は?
・イチオシの花粉症対策のお茶は?

など、気になる情報を全てまとめてご紹介いたします。

何かのお役に立てればうれしいです。

花粉症に効果がある7種類のお茶(茶葉)

まず、花粉症に効果があるお茶について、7つご紹介いたします。

特徴や、飲む際のポイント、効果など説明しますので、花粉症・アレルギー性鼻炎の方必見です。

甜茶(てんちゃ)

甜茶とは、「おめでたいお茶」「幸せを呼ぶお茶」として、5千年前頃から健康茶として飲まれているお茶です。

50%以上の人が改善?

甜茶とは「甘いお茶」の総称で、全部で4種類ありますが、その中でも「甜葉懸鈎子」はアレルギーに対する効果が強いです。

甜茶に含まれる甜茶ポリフェノールが、炎症反応に関係する酵素の活性を防いで、アレルギーの原因になるヒスタミンの分泌を抑えるので、花粉症を緩和する効果があります。

また、アレルギー性鼻炎の他にも、喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの予防や、症状を落ち着かせる働きもあります。

実際に、甜茶は花粉症対策に効果的だという臨床試験の結果が発表されていて、50%以上の人が花粉症の自覚症状が改善しました(参考:スギ花粉症に対する甜茶飲料の臨床的検討)。

現在は、甜茶を抽出した錠剤や、お茶、ティーパック、甜茶エキスを配合したあめなどが販売されています。

飲む量の目安は?

花粉症対策として甜茶を飲む際のポイントは、花粉が飛び始める1ヶ月くらい前から甜茶を飲むことです。

甜茶は症状が出てしまった後でも、ある程度の効果がありますが、予防的に摂っていた方がより高い効果を得られます。

甜茶葉3gを1Lの水で5分ほど煮出したものが飲む量の目安です。

シソ茶

シソ茶は花粉症に良いとして、近年注目されているお茶です。

ルテオリンがアレルギーに作用

シソに含まれているルテオリンというアレルギーに有効な成分が、腸までそのまま吸収されて、しっかりと花粉症の症状を抑える効果があります。

他にも、aリノレン酸という成分がアレルギー反応のブレーキとして働きます。

カリウム豊富でむくみにも良い

カフェインが含まれておらず、カリウムも豊富なのでむくむことがありません。

食事の際に飲むことをおすすめします。

薬ではないですし、身体にもやさしいので、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く飲むことができます。

グァバ茶

グァバ茶は葉に薬効効果があるので健康志向の人たちに愛飲されているお茶です。

タンニンが免疫力アップ!

主な成分はポリフェノールで、抗アレルギー・抗炎症作用があるので、花粉症や・アレルギー性鼻炎の症状を和らげる効果があります。

他にも、抗酸化・抗炎症作用のあるタンニンが粘膜の免疫力を強化するので、アレルギー性鼻炎のつらい症状を改善します。

ひどいくしゃみや鼻水には、日常的なお茶の代わりに飲み続けると、花粉の季節も快適に乗り切ることができます。

毎食後に200mgが目安

カフェインレスなので副作用はありませんし、どんな方でも安心して飲むことができます。

食後に200ml飲むのが目安の量ですが、1日におよそ3倍の600mlが推奨されています。

確実に効果を実感したい、という方は、消化が活発になっている食間に飲むことをおすすめします。

ルイボスティー

ルイボスティーは高い抗酸化作用だけでなく、アレルギー症状を緩和する作用もある赤い色が特徴のお茶です。

豊富なフラボノイドが症状緩和に作用

ルイボスティーにはフラボノイドという成分が非常にたくさん入っていて、アレルギー症状や、炎症などを抑える効果があります。

また、強い抗酸化作用がある、スーパーオキサイドディスムターゼが、鼻詰まりや、鼻水、くしゃみなどのアレルギー性鼻炎特有の症状を和らげます

他にも、たくさんのミネラル成分が入っているので、体調維持を目的とした健康茶でもあります。

免疫力が下がると、それだけ症状もひどくなってしまうので、ルイボスティーで身体の中から改善することができます。

蒸らして飲むとより実感力が向上

ハーブティーの一種で、カフェインも入っていないので、体に優しく、誰でも飲むことができます。

1日に飲む量や時間などは特に決まっていないので、飲みたい時や、気分転換に飲んでも良いです。

花粉症のように、一定のシーズンに症状が現れる場合は、シーズンが始まる1ヶ月くらい前から飲むのがおすすめです。

カップやティーポットに適量を入れて、熱湯を注ぐだけで簡単に飲めます。

数分間蒸らして、葉を十分に広げると、成分がより抽出されますので、効果を実感したい方は試してみましょう。

なた豆茶

なた豆茶は漢方薬としても知られていて、最近では健康食品、健康茶としても知られているお茶です。

鼻の通りが改善!

なた豆には血行促進効果があるので、体のめぐりを良くし、鼻の通りをよくします。

また、デトックス効果によって、体の中にある老廃物をしっかりと外に出すので、免疫力を高めて、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を改善します。

飲み過ぎに注意!

なた豆茶はノンカフェインなので、体に優しく、誰でも飲むことができます。

ただ、水分を摂りすぎると、胃腸に無駄な水分が溜まり、身体がむくんだり、鼻に炎症を起こしてしまうことがあるので、適量を飲むようにしましょう。

体に良いなた豆茶ですが、飲み過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。

また、冷たい状態で飲み過ぎると、胃腸も冷えてしまうので、温かくして飲むのがおすすめです。

べにふうき茶

べにふうき茶とは、野菜茶業研究所が紅茶用の優良品種として開発したお茶です。

どんな効果がある?

メチル化カテキンが豊富に含まれていて、アレルギーを抑制する効果があります。

べにふうきを紅茶にすると花粉症や鼻炎を改善する効果がなくなるので、花粉症やアレルギー性鼻炎の症状を抑えたい方は、べにふうき緑茶を選んで飲みましょう。

子どもや妊婦さんは避ける

カフェインが含まれているので、副作用が起こる可能性があります。

乳幼児や妊婦の方は心配であれば飲むのを控えるようにしましょう。

緑茶

カテキンという成分が含まれている緑茶。

細菌では、高濃度のカテキンが含まれたダイエット緑茶がブームになったり、効果に期待が集まっています。

カテキンが症状を抑える!

カテキンには優れた抗アレルギー作用があります。

ある実験では、お茶10杯分のカテキンを摂取すると、アレルギーの症状を半分に抑えることができたという結果も出ています。

アレルギー反応が出ているときは、体の中にヒスタミンという物質がたくさん排出されますが、カテキンにはこのヒスタミンの増加を抑える働きがあります。

高濃度カテキンを含む粉末茶が効果的

実際に、1日10杯もの大量の緑茶を、毎日飲み続けることは難しいと思います。

今はカテキンを配合したサプリメントや、高濃度のカテキンを含んだ粉末状のお茶などもありますので、上手く活用して、続けることが大切です。

選ぶポイントは?

花粉症に効果がある7種類のお茶を紹介しましたが、その中でもどのお茶がおすすめなのでしょうか?

花粉症に効果があるお茶を選ぶ際は、「カテキン」が含まれているかどうかがポイントです。

紅茶だと、花粉症や鼻炎を改善する効果がなくなってしまうので、カテキンが含まれた緑茶がおすすめです。

カテキンには先程ご紹介したように、アレルギーの症状を抑える効果がありますが、「メチル化カテキン」というカテキンには、アレルギー抑制効果が非常に高いです。

他にも、緑茶にはカテキンの一種である、エピガロカテキンがレートが豊富に含まれていて、これはアレルギーを抑える抗菌化・抗酸化作用があります(参考:メチル化カテキン高含有緑茶のスギ花粉症状軽減効果)。

植物ポリフェノールの中でも最も強い効果があるので、症状の改善を実感をしやすいです。

また、体にやさしいお茶であるかも選ぶ際には大切です。

以上の点から、もし花粉症に効果があるお茶選びで迷った方は、

・アレルギー抑制効果が非常に高い「カテキン」を含んだ緑茶
・緑茶の中でも「メチル化カテキン」が含まれているか
・無農薬・有機栽培された緑茶

の3つのポイントを意識して選びましょう。

☞ 3つをクリアしたお茶はこちら!

花粉症対策にお茶を選ぶメリット!

花粉症やアレルギー性鼻炎にお茶(特に緑茶)が効果があることが分かりました。

では、お茶を選ぶことのメリットは何かこれからご紹介いたします。

副作用がなく、子ども・妊婦さんも飲める

お茶は薬ではないので、子どもや妊婦さんでも安心して飲むことができます。(ただし、ノンカフェインのお茶に限る)

また、花粉症の症状を抑えるだけでなく、免疫力をUPさせる効果もあるので、抵抗力が弱い方でも安心して飲むことができます。

薬だと小さなお子さんや、赤ちゃんがお腹の中にいる妊婦の方は体への心配があります。

お茶だと、体に優しく体の中から免疫力をつけて、花粉症の改善ができるので、子ども・妊婦の方を始め幅広い方が安心して飲むことができます。

続けやすい

花粉症はシーズン中は症状が長引くこともあります。

そこで、続けていく上でも、コスパはとても大切になります。

薬などでは何度も通うたびにお金もかかりますし、少しでも安く効果を実感したいのであれば、お茶で継続して花粉症対策することが長期的にみてもおすすめです。

お茶だと、症状の程度に合わせて、飲む量を調整することができるのもメリットの1つです。

コンビニで買える花粉症対策のお茶

今すぐに花粉症や、アレルギー性鼻炎の症状を改善したいという方に、コンビニにある花粉症対策におすすめのお茶ご紹介いたします。

伊藤園 無添加LIFE ルイボスティー

妊活中や妊娠中の女性の方でも安心して飲めるルイボスティーです。

香料や着色料、保存料も無添加なので、どなたでも安心して飲むことができます。

通常のルイボスティーと非発酵のグリーンルイボスティーをブレンドしているのが特徴で、すっきりと飲みやすい味がポイント。

500mlのペットボトルで140円で販売されています。

免疫力が下がったな、と感じたときに、体の内側からケアしてみませんか。

参考:ヘルシールイボスティー

キリン 生茶デカフェ

こちらもカフェインゼロなので、小さなお子さんから妊婦の方でも安心して飲むことができます。

ルイボスティーに飽きてしまった方は、こちらでゴクゴクのんでみてはいかがでしょうか?

渋みもひかえめでスッキリとした味わいが特徴。

厳選した国産茶葉を100%使用しているので体にも嬉しい商品です。

430mlのペットボトルで140円で販売されています。

抗アレルギー作用に優れたカテキンをたっぷり補給して、花粉が舞うシーズンを乗り越えましょう。

コンビニで手軽に買える花粉症対策のお茶を知っていると、どうしても症状が落ち着かない時など、すぐに入手できるので嬉しいですね。

また、ペットボトルに入っているお茶だと、飲む量も症状に合わせて調整できますし、飲みたい時にサッと飲めるのでおすすめです。

保冷・保温効果のあるペットボトルカバーなどがあると、お出かけの際も、夏冬おいしく飲むことができますよ。

参考:キリン 生茶デカフェ

花粉症に一番おすすめは「白井田七。茶」!

アレルギー症状の改善に非常に効果が高いメチル化カテキンを初め、サポニンやフラボノイドなど、免疫力をアップさせる成分がたっぷり入った「粉末緑茶」です。

気になる「ずるムズ」にメチル化カテキンが症状を穏やかにし、サポニンは過敏な反応を穏やかにする効果があります。

他にもカロチン、ビタミン、カルシウムなど、20種類以上の健康成分が配合されているのもメリット。

完全無農薬の緑茶と有機栽培の田七茶で作られているので、小さい子供からお年寄りの方まで幅広い方が飲むことができます。

普段のお茶と変えれる

お茶ですので、いつ飲んでも大丈夫です。

ライフスタイルに合わせて、朝晩の食事と一緒に飲んだり、ペットボトルに入れて外出時や、日中の水分補給にもおすすめです。

毎日続けられるように、自分に合ったやり方で飲みましょう。

1日99円という低コスト

毎月お届けコースだと、初回1,980円(税別)の特別価格で購入することができます。

1包たったの99円なのでコスパも良いですし、無農薬・有機栽培で作った、静岡産の「粉末緑茶」なので身体にも優しく、毎日飲み続けられます。

-お茶

Copyright© ランクラボ , 2018 All Rights Reserved.