ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

糖尿病は合併症が怖い?その種類、原因、症状、治療とは?

更新日:

糖尿病には一型と二型がある

糖尿病とは血糖値のコントロールがうまくできなくなってしまう病気ですが、そのタイプには一型と二型があることをご存じでしょうか。食事などで血糖値が上昇すると、体内ではインスリンというホルモンが膵臓から分泌され、血糖値を下げるはたらきをします。一型糖尿病では、膵臓のインスリンを分泌する細胞が何らかの原因で破壊されてしまったり異常をきたしたりしてインスリンの分泌がなくなってしまうか、ごくわずかになってしまう状態になります。二型糖尿病では、膵臓の疲弊などによりインスリンの分泌が弱まってしまうか、インスリンのはたらきが弱まってしまうという状態が起こります。二型糖尿病の方は生活習慣病でもあります。長年の脂質や糖質の摂りすぎによりインスリンを大量に分泌し続けた結果として膵臓が疲れてしまって、インスリンの分泌が減ってしまったり、インスリンを大量に分泌し続けた結果として体内でインスリンに対する反応が鈍くなってしまいはたらきが弱まってしまうということです。日本ではこの二型糖尿病が95%を占めるとされています。一型糖尿病は数は多くなく、発症も若年者に多いですがどの年代で起こる可能性はあります。10万人に1~2人程度のようです。

 

一型糖尿病の分類

一型糖尿病は膵臓のインスリンを分泌する細胞を自己の免疫が攻撃してしまう自己免疫性と原因のはっきりしていない特発性に分けられます。9割以上は自己免疫性とされていますが、なぜ自己の膵臓を攻撃してしまうかはわかっていないようです。自己の膵臓を消化してしまう膵炎もあるように、膵臓は自己の細胞として認識されなくなってしまうことがあるのでしょうか。分類としては自己免疫性と特発性に分けられていますが、どちらも詳しくはわかっていないというのが現状のようです。ウィルスの関与も指摘されています。

また発症の経過によっても分類されています。一型糖尿病のほとんどは急性発症とされており、3ヶ月くらいでインスリン療法が必要になるとされています。この急性発症一型糖尿病が典型例のようです。また緩徐進行性という分類もあり、ゆっくり少しずつ進行していくとされています。インスリンの分泌能力が下がってきた段階でインスリン療法が検討されるようです。この緩徐進行性一型糖尿病は初期には二型糖尿病と間違えられることもあり、注意が必要とされています。インスリンのはたらきが二型糖尿病のような所見から一型糖尿病の状態になっていくようです。緩徐進行性とは反対に、急激に進行していくものもあり劇症一型糖尿病と呼ばれます。劇症型では7割以上の人に前兆症状として発熱など風邪の症状が起こるとされています。発症から数日で急激に状態が悪くなるのが特徴で、若年者に多い一型糖尿病ですが、劇症型は20代以降に多いとされています。膵臓を自己の免疫で破壊してしまうといった所見はみられないとされていますが、一型糖尿病の中では最も危険な分類です。また妊娠をきっかけに一型糖尿病を発症した場合は劇症型のことが多いとも言われているので注意しましょう。

 

症状はほとんど同じ

AdobeStock_40736648

症状としては、一型糖尿病も二型糖尿病もインスリンのはたらきがなくなったりうまくいかなくなることによるので同じように起こります。だるさや疲れやすさが出るようになり、吐き気や腹痛を伴う便秘や下痢が起こるとされています。体重の減少もみられるようです。またペットボトル症候群といって口の渇きからどんどん水分を摂ってしまう状態になります。特に清涼飲料水には糖質が多いので、血糖値が高くなると余剰分は尿として排出されます。しかしこのとき水分も一緒に出ていってしまうので、余計に口が渇くことからさらに水分を摂るという悪循環になっていってしまうのです。これは健常な人にも起こります。

また、糖尿病で怖いのは血糖値の上下による症状だけではありません。本当に怖いのは合併症とも言われているくらいです。糖尿病の3大合併症と言われる糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害に加えて、動脈硬化などによる大血管の障害が気をつけなければならない合併症です。糖尿病が全身に合併症を引き起こす一番の理由は血管をもろくしてしまうことです。糖尿病性網膜症では、網膜に網の目のように走っている毛細血管がもろくなることで出血が起こりやすくなります。この出血が多くなっていくと網膜剥離などにつながります。糖尿病性腎症では、腎臓は血管が無数に入り組んでいるので様々な細胞が障害されやすくなり腎臓の正常なはたらきをすることが難しくなっていきます。糖尿病性神経障害とは、神経にも栄養血管がありますがその神経の栄養血管がもろくなることで神経が正常にはたらくことができなくなってしまう状態です。神経がうまくはたらかずに高血糖の状態が続くと足趾では血管が詰まって壊死を起こしていることにも気付けなくなり、切断を余儀なくされる場合もあります。大血管の障害では、脳梗塞や心筋梗塞・狭心症などが起こります。血管は循環や代謝に不可欠なので、もろくなったり異常が起こったりして正常にはたらけなくなるとこれらの問題以外にも様々な問題を起こすようになってしまうといことです。

 

糖尿病の診断と治療

糖尿病は、まずは血液検査で異常が見つかる場合が多いとされています。尿検査も以前は行われていましたが、かなり血糖値が高い状態でないと尿には出ないためあまり重視されなくなったようです。糖尿病が疑われた場合、血糖値を測定します。お腹を空かせた状態で一番身体に糖が少ない状態を示す空腹時血糖値、食事などによらない随時血糖値、糖摂取による血糖値の変動をみるブドウ糖負荷試験などが行われます。またHbA1cという項目を聞いたことがある方もいると思います。赤血球に含まれるヘモグロビンと糖とが結合した状態であるHbA1cは過去2ヶ月ほどの血糖値の平均を示すとされています。赤血球の寿命が90日程度なのを利用したもので、精度が高いようです。基準は空腹時血糖が126以上、随時血糖値は200以上、ブドウ糖負荷試験で2時間経過後でも200以上を示す場合、そしてHbA1cが6.5%以上とされています。他にインスリンの分泌能力を測ったり、インスリンのはたらきがどの程度かを測ったりします。

糖尿病と診断された場合はまずは食事療法や運動療法で血糖のコントロールが図られます。それでも改善しない場合には薬物療法として、インスリンの分泌を促したりブドウ糖の吸収を抑えたりする薬が処方されるようです。一型糖尿病でインスリンの分泌ができなくなってしまっている場合や、二型糖尿病で膵臓を休める必要があると判断された場合にはインスリン療法が行われます。妊娠中や授乳中もインスリン療法は適応されるようです。他に膵臓移植やインスリンを分泌する細胞だけを移植する膵島移植も行われるようです。iPS細胞や特殊なコラーゲンを用いて治療する方法も研究が進んでいるとされ、実用化が待たれています。

 

誰にでも起こる可能性がある

AdobeStock_81854209

糖尿病についてその病態や症状、治療そして一型糖尿病では分類を紹介してきました。糖尿病全般についての理解に加えて、一型糖尿病では自己の免疫などによって膵臓が破壊されてしまうことが特徴と覚えておきましょう。そして生活習慣病ではない一型糖尿病は疎遠なイメージがありますが、誰にでも起こり得るものということも理解しておくと良いと思います。糖尿病について、しっかり知識を持つことで万一発症したときにも適切に対処できるようにしておきたいですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.