ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育児

妊娠中はDHAの摂取が必須!効果や摂り方をチェックしよう!

更新日:

妊娠中は積極的にDHAを摂った方が良いと言われていますがそれはなぜなのでしょうか。また、DHAの効果や摂り方なども気になるところですよね。

 

この記事では妊娠中にDHAを摂取することで得られる効果や効果的な摂り方をご紹介しています。

妊娠中は積極的にDHAを摂ろう!

DHA(ドコサヘキサエン酸)は「頭の栄養素」と呼ばれており、胎児の脳を発育させるために欠かせない栄養素です。しかし、DHAは体内で生成することが一切できない物質であるため、胎児のDHAを与えようとすると、食事からの摂取が必須になります。

 

食事からDHAを摂取する場合は魚をよく食べるようにすると良いのですが、その中でも特に青魚には豊富にDHAが含まれているので、DHAの効率的な摂取を目的とするなら青魚をたくさん食べるのがおすすめです。

とは言え、妊娠中は体調不良に陥りやすいためなかなか魚が食べられないという場面が多くなると思います。そんなときはDHAが含まれたサプリメントを飲むというのもひとつの手です。

 

サプリメントは体調不良の時でも飲むことが出来ますし、魚が苦手でたくさんは食べられないという方でもDHAを効率よく摂取できるため、試してみて損はないでしょう。

妊娠中にDHAを飲むとどんな効果が得られるの?

DHAは名前こそ有名ですが詳細な効果までは知らないという方が多いのではと思います。妊娠中にDHAを摂取するとどんな効果が得られるのでしょうか。

 

妊娠中は胎児のことを第一に考えなければいけないため、効果の程に関しては気になるところですよね。DHAのもたらす効果に関してまとめてみましたので参考にしてみてください。

脳の発育に良い

冒頭でもご紹介したようにDHAは脳の栄養素とも呼ばれる成分ですから、胎児の脳を発育するためにとても効果的です。

 

統計的にもDHAの効果は証明されており、胎児~発育期の間にDHAを多く含んだ食事を取っていた子供の多くは同年代の子供と比べて知能が高い傾向にあるのだとか。

 

このことから子供にはDHAをできるだけ摂取させた方が良いと分かるかと思いますが、特に胎児の期間は脳が形作られる重要な時期ですから、より積極的にDHAを摂取した方が良いでしょう。

アトピー・アレルギーの緩和につながる

妊娠中のDHAの摂取はアトピーやアレルギーの発症リスクを抑えることに繋がります。また、すでに発症したアトピーやアレルギーを緩和することも可能です。

 

子供の頃はまだまだ身体が充分に発達していないため、アトピーやアレルギーなどの症状に悩まされがちですが、妊娠中からDHAをしっかり摂っておけばまったく症状が出ないというところまでは行かずとも、大幅な症状の緩和を期待することが出来るでしょう。

早産のリスクを減らすことが出来る

DHAは妊娠中に摂取することで早産のリスクを下げることが可能です。早産はどれくらい早く生まれたかにもよりますが、多くの場合生まれてきた赤ちゃんにもお母さんにも大きな負担が掛かるため、なんとしても予防しておきたいですよね。

 

DHAが持つ早産のリスク軽減効果は大学等の専門機関でも効果が実証されていますので、早産を予防するために是非妊娠中は多くDHAを摂るようにしてください。

妊娠中のDHAの摂り方

DHAは胎児の脳の発育に必要な栄養素の中でも特に優先順位が高いため、妊娠中はいつでもDHAを充分に補給しておきたいところです。

 

しかし、行き過ぎたDHAの摂取はお腹の調子を壊すなどの悪影響にも繋がりかねないため、摂りすぎはよくありません。妊娠中は胎児の状態だけでなく、お母さんの体調を良好に保つことも重要ですから、DHAの摂取量には注意しておいてくださいね。

目安としては厚生労働省の発表している基準を参考に一日1.8g程度に抑えておくと良いでしょう。DHAを多く含む食材を例にすると、サンマなら1日1匹、イワシなら1.5匹程度になります。

 

DHAは生魚から摂取するのが最も効率的ですが、妊娠中に生魚を食べるのは寄生虫などの関係で少々危険ですので、出来るだけ火を通したものを食べたほうが良いですね。

魚は熱するとDHAの含有量が減ってしまいますが、DHAには身体に吸収されやすいという特徴があるため、そこまで気にする必要は無いでしょう。

 

また、妊娠初期や妊娠後期など体調を崩しやすい時期に魚を食べられなくなるという方がいらっしゃいますが、そのような症状が出た際は無理に青魚からDHAを摂取する必要はありません。

やはり、妊娠中は何事も無理は禁物ですから、赤ちゃんのためとは言え、無理やり栄養のある食事を取ろうとするのは良くないのです。

 

もし妊娠中に青魚が食べられなくなったら、フィッシュオイルなどのサプリメントからDHAを摂取するようにしてください。サプリメントであれば体調が悪くても食事よりは負担なくDHAを摂取できるはずです。

DHAは胎児だけでなく妊娠中のお母さんにも効果がある

妊娠中のDHAの摂取は胎児に与える効果のみがフォーカスされて語られる傾向にありますが、実は妊娠中のお母さんに対しても効果を発揮します。

情緒の安定

妊娠してから情緒不安定になりやすくなったという方は多いのではないでしょうか。妊娠中に気持ちが沈んでしまうことをマタニティブルーと言ったりもしますよね。

 

この症状は個人差こそありますが、基本的には避けられるものではありません。女性は妊娠によって体内のホルモンバランスが大きく変化するため、その変化に身体や精神がついていけず、体調が崩れてしまうのです。

 

DHAはそのようなホルモンバランスの変化による心の疲れを癒すために効果を発揮します。

 

旦那さんにイライラしてしまう、一人でいるといつも以上に不安を感じてしまうなどの症状がある方はDHAでそれらを緩和することが出来るかもしれませんので、試してみてくださいね。

不眠の改善

妊娠中は前述のマタニティブルーの影響や妊娠によるホルモンバランスの変化から精神的に参ってしまい、なかなか寝られなくなってしまうという方がいらっしゃいます。

 

睡眠不足は妊娠していなくとも身体に悪い影響を与えますが、妊娠中は胎児とお母さん両方に悪い影響を与えてしまいかねません。

 

また、妊娠中の不眠は胎児の正常な成長を妨げてしまうこともあり、場合によっては早産の原因にもなりますからなんとしても解決しておきたいところです。

 

脳の栄養素であるDHAはご紹介したようにマタニティブルーやホルモンバランスの変化によって引き起こされた精神の乱れを鎮め、正常な精神状態へと導いてくれます

 

重ねてになりますが不眠が続くのは母子共によくありませんから、しっかりDHAを摂取するようにして出来るだけはやく改善しておきましょう。

血液をサラサラにしてくれる

妊娠中は運動習慣が無くなり、時期によってごはんを食べすぎたり、逆に食べられなくなったりするため、血液の状態が悪化しがちです。

 

妊娠中、お腹の中の胎児はお母さんの血液を通して栄養を補給しますから、血液がドロドロになっていると正常に栄養を受け取ることが出来ません。

 

また、血液がドロドロになると母体の健康を損なう原因にもなってしまうのです。

 

DHAはそんな赤ちゃんにもお母さんにも悪影響を及ぼす血液の状態の悪化を正常なサラサラの血液に戻す効果があるため、赤ちゃんとお母さんの健康を守るためにしっかりと摂取しておきたいですね。

まとめ

妊娠中は気を付けなければいけないことやしなければいけないことが多く、すべてのことをそつなくこなそうとすると大変ですよね。

 

特に胎児のために口にするものを厳選したり、体調を崩さないように心掛けたりするというのは簡単なことではありませんから、心が参ってしまうこともあるでしょう。

 

そんなとき、DHAは赤ちゃんに対して良い効果を与えてくれるだけではなく、お母さんの心と身体をケアするためにも役立ちます。

 

妊娠中に参ってしまったという方や、これから子供を作りたいと思っているけれど心配なことが多いという方はDHAを多く摂るようにしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-育児
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.