ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

病気

認知症になる人は増えていく?認知症について理解しよう!

更新日:

認知症は予備軍まで含めると4人に1人

AdobeStock_105146661

認知症とは、様々な原因によって脳の細胞が機能しなくなったり低下することによって日常生活に支障が出てしまう疾患です。

65歳以上の高齢者で認知症を発症しているのは15%とされ、約460万人とされています。認知症の前段階である軽度認知障害の人は約400万人とされ、これも含めると4人に1人が罹患しているということになるようです。

また認知症の患者数は今後も増え続けるとされ、厚生労働省の発表では2025年には3人に1人が罹患する計算になるとされています。

 

認知症の症状としては、中核症状と行動・心理症状に分けられるとされています。中核症状とはメインの症状ということで、脳の神経細胞の破壊によって起こります。記憶の障害や判断力の低下、見当識障害などがみられるとされています。

行動・心理症状とは中核症状に加えて、患者の性格や環境が関わって起こる症状です。妄想や幻覚、暴力や徘徊などが挙げられています。うつや無気力状態もみられるようです。

 

ちなみに認知症と物忘れの違いは、忘れてしまったことの認識があるかどうかとされています。例えば何かをなくしてどこにあるのかわからないというケースや予定を忘れていたというケースでは、物忘れの場合にはなくしてしまったことや予定を忘れていたことは覚えています。しかし認知症の場合には、そのこと自体を忘れているので物を盗まれたと思ったりそろそも予定していなかったという主張をします。

この違いに注意して観察すると分かりやすいようです。

 

ここまでで認知症の概要をみてきましたが、認知症にも種類があります。その種類をそれぞれみていきましょう。

 

アルツハイマー型認知症について

アルツハイマー型認知症とは脳にアミロイドといった特殊なたんぱく質が溜まってしまい、神経細胞の破壊が起こってしまうことで起こるとされています。このアルツハイマー型認知症は認知症の中でも最も多いとされ、特に女性に多くみられるようです。

 

アルツハイマー型認知症では先に述べた記憶の障害が顕著に起こるようです。忘れていることすら認識していないことが特徴ということですね。日常生活でできていたことが判断力の低下によってできなくなったり、時計が読めないといったことや自分がどこにいるのかわからないといった見当識障害も起こります。

忘れていることすら認識していないことで、物を盗まれたという妄想が起こりやすいようです。

 

アルツハイマー型認知症の人に対しては、同じ話を何度も聞くことになっても根気よく付き合ってあげることが大切とされています。何度も聞いたなどと話を断ってしまうと不快感や拒否されたという感覚が本人に残り、うつなどにつながることもあるようです。症状の軽いうちに受診することで治療がスムーズに行えるとされています。

 

脳血管性認知症について

 

脳血管性認知症とは、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳血管疾患によって脳の神経細胞が破壊されることにより起こります。脳血管性認知症はアルツハイマー型認知症に次いで多く、こちらは男性の方が多いようです。

 

脳血管性認知症では正常に脳細胞がはたらいている場所と出血などで細胞が破壊され機能が下がっている場所とがあり、症状が破壊されている場所に左右されることからまだら認知症とも言われているようです。感情のコントロールが難しくなり、喜怒哀楽が激しくなったり逆にうつになることもあるとされています。

 

脳血管性認知症の患者では、自分が認知症であると理解できているケースもあるということでより配慮が必要と言われています。また同じことでもできるときとできないときがあり、それが理解できる分だけ本人にとって辛い状況でもあるとされています。

 

レビー小体型認知症について

AdobeStock_57173542

レビー小体型認知症とは、神経細胞そのものに特殊なたんぱく質ができることで脳の機能が低下してしまい起こります。この特殊なたんぱく質をレビー小体といい、日本人によって発見されました。

レビー小体型認知症も脳血管性認知症と同じくらい多いとれ、男性患者が女性の約2倍になるとされています。

 

レビー小体型認知症では初期の段階から物忘れではなく幻視がみられることが特徴の1つとされています。虫が部屋にいると言ったり、知らない人が部屋にいるという訴えが増えるようです。人が見えているてであろう方向に話しかけることもあるとされています。

またレビー小体型認知症ではパーキンソン病のような症状も起こることから、しばしば誤診されることもあるようです。手や足が震えたり動作が緩慢になる、筋肉の緊張が高くなる、小刻みな歩行や突進するような歩行がみられるとのことです。

パーキンソン病だけでなく、うつ病とも誤診されるようです。睡眠障害が起こることもあるとされています。このような誤診によって認知症の治療が遅れると改善が難しくなってしまうようです。

 

レビー小体型認知症の人に対しては、私たちには見えなくても本人には見えているので否定しないようにするべきとされています。否定すると上記のアルツハイマー型認知症と同じように不快感や疎外感が残りうつにつながることもあるようです。虫を払うしぐさをしたり、客人が来ていたなど話を合わせることで安心させてあげることが重要とされています。

 

前頭側頭型認知症について

前頭側頭型認知症とは、前頭葉や側頭葉の萎縮によって起こるとされています。若年性認知症など若くても起こるようです。ピック病やニューロン疾患、前頭葉変性症などの疾患も含まれるとされています。

認知症の中では患者数も少なく、原因や病態などがいまだ明らかになっていないことも多いとされ有効な薬や治療も確立されていないようです。一般的な行動から逸脱することが多く、精神疾患と誤診されることも多いと言われています。

 

前頭側頭型認知症では同じ行動をただただ繰り返すということが特徴のようです。脈絡のない言葉を繰り返して発していたり、条件が整うと決まったパターンで同じ行動を繰り返すようです。決まったパターンがあるので徘徊して帰ってこれないなどのことはないとされています。

同じパターンは食にも表れ、同じものを食べたり作ったりするようです。味付けが極端になるとも言われています。特に甘さが極端なようです。

前頭葉は理性的な行動の中枢でもあるので、萎縮してしまうことによってルールを無視した自分本位の行動が多くなるようです。信号無視や万引きなど反社会的な行動がみられることもあるとされています。

 

前頭側頭型認知症の人に対しては、決まったパターンの行動を無理に止めさせないことが大切なようです。ただし外出時には注意が必要で、上記のように反社会的な行動をとることのないように付き添いがいるでしょう。

また食べ物の管理も必要とされ、砂糖を使わせないようにしたり甘いものの摂取を抑える必要があります。糖尿病になってしまうケースが多いようです。

 

周囲の人が気付いてあげることで少しでも早く治療開始を

AdobeStock_101386026

認知症について、その概要や種類ごとに病態や接し方をみてきましたがいかがでしたか?認知症の症状は進行性のものですが、治療の開始が早いほど悪くなるのを防いだり改善が見込めるとされています。上述してきたように認知症にも種類があるので、それぞれの特徴を知っていることで早く気が付けるかと思います。自分の周囲に認知症かなと思う人がいたら気にしてあげたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-病気
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.