ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

高血圧を改善したい!厳選サプリメント2選☆おすすめ3つの飲み物

更新日:

サプリメントを利用して高血圧対策

生活習慣病の一つとして、多くの人が悩んでいるのが、高血圧です。高血圧は、栄養価の乱れや、運動不足などによって引き起こされてしまうと考えられており、改善するためには生活習慣を正す必要があります。

しかし、生活習慣の改善は一時的なものでは効果がなく、継続することが重要です。効果が出るのも徐々になので、なかなか続けることが難しいです。

そこでおすすめなのが、サプリメントを利用して高血圧対策をすることです。

もちろん、サプリメント単体ではなかなか効果は出づらいですが、食事療法や運動療法の補助としてサプリメントを利用することで、効果を高めることが可能です。

では、高血圧にはどのようなサプリメントが効果的なのでしょうか。高血圧対策をするときに選んでほしい成分をご紹介するので、サプリメント選びの参考にしてみてください。

まず、臨床実験でも効果を上げているのが、カリウムです。カリウムは利尿作用のある成分で、薬物療法の際に利尿薬が用いられることからも、カリウムが高血圧に効果的なのは予想できます。

カリウムによって、体内の塩分が排出されるため、高血圧に効果があるといわれているのです。

次に、血圧が高くなるのを防いでくれるのがペプチド類です。高血圧対策につい変える成分としての注目度の高い成分なので、ぜひ利用してみてください。

血液の流れを改善してくれるのが、DHAやEPAです。動脈硬化などにも効果があり、血液に関係する生活習慣病の対策には欠かすことのできない成分です。

紅麹、霊芝も血液の流れをサポートしてくれます。血管を広げるために、カルシウムやマグネシウムも効果的です。

血圧改善にはローヤルゼリーが効果的

AdobeStock_45685300

生活習慣病の一つとして、多くの人が悩んでいるのが、高血圧です。

生活習慣病は生活習慣の乱れが原因として引き起こされます。生活習慣とは、食事や運動などです。栄養価の偏った食事や、運動不足が病気につながってしまうということです。

特に、脂肪分は血圧をどろどろにして、血流を悪化させ、高血圧だけでなく動脈硬化なども引き起こします。こういったことを防ぐためにも、野菜などもしっかり食べ、適度な運動で体を鍛えてやることが重要です。

飲酒や喫煙なども高血圧の原因となってしまうので、ほどほどにするようにしなければなりません。

高血圧の治療法には、生活習慣を改善する運動療法と食事療法が用いられるのが一般的ですが、あまりにも程度がひどいと、薬物療法を用いられることもあります。

しかし、薬物療法は副作用などもあるので、基本的には避けて通りたい療法です。薬物療法を行わないで済むように、生活習慣には気を付けましょう。

生活習慣病になってしまったら、生活習慣を正す必要がありますが、生活習慣を正すのには時間もかかり、効果もすぐに出るものではありません。

そこで、高血圧、または低血圧に悩む人におすすめなのが、ローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーの血圧調整作用

高血圧の改善には生活習慣の改善がマストですが、そこにローヤルゼリーを足して、より効果的に高血圧改善をすることが可能です。

ローヤルゼリーには、栄養素が40種類も存在しており、この中には高血圧に効果のある成分も多いです。

特に、血圧調整作用が注目されており、高血圧だけでなく、低血圧に悩む人にもローヤルゼリーは利用されています。血圧が高すぎても低すぎても、適切な値に近づけてくれるというのが血圧調整作用です。副作用などもない安全な成分ですので、安心して摂取できるのも魅力です。

ローヤルゼリーが利用できない人は、アレルギー体質の人くらいで、高血圧や低血圧でなくても、美容や健康のためにローヤルゼリーを摂取するのはお勧めです。

高血圧対策ににんにく卵黄を利用しよう

生活習慣病の一つとして、多くの人々を悩ませているのが高血圧です。生活習慣病の原因となるのが栄養バランスの乱れや、運動不足などです。他にも、老化によって高血圧になってしまうこともあるそうです。

血圧が悪化すると脳卒中や動脈硬化など、命にかかわる重大な問題となってしまいます。ですので、早期治療や、予防が重要になってきます。

しかし、高血圧は自覚症状が少ないので、発見した時にはすでにだいぶ悪化してしまった後、ということもよくあります。ですので、まだ高血圧になっていないという人でも、対策を始める必要があります。

どうなったら高血圧なのか

高血圧とは、その名の通り、血圧が高いことです。しかし、自分の血圧が高いかどうかを普通に暮らしていて発見することは難しいと思います。

高血圧の症状も、めまいや動悸、頭痛などですので、高血圧独特のものではなく、体調不良と混合しやすいです。そこで重要なのが、血圧を測定することです。

病院などに設置してある血圧測定器を利用して血圧を測ってみて、その数値が基準よりも低いか高いかを調べましょう。具体的な値は、最低血圧90、最高血圧140です。

この値より高ければ高血圧の可能性が高く、低ければ高血圧でないということができます。ただし、血圧は測るときの除隊にも左右されるので、測る直前は運動などは控え、精神状態もできるだけ落ち着かせるようにしましょう。実際、病院で測るのと家で測るのとでは数値に差が生じるともいわれています。

そもそも高血圧はどのようにして引き起こされるのでしょうか。高血圧の原因は、血液にあります。

血液中にコレステロールなどの不要な成分が増えすぎると、血液の流れが悪くなり、血管にコレステロールなどが付着してしまいます。そうすると血液量に対して血管が細すぎるという状態になってしまい、血液が流れにくくなります。

しかし、血液が体にいきわたらないと我々はきちんとした生活が行えないので、心臓がより強い力で血液を押し出そうとします。それによって血圧が高くなってしまうのです。

【ガッツリ効果!】高血圧を下げるサプリメント人気売れ筋10選
高血圧は、近年の生活習慣の多用化とともに増加している健康問題です。高血圧の原因は、栄養バランスの乱れ、慢性的な運動不足、ストレスを過剰に受けたまま解消できない、喫煙習慣、アルコール過多などが考えられています。それらの問題により高血圧に罹る人が増加...

にんにく卵黄で高血圧対策

上のような経緯で血圧が高くなってしまうので、血液の改善が高血圧対策には効果的です。

血液改善に効果的なのが、にんにく卵黄です。硫黄化合物と呼ばれる血流改善成分がにんにく卵黄には含まれており、血管を広げるのにも効果的です。

血圧を正常に戻す際には非常に役に立つので、悩んでいる人はぜひ試してみてください。

高血圧対策を飲み物で始めましょう

生活習慣病である、高血圧の予防、改善には生活習慣を見直すのが一番効果的です。主な療法は、食事療法です。他にも、運動なども効果的です。食事療法だからと言って、食事内容をコントロールするのは大変で、時間がかかるかもしれません。

まず、手軽で素早く始められるということでおすすめなのが、飲み物を利用して血圧を下げる方法です。

最近多くの人に利用されているのが、特定保健用食品です。特定保健用食品の中に、血圧低下に効果のある飲み物も存在します?それらを生活に取り入れることで、効果があります。

当然、飲み物を飲むだけで高血圧を完全に予防、解決するということは不可能です。あくまで、補助であり、本当に高血圧を改善するのには運動療法と食事療法は欠かすことができません。

では、飲み物を血圧低下に効果的なものに変えると、どのくらいの効果が期待できるのでしょうか。

具体的には、8mmHgほど最低血圧を、8~13mmHgほど最高血圧を低下させると言われており、効果が出るまで8~12週間、継続することが必要です。

1回血圧低下に効果のある飲み物を飲んだからといって、その瞬間に血圧が下がるということではないので、気をつけましょう。特定保健用食品を購入する費用がもったいない、という場合、血圧を下げる飲み物を自作するとよいでしょう。血圧を下げる飲み物で、自作できるものは、ゴーヤ茶と玉ねぎ茶です。

玉ねぎ茶の作り方は、3個分の玉ねぎの皮を沸騰した水1Lに投入して、3分間待つだけです。簡単に作ることができるので、ぜひ作ってみてください。ただし、香りが独特で飲みづらい人がいるかもしれません。

そういったばあいは塩気のある酢などをいれるのがおすすめです。ゴーヤ茶は、ゴーヤの種を取り除き、輪切りにしたものを乾燥させ、燻して茹でればゴーヤ茶の完成です。

玉ねぎ茶よりは手間が増えますが、試してみることをおすすめします。

青汁を利用して血圧を下げる

AdobeStock_68152398

多くの人が悩んでいるのが、高血圧です。高血圧は生活習慣病の一つとして知られ、現代人の生活習慣の乱れを表すものとしてマスコミでもしばし取り上げられます。

欧風な食事が増えたこともあり、日本人の食生活は乱れつつあります。また、仕事などで運動する時間がないという人も少なく在りません。

高血圧を引き起こしてしまうものはいくつかありますが、食事中で気にしなければならないのは、やはり、脂肪分です。

脂肪分を多くとりすぎるとコレステロールが体内に増えすぎてしまい、そのコレステロールが血管に付着してしまったり、血液をどろどろにしてしまったりすることによって高血圧が引き起こされてしまうのです。

高血圧自体の症状はめまいや動悸、頭痛などで、体調不良と勘違いしやすく、なかなか発見につながりません。

しかし、高血圧が悪化してしまうと、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などにつながってしまい、生死にかかわる問題となってしまいます。自覚症状が少ないからこそ、予防や、早期発見、早期治療が重要となります。

高血圧対策として重要なのが、野菜をしっかり食べて、肉中心の食生活を改善するということです。

特に、コップ一杯で野菜に含まれる栄養素を手軽に大量に摂取できるということで注目されているのが、青汁です。青汁には様々な健康成分が含まれていますが、中でもビタミンCやカリウムが高血圧に効果があります。

カリウムは体内の塩分を排出してくれるので、体内のコレステロール値を減らすことが可能です。ビタミンCは体調を整えるうえで欠かすことができません。

青汁は動脈硬化だけでなく、様々な効果があるので、ぜひ生活に取り入れてみてください。青汁は、味にさえ慣れてしまえば、あまり手間がかかるものではないので、継続するのも簡単です。

【青汁ランキング】口コミで人気の商品を徹底比較レビュー
一昔前、「まずい!もう一杯!」のテレビコマーシャルで話題になった健康飲料の青汁。バラエティ番組の罰ゲームとして「飲まされる」というイメージのあった青汁ですが、最近ではお子様でも抵抗無く飲めるように改良された青汁が多く、「健康」と「美容」のために積...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-高血圧
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.