ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

その痛みは帯状疱疹かも?皮疹は必ずでるとは限らない?

更新日:

帯状疱疹とは

帯状疱疹を経験したことがある人は、その痛みの強さからもう味わいたくないという人が多いでしょう。皮疹と痛みが特徴的な帯状疱疹ですが、必ずしもこの2つが起きるわけではないようです。帯状疱疹について、その病態や治療などを紹介していきます

原因

帯状疱疹の原因としては、最初は水痘・帯状疱疹ウィルスへの感染です。最初はというのは、感染した場合はまず水痘、つまり水ぼうそうとして発症します。子どもの頃にほとんどの人が経験しているかと思います。この水ぼうそうが治ったあとに、実はこの水痘・帯状疱疹ウィルスは完全に死滅するわけではなく身体の中に潜伏するのです。神経節という背骨から神経が出てすぐのところの膨らみに隠れているとされています。通常であればそのまま悪さをすることはありませんが、疲労やストレスなどで身体の免疫力が落ちてしまったときに再び活動が活発になって悪さをすることで症状が出るということです。つまり帯状疱疹は、水ぼうそうを経験している人であれば誰にでも可能性があるということですね。また帯状疱疹はうつるのか、うつらないのかということも気になるところだと思います。ここまで読んでこられたことからわかるかと思いますが、帯状疱疹は帯状疱疹としてうつることはないです。原因菌は上述のように水痘・帯状疱疹ウィルスですので、水ぼうそうとしてうつることはあり得ます。水ぼうそうにかかったことのない子どもなどが近くにいる場合は、水ぼうそうとして感染することがあるということです。逆に子どもの水ぼうそうから帯状疱疹になることはないということですね。水ぼうそうは一度かかると次に発症するとしたら帯状疱疹として発症するので2度目はありません。帯状疱疹も基本的には一度発症すればその後は起こらないとされてきました。しかし近年は何度も帯状疱疹を繰り返す場合や、発症年齢の若年化が進んでいるとも言われています。高齢者では抵抗力が下がって繰り返しやすいことや、比較的若くてもストレスなどから抵抗力が落ちやすいことが指摘されています。

では次は帯状疱疹の症状をみていきましょう。

 

症状

帯状疱疹は皮疹と痛みが特徴的だと上述しました。水疱を伴う皮疹が帯状にできることから帯状疱疹と言われます。その皮疹が起きるのに先行して、その帯状の領域に痛みや感覚が遠いなどの症状が起こるとされています。このような感覚の問題が生じた後で皮膚に表れ、2週間ほど続くようです。帯状の領域はデルマトームと呼ばれる神経がそれぞれ支配する領域で、通常は一つの領域で起こり片側のことが多いようです。両側に起こることはまれとされています。痛みは個人差がありますが、基本的には強いことが多く激痛で動けなくなる人もいるようです。上述したように皮疹と痛みが特徴的ですが、必ずしも2つとも起こるわけではないようです。痛みは強く出ても皮疹が起こらない場合や、皮疹が出ても痛みがない場合などです。皮膚の痛みではなくかゆみ程度で、皮疹もポツリポツリとできる程度の場合もあり帯状疱疹と認識されないまま治っているケースもあるとされています。帯状疱疹はまれに顔面や耳にできることもあります。この場合は顔面神経や三叉神経といった顔周辺の知覚や運動を支配している神経に障害が残る場合があり、具体的には難聴や耳鳴り、顔面神経麻痺などです。耳性帯状疱疹やラムゼイハント症候群とも呼ばれます。

また、帯状疱疹は皮疹が治っても痛みだけが長期に渡って残るケースがあります。帯状疱疹後神経痛といって高齢者に起こりやすいとされています。数ヶ月から長いと数年に渡って痛みに悩まされるようです。帯状疱疹では発症後にウィルスが勢いよく増殖します。その影響で神経に傷が残ると帯状疱疹後神経痛になるようです。また糖尿病や自己免疫疾患である膠原病などの疾患がある人は起こりやすいと言われています。これを避けるためにも発症後は早期に治療を開始することが重要とされています。
では帯状疱疹の治療についてみていきましょう。

 

治療

AdobeStock_109712096

帯状疱疹に対する治療としては内服による治療がメインとなります。水痘・帯状疱疹ウィルスに対する抗ウィルス薬や痛み止めの薬が処方され、神経に対してビタミン剤も出されるようです。また抗菌薬などの塗り薬が処方されることもあります。抗ウィルス薬としてはアシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルなどの薬が処方されます。アシクロビルはソビラックスという製品名です。水痘・帯状疱疹ウィルスはヘルペスウィルスの仲間に属しており、このヘルペスウィルスに対して増殖を抑えるはたらきをします。副作用も少ないようです。バラシクロビルはバルトレックスという製品名です。薬の成分の吸収率が高く、1日当たりの服用回数が少ないのが特徴のようです。ソビラックスと同様にヘルペスウィルスに対して増殖を抑えるはたらきで、副作用も少ないとされています。ファムシクロビルはファムビルという製品名です。この薬も先の2つの薬同様にヘルペスウィルスに対して増殖を抑えるはたらきをします。副作用も少ないようです。帯状疱疹に対するこれらの薬は全般的に副作用は少ないとされていますが、腎臓の機能が弱っている人が服用すると薬の排泄が遅れ副作用が強く出ることがあるようです。服薬は通常5日程度のようですが、きちんと服用していても症状に変化がみられない場合や副作用の症状が出た場合はドクターとよく相談しましょう。ちなみにこれらの薬は市販はされておらず、処方箋を受けて保険適応されても値段は高い薬です。

これらの薬物療法と、あとは自己の免疫で治すことになります。帯状疱疹を発症したということは疲労やストレスが重なっていたということですので、疲れをとるようにゆっくり過ごすことが奨められます。症状のところでみたように帯状疱疹は皮疹が出れば皮膚科専門医でなくても難しくない診断のようですが、皮疹がなく症状が軽い場合は皮膚科専門医でも診断が難しいようです。必ずしも薬を飲まないといけないこともありませんし、症状が軽いということは自己の免疫が優位に戦ってくれている証拠でもあるので、抵抗力がしっかり回復するように栄養や休養をしっかりとりましょう。

帯状疱疹と間違えられやすい疾患としては、皮疹であれば虫刺されやその他の湿疹、顔面の場合は脳外科や眼科・耳鼻科などの疾患、整形外科領域での腰痛や関節痛・肋間神経痛、内科領域での狭心症や胃潰瘍・腹痛などの消化器疾患が挙げられます。帯状疱疹でも皮膚科以外を受診するケースが多く、ここに挙げたような他科の疾患が否定されてから皮膚科を受診するケースもあるため治療の開始が遅れることがあるようです。皮疹や痛みなどの症状が片側に出ているという点が重要で、この場合はまず皮膚科の受診が望ましいとされています。

 

普段から免疫を高めておく

AdobeStock_96345073

帯状疱疹について、その病態や治療をみてきましたがいかがでしたか?上述のように帯状疱疹は水ぼうそうを経験している人であれば誰にでも起こる可能性がある疾患です。普段から抵抗力が落ちることのないように睡眠などの生活習慣を整えましょう。帯状疱疹だけでなく、抵抗力が落ちることで発症する疾患はたくさんあるのでそれらを引き起こさないようにしたいですね。睡眠・食事・運動など生活習慣のバランスを整えることで健康的な生活をキープしていきたいものです。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.