歩くたびに痛み、触ると固くなっている魚の目を効果的に除去するためには、どうすれなよいのでしょうか?魚の目の処置には最適な方法と避けた方が良い方法があります。また、病院での除去と家庭での除去のどちらの方法を選べばよいかも悩みどころです。それぞれの除去方法とケア方法を紹介していきます。

魚の目とは?

魚の目は主に足の裏に出来ることが多いですが、手にできるという場合もあります。タコとも似ていますが、魚の目とタコではでき方も治療法も異なります。どのような違いがあるのか、そして魚の目の原因とは何なのかを見ていきましょう。

魚の目とタコの違いは

魚の目もタコも皮膚の角質が硬化する事によって起こります。どちらも長期間に渡る圧迫・摩擦と言った原因で起こります。角質の硬化は圧迫や摩擦から皮膚内部を守るために起こるものです。

魚の目は中に伸びていく

魚の目は摩擦や圧迫を受けた角質が肥大し硬化していくことで出来ますが、硬化していく角質層が皮膚表面ではなく、皮膚内部に向けて肥厚していきます。円錐状の形状をしており、中心に芯が出来ます。この芯が神経を圧迫、刺激するために痛みが生じます。芯を取り除かなければ痛みは消えませんし、再発する可能性が高くなります。芯は大きいもので1cmの深さになります。

タコは皮膚表面に出来る

タコは皮膚の表面に向けて肥厚していきます。そのため、芯が出来て神経を圧迫することはありません。タコは面積が広めですが、魚の目は範囲が狭いという違いがあります。

魚の目の原因は

魚の目やタコが出来る最大の原因は「靴のサイズや幅の広さが合わない」ということです。サイズの合わない靴では足の同じ箇所が摩擦や圧迫を受けるためにタコや魚の目ができやすいのです。サイズの合わない靴は外反母趾などの原因にもなります。また、歩き方や立ち方などのバランスが悪かったり、荷重がかかるポイントが均一でない場合などにも起こります。

女性の方が魚の目が出来る確率が高い

営業職の男性なども魚の目が出来る事が多いですが、実は女性の方が魚の目が出来る確率は高いようです。ハイヒールを履くことで足に過度な負担がかかりますし、女性の靴は細身で小さい方が見た目がよく見えるため、足が圧迫されることが多いためです。足に合った靴を選ぶことが魚の目を予防する第一の方法です。

自宅で魚の目を除去する方法

魚の目は自宅で除去することもできます。ただしやり方には注意が必要です。誤った方法では症状が悪化したり、再発したりと言ったことが起こります。

サリチル酸配合の市販薬を使用する

魚の目専用の市販薬がドラッグストアなどで販売されています。そのほとんどに「サリチル酸」が配合されています。絆創膏のように貼るパッドタイプや、直接塗ることが出来る液状のタイプなどがあります。サリチル酸は固くなった角質を柔らかくしてくれるため、芯までぽろりととれます。

サリチル酸配合の市販薬での除去方法

入浴後、清潔にして患部を乾燥させたあと、パッドを貼って2〜3日そのままにしておきます。絆創膏タイプのものはシャワーなどでも剥がれないようになっていますが、中には粘着力が弱いものもありますので、テープなどを上から貼り付けることで補強しましょう。小さい魚の目で2〜4日、大きめの魚の目でも4〜6日程度で芯が取れるようです。液状タイプの場合は患部に塗ると乾いて皮膜ができますので、数日間に渡って塗り直してください。

カッターなどで無理やり削るのはNG

固くなった角質をカッターやピンセットなどで無理やり削るのはよくありません。魚の目は芯が残ったままでは完治せず、そのまま痛みが続いたり再発したりします。カッターなどで芯を根こそぎ取ろうとすると足の皮膚の真皮まで傷つけることになりますし、なかなかうまくいかないものです。ひどい場合は傷口にバイキンが入って化膿することも考えられます。

自力での処置がうまくいかない場合は

自力での処置がうまくいかないという場合には、おとなしく病院に行きましょう。専門医による診断と処置を受けることで、確実に治すことができます。

病院で魚の目を除去する方法

病院で処置してもらうことで魚の目を除去することもできます。魚の目の治療は通常皮膚科を受信します。自宅での処置に比べ、専門医による処置ですので確実ですし安全、安心です。

スピール膏

病院での基本的な処置方法は自宅で行うものと似ています。サリチル酸が配合された「スピール膏」を患部に数日間に渡って貼っておき、その後芯ごと取り除く事になります。芯が深い場合は処置を何度か繰り返すことになります。最後はメスなどを使って芯ごと取り除きます。

炭酸ガスレーザー治療

「炭酸ガスレーザー」を使って芯まで一気に取り除く方法もあります。局所麻酔を行ったあとで患部にレーザーを照射します。レーザーをあてた箇所の組織はレーザー光を吸収して熱エネルギーを発し、膨張・蒸散します。この時の熱凝固作用により、一瞬で血が固まるので出血がなく、痛みもありません。ただし芯までくり抜いているため、陥没したクレーター状の小さな傷跡が出来、これが治るのに1ヶ月程度かかる場合があります。レーザーを使用した治療はスピール膏を使用した治療よりも早く治りますが、治療費がかかるという欠点があります。

魚の目の予防と除去後のケア方法

魚の目を除去したあとのアフターケアや、魚の目ができないようにするためにはどうすればよいのかをしっかり抑えておきましょう。

魚の目を除去したあとのケア方法

病院で除去した場合にはアフターケアについての指示もされるはずですが、自宅では芯が取れたから治った、と安心してしまう人もいるかもしれません。魚の目を除去すると傷跡がクレーター状の穴になっています。そのままにすると細菌感染などを引き起こしかねません。しっかりと消毒をして絆創膏などを貼って傷口を保護しておきましょう。傷口が痛む場合には、魚の目用の患部保護パッドが売られていますので、保護パッドをあてておきましょう。保護パッドを当てることで患部が直接地面に触れないため、痛みも感じづらくなるはずです。

魚の目を予防するには

魚の目は靴のサイズが合わないことやサンダルなどで摩擦を受けること、また体重が均一にかからないということで起こります。そのため、以下のような点に気をつけることで魚の目を予防することが出来るでしょう。

  • 足のサイズに合った靴を履く。店によっては足のサイズを正確に計ってくれます。
  • ハイヒールは避ける。また、パンプスやサンダルも避けた方が良い。
  • クッション性のある靴を履くか、衝撃を吸収する中敷きを入れる。
  • 靴の中で足があたる部分には保護パッドをあてるなどの対処する
  • 外反母趾を解消する。
  • マッサージや入浴、足湯などで血行を促進する。
  • 立ったときや歩いているときの姿勢を良くし、両足に均等に体重がかかるように意識する。

魚の目をしっかり除去することでうっとうおしい痛みとお別れしよう

歩くたびに痛みを感じる魚の目は、非常にうっとうしいものです。早めに、適切な方法で処置を行いましょう。症状が軽い内であれば自宅での処置でも十分除去できますが、無理は禁物です。症状がひどくなった場合はおとなしく病院で処置してもらうようにしましょう。魚の目は日頃履いている靴の選び方や立ち方、歩き方などでも十分予防することができます。自分の履いている靴と足の大きさを今一度チェックしてみましょう。靴屋さんによっては足のサイズや幅、甲の高さなどを計測して最適な靴を紹介してくれるというお店もありますので、活用してみると良いですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。