ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

自己啓発

読書のメリット・効果とは?本読まないも人必見!知ると読みたくなる!

更新日:

読書をするとどんな良いことがあるのでしょうか?今回は、読書をすることで得られるメリットについてご紹介します。ネット等で情報収集するけど、これまで本は読んでこなかったとった方はぜひ参考にしてください。

論理力が上がる

adobestock_87623827
読書をすることで得られる最も大きな効果だと言えるのが、「論理力が身に着く」ということです。読書をすることで、あらゆる言葉、表現方法に出会うことができます。

 

毎日本を読むことによって、あらゆる人、種類の表現方法が身についていき、気が付いた頃には自分自身が会話をする際に論理的な話の組み立てができるようになっています。読書を習慣化することで得られるメリットは絶大です。

 

また、読書でいろんな考え方に触れることによって、その意見に対する批判的な感情や疑問といったものがでてくるものです。そういった考えが脳に浮かぶだけでも、ロジカルシンキングの能力は日々向上していきます。

表現方法に磨きがかかる

先ほども触れましたが、読書をすることであらゆる言葉に触れることができます。本を読んでいて、「この言葉ってどういう意味なんだろう?」「自分がしたことのない表現方法だな」なんて感じることがあると思います。

 

自分の知らない言葉が知れることによって、自身の言葉のボキャブラリーも増えていき、次第に表現力が豊かになっていきます。

 

あらゆる語彙が頭の中にインプットされていることによって、とっさに自分の考えを求められるシーンでも、適切な言葉を瞬時に選び難なく表現することができるようになります。

 

「伝えたいことや感じていることはあるんだけど、なかなか上手に伝えることができない」と悩んでいる方なんかは、ぜひ日々の習慣に読書を取り入れてみてください。

人間力そのものに磨きがかかる

さて、論理力が豊かになったり、いろんな言葉や表現が学べることによって、人とのコミュニケーションが得意になっていきます。

 

話し方、話の聞き方、交渉力とあらゆる要素が必要となってくるコミュニケーションですが、ここが卓越することで「人間力」そのものがついていきます。

 

「表現力が身に着く」=「人間力に磨きがかかる」と思ってください。あらゆる表現方法、言葉を知ることによって、シーンごとに最適な気遣いや配慮ができるようになってくるものです。

 

また、人間関係におけるトラブルやストレスといったものは、ほんのちょっと言い方に問題があったり、ある言葉が足らなかったりといった些細な問題で起こるケースがほとんどです。こういったリスクを緩和させるためにも、日々読書をして人間力を高めておきたいですね。

自分とは異なる思考に出会える

adobestock_80200404
読書をしていると、自分ひとりでは絶対に思いつかないような考え方に触れることができ、そういった言葉や考え方が自分の救いになる。といったことがあります。

 

「なるほど、そういう考え方もあるのか!」「こういう方法で解決することができるのか「この人はこんな生き方で成功したのか」といったように、目から鱗のような考え方に感銘を受けることがあります。

 

何かに悩んでいるときなんかに、本を読んだことでスッキリ悩みが解決するなんてこともあるかもしれません。経験があるといった方もいるでしょう。

 

読書量が多ければ多いほどそういった知識も豊富になっていくので、あらゆる人の考え方を脳にストックしておくといったイメージを持っておくと、読書が楽しくて仕方が無くなってきますよ♪

集中力が身に着く

読書を始めても、すぐに集中力が切れてしまったり、気が付いたら別のことを考え始めてしまったりといったことはありませんか?慣れるまではこういったことはよくあります。

 

ですが、これはまだ読書に慣れていない証拠であって、慣れれば本の中の世界に集中して、最終的には時間の経過を忘れるくらい没頭することができます。いわゆる「フロー状態」に入るということです。

 

フロー状態とはどういうものかというと、何かに没頭している最中のことで、それ以外のことは一切頭から排除されている状態のことを指します。たとえば、好きな漫画を読んでいたり、ゲームをしていたり、スポーツをしている瞬間というのは、無心になって没頭していますよね。気が付いたら、予想もしない時間になっていたりすることがありませんか?

 

このフロー状態に入ってしまえばこっちのものです!これが習慣化していくとどんどん読書スピードも上がっていき、やがて「集中しよう」という意識を持たずしても無意識に集中できるようになっていきます。

 

普段やらないことをはじめようとする場合は、どんなことでも慣れが必要ですが、慣れてしまった後は、読書に関わらずいろんなシーンで集中力が活きてきますよ♪

小説を読むことも大切!

ひとえに読書といっても、ビジネス書や自己啓発書、自伝本、小説等いろんなものがあります。日々の生活で活きるスキルを身に着けるなら自己啓発書で、娯楽として楽しむなら小説といったようなとらえ方をされる方は結構多いですが、小説から学べることももちろんあります。

 

小説に登場する人物の性格、職業、趣味等から、あらゆる価値観に触れることができます。思わぬところで新しい考え方に出会えたり、勉強になることはたくさんあります。フィクションだからといって軽視していてはもったいないです。

 

想像力や記憶力の向上、社会性の発達、ストレスの解消等といったメリットもあります。普段小説はあまり読まないといった方はぜひこれを機に読んでみてください。

隙間時間が隙間時間でなくなる

adobestock_60871049
これも以外と大きなメリットです。通勤や通学、人を待っている時間、暇な時間にいつでもすぐにはじめられる読書。一日の中で、無駄にしている時間があるなと感じる方は、ぜひそんな隙間時間に読書を取り入れてみてください。

 

電車に乗ったら読書、休憩時間に読書、待ち合わせ時間に相手が遅れてきて暇になったら読書といったように明確に決めてしまうことによって、それらのときに本を開かないと逆にそわそわするようになります。

 

時間が有効活用できるうえに、読書が習慣化される絶好のチャンスなので、ぜひ一度本屋さんで気になった本を購入して、まずは実践してみてください!

スマホをいじらなくなる

皆さん、スマートフォンやテレビで一日どれぐらいの時間使っていますか?じっくり一日を振り返ってみると、案外それらで時間が浪費されていることが多いんですよね。

 

とりわけ見たい番組があるわけでもないのに、帰宅するやいなや無意識にテレビをつけ、ご飯が食べ終わるまで、もしくは食べ終わってからもだらだらとテレビを見続けてしまうなんてことはありませんか?

 

また、スマホも同じです。ニュースやゲームアプリ、SNSなんかをやっていると、あっという間に時間がつぶれてしまうものです。ゲームも一度はまってしまうとなかなかやめることができなくなるんですよね。

 

読書を習慣にすることで、これらの無駄な時間が大幅にカットされます。きっと読書の魅力、楽しさがこれらに勝るでしょう。より充実した時間を満喫するためにも、ぜひ帰宅したらテレビをつけたりスマホをいじるんじゃなくて、本を開いてください♪

まとめ

読書を習慣化することで得られるメリットは簡単にあげてもこれだけあります。気になっているジャンル、作家さんの本があるという場合は、ぜひ本屋さんで手に取ってみてください。
自分の思想にない角度からいろんなことを伝授してくれる本は、きっとあなたの人生をより充実したものへと変えてくれるでしょう。

The following two tabs change content below.
編集部:まちゃみ

編集部:まちゃみ

インターネットでの情報配信に興味を持ち始めてから、自分の知識を活かした様々な美容情報を投稿し続けています。私の記事がみんなにお役に立てれば幸いです。

-自己啓発
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.