ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

脱毛

脱毛方法まとめ☆永久脱毛は可能?サロン、自己処理その効果の違い

更新日:

ワキ脱毛の永久脱毛は実現できる?

ワキのむだ毛に関していえば、完璧な永久脱毛が可能かどうかというのは、大変重要なことでしょう。ワキ脱毛コースを一度終了してしまえば、今後一切わき毛の処理をしなくても良いなら、本当に嬉しいですよね。

では、じっさいに脱毛エステサロンや脱毛クリニックで永久脱毛ができるかどうかの答えは、残念ながら100%完璧な永久脱毛は不可能というのが現状です。

それというのも、脱毛サロンで行うフラッシュ(光)脱毛や、脱毛クリニックのレーザー脱毛による効果は、個人差が大変大きいからです。中には、数回ワキ脱毛に通っただけで半永久的にわき毛が生えない人もいるでしょうし、何度施術しても少しずつ生えてしまう人もいるのです。

「永久脱毛」と広告するには、「100人中100人が効果を実感できる」という条件があります。どこの脱毛サロンや脱毛クリニックでも、「永久脱毛」と宣伝しているところはないでしょう。

万が一、永久脱毛できると謳っている脱毛サロンや脱毛クリニックがあったら、誇大広告なのです。そのようなところで施術するのは、ちょっと危険ですね。止めた方が無難でしょう。

今のところ、ワキ脱毛で一番永久脱毛に近づける施術方法はニードル脱毛です。針脱毛ともいいますが、10年ちょっと前までは永久脱毛の定番だった施術方法です。

ニードル脱毛のやり方は、毛穴に使い捨ての針を差し込み、電気を流して毛穴の組織を破壊し、二度と毛が再生しないようにするものです。

1本1本の毛穴に対して手作業で脱毛を行いますから、とても時間がかかる根気のいる作業ですし、針を刺すときの痛みもあります。値段も高いですから、今は手軽なフラッシュ脱毛やレーザー脱毛に取って代わられましたが、今でも行っているサロンなどはあります。

脱毛サロンのワキ脱毛コースを一度行うと、半永久的に毛が生えてこなくなる人もいれば、またちょろちょろと生えて来てしまう人もいて、個人差が大きいです。

でも、すべての人に共通していえることは、産毛レベルまで毛が薄くなったとか、簡単に毛が抜けるようになった、ということです。ワキ脱毛コースを一通り終了すれば、自己処理がしやすくなるのは間違いないのです。

脱毛サロンでワキ脱毛をして、半永久的に毛が生えなくなったらば、自分はラッキーだったと思うくらいの気持ちでいた方が良いかも知れませんね。完璧に脱毛できると考えていると、不満が残るかも知れません。

家庭用の脱毛器で永久脱毛は可能か?

AdobeStock_109746957

今、日本で完璧な永久脱毛が可能なのは、医療用のレーザー脱毛だけといわれています。レーザー脱毛はとても出力が高く、脱毛効果が高いからこのようにいわれているのであって、家庭用の脱毛器は出力が弱いので永久脱毛はできないだろうといわれてきたのです。

でも、技術の発展に伴い、最近の家庭用の脱毛器はかなりの効果が期待できるようになりました。最近の家庭用脱毛器の効果は、永久脱毛にかなり近づけるといわれ、自宅でも簡単に高い効果の脱毛が可能になりました。

家庭用の脱毛器は、事故を防ぐ観点から、どうしても出力は低く設定されています。このため照射回数を多くしたり、長い期間脱毛を行う必要があります。

しかしながら、一度家庭用の脱毛器を買ってしまえば、何回でも自分で使うことが可能なので、さほど気にならないだ点ともいえるでしょう。そうはいっても、すべてのむだ毛に対しての永久脱毛は難しいのが現状です。

それは、家庭用の脱毛器は産毛や白髪などの色素の薄いむだ毛に対しては、充分に効果を発揮できないからです。産毛や白髪のむだ毛もきちんと脱毛したかったら、脱毛クリニックや脱毛サロンのスタッフにお願いした方が良いでしょう。

家庭用の脱毛器の一番のメリットは、家にいながらマイペースで何回でも脱毛可能という点ですから、永久脱毛は自分のペースで行いたいと考えている人には最適でしょう。

家庭用の脱毛器は本当に効果があるの?

最近では大変素晴らしい家庭用の脱毛器がたくさん出回るようになりました。その中には、脱毛サロンで脱毛したのと同じくらいの効果があると謳われているものもあるくらいです。

ケノン」という家庭用の脱毛器があるのですが、そのほかの製品と比べて価格は高いのですが、使い勝手や機能は大変良いのです。

今回は、家庭用脱毛器を代表して、ケノンがどの程度脱毛効果があるのかについて、サロンで脱毛した場合と比べながらみていきましょう。

最初にケノンの利点です。

1.コストパフォーマンスの高さ
家庭用脱毛器としてはケノンは価格が高いですが、買った後のことを考えると、結果的にコストパフォーマンスは高いのです。
2.自宅で自由に脱毛可能
脱毛サロンに通うのをためらう理由が、人に肌を見せるのが恥ずかしいからという人は多いでしょう。そのような人にとっては、自宅にいながら自分で自由に処理できるケノンはメリットが高いといえますね。
3.痛みの少なさ
マシンの出力を他人が調節するわけではないので、自分で痛みがないように設定することができます。

次に、欠点についてみていきましょう。

1.脱毛サロンよりも出力が低い
家庭用脱毛器は、どうしても事故防止などのために出力が低く作られています。なので、脱毛効果が出るまでに長期間かかることがあるのです。
2.自己管理で使用するため、痛みが生じる可能性がある
脱毛サロンでは、しっかり教育を受けた専門のエステティシャンが施術するので、マシンの調節はきちんと行ってくれるでしょう。しかし、ケノンは自己管理で脱毛を行うので、出力の調節を間違えると熱すぎて痛く感じてしまう恐れがあります。

以上のように、家庭用の脱毛器はトータルでみたときに費用が安くて済み、手軽に使うことができますが、確実な脱毛と安全性には疑問が生じます。

脱毛の満足感を優先するならば、専門のサロンに行った方が良いでしょう。

針・ニードル脱毛について

針脱毛、ニードル脱毛と聞くと、それだけで大変痛いという印象がありますね。ニードル脱毛と針脱毛は同じことで、毛穴に針を差し込んで電気を流し、毛根を壊して脱毛する方法です。

ニードル脱毛は、今主流になっているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛よりも歴史が古く、10年ちょっと前までは永久脱毛といえば定番はニードル脱毛でした。

永久脱毛の定番といえども、ニードル脱毛は大変強い痛みを感じる脱毛方法ですし、価格も約20万円したので、手軽に行うことはできませんでした。脱毛したい、でもできないと悩んだ人も多かったのです。

いざ脱毛をはじめても、あまりの痛さに我慢できずに途中で脱毛を中止してしまった人もいるということです。毛の1本1本に対して処置していくので、大変な時間もかかり、いまだにエステティシャンのスキルが未熟だったりするケースもあるようです。

内出血を起こしてしまったり、肌の炎症を起こすケースもみられるなど、ニードル脱毛にはトラブルが多いことも否めません。

ニードル脱毛のやり方は、毛が生えている状態でないと針を刺すことができないので、フラッシュ脱毛レーザー脱毛と違って、毛を少し生やした状態で施術をします。

そういうわけで、施術している間は、毛を自己処理したくても多少はさみで切るくらいしかできず、毛を生やしておかなければいけません。

そして、ニードル脱毛に使用する針は使い捨てです。針を毛穴に刺して、電気を流しながら10秒から20秒間、そのままの状態を保持します。それから毛根を電気で焼いて破壊して、針を抜いてまた次の毛穴に針を刺して電気を流すことをくり返します。

これを脱毛しようとするすべての毛穴に対して行うので、本当に根気が必要な作業です。

ニードル脱毛は、かなりの痛みを伴うことと、1本1本処置するので確実に脱毛ができて、産毛や色素の薄い毛も確実に脱毛可能だという特徴があります。

ほかの脱毛法と比較すると、相応な痛みを我慢しなければいけない分、確実に毛乳頭を壊している証拠になりますので、脱毛効果も高くなっているのです。

今でも、老舗のエステや大手のエステサロンではニードル脱毛をしているところもあります。痛いという面からするとお勧めはできないのですが、とにかく完全な永久脱毛をしたいという人には、ニードル脱毛が一番キレイに脱毛可能な方法なので向いているでしょう。

脱毛クリームで脱毛する

脱毛の方法はたくさんありますね。レーザーやフラッシュを照射する方法から、自分で毛抜きで抜いたりカミソリで剃ったりする方法など、効果もさまざまです。

そんな中で、脱毛クリームというものもあります。脱毛クリームは、皮膚の表面から上に出ている毛の部分のみに作用します。脱毛よりも除毛といった方が的確ですね。

脱毛クリームがむだ毛を処理する仕組みは、アルカリ性のクリームが毛を溶かしてしまうというものです。クリームといっても一般の保湿クリームなどとは違って、薬品だと思えば良いでしょう。

肌を薬品で処理するというと、かなり肌にダメージを負わせるように感じるかも知れませんが、カミソリなどでシェービングするよりも負担は少なく、仕上がりもキレイになります。

使い方もイメージと違って簡単で、自己処理として脱毛できます。でも、肌の弱い人は、脱毛クリームを使う前に大丈夫かどうかパッチテストをしましょう。

脱毛クリームはどこでも手軽に手に入り、近所のドラッグストアなどでも買うことができます。このクリームによる脱毛は、永久脱毛とは異なり、毛穴の奥深くの毛根までとれません。

毛根は皮膚の奥深くに埋まっているような感じなので、皮膚の中に入っている毛は少し経つとまた成長します。毛根を処理するわけではないため、毛は再生してしまい、脱毛クリームではきちんとした永久脱毛は不可能なのです。

しかし、脱毛クリームの中には、発毛抑制剤が入っている製品もあり、多少毛が生えるのが抑えられ、1年以上使い続けるとかなり発毛が抑制されるようです。

脱毛クリームを使うときの注意点としては、脱毛クリームを塗布した後に、放置時間はどの程度なのかを確認することです。

いろいろなメーカーから発売されていますが、各メーカーで放置時間は違いますので、きちんと説明を読んでから時間を厳守して使用してください。

脱毛クリニックで永久脱毛は可能なのか?

いざ脱毛をしようと思い立ったとき、誰しもがしっかりと永久脱毛したいと考えるのではないでしょうか。でも、永久脱毛の施術を受けると、中途半端な脱毛ではなく完全に毛が生えてこなくなるのかどうか気になる点でもあるでしょう。

完璧な永久脱毛をするには、もう二度と毛が生えてこないように、毛乳頭や立毛筋などの毛穴の中の組織を完璧に壊してしまう必要があります。レーザー脱毛器は脱毛クリニックで使用されていますが、毛穴に直接作用して脱毛しているので、理論上では永久脱毛ができます。

今いちばん注目の医療脱毛(格安で効果が高いと大人気クリニック)

レジーナクリニック体験レポと申込前の注意点やネットの口コミまとめ

このページでは、最近の脱毛業界でもっとも注目されている医療永久脱毛のレジーナクリニックについてまとめたページです。 &n ...

脱毛サロンを勧める理由とは何か?

AdobeStock_48873449

今はどんなことでもインターネットを見る機会が多いでしょうが、むだ毛の処理方法について調べることもあるでしょう。そんなとき、ネットで目につくのが脱毛サロンへ行くことをお勧めする記事や宣伝のキャッチコピーです。

脱毛を自己処理していると、満足した仕上がりにならない上に、肌にかかるダメージも大きいです。

さらには安全性にも不安が残りますし、普段何気なく自分でお手入れしているかも知れませんが、じつは危険な自己処理方法だったのです。

脱毛エステサロンを勧めたい理由は簡単で、自己処理では実感できない仕上がりの美しさと肌への優しさ、安全性の高さのすべてが満足できるからです。そんな素晴らしいエステサロンでの脱毛ですが、欠点といえるものもあります。一番に挙げられるのは費用面でしょう。

ある程度のお金がかかるのは当然ですし、エステサロンでは医療行為が行えないという点もマイナスポイントですね。この2つの欠点があるから、脱毛サロンで脱毛するのをためらっていた人も多いことでしょう。

しかし、脱毛サロンの業界全体がこれらをそのままにしておくわけがありません。現在、多くの脱毛サロンでは以下のような取り組みをみせています。

医療機関との提携

脱毛サロンで施術した後に、万が一肌トラブルを招いてしまった場合に、医療機関と提携しているとスピーディーに対応してもらえるので、顧客としても満足度が違います。脱毛サロンの中には、皮膚科医の指導の下で脱毛器を取り扱っているところもあるのです。

低価格キャンペーンを実施

割引サービスや値下げキャンペーンを行うところが多くなりましたので、以前よりも脱毛に要する費用面がかなり軽減されました。大手で全国各地に多数の店舗があるサロンでは、薄利多売の経営方式で、より安価に施術を提供することができるようになりました。

以上のように、脱毛サロン業界では、ユーザーが満足できるように利用しやすい環境を整え、より高い技術を求めてやまないのです。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-脱毛
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.