ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

ヘルペスの症状と再発の原因とは?感染予防!うつらない為の注意点

更新日:

ヘルペスとは

ヘルペスと聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。口にできものができてしまう口唇ヘルペスを思い浮かべる人もいれば、性感染症の1つである性器ヘルペスを思い浮かべる人もいるでしょう。ヘルペスはヘルペスウィルスというウィルスへの感染症です。「ヘルペス」というのは水ぶくれが集まった状態を示すとされています。

小さな水ぶくれができて痛みや痒みを伴うというのがヘルペスの主症状です。このヘルペスウィルスへの感染は身体のどこにでも起き、上に挙げた口唇や性器だけでなく口腔内や顔面、角膜などでも起こります。また臀部や手指なども多く、上肢・体幹・下肢のどこにでもみられるということです。そんなヘルペスについて、今回はその病態や治療を紹介していきます。

まずは原因となるヘルペスウィルスについてみていきましょう。

 

ヘルペスウィルスの8つの種類と特徴

ヘルペスウィルスと一言で言っても、その種類は現在のところ8つ認められているようです。良く知られているところでは、上記の口唇や性器にできるヘルペスの原因となる単純ヘルペスウィルスや、水ぼうそうや帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウィルスです。実は水痘・帯状疱疹ウィルスもヘルペスウィルスの仲間なのですね。単純ヘルペスウィルスもⅠ型と二型があり、二型は性器など下半身に症状が起こりやすく一型はどこにでも症状が起こるとされています。ほとんどのヘルペスの症状は単純ヘルペスウィルスⅠ型によるものということですね。その他には伝染性単核球症という疾患の原因となるエプスタインバールウィルスや、肺炎や網膜炎を起こすサイトメガロウィルスなどもあります。そして突発性発疹や脳炎、カポジ肉腫といったまれな疾患を引き起こすヒトヘルペスウィルスがありこれらは6・7・8の3種類あります。

ここに挙げてきた8つが現在認められているヘルペスウィルスということです。ヘルペスウィルスにはある特徴があります。水ぼうそうと帯状疱疹の関係をご存じの方はピンとくるかもしれませんが、ヘルペスウィルスには潜伏するという特徴があるということです。水痘・帯状疱疹ウィルスに感染すると、最初に出る症状は水ぼうそうです。全身に水ぶくれができて発熱します。そして水ぶくれがかさぶたになって剥がれるとともに治まっていく疾患ですが、このときに水痘・帯状疱疹ウィルスは死滅しているわけではないのです。水痘・帯状疱疹ウィルスは神経節といって脊髄から末梢に向かって枝分かれしたばかりのところでの膨らみに潜伏します。そして何年か経って疲労やストレス、または悪性腫瘍などの他の疾患や紫外線、歯科治療の刺激といったことで免疫力が低下したときに再び活発になり増殖して症状を引き起こすのです。このときには水ぼうそうではなく帯状疱疹として症状を出します。主に身体の片側に帯状に痛みを伴う水ぶくれができます。痛みの程度は人それぞれですが、痛みで動けなくなる人もいたり、水ぶくれが治まっても帯状疱疹後神経痛といって痛みだけが残り続けることもあるようです。

このような潜伏するという特徴をヘルペスウィルスは持っており、単純ヘルペスウィルスでも同様の機序で水ぶくれができることを繰り返す人がいます。では次は、ヘルペスウィルスの特徴である潜伏を含めた経過についてみていきましょう。

 

ヘルペスの経過

AdobeStock_100515429

ここまででヘルペスウィルスの特徴をみてきましたが、実はヘルペスウィルスは誰でも感染しているありふれたウィルスなのです。日本では単純ヘルペスウイルスⅠ型には70~80%の人が、単純ヘルペスウイルスⅡ型には2~10%の人が感染しているとされています。単純ヘルペスウィルスへの感染による初めての症状は重くなることが多いようです。単純ヘルペスウイルスⅠ型は口腔内にたくさんの水ぶくれができて発熱などの全身症状が出るとされています。Ⅱ型でも性器周辺に複数の水ぶくれができ、全身症状が出るようです。そして、これらの症状が治まるとともにヘルペスウィルスは神経節に潜伏します。

その後は上述の帯状疱疹のように疲労やストレスなどで免疫力が落ちた場合に再び活動が活発になって症状が再発するということです。再発の数日前には、水ぶくれができる周辺にピリピリとした感じなどの症状が出ることもあるようです。再発の場合に症状が出るのは、通常1回に1か所のみとされています。

近年では大人になって初めてヘルペスウィルスに感染するといったケースが増えてきているとされています。この場合は重症化することが多いようです。水ぼうそうに大人になってからかかるとひどくなると聞いたことがある人もいるでしょう。ただし症状の重さは本人の免疫の状態に左右されるので、初回でも軽い場合もありますし、まれですが痛みが強い水ぶくれを繰り返す場合もあるようです。では次は、ヘルペスの治療や予防についてみていきましょう。

 

ヘルペスの治療と予防

ヘルペスウィルスへの感染では、症状が出ているときには体内でウィルスの活動や増殖が活発になっているということです。それらを抑えるために早期に内服をすると良いとされています。抗ヘルペスウィルス薬を服用することでウィルスの増殖を防ぎ、症状がひどくなるのを防ぐということです。神経節に潜伏しているので神経にダメージが残ると痛みが続く場合もあります。どれだけ早期に服用が開始できるかが、症状を軽く済ませるかのカギとされています。抗ヘルペスウィルス薬としてはアシクロビル・バラシクロビル・ファムシクロビルなどがあります。ただしこれらの薬は増殖を抑えることで症状を軽減することができるというもので、神経節への潜伏を防ぐことはできません。潜伏しているヘルペスウィルスに対する手立てはいまだに明らかになっていないのが現状です。

また免疫力が落ちると再発すると上述したように、免疫が通常であればほとんど場合ウィルスは問題なく抑えることができます。症状が出ているということは身体の免疫力が落ちているというサインでもあるので、栄養や睡眠などをしっかりとって回復させることに努めましょう。

ヘルペスウィルスの予防としては、ウィルスを近づけないということが一番とされています。ヘルペスウィルスは感染力の強いウィルスとされています。食器やタオルなどを共有していると感染するとされているので、症状が出ている場合は直接的な接触は避けるとともに間接的に接触することにも注意が必要です。特に水ぶくれがあるときは感染力が強く、患部にはウィルスがたくさん存在しています。水ぶくれがかさぶたになる前に破れてしまった場合には触れないように気をつけましょう。

これも上述しましたが、再発の場合の症状は通常であれば1回1か所とされています。慣れてしまっている人では自分で対処できているという人もいるかもしれませんが、1か所以上に症状が出ている場合は一度皮膚科を受診しましょう。また再発を繰り返している場合は他の問題もあるかもしれませんので同様に受診した方が良いでしょう。

 

日頃から生活習慣を整えること

AdobeStock_80955533

ヘルペスウィルスについてその病態やヘルペスウィルスの種類と特徴、そして治療や予防をみてきました。ヘルペスウィルスが症状を引き起こすのは免疫力が落ちたときなので、日頃から生活習慣を整えて症状を出しにくい身体にしておくことが重要です。

これはヘルペスウィルスに限らず他の疾患でも当てはまるので、しっかり意識していきたいところですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.