【錠剤・散剤など】薬の種類や剤形(薬の形)の違いを知ろう

更新日:

薬の形が違うのには訳がある!?

薬を飲むのが苦手・嫌いという人の中には「カプセル剤は飲めるけど、粉薬はちょっと・・」というように、薬の形(剤型)によって好き嫌いを感じている人もいます。なぜ薬によって形が違うのか、疑問に思いますよね。

 

実は薬って、同じ成分を含むものであっても、剤形を変えることで効果のあらわれ方に違いが出てくるのです。医療現場ではこの仕組みを活かし、さまざまな剤形の薬を用意することで、治療の選択肢を増やしたり、安全な薬の利用につなげています。

 

そこで、ここでは薬の種類を剤型ごとに解説。飲み薬(内服薬)、外用薬それぞれの薬の種類について知りましょう。

 

内服薬(飲み薬)の薬の種類

風邪をひいたときに病院で処方されたり、胃痛や下痢といった日常のちょっとした体調不良でドラッグストアで購入したり・・内服薬(飲み薬)はさまざまな形で私たちの健康を支えてくれています。そんな内服薬には、以下のような種類があります。

薬の種類1:錠剤

錠剤は飲み薬の中でもとくに多いとされる剤型です。たとえば、こんな種類があります。

素錠

コーティングされていない錠剤。原料を粉末にしたものを型に入れて押し固めてつくっています。裸錠と呼ばれることも。錠剤に割線(溝)を入れることができるので、錠剤を割って用量を調整することができます。

フィルムコーティング錠

錠剤の表面を水溶性の高分子フィルムでコーティングしています。薬特有の香りや味が抑えられるので飲みやすくなる一方、素錠より効果があらわれるまでに時間がかかることもあります。

糖衣錠

薬特有の香りや味を隠すために素錠の表面を乳頭でコーティングしています。

舌下錠

舌の下に入れて溶かすことで薬の成分を吸収させる薬。飲み込まない薬です。

チュアブル錠

日本語で咀嚼錠と呼ばれる通り、噛み砕いて口の中で溶かしてから飲み込む薬です。水は不要で携帯性に優れているほか、錠剤を丸ごと飲み込むことが苦手な子供や高齢者にとくに適しています。

バッカル錠

歯と頬の間に入れて、唾液で溶かすことで口腔内で成分を吸収する薬です。こちらは噛み砕くのはNGです。

腸溶錠

胃の中では溶けずに腸までたどり着くように表面をコーティングした薬です。

発泡錠

水に溶かして炭酸飲料のようにして服用する薬です。清涼感があり、飲みやすくなっています。

薬の種類2:カプセル剤

硬カプセル剤

ツートンカラーであることが多い薬です。2つのカップ状になった筒の中に粉状の薬を詰めて組み合わせています。粉薬が苦手な人に人気の剤形で、薬局では自分でカプセル状が作れるように空のカプセルも販売しています。

軟カプセル剤

さわるとプニプニと柔らかいカプセル剤です。中には液状や油状の薬が入っています。完全な球体ではなく、ラグビーボールのようにやや尖った球体をしているのが特徴です。

薬の種類3:粉薬

散剤

素早く溶けるため、効果があらわれるまでに時間がかからないことが特徴の薬です。苦手な場合はオブラートに包んで飲むことができます。ただし、薬の中には薬特有の香りや味を感じることで効果をあらわす薬もあるので、独断で決めず、事前に薬剤師に相談するのが無難です。

顆粒剤

比較的粒が大きい粉薬です。漢方でよく見られるエキス顆粒もこれに属し、漢方からエキスを抽出したものとなります。早めに効果をあらわす散剤に対し、こちらは効果の時間を調整できるというメリットを持っています。時間の調整はコーティングによって行われます。

 

外用薬の薬の種類

怪我をしたときや肩こり、腰痛などで辛いときに頼りになるのが外用薬です。外用薬には以下のような種類があります。

薬の種類1:クリーム・軟膏・ゲル

チューブに入っているものを絞り出し、患部に塗る薬です。同じ成分でもクリーム、軟膏、ゲルと用意されていることがあり、それぞれには以下のような特徴があります。

クリーム

吸収されやすいため、薬の成分が深部まで届きやすいのが特徴。一方で患部への刺激が強いというデメリットもあるので、患部の表面に傷がないときや、患部が乾燥しているときに使うと良いでしょう。

軟膏

クリームに比べて患部への刺激が少ないのが特徴。そのため患部に傷(傷口)があるときや、患部がジュクジュクしているときに適しています。一方で塗り心地がベタベタしており、衣服などが汚れやすいというデメリットがあります。

ゲル

ゼリー状の透明なクリーム。水分濃度が高く、肌馴染みがよいのが特徴。皮膚に擦り込むと薬の成分が効率的に吸収される特徴があるので、消炎鎮痛薬に使われることが多いです。

薬の種類2:ローション

肩こりや腰痛の薬に多く用いられている液体状の薬です。塗り心地に爽快感があり、冷却効果もあることが特徴で患部の炎症を鎮める効果が期待されています。

薬の種類2:貼り薬

薬の成分が皮膚を通してゆっくりと体内に浸透していくのが、貼り薬です。

湿布

温湿布冷湿布があります。一般に温湿布は肩こりや腰痛などの慢性的な痛みに向いており、冷湿布は症状が出てからそれほど時間がたっておらず、患部が熱を持っているときに使うと良いとされています。ただし、慢性的な痛みであっても冷湿布が気持ち良いと感じたら冷湿布を使用しても構いません。

テープ剤

フィルム剤とも呼ばれています。怪我や肩こり、腰痛のほか、ぜんそく治療薬や狭心症の薬としても使われているのが特徴です。湿布よりも密着感があるので剥がれにくい一方で、肌への刺激は強くなっています。

坐薬、膣薬、注射、点鼻薬など

胃を荒らさず、しかも効果が早くあらわれるということから、解熱鎮痛剤を使うときに薬を直腸から吸収させる坐薬が用いられるケースがあります。ほかの外用薬も同様に、飲み薬では得られない即効性や胃の保護効果を期待して、それぞれに適した剤型が作られています。

剤形以外で見る薬の種類

薬の種類を分けるときには、剤形以外の見方も知っておくと便利です。

病院で処方される薬(医療用医薬品)と市販薬(一般用医薬品)

医療用医薬品は、患者の症状や状態に合わせて処方される薬です。そのため強い効果が期待できますが、副作用に注意する必要があります。

 

さらに医療用医薬品には、薬を開発して特許を持つ企業が製造販売する先発医薬品と、特許権が切れてから別の企業により製造販売されているジェネリック医薬品があります。

 

一般用医薬品(市販薬)は風邪や食べ過ぎなど、比較的軽い症状に使われる薬です。そのため病院の薬よりも効果のあらわれ方が穏やかで、安全性も高くなっています。

 

一方で、できるだけ多くの人の症状に当てはめるために多くの成分が配合されているため、自分には不要な成分もとってしまうケースもあります。

一般用医薬品で注目したいOTC医薬品

最近薬のCMでも登場することが多いのがOTC医薬品です。OTCには2つの種類があります。ひとつはスイッチOTC薬です。スイッチOTC薬は医療用医薬品の中で比較的安全性が高く副作用が少ない成分を一般用医薬品にも使った薬となります。

 

もうひとつのOTCは、ダイレクトOTC薬です。こちらはスイッチOTC薬の成分のように医療用医薬品として使用されるステップを経ずにダイレクト(直接)に一般用医薬品となった薬です。

 

薬の種類まとめ

内服薬、外用薬それぞれの薬の種類はお分かりいただけたでしょうか?患者の症状や状態に合わせて、一番良い形で効果を出すために、医師は剤形を考慮し、薬を処方しています。市販薬でも同じ成分を含む薬でもさまざまな剤形が販売されているので、剤形ごとの特徴をつかみ、自分に合ったものを選ぶとよさそうですね。不明な点があったら、迷わず薬剤師に相談しましょう。

よく読まれてる人気記事

【妊活に効果ある?!】ミトコア300mgを実際に使った私の口コミ!

妊活に効果のあるサプリとして噂のミトコア300mg! 不妊症に悩む方に評判の高いサプリメントとして、雑誌やネットでよく取 ...

【スリミングジェル効果ランキング】口コミで人気の高いものを集めました

スリミングジェルは、自分で気になる部分に塗ってマッサージすることで部分的に痩せられるジェル。 スリミングジェルは、エステ ...

ナットウキナーゼは効果なし?嘘?副作用・成分を徹底調査しました!

納豆が健康に良い食品だということは有名です。
納豆は人によって好き嫌いがある食べ物ですが、納豆のもつ健康促進効果について次々に解明されています。
ナットウキナーゼは、納豆に含まれているネバネバした成分で、タンパク質分解酵素のことです。
大豆を発酵させるときにできる健康成分です。

無制限ポケットwifi【最新最安値ランキングBEST5】制限なしはコレ!

このページでは、無制限で使えるポケットwifの中でコスパ・安定性のいい売れ筋のポケットwifiをランキング形式でご紹介し ...

グルコサミンサプリ効果ランキング※関節痛みはこれで解決!

年齢を重ねる事で、足の関節が痛いという方が増えてきます。これは、足の間接部分にある軟骨が磨り減っている為に起こることが多 ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-
-, , , , ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2019 All Rights Reserved.