汗をよくかく赤ちゃんはもちろんのこと、夏になると大人でも気がついたらできている汗疹。湿疹ができていると思ったら汗疹だった、ということはよくあるケースのようですよ。汗疹の原因やできやすい場所とはどこなのでしょうか?そして汗疹ができてからの対処法と汗も予防の方法まで、全て明らかにしていきましょう。

汗疹はなぜ出来る?

まずは汗疹とはどのようなもので、何が原因でできてしまうのかという基本的な部分を知っておきましょう。

汗疹とは?

「汗疹」は「あせも」の正式な名前で、「かんしん」と読みます。汗を大量にかいたあとに出来る水ぶくれや湿疹のようなぶつぶつのことを指します。実は症状によっては汗疹自体には痒みがないことがありますが、湿疹を併発した場合やかきむしることで細菌感染が起こると「膿疱性汗疹」という症状になり、「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん:いわゆる「とびひ」)」を発症する場合もあります。

汗疹の原因とは

汗疹の原因は「汗を大量にかくこと」です。大量を汗をかくときに汗の出口(汗孔)がホコリや汚れなどでふさがってつまってしまうことで、汗の通り道(汗管)で炎症がおきます。この炎症がおきたときの赤みが汗疹として皮膚の表面に現れるのです。

汗疹の症状

汗疹には「紅色汗疹」「水晶様汗疹」という症状があります。水晶様汗疹は1mmから3mm程度の水ぶくれができますが、痒みなどの自覚症状はないため、気が付かないうちに治っていることもあります。紅色汗疹は赤い発疹のようなぶつぶつができるもので、こちらはかゆみを感じることがあります

汗疹は夏だけ?

汗疹は大量に汗をかくことで起こるため、基本的には夏に起こることが多いです。ですが、汗をよくかく赤ちゃんは冬でも汗疹ができることがありますし、暖房が効いた室内や重ね着のしすぎなどによって、大人でも冬に汗疹が出来ることがあります。

見出し2:赤ちゃんの汗疹対策は

大人よりも汗をかきやすい赤ちゃんは、汗疹になりやすい体質です。どのような汗疹対策をしてあげたら良いのか見てみましょう。

赤ちゃんは汗をかきやすい

赤ちゃんの体温は大人よりも高く、暑がりです。夏場だけではなく、冬であっても汗をかきやすいため、一年中汗疹の対策が必要になります。夏は薄着でも大丈夫ですが、冬に服を沢山着せてしまうと、汗疹ができてしまいます。赤ちゃんは寒がりではないので、大人よりも1枚少ない程度して様子を見ると良いでしょう。

こまめに汗を拭き取ろう

かいた汗をそのままにせずに、こまめに汗を拭き取ってあげることが大切です。水で濡らしたガーゼなどを使い、汗をかきやすい額やあごの下、ひじの内側や胸、背中、膝の裏側をしっかり拭き取って皮膚を清潔に保ってあげましょう。汗をかいた衣類をそのままにすると、冷えて体調を崩してしまう原因となります。汗をかいたら、すぐに乾いた服に着替えさせてあげましょう。

室温を調整してあげよう

汗疹を防いで気持ち良く過ごすためにも、室内の温度を適温に保つように心がけましょう。暑い夏は冷房を使用して、室温が25度~27度くらいになるように調整してください。冷房を使うと熱中症対策にもなります。ただし、冷房の風が赤ちゃんに直接当たらないように注意しましょう。冷房による冷えすぎにも注意が必要です。扇風機で室内の空気を循環させたり、外との温度差が5度くらいになるようにすると良いでしょう。冬場の室内温度は20度~22度を目安にして、部屋の温めすぎに注意しましょう。

大人の汗疹対策は

湿疹ができた!と思って皮膚科に行ったところ、汗疹だと言われたということもよくあるようです。大人でも汗疹はできやすいので、対処方法を知っておきましょう。

汗疹ができやすい場所は

汗疹ができやすい場所は「汗をかきやすい場所」と同時に「汗が乾きにくい場所」です。

汗をかきやすい場所

は体の中でも汗腺の多い場所だと言われています。また、額や首、背中、胸なども汗をかきやすい場所です。

汗が乾きにくい場所

関節の裏側などは汗が乾きにくい場所です。肘の内側、ひざの裏側や、座っているときにあたる足のつけねからおしりにかけての場所は汗が乾きにくいので気をつけましょう。ベルトラインも蒸れやすく汗をかきやすい場所ですし、常にベルトが当たっているために乾きにくいです。また、背中は汗をかきやすいだけでなく汗を拭きにくい場所でもあります。

大人の汗疹への対処法は

水晶様汗疹と紅色汗疹で治療の方法が異なります。

水晶様汗疹の治療は

水晶様汗疹については特に治療の必要はありません。ただし引っ掻いてしまったり、水疱をつぶしてしまったりということをしないようにしましょう。雑菌が入って症状が悪化する可能性があります。

紅色汗疹の治療は

紅色汗疹の治療にはステロイド入りのクリームが処方されます。市販薬でもステロイド入りのクリームが売られています。また、汗をかくことを防ぐために夏場であれば扇風機や冷房のかかった屋内にいるように指示されることもあります。

お風呂に入るのも効果あり

汗孔の詰まりが汗疹の原因となっているため、お風呂に入ることも勧められます。お風呂に入ることで発汗が促進され、汗管がひらくことで症状が改善されます。あまり熱すぎない温度にすると良いでしょう。お風呂に入ることで皮膚を清潔に保つことができます。風呂上がりには清潔なタオルと清潔な着替えを用意しておきましょう。

細菌感染があった場合は

細菌感染があった場合、悪化して「膿疱性汗疹」になります。この場合には抗生物質を処方されることがあります。また、しこりのようなものができる「汗腺膿瘍」になった場合には病院で切開して内部の膿を排膿するという必要があります。

汗疹を予防する方法は

汗疹を予防することが最大の汗疹対策になります。どのような方法で予防すればよいのかを見ていきましょう。

肌を清潔に保つこと!

汗疹は皮膚表面の汚れなどによって汗孔がふさがれることで起こります。そのため、汗をかいた状態でそのままにしておくのではなく、シャワーを浴びたりボディタオルで体を拭いたりして、肌を清潔に保つようにしましょう。

夏場は着替えのシャツなどを持っていこう

夏場は汗をかいたままの状態で活動することが多いですが、汗をかいたままのシャツでは雑菌が繁殖する恐れがあります。肌を清潔に保つために着替えのシャツを持ち歩き、着替えをすると良いでしょう。通気性の良い素材の衣類を着るようにするとよいでしょう。

衣類で体温調節を

寒い時期には屋外と屋内や交通機関などでかなりの温度差があります。屋外は寒いので厚着をしますが、屋内や交通機関は暑いために汗をかくほどです。特に通勤ラッシュのときの交通機関では汗だくになります。衣類を脱ぎ着できるようにして体温調節をしましょう。その際に体温調節のしにくい肌着などはあまりおすすめできません。

通気性の悪い衣類では汗疹ができやすい

通気性の悪い衣類では、服の中で熱がこもりやすく、汗疹ができやすくなります。ウィンドブレーカーやダウンジャケットは暖かい空気を逃がさないためにとても暖かいですが、暑い室内では脱ぐようにしましょう。

汗疹になるのは子供だけじゃない!夏以外でもしっかり汗疹対策を

汗疹というと子どもにできるものというイメージがあるかもしれませんが、大人でも汗疹になる場合は多いです。かいてしまうことで症状が悪化してしまうので注意が必要です。特に子どもは我慢できずにかいてしまうことが多いですし、寝ている間にかきむしってしまうということもありますから、早く対処しておきたいですね。日頃から汗をかきすぎないような服装や室温を心がけ、うまく調節して汗疹対策を行っておきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。