ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

危ないめまいと大丈夫なめまいがある?めまいの種類と対処について

更新日:

危ないめまいとそうでないめまいとは

日常生活でめまいに悩む方は多いのではないでしょうか。ふとしたときに視界がふわっとしたり、立ちくらみのような状態になったり様々だと思います。頻度の高い人では体勢を変えるたびに起こるという人や、耳なりなどの症状が一緒に起こるという人もいるでしょう。めまいは短時間で治まることも多く、症状のない時間の方が多いことからそのままにしている場合が多いと思います。しかし、めまいにもすぐに医療期間を受診した方が良い危ないめまいとそうでないめまいがあるのです。めまいについて、その概要や対処、受診の必要があるめまいなどをみていきましょう。

 

めまいの種類

めまいとは主に内耳や脳の異常とされていますが、大きくは回転性のめまいと浮動性のめまい、そして立ちくらみを伴うめまいに分けられます。それぞれを鑑別することでより詳しく調べた方が良いめまいと経過観察で良いめまいなどの診断が下されます。学術的には、めまいとは「安静にしている時あるいは運動中に自分自身と周囲の空間との位置関係が乱れていると感じ、不快感を伴う症状」と定義されています。めまいはあくまで症状で、めまい自体が病気ということではありません。

回転性のめまいとは視界がくるくる回ってしまうもので、突然にめまいが起こり吐き気や嘔吐を伴うことがあります。立っていることが難しくなりしゃがみこむなどするようです。主に内耳の異常とされ、三半規管や前庭などのバランスをコントロールしている組織の障害とされています。三半規管などからの身体の位置や動作の情報が脳でうまく認識されず、その混乱がめまいを引き起こすという機序のようです。難聴や耳鳴りも多いことで知られており、嘔吐や吐き気と合わせて回転性めまいの特徴とされています。

浮動性のめまいとはふわふわ浮いているような感じがしたりふらついてしまうもので頭痛やしびれを伴うことが多く、体勢を変えたときに起こりやすいとされています。主に脳の異常や全身性の疾患から起こるとされ、しびれや麻痺などがあれば脳の異常をまず疑うようです。全身性の疾患としては心疾患や糖尿病、高脂血症や高血圧などの生活習慣病が挙げられます。

立ちくらみと伴うめまいとは、立ち上がりなど体勢が変わったときに一瞬意識が遠のいたり目の前が暗くなったりするもので、ひどい場合は失神など意識を失うこともあるようです。主に貧血が原因とされており、ストレスや疲労など生活習慣の乱れからも起きやすいとされています。他に血圧を下げる薬など薬剤の影響やアルコール、たばこなど嗜好品の影響もあるようです。脳の疾患などをしっかり鑑別するという観点から、浮動性のめまいと立ちくらみを伴うめまいとの鑑別は重要とされています。

では次は、めまいが起こったときの対処をみていきましょう。

 

めまいが起こったときや普段からの対処

めまいが起こったときに本人や周囲の人ができることを紹介していきます。めまいが起こったときに推奨されているのはまずは安静の確保です。身体を横にできるところがあれば横になって休み、駅のホームや階段など危険なところではしゃがみ込むなどして二次災害を防ぐことが重要です。また必ず横にならなければならないということはないので、本人が安静にできる体勢であれば横にならなくても大丈夫です。下着やネクタイ、ベルトなど締め付けのあるものは緩めましょう。

安静が確保できたら、次は刺激を減らすことを考えましょう。ハンカチを目にあてたり暗いところがあればそこで休むことも有効です。光や眼の動きがめまいを悪化させるためです。電車などの乗り物やエスカレーター、エレベーターなどの揺れもめまいが悪化することがあります。これら刺激をできる限り遮断し、落ち着くのを待つことが推奨されています。

上述した回転性のめまいや吐き気などの症状に対しては乗り物酔いの薬が有効なことがあります。また回転性のめまいが重症な場合は鎮痛薬が有効ともされていますが、これらの薬の乱用はやめましょう。病院で処方されたものなら処方された通り服用する範囲では心配ないですが、市販の薬はあくまで一時的なものと考えておいた方が良いでしょう。その他にはストレスが関与すると上述したように、自律神経への影響は考えた方が良く、アルコールやカフェインなどは控えた方が良いようです。

さらにめまいに対する有効な方法として、普段からめまいに効果的な体操をしておくと良いとされています。三半規管や前庭などバランスを司る組織も新陳代謝をしていますが、その代謝が悪くなるとめまいが引き起こされるようです。これらの組織の新陳代謝を促す体操として、寝返りを行う体操があります。仰向けで10秒、右向きで10秒、仰向けで10秒、左向きで10秒を繰り返し行うという簡単なもので、朝晩10セットを目安に行うと良いようです。めまいに悩んでいる方はやってみると良いでしょう。

こんなときはすぐに受診しよう

上述のようにめまいは放置されることの多い症状です。しかし、めまいの種類のところでみたように浮動性のめまいなどは脳の疾患や生活習慣病などからきていることもあります。救急車を呼んだ方が良いケースとしては、まずはしびれや麻痺、頭痛が続いている場合です。脳の疾患が関係している場合は緊急の処置が必要な場合もあります。処置が遅れて後遺症を残すことにもなりかねないので、きちんと診断と処置を受けるようにしましょう。その他には突然発症のめまいにも注意が必要で、対処のところでみたように安静を確保して刺激を減らしても、めまいが20分以上落ち着かない場合その場から動けないような重症のめまいの場合も救急車を呼ぶようにしましょう。このケースでも脳の疾患が疑われます。自分で呼べない場合は躊躇せずに周囲に助けを求めてください。もしめまいを起こしている人を見つけた場合にはこのようなケースの他にろれつが回っていない、目が片方に寄っている、意識がないなどの場合は救急者を呼んであげましょう。一刻も早い処置が必要です。

緊急性は高くないけれど早期に受診した方が良いめまいとしては、継続はしていないがしびれや麻痺などを伴ったことがある場合発症が緩やかで症状自体は軽くても経過が長い場合です。めまいの原因が何なのかをはっきりさせることで対策をすることができるので、診断を受けることが重要です。また、回転性のめまいで難聴や耳鳴りを伴う場合も早期の受診が推奨されています。耳の疾患を伴っている場合や難聴の場合は早期に治療を開始しないと聴力を失うなどの障害が残ることがあるからです。しびれや麻痺などが起こっている場合は脳外科や神経内科を、難聴や耳鳴りが起こっている場合は耳鼻咽喉科を受診しましょう。

めまいについて知っておくことで自分を守る

めまいについてその種類ごとに概要や原因をみたあとで、対処法や救急車を呼んだ方が良い場合と早期の受診が勧められる場合をみてきました。一番重要な点としては、めまいが脳の疾患や耳の疾患からきているかどうかです。脳の疾患でめまいが唯一の前兆だったということも可能性としては有り得るのです。これまでみてきた内容に当てはまる場合は脳の疾患や耳の疾患などを除外してもらうことが重要です。

そして、しっかりと診てもらって診断を受けたら体操をしたり生活習慣を改善するなど自分でできることをしていきましょう。放置しておくといつまでも不安を抱えておくことになるので、早めに受診して対処することでめまいを解消したいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.