ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

食品添加物の安全性は本当?種類や危険性について

投稿日:

あらゆるものに食品添加物が使われている

adobestock_38517835

私たちが普段口にするものの多くには、食品添加物が使われています。保存するためのものであったり、着色するためのもの、甘味や香り、味を加えるためのものなど様々です。保存料や着色料、香料などですね。

 

これらの食品添加物は、安全性が疑問視されているものもあります。大量生産や長期保存など、添加物の恩恵を受けている部分も多いですが、私たちの身体にとって良くないということが指摘されているのです。日本では認可されているものが、海外では使用禁止になっているものなどもあります。

 

厚生労働省での食品添加物の扱いや、覚えておきたい食品添加物の種類と危険性について紹介していきます。

 

食品添加物とは

adobestock_40886310

まずは、食品添加物がどのようなものなのか、そして厚生労働省でどのように認可されているのかをみてきましょう。厚生労働省では、食品添加物は“保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもの”としています。この食品添加物の安全性については、食品安全委員会という組織で調査が行われ、許可されているとのことです。

 

まずは動物実験によって当該添加物の毒性を調査します。健康に有害な影響を及ぼさない量である無毒性量や、有害となる基準値を調べます。亜急性毒性試験や慢性毒性試験、1年間反復投与毒性と言ったものが挙げられ、他に発がん性や生殖機能への影響、遺伝なども調べます。

 

これらの調査をもとに1日摂取許容量を設定します。1日摂取許容量とは、当該添加物を毎日、かつ生涯にわたって摂取したとしても健康に影響を及ぼさないと推測される量です。この1日摂取許容量を越えないように、事業者などには使用基準が定められています。

 

このような流れで食品添加物の安全性が確保されているとのことですが、上述したように日本では認可されていても海外では禁止となっているものがあるのは事実です。人種差などから国によって基準が違うということはもちろんありますが、日本の遅れを指摘する声もあります。次は食品添加物の中身についてみていきましょう。

 

覚えておきたい食品添加物の種類と危険性

adobestock_43014360

食品添加物にも様々な種類があります。多すぎてすべてを挙げることはできませんが、覚えておきたいものをいくつか紹介していきます。メディアで取り上げられたりしていることに加え、原材料表示をよく見るという人ではご存知のものもあるでしょう。

 

アスパルテーム、アセスルファムK(カリウム)

まずは、添加物でよく知られているアスパルテームやアセスルファムKです。これらは人工甘味料で、多くの製品に使われています。砂糖よりも甘く、それでいてカロリーがゼロということでダイエットに関連した製品に多く含まれています。

 

カロリーゼロを謳った商品はとても多いですね。裏返して原材料表示を見るとほとんどの商品に含まれていると思います。ガムなどお菓子にも多く含まれています。清涼飲料水にも多く含まれ、これらの飲み物やお菓子などで間食をしていると過剰摂取につながるということです。

 

アスパルテームやアセスルファムKは発がん性が指摘されており、添加物のことはわからなくてもアスパルテームは聞いたことがあるという人も多いでしょう。アメリカではアスパルテームの安全性について訴訟も起こっています。他にもリンパ腫をはじめとして、循環器系や血液、肝臓などへの影響が指摘されています。

 

 

ソルビン酸、ソルビン酸K

次に挙げるのは、最もよく使われているとされる保存料であるソルビン酸やソルビン酸Kです。細菌やカビなどの繁殖を防ぐことで、保存期間を延ばしているということですね。加工されたものにはほとんどの製品に使われていると言われています。

 

コンビニのお弁当をはじめ菓子パンやサンドイッチ、ソーセージなど加工された肉類、かまぼこなどの加工された魚介製品、漬物やジャムなど実に様々です。とても多くの製品に使われていることから、摂取も知らず知らずに増えているということですね。

 

ソルビン酸やソルビン酸Kも発がん性が指摘されており、もう一つ免疫系にも影響を及ぼすことが言われています。ソルビン酸が自己免疫疾患である膠原病の原因と考えている研究者やドクターもいるようです。

 

 

グルタミン酸Na(ナトリウム)

グルタミンと言えばアミノ酸の一種で、うまみの成分です。これを人工的に作ったものがグルタミン酸Naです。グルタミン酸Naもほとんどの加工食品にうまみを加えるために使われています。

 

また、だしや調味料にも含まれていることが多いようです。グルタミン酸Naと表記されている場合もありますが、多くは「調味料(アミノ酸等)」という表記がされています。アミノ酸だから大丈夫ということではなく、添加物だったのですね。

 

グルタミン酸Naは神経伝達に影響し、興奮状態をもたらすことや神経細胞の破壊が指摘されています。アルツハイマーやパーキンソン病などの加齢によって起こりやすくなる疾患の他に、学習障害やうつ、不眠などの原因として指摘されているということです。

 

生殖器やホルモンへの影響も指摘されており、アメリカでは離乳食などに使用することは禁止されているようです。

 

安息香酸Na

保存料としてソルビン酸を挙げましたが、もう一つ安息香酸Naもよく使われる保存料です。ソルビン酸と同じように細菌やカビの繁殖を防ぐことで保存期間を延ばしています。清涼飲料水など飲み物に多く入っているようです。

 

私たちが見る機会が多いものとしては、栄養ドリンクが多いでしょうか。栄養ドリンクやエナジードリンクと言われるものに多く含まれています。シロップや果汁と表記されている場合も使われているようです。

 

安息香酸Naも他の多くの添加物同様に発がん性が指摘されています。ただし、安息香酸Na単体での摂取ではそれほど心配はないという意見もあるようです。ビタミンCと反応して有害物質であるベンゼンに変化することが挙げられています。

 

ちなみにシャンプーにも安息香酸Naは含まれているようです。

 

 

原材料表示を見てみよう!

adobestock_65033225

厚生労働省での食品添加物の扱いや、覚えておきたい食品添加物の種類と危険性について紹介してきましたがいかがでしたか?厚生労働省では、摂取量の調査によって食品添加物の摂取は近年減少傾向にあるとしています。安全性の確保の方法からしても、問題のないように思えますね。

 

しかし、一時期よく聞いた言葉だと思いますが、直ちに健康への害がないというだけであって人によっては影響を受ける場合もあります。清涼飲料水などでは添加物が多く含まれているものを大量に摂取してしまう場合もあり、お菓子や加工食品などと一緒に摂取することで許容量を超えるケースもあるでしょう。安全性が認められていると言っても、過度な摂取は自己責任となります。

 

また反対に、まったく摂取しないようにするとかなりの制限となります。できることとできないことがあると思いますが、リスクがあるということや摂りすぎに注意ということだけは覚えておき、無理のない範囲で食生活などを考えていくと良いでしょう。原材料表示を見るようにすると、過剰摂取は防げると思います。

 

食品添加物すべてを覚えることは簡単ではないので、上述したものくらいを覚えておくと良いでしょう。口に入れるものに気を遣うことで、健康な身体を守っていきたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-健康
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.