ダイエット

フルーツビネガーダイエットまとめ。効果と作り方・レシピ

更新日:

健康によいと良く言われるお酢ですが、なかなか生活の中に取り入れにくいという人も少なくないと思います。そんな人におすすめなのが、フルーツビネガーです。フルーツビネガーは、健康はもちろん、美容やダイエットにも効果があるので、ぜひ生活の中に取り入れてみてください。

 

 

フルーツビネガーとは

 

様々な効果のあるお酢ですが、唯一の弱点が、そのまま飲むのには抵抗がある、ということです。そこで、お酢をとても飲みやすくできるフルーツビネガーがお勧めなのです。

 

フルーツビネガーは、その名の通り、フルーツを使います。フルーツと砂糖を入れた容器にお酢を注ぎ、1週間ほど放置します。それだけで、果物のおかげでお酢が一気に飲みやすくなるのです。

 

フルーツビネガーの効果

 

では、お酢に果物を入れることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

まず、味が一気に飲みやすくなります。果物の香りや味がお酢に移るので、おいしく飲むことが可能です。お酢ダイエットに挑戦したことはあるが、どうしてもおいしくなくて続けられなかった、という人にフルーツビネガーは非常にお勧めです。

 

効能も増える

 

また、フルーツに含まれている栄養素もお酢に溶け出るので、様々な効能も期待できます。例えば、果物にはカリウムが豊富なものが多いので、そういった果物を利用してフルーツビネガーを作れば、過剰に摂取してしまった塩分を排出するのに役立ち、むくみの解消にも効果があります。

 

利用の幅が増える

 

お酢も、料理に使えば様々な利用も可能なのですが、どうしても手間がかかってしまいます。それに対し、フルーツビネガーは、作るのもフルーツと砂糖を入れて放置するだけで簡単ですし、一度作ってしまうと、非常に簡単に利用することができます。

 

例えば、炭酸水で割れば、簡単にサワーにすることができます。また、柑橘類を使ったものはポン酢としても使えます。牛乳やヨーグルトに混ぜることで、非常に口当たりが良くなります。

 

 

フルーツビネガーでダイエットをするときに気を付けること

 

フルーツビネガーでのダイエット方法は、基本的には、フルーツビネガーを飲むだけです。しかし、ほかにもいくつかのことに気を付けなければ、体重は減っていきません。

 

以下のことに気を付けて、フルーツビネガーをダイエットに取り入れてみてください。

 

フルーツビネガーを飲むタイミング、量

 

フルーツビネガーでダイエットを始めた時に気を付けるのが、いつ、どのくらい飲めばよいのか、ということです。

 

まず、フルーツビネガーを飲むタイミングですが、食後に飲むようにしましょう。なぜ食後なのか、ということですが、胃がからの状態でお酢を入れてしまうと、刺激が強すぎる可能性があるのです。なので、食事の後に摂取して、胃へのダメージを減らしてあげる必要があります。また、お酢を飲むと食欲が増す効果もあります。なので、過食を引き起こしてしまう可能性もあるので、食後に飲むようにしましょう。

 

飲む量は、大さじ1杯~2杯程度、15g30gです。ただ、これはお酢の量なので、フルーツビネガーにする際には気持ち多めに摂取するとよいでしょう。

 

食事量に気を付ける

 

お酢は確かに血糖値の上昇を緩やかにしてくれるのですが、だからといって全く太らない体にしてくれるわけではありません。あくまで補助的なものです。なので、過食などはもってのほかで、ある程度の食事制限は必要になってきます。お酢の効果に頼りっきりでは痩せていきません。

 

また、フルーツビネガーは大量の砂糖を使うので、糖分が多くなってしまう可能性もあります。砂糖のカロリーが気になるようなら、カロリーゼロのラカントなどを利用するとよいでしょう。

 

運動を一緒に行うとより効果的

 

食事制限も大切ですが、フルーツビネガーを利用してダイエットするのであれば、運動をするのがお勧めです。お酢には代謝を上げる効果があるので、運動での脂肪燃焼効果がより高まるのです。

 

ダイエットでは、摂取カロリーを消費カロリーより小さくするのが基本です、フルーツビネガーは、摂取カロリーを低くするものではないので、積極的に摂取カロリーを抑えたり、消費カロリーを増やしたりする必要があるということは覚えておくようにしましょう。あくまで、フルーツビネガーはよりダイエットの効果を高めるもので、フルーツビネガーを飲むだけで、後は何をしていてもどんどん痩せる、というものではありません。

 

 

フルーツビネガーの作り方、レシピ紹介

 

フルーツビネガーの作り方は、砂糖と果物をいれた容器にお酢を注ぐだけなのですが、いくつかレシピをご紹介したいと思います。

 

簡単に手に入れられる果物を使ったレシピだけご紹介するので、ぜひ試してみてください。なお、砂糖は白糖でなくても、黒糖やはちみつなどで代用することも可能です。他にも、氷砂糖でもかまいません。

 

お酢に関しても、普通の穀物酢を使っても、黒酢やリンゴ酢を使っても構いません。黒酢が特におすすめですが、自分の好きなお酢を使うのが一番良いでしょう。

 

飲みやすい味がいいなら、パイナップルがお勧め

 

酸味、香りなど、非常に飲みやすいフルーツビネガーを作りたいなら、パイナップルを使うのがお勧めです。パイナップル、砂糖、お酢、それぞれ同量ずつ入れるようにします。

 

同じくらい人気なのが、キウイを利用したフルーツビネガーです。パイナップルと同じくらい飲みやすいフルーツビネガーを作ることができますし、フルーツビネガーを作った後の果肉もおいしく食べることができます。ヨーグルトに入れて食べるのがお勧めです。分量は同じく、キウイ、砂糖、お酢それぞれ同量です。

 

柑橘類を使ったものもお勧めです

 

レモンやオレンジ、グレープフルーツなどを使って作るフルーツビネガーもお勧めです。漬け終わった果肉もおいしいですし、甘酸っぱい味が癖になります。これらを材料に使うときは、しっかり白い皮の部分を取り除くことが重要です。苦い味が出てしまい、せっかくの酸味が台無しになってしまいます。

 

ほかのフルーツビネガーと同じく、果物、砂糖、お酢を同量にしてもよいですし、少し甘すぎるようでしたら、お酢の量だけ倍にしてみてもよいと思います。

 

 

お酢の効果

 

ではまず、お酢の効果について説明したいと思います。

 

代謝UPでダイエットにも有効

 

ダイエットで重要になるのが、代謝です。代謝が良ければ、どんどん脂肪をエネルギーとして使ってくれるので、痩せやすい体になることが可能です。

 

お酢に含まれるアミノ酸やクエン酸には、代謝をアップさせる効果があるのです。特にクエン酸は、クエン酸回路と呼ばれる、エネルギーに脂肪を使うことのできる回路を活発にし、脂肪の分解を促します。

 

また、お酢には血糖値の上昇を緩やかにする働きもあります。血糖値が急に上昇してしまうと、食べたものを脂肪として蓄えやすくなってしまうので、お酢を摂取していれば、痩せやすい体を作るとともに、太りにくい工夫をすることも可能なのです。

 

さらに、疲労回復にも効果があるので、疲れが取れない、という人にもお酢はお勧めです。

 

美肌にもお酢は効果があります

 

新陳代謝が活発になれば、肌のターンオーバーも促進されるため、肌もきれいになりますし、肌トラブルの改善にも有効です。さらに、美白などに欠かすことのできないビタミンCを破壊する酵素を抑制する働きもあります。

 

便通を良くしてくれる

 

腸内環境の改善にもお酢は有効です。腸内に不要な菌が多すぎると、腸内環境が悪くなってしまい、便秘が引き起こされてしまいます。そこで、お酢を飲み、不要な菌を殺してやることで、便秘解消を促します。

 

まとめ

 

フルーツビネガーを作るときには、ガラスの容器を使うようにしましょう。プラスチックの容器だと、容器を溶かしてしまう可能性があります。プラスチックの種類にもよるので、一概には言えませんが、最初からガラスを使っておけば安心です。

 

フルーツビネガーはかなりおしゃれな見た目なので、生活にも華が出てお勧めです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-ダイエット
-, , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.