ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

高血圧の治療は何をするの?病院の検査から薬物療法まで

更新日:

高血圧の治療が必要な理由

adobestock_40706462

血圧が高いというだけでは、自分で症状を自覚することは難しいかもしれません。そのため高血圧といわれても治療を必要性をひまひとつ実感できない人もいます。

 

しかし、高血圧はサイレントキラー(静かなる殺し屋)と呼ばれ、知らず知らずのうちに動脈硬化や糖尿病といった合併症を招くおそれがあります。糖尿病にいたっては、患者の半数以上が高血圧であるといわれています。

高血圧の治療で行われる病院の検査

adobestock_79534027

高血圧の治療は何科?

会社の健康診断などで「血圧が高め」と言われたことをきっかけに、高血圧の治療を考える人は少なくありません。しかし、いざとなると何科の病院に行けばよいのか分からないという人が多いのではないでしょうか。

 

高血圧の治療は一般内科で受けることができます。まずは、かかりつけの内科で「健康診断で血圧が高めと言われました」と相談するので充分です。ほかにも循環器内科や腎臓内科、神経内科でも治療を受けることができます。長く通院する場合もあるので、通いやすい病院を選ぶと良いでしょう。

まずは問診から

高血圧治療は、病気の性質上、治療や診断を行う上で患者の生活環境や習慣がとても重要です。そこでまずは医師から口頭で問診を受けます。問診の内容は病院や患者によってさまざまですが、おおむね以下のようなことが質問されます。

・身長や体重
・好きな食べ物や味の好み
・これまでにかかったことのある病気
・睡眠の状況
・タバコやお酒の有無(量も含む)
・運動の習慣
・仕事内容
・家族関係

質問に対する答えを準備しておくと、リラックスして診察を受けられるのでおすすめです。また、このとき高血圧治療に関する不安や疑問点があれば質問しましょう。患者が納得できるまで説明してくれる医師かどうか見極める参考にもなります。

高血圧治療:血液検査

高血圧治療の初診では、採血による血液検査を行います。血液検査では、ほかの疾患が原因で高血圧になっていないか「二次性高血圧」の可能性を調べます。

 

また同時にコレステロール値や血糖値も分かるので、糖尿病や心疾患といった合併症の有無も分かります。このとき心臓の状態を確認するため胸部X線検査や心電図検査をすることもあります。

高血圧治療:尿検査

尿蛋白や潜血、糖の有無について調べます。タンパク量を調べることで「腎実性高血圧」あるいは「腎障害」の診断ができるほか、これらの結果に基づき、糖尿病や腎盂腎炎の発見のもできます。

高血圧治療:眼底検査

眼底の網膜動脈の高血圧による変化を調べることで、二次性高血圧について調べることができます。

高血圧の治療に欠かせない降圧目標

adobestock_44174481

上記の検査で二次性高血圧の可能性が除外され、また合併症の有無が確認できると、診断を受けられます。そして高血圧と診断された場合は、このときに治療計画を立てるのが一般的です。

 

高血圧治療の最終目標は、言うまでもなく血圧を下げることです。しかし、どこまで血圧を下げるかというのは、年齢や合併症の有無によって異なります。こうした患者ひとりひとりの状態を踏まえた血圧を下げる目安を「降圧目標」といい、その数値はガイドラインによって細かく決められています。家庭での血圧測定も広がっている現在では、降圧目標が診察室血圧と家庭血圧それぞれに設定されています。

高血圧ガイドラインによる降圧目標

若年・中年者

診察室血圧が収縮期140mmHg未満かつ、拡張期90mmHg未満。
家庭血圧が収縮期135mmHg未満かつ、拡張期85mmHg未満であること。

後期高齢者患者

診察室血圧が収縮期150mmHg未満かつ、拡張期90mmHg未満。(忍容性があれば140mmHg/90mmHg未満)
家庭血圧が収縮期145mmHg未満かつ、拡張期85mmHg未満(目安)であること。(忍容性があれば135mmHg未満かつ、拡張期85mmHg)

糖尿病患者

診察室血圧が収縮期130mmHg未満かつ、拡張期80mmHg未満。
家庭血圧が収縮期125mmHg未満かつ、拡張期75mmHg未満であること。

CKD患者(蛋白尿陽性)

診察室血圧が収縮期130mmHg未満かつ、拡張期80mmHg未満。
家庭血圧が収縮期125mmHg未満かつ、拡張期75mmHg未満(目安)であること。

脳血管障害・冠動脈疾患患者

診察室血圧が収縮期140mmHg未満かつ、拡張期90mmHg未満。
家庭血圧が収縮期135mmHg未満かつ、拡張期85mmHg未満(目安)であること。

なお収縮期とは、心臓が収縮するときの血圧で最も高い数値を指します。拡張期は心臓が弛緩するときの血圧なので数値が最も低くなります。

高血圧の治療は生活習慣の改善からスタート

adobestock_46901541

高血圧と診断されたからといって、すぐに治療で薬が使用されることは、めったにありません。まずは生活環境の改善によって血圧を下げることから治療が始まります。治療のカギとなるのが、食事と運動です。

高血圧治療における食事改善

高血圧治療では、血圧をあげる原因である「塩分の過剰な摂取」「肥満」に気を付けなければなりません。

 

日本高血圧学会では、食塩の1日摂取量は6グラム未満が理想とされています。これは日本人の平均的な食塩摂取量の約2倍です。塩分を半分に減らすために、自炊の際には減塩調味料を使い、しっかり軽量するようにしましょう。

 

また、肥満の防ぐために間食を減らし、1日3食を毎日同じ時間帯に摂るようにしましょう。

高血圧治療における運動

運動を習慣にすると血液循環が良くなるため、血圧を下げる効果が期待できます。ただし、どのような運動でもよいというわけではなく、適した方法で継続することが大切です。

 

高血圧治療に適した運動は、ウォーキングをはじめとした有酸素運動です。このほか水中ウォーキングや、スポーツジムなどにある器具を使った自転車こぎも良いでしょう。

運動の強度や時間にも注意しましょう

高血圧治療のための運動は、体力の5割程度を使った、息が軽くはずむ程度の強度で行ってください。急な激しい運動は、腰やひざを痛めて運動できなくなる原因になることがあります。

 

運動を行う時間は1日あたり40~50分を週に4~5回行うのが理想的です。ただし、仕事や家事が忙しく難しいという場合は、1週間の運動時間のトータルが200分になるようにスケジュールを立てると良いでしょう。

高血圧の治療で降圧薬が使われるケース

adobestock_25020228

一般に、食事や運動といった生活習慣の改善を一定期間行っても血圧が下がらなかった場合、薬を使った高血圧治療を行うことになります。しかし、この一定期間というのは患者の年齢や合併症リスクによって異なります。

 

比較的低リスクである場合は、3か月の高血圧治療を一区切りにして薬の使用を判断するケースが多いです。また、薬を使った治療を行う場合でも、引き続き生活習慣の改善は必要は行います。(薬、副作用)

高血圧治療の薬①:カルシウム拮抗薬

カルシウム拮抗薬は、カルシウムによる血管の収縮を抑えることで血圧を下げる薬です。高血圧治療では幅広い患者に使われるため、合併症がない患者から、心筋梗塞や脳卒中を起こしたことのある人にまで使われます。副作用は比較的少ないですが、使用から数日後にめまいや頭痛などがあらわれることがあります。

高血圧治療の薬②:ARB・ACE阻害薬

ARB・ACE阻害薬は、血圧の調整にかかわるホルモンを調整することで血圧を下げる薬です。低リスクの高血圧患者に使われるほか、メタボリックシンドロームのひと、糖尿病予備軍の人に使われるケースが多くみられます。一方、妊婦や妊娠の可能性がある人は胎児に影響を与えるおそれがあるため使えません。副作用は少ないですが、まれにめまいや動悸といった症状があらわれることがあります。ACEでは空せきがみられるケースもあります。

高血圧治療の薬③:利尿降圧薬

利尿降圧薬は、尿で余分なナトリウムや水分を排出することで血圧を下げる薬です。主に塩分の摂り過ぎで高血圧になっている人や高齢者に使われます。体内の尿酸や糖などの代謝に影響を与えることがあるため、低カリウム血症を起こしたり、月経痛や勃起障害といった副作用が出ることがあります。

高血圧治療の薬④:β・α遮断薬

β遮断薬やα遮断薬は心臓や血管の収縮にかかわる交感神経の刺激を遮ることで血圧を下げる薬です。β遮断薬は心拍出量を減らすことで血圧を下げ、α遮断薬は末梢血管抵抗を減少させることで、血圧を下げます。心臓の働きが活発な比較的若い患者に適した薬です。副作用として脈が非常に遅くなる「徐脈」が出ることがあるため、不正脈がある患者には使用できません。

高血圧の治療は長期戦

高血圧の治療は風邪のように短期間で終わるものではありません。そのため相性の良い病院・医師を選び、根気強く生活習慣を変えていく必要があります。薬を飲む必要が出た場合は、副作用や飲み合わせなど不安に感じる点を必ず医師に相談するようにしましょう。

【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

高血圧は、近年の生活習慣の多用化とともに増加している健康問題です。高血圧の原因は、栄養バランスの乱れ、慢性的な運動不足、ストレスを過剰に受けたまま解消できない、喫煙習慣、アルコール過多などが考えられています。

それらの問題により高血圧に罹る人が増加しており、肥満、糖尿病、脂質異常症のとともに「死の四重奏」という別名称があるほど放置しているとキケンな病です。

The following two tabs change content below.
編集部:SAYAKA

編集部:SAYAKA

美容と健康が大好きな32歳のライターです。いつまでも若々しくいるために日々いろんな美容方法を頑張ってます♪体験談を踏まえた様々な記事を投稿しているので参考にしてみてください。

-高血圧
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.