クマが目の下にあるだけで、疲れて不健康そうな印象や、老けた印象を与えてしまいます。クマには「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」の3タイプがあり、それぞれのタイプに合わせた美容液選びが必要です。美容液でクマの原因を取り除き、化粧でクマを隠し続ける日々にサヨナラしてみませんか?

クマに種類があるって知ってた?それぞれの特徴と原因は?

あなたのクマは何クマでしょうか?クマの種類の特徴や見分け方について解説します。

青クマ

クマの色がやや青かったり、目の下の皮膚を下に引っ張ると薄くなるのが青クマです。青クマの原因は目元の血行不良で、元々目の下の皮膚が薄い人に出やすいという特徴があります。生まれつき皮膚が薄い人は、血管の色が透けて見えやすい為、年齢が若くても青クマで悩むことがあります。寝不足や疲れなどによるストレスや、冷え性により血液の流れが悪くなっている人、パソコン作業などの目を酷使する作業をしている人に起こりやすいのが青クマです。

黒クマ

目線を上に向けると、クマの色が薄くなるクマは黒クマです。黒クマは、下まぶたの皮膚が薄くなったり、目の下のふくらみである眼窩脂肪を支える筋肉の力が弱くなることが原因で起こります。皮膚がたるみ、目の下に影ができることで発生するため、加齢と共に出やすいという特徴があります。身体が浮腫むと、更にたるみが悪化してクマが目立ってしまうため、クマのケアと同時に浮腫みの予防もする必要があります。

茶クマ

茶クマの原因は、メラニン色素の沈着です。色素が原因なので、目の下の皮膚を下に引っ張ったり、上を向いたりしてもクマの色は薄くなりません。紫外線を浴びることでもメラニン色素は作られますが、洗顔やメイクによる摩擦も刺激となり、メラニン色素の沈着を促進させてしまいます。その他の茶クマの原因は、ターンオーバーの乱れも挙げられます。ターンオーバーの周期が遅くなると、皮膚の中でメラニン色素がどんどん沈着してしまい、クマの状態が悪化したり、いつまでも治らない状態になってしまいます。また、茶クマは乾燥すると茶色っぽく見えてしまう為、美白ケアと同時に保湿ケアも必要になります。

クマに効果のある成分は?

クマの種類によって、クマを改善させる成分が異なります。種類別の有効成分について見てみましょう。

青クマ

血液の流れの悪さが原因で起こる青クマの場合は、血行不良により失われてしまったハリや潤いを取り戻すケアを行いましょう。目元の血行不良は、コラーゲンやヒアルロン酸などを減少させ、シワやたるみなどの肌の老化を引き起こしてしまいます。

ハリ感アップで青クマ解消

これらの肌の老化に効果的なのは、コラーゲンを増やすレチノールやビタミンC、ハリを与えるコエンザイムQ10などです。肌のコラーゲンやヒアルロン酸などは、線維芽細胞増殖因子によって増える為、線維芽細胞増殖因子を配合している美容液を使えば、血行不良で失われた肌のハリや潤いを取り戻すことができます。

黒クマ

目の下の皮膚がたるむことで起こる黒クマに効果があるのは、真皮に存在して肌のたるみを予防しているエラスチン、コラーゲン、線維芽細胞、ヒアルロン酸を増やすことです。線維芽細胞増殖因子を配合した美容液であれば、効果的に黒クマの状態を改善させることができますよ。

抗酸化作用のある成分も効果的

また、肌に紫外線が当たることで生じた活性酸素が、コラーゲンを破壊してたるみを生じさせてしまう事もありますので、活性酸素を除去する抗酸化作用を持つ成分も同時に使用すると効果的です。

茶クマ

メラニン色素の沈着が原因で起こる茶クマは、美白美容液などの美白ケアが必要になります。メラニン色素を作らせないようにする成分や、メラニン色素の色を薄くする成分が有効です。作られてしまったメラニン色素は、肌の表面に押し上げられた古い細胞と共に垢となって剥がれ落ちていきます。ターンオーバーが正常化して新しい細胞が次々と作られるようになれば、メラニン色素を肌の外に排出するスピードを早めることができます。

クマ美容液の選び方

クマに効果的な美容液を選ぶポイントについて確認しておきましょう。

低刺激の美容液を選ぼう

クマに良い成分が配合されていることも重要ですが、使った時の使用感が自分に合っているかどうかも大切です。目元の皮膚は薄いので、肌に優しい低刺激の美容液を選ぶと良いでしょう。もしも、使ってみて自分に合わないと感じたら、すぐに使用を中止して別の美容液へと切り替えてみましょう。

青クマ・黒クマ対策の美容液

血行不良の青クマとたるみが原因の黒クマは、真皮のコラーゲンを増やすことが大切です。血行不良で失ったハリを取り戻し、更に真皮の状態を改善することでたるみを改善させ、クマの気にならない目元にすることができます。線維芽細胞増殖因子であるFGFが配合されている美容液であれば、シワやたるみを改善させ、クマの気にならない若々しい目元にすることができますよ。

茶クマ対策の美容液

美白ケアの美容液を使用することで、メラニン色素を薄くさせ、茶クマの状態を改善させることができます。美白成分としては、アルブチンやハイドロキノン、アスタキサンチン、ビタミンCなどが有効です。目元が乾燥すると、痒みが生じてついつい擦ってしまいます。目元を擦ることは、メラニン色素の沈着を促してしまうことにもなりますので、保湿成分を含む美容液を選ぶと良いでしょう。

美容液以外にできるクマ対策とは?

美容液を塗る以外にも、クマを改善させる方法があります。

青クマ対策

生活習慣を見直し、血行不良を改善することで青クマの状態を良くすることができます。ストレッチなどで身体を動かし、筋肉を刺激すると血行が良くなって身体が温まります。目元の血行を促進させるために顔のマッサージをするのも良いでしょう。いつもシャワーで済ませるのではなく、温めの湯船にゆっくり浸かって、身体を芯から温めるのも良い方法です。身体の血液量を増やすため、食事やサプリメントで積極的に鉄分を摂ったり、冷え性を改善するために身体を温める食べ物を摂取するように心がけましょう。

黒クマ対策

黒クマの対策は、筋肉を鍛える目元のマッサージと浮腫みの対策の2つです。目元のマッサージは、時間がある時に1日数回行うと良いでしょう。ストレッチや軽い運動などで身体全体を動かすと、血液の流れが良くなって浮腫み症状を軽くさせることができます。また、浮腫みを予防するために、塩分の摂り過ぎに注意するようにしましょう。目元のマッサージやツボ押しでも顔の浮腫みを減少させることができます。

茶クマ対策

沢山日光に当たってしまうと、メラニン色素は過剰に作られてしまいます。普段から、日焼け止めをこまめに塗ったり日傘を使うなどして、しっかりと紫外線対策をしましょう。クレンジングや洗顔、マッサージなどによる目の周りへの刺激は、メラニン色素を作る原因となることがあります。なるべく刺激を与えないように、優しくケアするようにしましょう。美白作用のあるビタミンCを、食事やサプリメントなどで積極的に摂取することも効果的です。乾燥もメラニン色素の沈着を促進させてしまうので、目元をしっかり保湿することも忘れないようにしましょう。

クマ美容液で、明るい目元になろう!

クマの種類によって、対策方法が異なります。自分のクマのタイプを知り、そのクマに最適な成分を含む美容液を選択できるようになりましょう。美容液による目元ケア以外にも、生活習慣の見直しや顔マッサージ、適度な運動などを行い、クマの状態をより早く改善できるように努力してみましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。