ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

水素水サーバーの効果や信頼性について。効果なしの指摘も?

更新日:

水素水を普段から飲んでいるという人はどのくらいいるでしょうか。テレビなどメディアで取り上げられてから注目が集まっていますが、市販のものや自宅にサーバーを置いて飲めるものまで様々あります。実際に、水素水サーバーが自宅にあるという方もいるでしょう。そもそも、水素の効果とはどのようなものなのでしょうか。また、水素は効果がないという指摘も耳にしますが、信頼性はどうなっているのでしょうか。水素水の効果や信頼性、そして水素摂取の方法や水素水サーバーのメリット・デメリットを紹介していきます。

水素水とは

ますはじめは、水素水そのものについてみていきましょう。水素水の概要や効果について挙げていきます。

水素の身体での効果

水素の身体の中でのはたらきで最も取り上げられるのは、抗酸化作用です。私たちの身体には、活性酸素という酸素のはたらきの強くなったものが発生します。私たちは酸素を吸って生きていますが、酸素にはもう1つはたらきがあることはみなさんご存知でしょう。

 

もう1つの酸素のはたらきとはものを酸化させることですが、活性酸素の強い酸化力によって私たちの細胞も酸化され錆びついてしまうということです。活性酸素は疲労やストレスなどで多く発生するので、身体で大量に発生してしまうと老化に結びつきやすいということですね。その活性酸素を中和するはたらきがあるのが水素で、酸素と水素で水ができるというのはみなさん学校で習ったと思います。

 

水素は活性酸素と反応して水になることで身体に害が及ぶのを防いでくれるということです。つまり、水素を摂取することで抗酸化作用をはたらかせ、細胞が守れるということですね。

水素水の基準

水素水とは、当たり前ですが普通の水よりも水素をたくさん含んだ水ということになります。活性水素水や水素豊富水とも呼ばれ、市販されているものもよくみかけますね。水素の身体のはたらきを上述しましたが、上記の効果は水素のはたらきとして研究されたもので、科学的に証明されています。

 

しかし、水素が含まれていればなんでも良いということではありません。ある程度の濃度がないと研究データとしても信頼性が低く、その効果が実証されているのは0.08ppm以上の濃度のもののようです。水素水を飲むに当たって、この基準を覚えておくと良いでしょう。

水素水の信頼性

水素水についてその効果など概要をみていきましたが、冒頭でも述べたように効果が無いという指摘もあり、その信頼性については疑問視されている部分もあります。次は信頼性という点について水素水をみていきましょう。

エビデンスは充分ではない

水素のはたらきについては、科学的に証明されていると述べましたが、それでもエビデンスレベルとしては充分ということではありません。エビデンスというのは科学的根拠と置き換えてもらうとわかりやすいと思いますが、現在は診療や治療のガイドラインなどに検査用や治療法の推奨レベルとしてエビデンスが示されています。

 

エビデンスレベルが高いということは、治療の効果があると認められ科学的根拠をもって推奨されるということです。一方でエビデンスレベルが低いという場合では、科学的根拠をもって推奨しないという場合もあります。そしてエビデンスレベルが充分でない、つまりデータが足りないというケースもあるということです。

 

水素水もエビデンスは充分ではないとされており、いくらかの人には効果があったという研究や効果がなかったという研究が混在している状態です。まだまだこれから明らかになっていく部分もあるということですね。

ほとんど体内に入っていない?

水素水のエビデンスの問題と合わせて指摘されているのが、有効に摂取できているかどうかという点です。水素は気圧の高いところから低いところに移動するので、市販の水素水などでは空気中に漏れ出していると言われています。つまり、製品化されて私たちの口に入るころには表示されている水素濃度よりも低くなっているということです。

 

ただの水を飲んでいるかもしれないとなると驚きですね。プラセボで身体の調子が良くなっていると感じているケースも多いのかもしれません。自分で作るタイプの水素水や、水素水サーバーは濃度の点では市販のものに比べて心配はないですが、それでも時間はおけないということになります。

水素水サーバー以外にも!水素摂取の方法

水素の効果や信頼性についてはおおまかに理解してもらえたでしょうか。次は水素摂取の方法について、ここまで少しずつ触れてきましたが紹介していきます。市販のものや水素水サーバーなどいくつかの方法があるということです。

市販の水素水

まず挙げられるのは市販の水素水ですね。ペットボトルのものやアルミのものなどいくつかの製品があります。コンビニなどで飲み物を買う習慣のある人では、ミネラルウォーターから水素水に替えたという人も多いのではないでしょうか。

 

ただし上述したように、水素はどんどん抜けていくと思っていた方が良いようです。ペットボトルやアルミの分子よりも水素の方が小さいため、気圧の低い方に抜けていってしまいます。アルミのものでは開封後も空気を抜いて真空に近くできるものがあるようですが、それでも抜けるのは免れないようです。

水素スティック

次は水素を自宅で作るという方法です。スティックを入れて作るものですが、この場合は水素の濃度は心配はいらないようです。抜けていくよりも多くの水素が発生していると言われています。

 

毎日飲む場合には濃度の面やコストの面などを考えると自宅で作った方が良いかもしれませんね。毎回作るという手間という点との比較になるでしょうか。

水素水サーバー

手間がかからず濃度もある程度期待できるのが、水素水のサーバーです。どんどん水素が発生しているスティックタイプには濃度は劣りますが、手間はかからないでしょう。水素水の効果が期待できる濃度は維持できると言われており、サーバーを使う人も増えているようです。

 

メーカーによっては初期費用やメンテナンスの費用も安く抑えられる場合もあり、費用面がネックになるというわけではないようです。

水素風呂も

水素の口からの摂取という以外にも、水素風呂もよく取り上げられています。入浴剤タイプのものや、水素発生器を浴槽に沈めて使うタイプのものがあるようです。水素は分子が小さいと上述したように、皮膚呼吸でも効果が期待できると言われています。

 

水素発生器はやはり高額になるので、最初は入浴剤タイプのもので試してみる方が良いかもしれません。調子が良いことを実感できてから水素発生器を購入したという人も多いようです。

水素水サーバーのメリット・デメリット

では最後に、水素水サーバーのメリットやデメリットについてみていきましょう。

水素水サーバーのメリット

水素水サーバーのメリットとしては、先にも述べたように手間がかからないということです。家族などでたくさん飲む場合には特にメリットとして重要ですね。それでいて濃度を維持できるということなので、この点を重視して選ぶ人も多いでしょう。

 

コストの面でも、上述したようにメーカーによっては初期費用やメンテナンス費用を安く抑えられる場合もあります。条件に合うところを探してみると良いでしょう。

水素水サーバーのデメリット

水素水サーバーのデメリットとしては、持ち運びには適さないということでしょうか。ペットボトルなどに入れて持ち運んでも、飲む頃には抜けています。自宅で飲むしか効果が期待できないという点ではスティックタイプや粉末の方が外出先でも飲むことができます。

 

また、水素水の信頼性のところでも述べたように、体内にしっかり入るかどうかという点では注意した方が良い点もあります。市販のものではペットボトルに表記された濃度の水素が入っていない場合もあると述べましたが、サーバーの場合も表記された濃度の水素水が出てきているかは注意しないといけません。

 

格安メーカーなどでは粗悪品も多いので、信頼性のあるメーカーから選びましょう。

まとめ

水素水の効果や信頼性、そして水素摂取の方法や水素水サーバーのメリット・デメリットを紹介してきましたがいかがでしたか?水素水を摂取する方法として水素水サーバーは楽に行えるものの1つです。水素の効果や信頼性についてもしっかり理解し、興味がある場合には一度試してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-健康
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.