ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

もしかして、ドライノーズ?原因は乾燥、エアコン?その症状と予防方法まとめ

更新日:

ドライノーズとは

鼻が痒かったりむずむずしたり、鼻が詰まっている感じはするが鼻水は出ないといった人はドライノーズかもしれません。ドライアイやドライマウスといった眼や口などの極度の乾燥による症状は良く知られていますが、ドライノーズについてはまだまだ知られていないというのが現状のようです。ドライノーズとは鼻の中の粘膜が乾燥してしまう状態で、空気の乾燥が進むと鼻がむずむずしたり症状が強いと痛みを感じることもあるようです。鼻血が出やすくなることもあるとされています。鼻水がかさぶたのようになってしまうことが原因で呼吸がしづらいといった症状も起こるようです。鼻の粘膜が乾くということでドライノーズと言われています。ドライノーズは乾燥性鼻炎とも言い、アレルギー性鼻炎とは区別されます。

今回は、このドライノーズの何が良くないのかやドライノーズの原因、そして予防や対処を紹介していきます。

 

ドライノーズになるとなぜ良くないのか

ドライノーズになると鼻の粘膜が乾燥すると上述しましたが、鼻は呼吸においてとても重要な器官です。空気中にはウィルスやほこりなど様々な物質があります。これらを含めた空気を吸い込んで人間は生きているわけですが、防御機構がないと感染が起こりやすく病期になりやすいということになってしまいます。そのための防御機構として最初に挙がるのが鼻なのです。鼻の粘膜から粘液を出すことによって鼻を通る空気に湿気を与え、鼻毛などのはたらきも合わせてこれらの物質を絡めとり排出します。また加湿に加えて加温もしているとされており、特に冬場は冷たい空気がそのまま気管支や肺に到達すると身体に負担になるので鼻を通って温められてから肺に届くのが良いしくみとされています。この粘膜の機能が低下すると、ウィルスなどの侵入が増えることになり感染のリスクが高まるということです。鼻の粘膜だけでなくのどにも粘膜はありますが、ウィルスなどが大量になると防ぎきれなくなってしまうのです。また加湿や加温されない状態で空気が肺などに入ると身体への負担が増加し、免疫力が下がるといった弊害が起こりやすくなります。ドライノーズによって粘膜が乾燥するということは最初の防御機構がはたらかないことになり、これらのことを引き起こしてしまうということです。このドライノーズの人は近年増えてきているとされています。2~3人が気にしているというデータもあるようです。

ドライノーズの症状と似ているとされるのがアレルギー性鼻炎です。冒頭でドライノーズとアレルギー性鼻炎は区別されると述べましたが、ドクターによってはこの両者が判断できない場合もあるとされています。ドライノーズとアレルギー性鼻炎の対処は違うので注意が必要です。

では次は、ドライノーズの原因についてみていきましょう。

 

ドライノーズの原因とは

AdobeStock_79981379

ドライノーズでは鼻の粘液の分泌が少なくなってしまうと上述しましたが、この分泌が減ってしまう原因がどこにあるのかというと一番は空気の乾燥です。冬場は空気が乾燥することで知られていますが、それ以外の季節でも条件によっては空気が乾燥します。近年多くなっている原因としてはエアコンです。特にオフィスやマンションなど気密性の高い部屋でエアコンの集中管理が行われていると湿度が極端に下がりやすいようです。ホテルや飛行機、新幹線などでも下がりやすいとされています。これらの環境では湿度が20%以下になることが多いとされ、週3日以上や1日5時間以上これらの環境にいる人ではドライノーズの発症が多くなることが言われています。

またアレルギー性鼻炎などの治療で点鼻薬などのスプレーを使っている人もドライノーズになることがあるとされています。アレルギー性鼻炎では粘液の分泌が増えていますが、これらを抑えるように点鼻薬がはたらくためです。この点がドライノーズとアレルギー性鼻炎をしっかり区別しなければならない理由でもあります。薬が効きすぎてしまうということですね。空気の乾燥は同じようにアレルギー性鼻炎の症状も悪化させます。乾燥によりハウスダストや花粉などのアレルギーを起こす物質が部屋に飛散しやすくなるからです。また鼻の粘膜が正常に機能していないとこれらのアレルギー物質を身体の中にたくさん入れてしまうことにもつながります。このような点が鑑別が難しいことにつながっているようです。他にも疲労やストレスなどで身体の抵抗力が落ちていると鼻の粘膜が乾燥してしまうことがあるようです。同じようにアレルギー反応も強く出ます。

 

ドライノーズの予防と対処

ドライノーズの対処や予防としてまず挙げられるのは加湿です。この場合の加湿とは鼻の中の加湿と部屋の中など環境の加湿との両方のことです。鼻の中の加湿としては、マスクが一番手軽でしょう。自分の吐いた息によりマスクの内側に保湿の層ができます。また水などで少し湿らせるとより効果的なようです。鼻の中の加湿としては点鼻スプレーなどもあります。ドライノーズ用のスプレーが市販されていますし、成分としては生理食塩水が主なので自分で作ってもよいでしょう。100mlの水に対して9gの塩です。生理食塩水はあまり作りおきはよくないので、使いきる分だけ作る方が良いでしょう。スプレーボトルに入らなかった分で鼻うがいをするのも良いと思います。鼻の中をきれいにするだけでなく、塩分が粘液の分泌を促してくれることも有効な理由とされています。保湿に関して市販されているものとしてはジェルタイプのものもあるようです。ワセリンなども良いようです。鼻のなどの水分が蒸発するのを防ぎ、粘膜が乾燥するのを防いでくれます。ポイントは保湿なので、オロナインなどを使う人もいるようです。

環境の加湿としては、冬場であれば加湿器が一番でしょうか。湿度は高すぎてもカビやダニなどが活発になってしまいます。特に60%を越えるとよくないようです。一般的に推奨されているのは40~50%くらいです。ただし加湿器が不清潔な場合には菌を撒き散らすことになるので注意しましょう。概ねどこのメーカーの加湿器も1~2週間に1度は掃除するように説明書などに書いてあります。加湿器以外では濡らしたタオルなどをかけたり、観葉植物や水槽なども感想を防ぐことにつながるようです。冬の場合は電気シーツやホットカーペットなども乾燥の原因になってしまうようです。

症状がなかなか改善しない場合は1度は医療期間を受診しましょう。特にアレルギー性鼻炎で点鼻薬などを使っている場合はドライノーズについても相談してみると良いでしょう。治療のために良いと思ってやっていることが悪化の原因となってしまっては本末転倒です。また、鼻血などが良く出てくるような場合は他の疾患も考えられるので早期に受診しましょう。

鼻炎の症状については乾燥性やアレルギー性に限らず自身の免疫力も重要です。ストレスや疲労などで身体の抵抗力が落ちていると症状は強く出ます。睡眠や栄養をしっかりとって体調を整えましょう。

 

鼻の保湿が最も重要

AdobeStock_33420363

ドライノーズについてその概要や症状、対処や予防についてみてきましたがいかがでしたか?実はドライノーズかもしれないと思った人もいるのではないでしょうか。

ドライノーズの一番のポイントは鼻の湿潤が保てるかどうかです。本来であれば環境が乾燥していても鼻の粘膜の作用で保湿されるはずですが、その機能がうまくはたらいていないということです。鼻や環境を保湿することに加えて、栄養や睡眠、運動で体調を整えるなど身体の機能がうまくはたらくようにしていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.