唇は、顔の印象を決定する大事なパーツです。ふっくらとしてツヤのある唇は、女らしさの象徴とも言えますね。しかし、乾燥して唇の皮が剥けてしまったり、縦じわが気になったりと唇に自信を持てない人は多いのではないでしょうか。とってもデリケートな唇は、乾燥や荒れなどのトラブルが多く、キレイに保つには毎日のケアが大切なのです。唇専用の美容液なら、ただ塗るだけで様々なトラブルから唇を守ってくれます。魅力的な唇になるためにも、美容液を使った唇ケアを始めてみませんか?

唇美容液にはこんな効果が!

唇は他の皮膚に比べて非常にデリケートですから、唇専用の美容液を使うと良いでしょう。唇美容液は唇に特化した美容液ですから、特有の効果があります。唇美容液には一体どのような効果があるのか、まとめておきましょう。

しっかり保湿

唇の乾燥は、唇の荒れやひび割れの原因になります。乾燥して唇のシワが目立つと老けて見えますし、メイクをしても口紅も美しく見えません。美容液は、唇に潤いを閉じ込めてしっとりさせ、乾燥から唇を守ってくれます。

シミ予防

お肌同様に、唇も紫外線のダメージを受けやすい場所です。紫外線カット成分が配合されている美容液を使って、紫外線から唇を守ってあげましょう。紫外線から唇を守れば、唇にできるシミ予防に繋がります。

ふっくらとハリのある唇に

美容液に含まれている美容成分は、唇をふっくらとさせて縦じわを消し、若々しい印象の口元にしてくれます。アンチエイジング効果のある成分を配合している美容液なら、ツヤやハリのある唇にしてくれますよ。

唇美容液の選び方

唇美容液は、成分、使用感や色など、沢山の種類が販売されています。その中から、自分に合う美容液を選ぶにはどうしたら良いでしょうか。選ぶ際のポイントをチェックしましょう。

どのような効果があるのかチェック!

購入の前に、美容液がどのような効果を持っているのかをチェックしてみましょう。ほとんどの美容液は、保湿効果のある成分を配合していることが多いですが、それに加えて角層保護成分や、アンチエイジング成分、ハリを与える成分など製品によって様々な個性があります。どれにしたら良いのか迷ってしまう場合は、保湿効果が高い美容液を選ぶと良いでしょう。

メイクもできる!色付く美容液

美容液の中には、ほんのり色が付いているものもあります。忙しい日でも、美容液をサッと塗るだけでナチュラルメイクが完成しますよ。液状の美容液であれば、グロスとして使用することもできます。下地として使用する場合は、美容液を塗ってからしばらく置いて成分を浸透させてから口紅を塗りましょう。

成分の安全性

唇に毎日使うものですから、安全性の高い美容液を使いたいですよね。唇に塗るものは特に、万が一口に入っても安心なものを使いたいものです。美容液の中には、100%天然由来成分を使用したものもあります。どのような成分を使用しているのか、安全性は高いのかどうかを確認してから購入すると良いでしょう。唇は皮膚が薄くデリケートな部分なので、刺激が少なく、安心して使用できるものを選びましょう。

使用感

スティックタイプ、チューブタイプ、指やブラシで塗るタイプなど、製品によって形状は様々です。使用感が良く、自分にとって使いやすいものを選ぶようにしましょう。自宅で使う用と持ち運び用に分けるなど、場面に応じて美容液のタイプを使い分けても良いですね。

美容液を家で簡単に作ってみよう

唇の美容液は、材料を揃えれば実は自宅でも作ることが出来ます。自分で作れば、着色料や保存料などの心配も要りませんね。日々使える美容液だけでなく、唇パックや簡単にできるピーリング、マッサージなどもご紹介します。

手作り美容液

ニュージーランドで摂れるマヌカハニーと、ビタミンEスクワランなどがブレンドされているオイルを使用して作る唇用の美容液です。ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種で、血行を改善して唇の血色を良くし、強い抗酸化作用により唇の老化を防いでくれます。スクワランは皮膚の新陳代謝を活性化させ、細胞の生まれ変わりを促進させて唇を美しくしてくれます。

  • マヌカハニー
  • シアバター
  • オイルブレンド(ビタミンE、スクワラン配合)
  • ビーズワックス精製

材料を揃えれば、作り方は簡単です。マヌカハニー以外をよく混ぜて電子レンジで加熱し、溶かした後でマヌカハニーを加えて良くかき混ぜてください。滑らかになれば出来上がりですので、保存容器に移して使用しましょう。

はちみつで簡単パック

  • はちみつ
  • ワセリン

はちみつとワセリンを同等の割合で混ぜ、唇に乗せて5分から10分ほどパックします。そのままでも効果は高いですが、唇に塗った後にラップを乗せてパックすると更に効果的ですよ。唇に残ったはちみつとワセリンはそのまま残しても良いですし、ベタつきが気になるのであればティッシュで軽く拭き取っても良いでしょう。

シュガースクラブ

週に1回ほど、唇をスクラブでマッサージすることで、古い角質を取り除いてぷるぷる唇にすることができます。美容液の使用と合わせてやってみましょう。

材料

  • 砂糖
  • はちみつ
  • ワセリン

材料を混ぜ合わせ、唇に乗せて優しくマッサージします。固さが気になる場合は、オリーブオイルを少量入れても構いません。マッサージをする時間は1分程度で大丈夫です。力を入れずぎないように、優しくクルクルとマッサージしてあげましょう。マッサージが終わったら、水またはぬるま湯でスクラブを洗い流してください。

唇美容液の効果をあげる方法

唇美容液の効果を存分に引き出し、効果的に唇を美しくするためにはどうしたら良いでしょうか。基本的なことですがとても大切なことですので、しっかり抑えておきましょう。

毎日しっかり使う

いくら良い美容液を持っていても、時々しか使用していないのであれば、唇は美しくなりません。毎日使い続けて唇に栄養を与え続けることが大切なのです。そのまま塗る方法や、口紅の下地として使用したり、仕上げのグロスとして使ってみたり、楽しみながら使ってみましょう。メイクをしっかり落として、唇をきれいな状態にしてから塗るようにすることも大切ですよ。

塗り方を工夫する

唇には、縦にシワがあります。縦のシワに沿って美容液を塗ることで、シワの隙間にもしっかりと美容液を行き渡らせることができます。美容液を塗る時は、力を入れないように意識しながら優しく塗りましょう。塗った後で、上唇と下唇をこすり合わせる必要はありません。こすり合わせることが刺激となり、かえって唇の荒れを悪化させてしまうこともあります。

寝る前に使う

日中に使用する美容液もありますが、寝る前に使ったほうがより成分の浸透がよくなります。寝ている間は唇に塗った美容液が落ちにくい為、朝起きるまでずっと美容成分が唇に浸透してくれます。少し乾燥が気になっても、美容液をたっぷり塗って寝れば、次の日の朝にはかなり状態が改善していることでしょう。

ラップを乗せてパックする

唇に美容液を塗った後、小さく切ったラップを乗せてしばらく放置してみましょう。ラップを乗せることで美容液の蒸発を防ぐことができますし、唇のシワの間にもしっかりと美容液を密着させることができます。ラップをした上から、適温に温めた蒸しタオルを乗せると、唇の血行が良くなり更に美容効果が高まりますよ。ラップを使ったパックは、短時間で大丈夫ですので、毎日のお手入れに是非取り入れてみましょう。

美容液で魅力的な唇になろう!

ツヤがあって水々しい唇は魅力的で、異性だけではなく同性も引きつけることができます。今まで唇のトラブルで悩んでいた人も、美容液による唇のケアを始めれば、悩み知らずの唇にすることができますよ。美容液を使う簡単な唇のケアで、あなたのキレイ度をアップさせてみませんか?

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。