ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

高血圧の頭痛・吐き気が危険な5つの理由と4つの対処法

更新日:

自覚が難しい高血圧!ささいな症状にも要注意

adobestock_93986485

サイレントキラーといわれ、自覚することが難しい高血圧。
WHO(世界保健機関)の発表によると、世界では毎年約900万人が高血圧の治療を受けずに亡くなっているとのことです。

そんな高血圧のSOSサインは、日常的にあらわれやすい体調不良と似ていることがあります。
たとえば頭痛や肩こり。めまいや吐き気、鼻血も高血圧の人に出やすい症状です。

こうしたサインを「疲れているせいかな?」と見過ごすのは、危険です。
とくに高血圧の人の頭痛は、早めに対処が必要とされています。

高血圧の頭痛が危険といわれる5つの理由

adobestock_23365785

高血圧による頭痛が危険といわれるのは、重篤な病気にかかっている可能性があるためです。
高血圧の人が頭痛になる原因となる病気は主に4つあり、30代以降から注意する必要があります。

高血圧の頭痛が危険な理由①:高血圧性脳症

高血圧性脳症とは、高血圧によって脳や心臓などに急性の障害が生じる病態(高血圧緊急症)のひとつです。
脳に注目した場合、急激な血圧の上昇によって脳血流が急増し、脳がむくんだり、脳障害が急速に進行することがあります。
原因は急性・慢性の腎不全のほか、管理不十分だった慢性の高血圧などがあります。

頭痛のほかにも吐き気や嘔吐、視力障害のほか、けいれんや意識障害という症状がみられることが多いです。

高血圧の頭痛が危険な理由②:脳梗塞

脳に動脈硬化ができてしまい、血流が減ったり、詰まりによって血管がせまくなると脳梗塞を起こしてしまいます。
高血圧による頭痛の中では、比較的自覚症状は少なく、どちらかというとめまいや耳鳴りが気になるという人が多いのが特徴です。

重症化してしまうと、言語障害や運動障害といった後遺症を残してしまうことがあります。
前ぶれに十分注意が必要な病気です。

高血圧の頭痛が危険な理由③:脳出血

脳の動脈硬化によってもろくなった血管はとてももろく、高い圧力がかかると破れてしまいます。これを脳出血といいます。

出血がつづくと血腫とい血の塊ができてしまいます。これが大きくなると脳を圧迫してしまうため大変危険です。
脳出血による頭痛はこの圧迫によって起こるといわれています。つまりある程度、症状が進んでいる可能性があるのです。
症状がさらに進行すると、意識障害などを引き起こす場合があります。

高血圧の頭痛が危険な理由④:くも膜下出血

くも膜下出血は、脳の表面を走る動脈が破れることで起こる病気です。
くも膜下出血による頭痛は、ある日突然起こるのが特徴となっています。

頭痛が生じる場所は、頭部全体、前頭部、後頭部など個人差があります。吐き気や嘔吐、首の後ろあたりの痛みも同時にみられます。
血管が破れた箇所がこぶとなり、さらにこぶが破れ出血すると、命にかかわる場合があります。

高血圧の頭痛が危険な理由⑤:いつ大きな病気になるか分からない

高血圧で倒れる・・といえば中高年のイメージが強いですが、高血圧自体は30~35歳からと、比較的若い年齢から生じています。
そして高血圧を放置した場合、約20年かけて何らかの大きな病気を引き起こすケースがほとんどです。しかし、それがいつになるのかは人によってさまざまです。
30代以降の人で頭痛が続く場合は、高血圧の可能性も考えて早めに対処することが、重篤な病気を防ぐことにつながります。

頭痛の原因は高血圧かも・・と感じた時の4つの対処法

adobestock_80059584

高血圧による頭痛は危険といっても、具体的にどのように対処すればよいのでしょうか。
ここでは、4つの対処法をご紹介します。

高血圧の頭痛の対処①:独断で薬を飲まない

とりあえず痛みを取り除きたいからと、独断で薬を飲まないでください。
高血圧にともなう合併症を起こしている場合、市販の頭痛薬を飲むことは危険なためです。
頭痛の原因に高血圧の疑いがある人は、重篤な病気を引き起こしている可能性があります。
薬を飲みたい場合は、医師の指導に従って適切な薬を飲みましょう。

高血圧の頭痛の対処②:病院へ行く

高血圧による頭痛は、脳血管が関係していることがほとんどです。
そのため、自己判断で対処することは危険です。まずは病院へ行き、原因を突き止めましょう。
自分に合った薬をもらうこともできます。

高血圧の病院は何科?

高血圧の疑いで病院に行く場合は、内科へ行きましょう。
一般内科だけでなく、循環器内科、腎臓内科、神経内科でも治療を受けられます。
長期にわたって通院する可能性があるので、通いやすく、医師との相性が良い病院を選んでください。

高血圧で病院に行く前に準備しておくこと

病院へ行くと、検査のほかに問診でさまざまなことを聞かれます。
できるだけ、応える内容を準備しておくのがおすすめです。たとえば、以下の内容を確かめておくと良いでしょう。

・家族に高血圧の人や心血管疾患の人がいるか
・血圧が高くなる薬を飲んでいるか
・最近測った血圧値
・ストレスや食生活など生活で気になることはあるか

高血圧の頭痛の対処③:寝る前に頭を高くして休む

高血圧の人が頭痛になる場合、後頭部に痛みを感じることが多いといわれています。
後頭部の頭痛改善に有効なのが、寝る前に枕を高くして休む時間を設けることです。
こうすることで血圧を安定させたまま就寝することができます。

しかし、枕を高くしたまま眠ってしまってはいけません。
これはあくまで入眠前のリラックス時に行ってください。長時間枕を高くしていると血管の収縮を招く要因となります。

高血圧の頭痛の対処④:玄米茶を飲む

応急処置としての対処になりますが、頭痛がひどいときには玄米茶を飲むのがおすすめです。
玄米茶には血圧を下げる働きがあり、頭痛の改善が期待できます。

生活習慣の見直しで高血圧の頭痛を減らそう

adobestock_74438886

高血圧による頭痛を治すためには、高血圧そのものを改善することが不可欠です。そのためには、生活習慣を見直しましょう。

高血圧の頭痛の改善①:食生活の見直し

高血圧にはさまざまな原因がありますが、中でも大きな要因とされているのが食生活です。
食生活では、塩分を減らすことを心がけましょう。日本人は減塩基準の約2倍の塩分を摂っているといわれています。

簡単にできる減塩対策

・ゆで野菜に塩を入れない
・ごまや生姜など香味野菜を加えることで濃い味付けを防ぐ
・しょうゆは減塩やだし醤油を使う

さらに、肥満の人はカロリーの摂り過ぎにも注意してください。
肥満の人の高血圧のリスクは3倍高いともいわれています。
なるべく外食は控え、自炊の献立でも丼もののような炭水化物をたくさん摂るようなメニューは減らしましょう

高血圧の頭痛の改善②:睡眠の見直し

一般に人間の体は起床時は血圧が高く、睡眠時に入ると血圧が下がるといわれています。
この夜間の睡眠が心臓や血管への負担を減らすためには欠かせません。

しかし高血圧の人は睡眠時も血圧が下がらない傾向があります。とくにいびきをかく人はこの傾向が強いので要注意です。
睡眠時間をしっかり摂り、寝具を整え、ストレスを引きずらずリラックスして入眠しましょう。
いびきをかく人は、いびき防止グッズを買って無呼吸状態を防ぐこともおすすめです。

高血圧の頭痛の改善③:有酸素運動をする

体内に酸素をめいっぱい取り込む有酸素運動を習慣にすると、高血圧の改善につながります。
1週間の運動時間・トータル200分を目安に、ウォーキングや水中ウォーキングといった有酸素運動を行いましょう。
一気に長時間行うより、小分けにした方が足腰への負担も少なく、長続きします。

高血圧の頭痛の改善④:アルコールを控える

お酒を飲む習慣がある人は、飲まない人に比べて高血圧になりやすい傾向があります。
とくに酔いがさめた早朝の血圧が高く、それが原因で頭痛が起こることも少なくありません。
高血圧に害を及ぼさないアルコール量は、純粋なアルコール量で計算した場合、男性1日30ml未満、女性1日15ml未満とされています。

アルコール量は「飲んだ量(ml)×アルコール濃度(%)÷100」の公式で求められます。
いきなりアルコール断ちをすることは難しいですが、節酒は心がけましょう。

適切な対処と改善法で高血圧の頭痛を減らそう

高血圧による頭痛を治すためには原因を知り、それに適した治療を行うことが大切です。
しかし高血圧の改善においては、生活習慣がカギを握っていることは共通しています。
医師との二人三脚による治療とともに、今一度、自分の生活習慣を振り返ってみましょう。
こうした行動が、高血圧の頭痛を減らすことにつながるはずです。
 

よく読まれてる人気記事

【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

高血圧は、近年の生活習慣の多用化とともに増加している健康問題です。高血圧の原因は、栄養バランスの乱れ、慢性的な運動不足、ストレスを過剰に受けたまま解消できない、喫煙習慣、アルコール過多などが考えられています。

それらの問題により高血圧に罹る人が増加しており、肥満、糖尿病、脂質異常症のとともに「死の四重奏」という別名称があるほど放置しているとキケンな病です。

ポケットwifi 無制限・制限なし【最新ランキングBEST5】

いつでもどこでも快適なインターネットを楽しめるポケットwifiですが、本体価格や月額料も高いもの安いものがあり、いろんな ...

【今からでも遅くない】小じわは消せる!乾燥肌の原因・徹底保湿対策

このページでは、気になる小じわの原因や原因となる乾燥肌の保湿対策、おすすめ・売れ筋化粧品のご紹介など、小じわを消したいあ ...

ナットウキナーゼの効果は嘘?その効果についてのまとめ

納豆が健康に良い食品だということは有名です。
納豆は人によって好き嫌いがある食べ物ですが、納豆のもつ健康促進効果について次々に解明されています。
ナットウキナーゼは、納豆に含まれているネバネバした成分で、タンパク質分解酵素のことです。
大豆を発酵させるときにできる健康成分です。

タウリンサプリ人気ランキング|今一番効果があるオススメサプリはこれ!

このページでは、『タウリンサプリ』について詳しくまとめています。タウリンサプリは、『お酒をよく飲まれる方』、『健康診断で ...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-高血圧
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.