ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

高血圧

高血圧に効果的な3つの対策!あなたは大丈夫?原因となるNG習慣

更新日:

どうして高血圧になってしまうのか

最近、多くの人が悩まされているのが高血圧です。多くの人が悩まされているといっても、どうして高血圧になってしまうのか、ということは解明されていません。

これは一般的な高血圧の話で、一部理由がわかっている高血圧も存在しているので、その高血圧について説明したいと思います。

二次性高血圧

原因がわかっている高血圧のことは、二次性高血圧といいます。二次性、ということからわかるように、高血圧は二次的に表れたもので、元となる疾病が存在しているのです。

この高血圧に関しては、治療法が確立していることが多く、手術などで治療することができます。

本能性高血圧

この二次性高血圧に対して、原因がわかっていない高血圧を、本能性高血圧と呼びます。この本能性高血圧がほとんどの高血圧のことを指します。割合としては、高血圧に悩む人の九割がこの本能性高血圧だといわれています。

原因がわからない、というのは確かですが、わずかながら、因果関係は発見されつつあります。それが、生活習慣と遺伝です。

高血圧は生活習慣病の一つだと考えられています。つまり、高血圧の治療、予防には生活習慣の改善が効果的ともいえます。栄養価の偏った食事や、運動不足などが生活習慣の乱れです。

このような生活を続けていると、高血圧になる可能性が高くなるといわれています。

生活習慣は、高血圧だけでなく、様々な病気の原因となるので、高血圧に悩んでいる人だけでなく、すべての人が気を付けるべきことです。

次に遺伝についてですが、これは、高血圧だった人の子供は高血圧になる可能性が高くなってしまう、ということです。

例えば、高血圧の両親を持つ子供は、60%の確率で高血圧になるといわれています。高血圧の親が、母父どちらか一方の場合は、高血圧になる可能性は少し低くなり、30%といわれています。

どちらの親も高血圧でない場合は、子供が高血圧になる可能性は5%ととても低くなります。こういった場合、高血圧自体が子供にうつってしまうと勘違いする人がいますが、そういうわけではありません。

体質が子供に引き継がれ、高潔になりやすくなってしまうということです。親が高血圧の場合は、意識的に生活習慣をきちんと整ったものにしておくことが重要です。

また、親が高血圧の場合、家庭の食事に問題がある、と考えることもできます。家庭の食事を見直すことで、一家全員の高血圧対策になる、ということです。

高血圧になったらどうなってしまうのか

最近悩まされている人が多いのが高血圧、ということですが、具体的にはどのような症状に悩まされているのでしょうか。

高血圧が悪化してしまった時に現れる問題は、脳卒中や虚血性心疾患、動脈硬化などです。しかし、多くの人がこういった症状に悩まされているわけではありません。

多くの人が悩まされているのは、この前の段階で体に起きる、めまいや息切れ、動悸、頭痛などです。これらの症状を見ればわかる通り、高血圧だからと言って特別な症状が出るわけではないのです。

つまり、発見しづらい病気、ということができます。現に、初期段階での発見は難しいとされており、深刻化してから見つかるケースも多いです。定期的に検査を受けることが重要です。

どうすれば血圧を下げることができるのか

Stock_83817968

最近、生活習慣の乱れで多くの人が悩まされているのが、高血圧です。生活習慣病のひとつである高血圧は、血圧が高くなってしまい、様々な悪影響を体に及ぼしてしまいます。

では、どうすれば高血圧を改善できるのか、ということですが、2つの方法で生活習慣を正すことが有効です。

高血圧に限らず、生活習慣病は生活習慣の乱れによるものなので、逆に正してやれば改善、予防することができるということです。

では、2つの方法とはどのような方法なのか、ということですが、運動療法と食事療法というものです。

・運動療法
まず、運動療法から説明します。運動療法は、その名の通り、運動を用いた療法です。

運動をすることは、よく言われていることですが、健康を保つ上で非常に重要です。多くの調査で、運動が生存確率を上げるという結果が出ており、これは高血圧に悩む人にも言うことができます。

運動が高血圧に効果的な理由は、運動によって体がより発達していくからです。心肺機能も運動によって鍛えられ、心肺機能の向上は高血圧で問題がよく現れる血液の循環にも良い影響を与えます。

運動、とひとくくりに言っても、運動の中にも種類があります。高血圧に効果的なのは、心肺機能を効率よく鍛えることができる有酸素運動です。有酸素運動は低負荷で長時間行う運動で、30分以上継続することをおすすめします。

具体的には、サイクリングやランニング、水泳などです。逆に、筋力トレーニングのような無酸素運動は高血圧になってしまっている場合は避けたほうがよいです。

なぜなら、無酸素運動は、有酸素運動と違い、大きな負荷をかけるため、血圧が高くなってしまうからです。また、有酸素運動を行う場合でも、必ず、医師のアドバイスに従って行うようにしましょう。

場合によっては運動が高血圧に悪い影響を与えてしまうことがあるからです。

・食事療法
食事療法は食事の栄養バランスを整える療法です。塩分や脂肪分などが高血圧の原因になりやすいので、こういった栄養素を控えるようにしましょう。

特定保健用食品や玉ねぎ茶などの飲料も高血圧の改善には効果的です。運動療法と食事療法を同時に行うことで、かなりの効果を期待できます。予防に関しては、このふたつに気をつけていれば、高血圧になることはほとんどないと言ってもよいほどです。

しかし、高血圧の症状がひどく、至急な対策が必要だったり、食事療法と運動療法では血圧が下がらかったりすると、他の手段を用いざるをえません。

・薬物療法
他の手段として用いられるのが、薬物療法です。薬物療法は、効果が高いので、食事療法や運動療法よりも早い改善が期待できます。ですが、薬物療法は自然な療法とは呼べないので、食事療法や運動療法での治療が最善策ではあります。

また、食事療法や運動療法で生活習慣自体を高いので正さなければ、薬を飲んでも意味がありません。治療ができないこともありますし、治療ができたとしても、再度高血圧になってしまうでしょう。

薬物療法を行う際でも、食事療法や運動療法は欠かせないということを覚えておいてください。

では、薬物療法はどのような薬が用いられるのでしょうか。代表的なものを3つほどご紹介します。

まず、血管を広げるためにカルシウム濃度を下げるのがらカルシウム拮抗薬です。多くの人がこのカルシウム拮抗薬を用いており、グレープフルーツと一緒に食べると問題が現れること以外にはあまり欠点がありません。

高血圧は血液による圧力が問題なので、血があまり心臓から押し出されないように量を減らすのが、ベータ遮断薬です。糖尿病を患っていないことが前提で、偏頭痛や狭心症の方や若い人などに効果があります。

最後に、血液量を減らすために用いられるのが、利尿薬です。高血圧症や糖尿病の方は用いることができないのですが、うっ血性心不全や肥満、高齢者の方であれば利用することが可能です。代表的な薬はこれらになります。

どれを利用するかは医師が決めてくれます。また、日ごろから高血圧対策サプリメントなどで対策しておくこともお勧めです。

正常な血圧の値について

高血圧は、最近では多くの人が関係している生活習慣病です。では、本来、血圧はどのくらいの値であれば良いのか、ということですが、それについては一概にいうことはできません。その理由は、合併症や年齢などによって適正値は変わってしまうからです。

さらに、測定する場所によっても血圧は変わってしまいます。例えば、家で血圧を測定すると、落ち着いているので血圧は低く出ますが、病院では緊張してしまっているので、血圧は高く出ます。

また、運動によっても血圧は変わってしまいます。心臓の動きは常に変わっているので、そういった要因も考慮して血圧の値を吟味する必要があるのです。

では、家での測定と病院などでの測定での目標値をご紹介します。130/85mmHg未満が中年以下の方の、病院での目標値です。125/80mmHG未満が家で測定した場合の目標値です。

ただし、これは健全な方の目標値です。心筋梗塞を患っていたり、糖尿病などの症状もあったりする場合は、この価でも高すぎる可能性があります。これらの病気に関係している人は、この数値よりも低い値にするように心がけましょう。

では、高齢者の目標値を紹介します。140/90mmHg未満が病院での目標値です。135/85mmHg未満が家で測定した場合の目標値です。

病院で測定する場合、多少移動などで運動をしてしまいますが、家で測定する場合はできるだけ平静にし、落ち着いている状態で血圧を測るようにしましょう。数分間は落ち着くために時間が必要です。

また、血圧をいつ測るのか、ということですが、毎日同じ条件で測ることが必要です。一日の間で、血圧は変わってしまうので、比較のためにも同じ状況で血圧を測るようにしなければなりません。血圧を測る場合はこれらのことに注意してください。

血圧が変わるタイミング

血圧は、心臓によって送り出される血の圧力ですので、心臓の状態によって血圧は変わってきます。そのため、一日を通して、ずっと血圧が同じということはあり得ません。

具体的には、朝と夜が低く、昼が最も高くなります。これは平静時の話であり、時間だけに血圧が左右されるわけではありません。もっとわかりやすいのは、運動の前後だと思います。

運動のために心臓から血液がどんどん送り出されるので、当然血圧値は変わってしまいます。他にもストレスなどによっても血圧は変わってきます。緊張していると血圧値は高く出ますし、リラックスしていると、血圧は低く出ます。意外と知られていませんが、食事によっても血圧は変化します。

交感神経によっても血圧は変化するからです。食事に向けて交感神経は働き出すので、食前は血圧が高くなってしまいます。

それに対し、食後は血圧の低下が始まります。血圧の値自体も高血圧の予防では重要なのですが、この変化の割合も同じくらい重要です。この食事前後の血圧の変化は、一日の中でもかなり急な変化です。そのため、体に症状がでる人も少なくありません。具体的には、だるさや立ちくらみです。

こういった症状が出る人は、心臓や脳に負担をかけてしまっている可能性が高く、心臓病や脳卒中などの原因になってしまう可能性もあります。

もし、こういった症状がある、もしくは、心配だ、という方は、飲み物を工夫してみてください。カフェインには血圧を上げる効果があるので、食後の急激な血圧の低下を抑える働きがあります。

食事中もしくは食後にカフェインの多く含まれるお茶やコーヒーを飲むことで、低血圧を予防することができるのです。お茶を飲むという行動は、非常に体のメカニズムに適した行動だったのです。

【ガッツリ効果!】高血圧を下げるサプリメント人気売れ筋10選
高血圧は、近年の生活習慣の多用化とともに増加している健康問題です。高血圧の原因は、栄養バランスの乱れ、慢性的な運動不足、ストレスを過剰に受けたまま解消できない、喫煙習慣、アルコール過多などが考えられています。それらの問題により高血圧に罹る人が増加...
The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-高血圧
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.