ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

自己啓発

【人見知りを克服する3つの方法】こんな原因、心当たりある?

更新日:

人見知りは、子供だけでなく大人でも悩んでいる人が多いです。日常生活において人と全く関わりがないということはまずないので、できるなら克服しておきたいですよね。

 

今回は、人見知りの原因や克服方法などについて詳しくご紹介していきたいと思います。

意外にも多い人見知り

adobestock_61580829

人見知りは個性であり性格でもありますが、明るくて活発で誰とでも分け隔てなく話せる、というような人に比べるとどうしてもマイナスなイメージがつきまとってしまいますよね。

 

「自分は人見知りだと思う」という人の割合は比較的若い世代に多く、年齢を重ねるにつれて人見知りではないと思う人が多いというデータがあります。それでも、日本人のうち半数近く、もしくはそれ以上の人が人見知りに悩んでいるようです。

 

一見陽気で明るく見えるような外国人でも、中には人見知りな人は存在します。国民性はあれど、やはり性格は多種多様ということですね。しかし外国に比べて、やはり日本人にはどちらかというと内向的な人が多いため、必然的に人見知りである人も多いのです。

 

まだ子供のうちであれば、「人見知りなので…」で通用することもあるでしょう。しかし、大人になればそう簡単にはいきません。仕事をしていれば社内や取引先の人と話さなければいけない機会は多いですし、子供ができればそれに付随してご近所や親戚、学校関係者などとの付き合いも増えてきます。

 

人見知りを理由にして人付き合いを避けることは、大人には難しいのです。

人見知りの特徴

adobestock_81353103

人見知りの人に見られる特徴には以下のようなものがあります。

人の目を見て話せない

「人と話す時には目を見る」と小さい頃から教わってきた人も多いと思いますが、人見知りの人にとってはこの行為は少々ハードルが高いことが多いです。

 

人の目を見れない原因としては、相手に不信感があったり、自分に自信がないということが考えられます。目は感情を判断する重要な材料にもなるので、なかなか目が合わないと相手は「この人何を考えてるのか分からないな…」と思ってしまうかもしれません。

会話がぎこちない

せっかく人に話しかけてもらったり勇気を出して話しかけたとしても、一言目二言目から話を広げるのが苦手なのが人見知りの人の特徴です。

 

親しい友人などならまだしも、初対面の人や対して親しくない人と対面すると緊張し、何を話そうか、話をしなくちゃ、と考えすぎることで会話がスムーズに進まず、ぎこちなくなってしまうということが考えられます。

声が小さい

人見知りの人は自分に自信のない人が多いため、相手を目の前にすると自然と声が小さくなってしまうことが多いです。緊張によるものとも考えられますし、人によっては声が震えてしまうこともあるかもしれません。

 

相手がどんな人物かよく分からないような状況だと特に、相手への不信感や警戒心が声を小さくしてしまうということも考えられます。

 

近寄りがたいオーラを出している

人見知りの人は、人に話しかけるのが苦手であるどころか、自分で「話しかけるなオーラ」を出している人も多いです。暗い表情をして何を考えているのか全く見当がつかないような人のところには、なかなか人は近づいてきません。

人見知りの原因とは

adobestock_98994108

人見知りの原因として考えられるものをご紹介します。

自分に自信がない

自分に自信を持てず、「自分なんか…」「相手に悪く思われるかも…」という考えを持っていては、自然と人見知りを加速させてしまいます。

 

暗くてネガティブな人より、明るくて自信に満ち溢れている人の方が話したいと感じますよね。

自意識過剰

人は、自分が思うよりも対して人のことを見ていません。にもかかわらず、人見知りの人は「自分がどう見られるか」を気にしている人が多いです。「印象が悪くなったらどうしよう」などという無駄な自意識は、人見知りをしない人はあまり持っていないものです。

空気を読みすぎる

人見知りの人は、自分の気持ちを出すよりも相手の気持ちを読み取ろうとする気持ちが強いと言えます。よって気遣いができるというメリットもありますが、周囲のことばかり気にしていては自分の意見や気持ちを外に出しづらくなってしまいます。

警戒心が強い

人見知りは知らない人や物に対しての警戒心であり生理的な反応であるとも言えますが、本来であれば大人になるにつれて警戒心の解き方も覚えていくものです。しかしあまりにも強い警戒心を持ったままの、いわゆる臆病な人には人見知りの人が多いです。

一人に慣れている

一人っ子だったり、昔から一人でいることが慣れているような人の場合は、いざ誰かと話しをする機会があったときにうまく話せないということがあるかもしれません。

 

実際に、人見知りをしない人というのは、人と話す機会が多かった人に多いです。つまり、人見知りの人でもたくさんの人と話す機会をつくることで徐々に改善されるかもしれないということです。

人見知りを克服する方法

adobestock_113645490

人見知りを克服するために効果的な方法についてご紹介します。

自分に自信を持つ

「自信を持て!」と言われてもすぐに持てるものではないかもしれませんが、気持ちの持ち方を少し変えるだけでも大きく変わります。人見知りの人には、相手からどう思われるか不安だという人も多いと思いますが、怖がらずに素の自分を出すイメージで接してみましょう。

 

慣れていないと初めのうちは少し空回りすることもあるかもしれませんが、場数を踏むにつれてコツを掴めるはずです。

人の目を気にしすぎない

自意識が過剰になっていると、無駄に考えすぎたり緊張しすぎたりして会話がスムーズに進みません。相手は大して自分を見ていないと考え、楽に会話をしてみましょう。

 

初対面の人に対してだと特に緊張してしまうと思いますが、そんな時は相手を昔から知っている人だと思い込んでみるといいかもしれません。警戒心を一気に解くことができますよ。

会話をシミュレーションしておく

何を話すか決まっていない、所謂アドリブの会話が必要になる場面だと、人見知りの人にとっては話を広げるのが苦痛に感じてしまうかもしれません。

 

人見知りの人には、電話が苦手な人も多いのではないでしょうか?特にかかってきた電話は、相手の話すことや要件が全く分からない状態なので、典型的な不安要素がつまったケースですよね。

 

対面での会話でも電話でも、慣れない人と話すことになったら、事前にどんな内容を話すか頭の中でシミュレーションをしておくと、焦ることなく会話を進められます。

 

何度かシミュレーションを繰り返すことで、会話のコツや流れが掴めてくるはずです。

人見知りでも会話を盛り上げられる!

adobestock_69557342

人見知りなのに無理やり話をすることを強要されるのは辛いですよね。人見知りの人は、何も人見知りではない人と同じように振る舞う必要はありません。

 

人見知りの人の長所は、相手の気持ちをよく考えることができること。自分が話すよりも、相手の話を引き出してみましょう。聞き役になるというのもそう簡単なことではなく、相槌一つで話し手に対する印象も大きく変わります。同時に、話す人により親身になって聞いてあげることで自然な会話をつくり上げることができます。

 

聞き上手な人になると、自然と人が集まってきます。相談や悩み事は、自己主張が強い人よりも真剣に話を聞いてくれる人にしたいですよね。そうして人との関わりを率先して増やしていくことで、自然と人見知りも克服できているかもしれません。

 

話す技術よりも、まずは聞く技術を向上させるように努めてみましょう。

まとめ

adobestock_29255831

人見知りであることを悩んでいる人はとても多いです。個性でもありますが、人との関わりにおいては人見知りすることなくスムーズに話をするのが理想ですよね。

 

性格だからと諦めなくても、人見知りは克服することは可能です。気持ちの持ち方一つでも大きく変わるので、ぜひ克服方法を参考にしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-自己啓発
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.