病気

けいれん、意識消失…てんかん発作とは?その原因、症状、効果的対処方法

更新日:

突然の発作に遭遇すると焦ってしまう

adobestock_98105908

みなさんはてんかんの発作に遭遇したことがありますか?一目見ててんかんの発作だと判断できるのは、よほど慣れている人か専門家くらいではないでしょうか。ほとんどの人は突然の発作に驚いたり焦ったりすると思います。

てんかんという名前は比較的知られていると思いますが、その病態まできちんと理解しているという人は多くはないでしょう。てんかんの発作にも種類があります。

今回はてんかんの病態や発作の種類、そして治療や発作が起こったときの対処法を紹介していきます。

 

てんかんとは?

WHOの定義によれば「てんかんとは、種々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。」とされています。

つまり繰り返しの発作を特徴とする脳の慢性的な疾患ということです。

 

冒頭でも触れたように発作にも種類があり、その症状は多彩です。けいれんを起こすものや手足が突っ張って身体が硬直するもの、意識の消失が起こるものなど様々あります。ただし発作の症状は患者個人の中ではほぼ一定とされ、同じ症状の発作が繰り返し起こることが特徴とされています。

 

てんかんは100~200人に1人と比較的高い発症率をもっています。発症年齢は3歳以下が最多とされ、60歳以降で再び増えてくるようです。高齢者の場合には脳血管疾患などが原因となって起こるとされています。小児てんかんは大人になると治る場合もあるようですが、一般的には治療の継続が必要とされることから年代としては幅広くなっています。

 

てんかんはその原因によって特発性てんかんと症候性てんかんとに分けられます。特発性とは原因不明という意味で、検査をしても異常がみられないことも多いようです。生まれつきてんかんを起こしやすい傾向をもっていると考えられています。てんかんは基本的には遺伝しないと言われていますが、特発性のものの中ではてんかんを起こしやすい傾向が遺伝されている可能性が指摘されています。

症候性てんかんとは脳血管疾患やアルツハイマーなどの脳病変が原因となっていることが明らかなものとされています。出生時に脳が傷ついてしまったり、低酸素の状態や髄膜炎などで障害された場合も起こるとされています。

 

てんかん発作が起こるしくみとしては、脳の信号の異常と言われています。大脳の神経細胞、いわゆるニューロンはお互いにバランスを保ちながら規則正しいリズムで活動しています。この整っているリズムが崩れて興奮と抑制がとれなくなることにより、突然電気信号が過剰になると発作が起こるということです。脳の電気嵐とも言われるとされています。

 

この電気信号が過剰になった部分に関係する領域に症状が起こるということです。手を動かす部位で起これば手のけいれんが、足を動かす部位で起これば足のけいれんが起こるということですね。電気信号の範囲によって症状の度合いも変わるようです。また、この電気信号が過剰になるパターンは、上述したように個人の中で一定とされていることから発作時は毎回同じ症状を呈するとされています。

 

この発作が繰り返し起こるものがてんかんとされ、1回だけなど単発のものはてんかんとは診断されないようです。

では次は、てんかん発作の種類についてみていきましょう。

 

てんかん発作の種類

adobestock_37370091

てんかん発作は、脳のどの領域に過剰な電気的興奮が起こるかによって分類されています。脳の一部で限局して起こる部分発作と両側にまたがって広い範囲で起こる全般発作に大きくわけられます。部分発作では意識のはっきりしている単純部分発作と意識障害を伴う複雑部分発作に分けられ、部分発作が脳全体に波及していって全般発作につながる二次性全般発作もあります。全般発作の場合にはほとんどのケースで意識がなく、症状の特徴から強直間代発作、脱力発作、欠伸発作、ミオクローヌス発作などに分けられます。

 

単純部分発作は発作の始まりから終わりまでを患者自身がはっきり覚えているとされています。過剰な電気的興奮の部位によってけいれんや筋緊張により体勢が保持できなくなるなどが起こります。視覚や聴覚の異常、自律神経の異常などなど多彩な症状を呈するとされています。

 

複雑部分発作はだんだんと意識が遠のいて周囲の状況がわからなくなるとされ、意識障害はあっても意識消失まではいかないので突然倒れることは少ないとされています。動作が止まったり、ボーっとするような状態になり手をたたいたり口をもぐもぐさせるなどの意味のない行動がみられるようです。

 

強直発作は全身のけいれんや脱力が突然起こることが特徴とされ、身体中の筋肉の突っ張りが起こって身体がねじれるなど体勢がおかしくなると同時に意識を失うとされています。間代発作も手足が突然に屈伸したりガタガタとふるえるけいれん発作とされています。この2つの発作は同時に起こることから強直間代発作と呼ばれるようです。

多くのケースで全身性の強直発作が先に起こり、次いで間代発作が起こるようです。発作自体は数分で治まり、しばらく意識がもうろうとしていたり睡眠状態になったあと正常に戻るようです。

 

脱力発作は、全身の筋肉の緊張が低下したり消失したりするためにその場に崩れるようにして倒れてしまう発作です。発作の持続時間は数秒以内と短く、発作と気づかれないこともあるとされています。

 

欠伸発作は子どもに起こりやすいとされ、5~15秒という短い時間意識を失うとされています。その間は今までしていた動作を一時的に止めてじっとしていることが多く、発作が終わると再び元の動作に戻るということです。短いものでは周囲の人も気づかないことがあるようです。学校の授業ではボーとしていると指摘されたり、不真面目な態度と誤解されることもあり注意が必要なようです。

 

ミオクローヌス発作では顔や手足、体幹などの筋肉に短時間のピクッとした痙攣が起こるとされています。また発作が長く状態や、短くても繰り返し起こってその間の意識がない状態では生命に危険が及ぶ可能性があり、この状態をてんかん重積発作と言います。

では次は、てんかんの診断や治療についてみていきましょう。

 

てんかんの診断と治療

てんかんの診断は主に脳波を測定することで行われます。発作を起こしたときの状況や脳波検査、CTやMRIなどで診断されるようです。脳波測定によっててんかんの種類もわかるようです。

 

治療は薬物療法がメインとなります。脳の過剰な電気的興奮に対しての抗てんかん薬が処方されるようです。発作の種類や年齢などで種類や量が変わるとされています。薬物療法と合わせて生活リズムを整えるなどの指導がされます。

発作の消失が小児で2~3年、大人では5年以上続いた場合にはドクターの判断で3~6ヶ月ほどかけてゆっくりと薬を減らしていくようです。

 

最終的には薬がなくても発作が出ないようになるまでに至ることができるとされていますが、再発の可能性はあるので定期的な検査は必要とされています。

では次は、てんかん発作が起こった場合の対処法についてみていきましょう。

 

てんかん発作が起こったときの対処法

てんかん発作に出会ったら、まずは自身が落ち着くことを心がけましょう。

そして、二次災害を防ぐことが重要です。発作を起こしている人や自身の安全を確保します。

 

意識のない場合は横にして気道確保ができるように顎を少し持ち上げましょう。食事のタイミングによっては嘔吐もありえるので、嘔吐した場合は身体もしくは首を横に向けます。

 

てんかん発作とわかっている場合にはこの状態で発作が治まるのを待つだけで良いとされています。大声で呼びかけたり、身体をゆするとその刺激によって発作が続くことがあるようです。

てんかん発作とわからない場合や意識の消失が長い場合、もしくは短時間に発作を繰り返す場合には救急車を呼びましょう。

 

対処法を覚えて適切に行動しよう

adobestock_93943346

てんかんの病態や発作の種類、そして治療や発作が起こったときの対処法を紹介してきましたがいかがでしたか?てんかんに限らず、目の前で突然人が倒れたり動けなくなった場合には焦ってしまうと思います。

しかし対処の仕方を知っていると落ち着いて行動する助けとなると思うので、しっかり覚えておきたいものですね。どんなケースでも、まず自分が落ち着いているかどうかということが大切です。

よく読まれてる人気記事

【妊活に効果ある?!】ミトコア300mgを実際に使った私の口コミ!

妊活に効果のあるサプリとして噂のミトコア300mg! 不妊症に悩む方に評判の高いサプリメントとして、雑誌やネットでよく取 ...

ぜ~んぶ2000円以下!プチプラファンデーションランキング2018

ファンデーションは、薬局や化粧品店、ネット通販などで、いろんなプチプラファンデーションが購入できます。   2 ...

高血圧を下げるサプリランキングヘッダー画像
【ガッツリ効く!】高血圧を下げるサプリメント口コミランキングBEST7

このページでは、『高血圧サプリメント』を検討してる方に向けたページです。高血圧を下げる効果のあるサプリメントはどんなものがあるか?また、どんな成分が高血圧を下げる効果があるのか?サプリメント以外で高血圧を下げるにはどうしたらいいか?など、高血圧の予防・対策をしたい方へわかりやすくまとめたページです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-病気
-, , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.