ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

ライフスタイル

無駄を省いて家計スッキリ!節約術の基本の「キ」をチェックしよう

更新日:

いろいろな料金や商品の価格が値上がりしている今日このごろ、家計を助けるための節約術を意識したことはありますか?「ただ何となく」という感じでお金を使っていると、意外といろいろなところで無駄が出ているもの。どのようなところを節約できるのかを知り、無理のない節約をすることで、生活水準を下げることなく家計をスリムに出来ますよ。

家計に優しい節約術とは?

昔であれば、節約は家計を預かる主婦がやるものでしたが、節約は主婦に限ったことではありません。一人暮らしの人でもそうですし、実家暮らしでも共働きでも、無駄をなくしてすっきり節約すれば貯金も出来て言うことなしです。家計に優しい節約術とはどのようなものなのでしょうか?

ケチケチするのではなく無駄遣いをなくす

「節約」というと「ケチる」とか「貧乏くさい」というイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそういうわけではありません。ケチケチして1円2円を値切るということではなく、「無駄なお金を使わない」というのがよりよい節約術です。無駄な出費がないか見直してみましょう。

使う時に使うために節約を!

節約というのはただ単に「お金を使わない」ということではありません。いざというときにお金を使うために、日頃から節約をしておくのが目的です。欲しいものがあるとき、旅行に行きたいとき、誰かにプレゼントを贈りたいとき、引っ越しのとき、結婚式に向けてなど、大きな金額を動かしたいというときのことを考えて節約をするようにしましょう。

家計簿の見直しをしよう

家計の節約術の基本は「どれくらいの金額が入ってくるか」ということと同時に「何にどれくらいの金額を使っているか」ということです。そのチェックのためには、家計簿が一番!家計簿をつけるのが面倒だという人は「食料品」「外食」「衣服」といったざっくりしたジャンルわけにしたり、1日に使った金額の合計を書くだけでも良いでしょう。最近ではレシートを貼るだけという家計簿もありますので、自分ができる範囲で支出の管理をすると良いですね。もちろん、光熱費もチェックしておきましょう。

光熱費を節約しよう!

毎月固定の金額である家賃は見直すことが出来ませんが、電気料金や水道料金といった光熱費は見直すことが出来ます。

光熱費の無駄がないかどうかチェック!

毎月の光熱費を見直したときに、無駄がないかどうかをチェックしておきましょう。

電気

電気は一番チェックしやすいポイントです。電気をつけっぱなしにしていないかどうか、特に見る用事もないのにテレビをダラダラみていないか、エアコンをつけるときにしっかりと部屋を閉めているかどうかなど、さまざまなポイントがあります。節電のために夏のエアコンを切ったりつけたりという人がいますが、実はエアコンはつけっぱなしの方が電力消費が少ないのです。エアコンは設定温度に達すると運転が止まるか弱運転に自動で切り替わるため、電力消費が抑えられるのです。エアコンは上がった室温を下げるときに多くの電力を使いますので、こまめに切ったりつけたりということをするとむしろ電力消費が多くなります。また、テレビをつけっぱなしにするとエアコンよりも電力消費量が多くなってしまうため、見る番組がない時にはテレビを切っておくと良いでしょう。

水道

意外と気をつけていない水道の使い方も見直しましょう。歯磨きや顔を洗うときなどに水を出しっぱなしにしているという人もいるかもしれませんし、シャワーのときにお湯を出しっぱなしという人もいるでしょう。こまめに止めるようにするだけで水の消費は大幅に抑えられます

ガス

ガスは料理とお風呂で見直しができるポイントです。料理する際は強火ではなく中火にしたり、お風呂は追い焚きをする回数を減らすことでガス料金を節約すること出来ます。特に追い焚きは「追い焚きできるからもうちょっとあとで入ればいいか」という気持ちになってしまうことが多いですが、お湯が暖かいうちにさっさと入ってしまう方が良いですね。

契約プラン見直しも視野に入れよう

ガス会社や電力会社は2016年の電力自由化、2017年のガス自由化により、消費者が契約スガス会社、電力会社を選ぶことができるようになりました。契約プランによっては年間で1万円以上の節約ができるようになります。

買い物上手になろう

やはり毎日の買い物は生活する上で欠かせません。買い物上手になることで節約上手にもなっていくのです。節約と言っても買い物をしないのではなく、上手に買い物をすることも節約術の一つですよ。

電子マネーにはクレジットカードでチャージを!

電子マネーが利用できるスーパーやコンビニが増えています。電子マネーを上手に使うことで、お金を使いながら節約ができるという事ができてしまうのです。クレジットカードで電子マネーのチャージを行えば、クレジットカードのポイントが貯まっていきます。クレジットカードのポイントはキャッシュバックや電子マネー化・ポイント化することができます。

ポイントカードは電子マネー機能付きのものを

電子マネー機能のついたポイントカードを使えば、カード提示でポイントがつき、さらに電子マネー利用でもポイントがつくという、いわゆる「ポイント二重取り」をすることができます。その上でクレジットカードでチャージをしてポイントを貯めれば、現金で買い物をするよりもずっと効率よくポイントを貯めることができます。ポイントカードのポイントは現金のように利用できるものや、一定のポイントを貯めることで金券が発行されるものなどがあります。

コンビニからスーパーへシフトチェンジ!

コンビニは24時間営業しているため、非常に便利です。何もなくてもついつい入ってしまうもの。しかもコンビニの商品配置は非常にうまくできており、会計をするときでも魅力的な商品がレジ周辺に並んでいるため、さらに出費が多くなってしまいます。ですがコンビニには割引がほとんどありません。その代わりポイントが付くコンビニがほとんどですが、スーパーの割引やポイントと比べると、その割引率は低いと言って良いでしょう。買い物をスーパーに切り替えることで無駄遣いも少なくなりますし、より安く商品を購入することができます。コンビニに寄らなくなっただけで1日の出費が抑えられた、という声も多く聞かれますから、「コンビニに寄らない」「買い物はスーパーへ」という2点を意識して行うと良いでしょう。

ケータイ料金は格安SIMで運用しよう!

携帯電話の通信料はなかなか下げることができず、スマホ利用だと毎月5,000円から1万円程度かかってしまうことも多いです。今ではより安くスマホを運用できる方法もたくさんありますので、調べてみると良いでしょう。

毎月の通信費用を下げるには格安SIMがおすすめ

毎月のスマホの通信費用を下げたいのであれば、「格安SIM」がおすすめです。SIMフリー携帯に入れるSIMカードを選ぶことで、毎月の通信費用が1,000円程度までに抑えることができるのです。

携帯会社と格安SIMの違いは何か

ドコモ、au、SoftBankといった携帯会社は2年縛りの料金プランがメインです。大幅な割引と引き換えに2年間は解約しにくいようになっています。割引が大きいのでオトクなように見えますが、途中で解約したい場合には解約手数料を支払わなければならず、最終的に高額になる場合があります。SIMフリー携帯と格安SIMの場合には本体の割引などはありませんが、毎月の使用料金が携帯会社の5分の1から10分の1程度になるというメリットがあり、利用期間の縛りもありませんので、好きなときに解約することができます。

携帯会社と格安SIMの総額を比較してみよう

携帯電話会社D社と人気スマホAを例に、SIMフリー携帯+格安SIMとの価格を比較してみましょう。24ヶ月使用した際の金額の比較はなかなか興味深いですよ。

D社 SIMフリー携帯+格安SIM
本体価格 93,960円 93,960円
割引金額 55,728円 なし
通信費用 168,000円 24,960円
合計金額 317,688円 118,920円

※格安SIMはSMS機能付き月額1,040円で計算しています。

2年間で実に20万円近い節約になります。もちろん、携帯会社のようなサポートがなかったり、音声通話つきのSIMでは毎月の通信費が上乗せになったりしますが、プランによってはもっと安くすることも可能になります。メリット・デメリットを考えて選ぶと良いでしょう。

自宅やカフェなどの無料Wi-Fiを活用する

通信費用が高くて困る、という人は自宅のWi-Fiやカフェなどの無料Wi-Fiを利用するようにしましょう。無料Wi-Fiは探してみると多くの場所で提供されていますので、上手に活用できると非常に便利ですし、通信費用も抑えられますよ。

自分なりの節約術でうまく家計をやりくりしてみよう

節約術は人それぞれやり方があります。自分に合った節約術を見つけ、上手に家計をやりくりしてみましょう。日頃から無駄な出費をなくして、いざというときにドカンと使うというのも楽しいですよ。節約は非常に大切ですが、あまりやりすぎてしまって生活しづらくならないように、無理のない範囲で行っていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-ライフスタイル
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.