ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

アンチエイジング

デコルテは年齢が出るので要注意!デコルテをケアして若々しい印象になろう!

投稿日:

顔のケアはアンチエイジング対策として行っている人が多いと思いますが、デコルテのケアはいかがでしょうか。実は年齢を感じさせやすいデコルテは、しっかりとケアしておかないとシワができやすいのです。毎日のケアが美しいデコルテラインを作っていくので、ぜひ今日から始めてみてはいかがでしょうか。

デコルテとは

デコルテとは、首から胸元にかけての部分のことを言います。胸元が開いた服を着ると、デコルテラインがあらわになりますが、このときデコルテにシワやくすみがあると、一気に年齢を感じさせてしまいます。デコルテは、体の中でも重い頭を支えている部分なので、負担がかかりやすく筋肉も疲れやすい部分です。

 

さらに、デコルテには静脈やたくさんのリンパ腺が集まっている部分でもあり、老廃物が溜まりやすい場所でもあるのです。血行不良になったり、くすみ、むくみが出やすい部分でもあるので、毎日のケアが必要です。

デコルテは年齢が出る!

顔の肌はしっかりとケアしているけれど、デコルテは盲点だった!という人も多いのではないでしょうか。デコルテは、意外と見られている部分なので、実は顔と同じくらいしっかりとしたケアが必要なのです。

 

美しいデコルテラインだと、胸元が開いたデザインの服でも自信を持って着ることができます。逆に、シワのあるデコルテや、くすみやむくみのある胸元だと、魅力も半減してしまうのです。美しいデコルテをキープすることは、若々しさを保つことなのです。

デコルテのシワの原因とは

デコルテのシワは、年齢を重ねるとともに出てくることが多いですが、若くてもシワができることはあります。実はデコルテは血行不良が起こりやすく、紫外線などのダメージにさらされやすいのでシワができやすい部分なのです。さらに、首筋の皮膚は顔の皮膚よりも伸びやすく、非常に薄くデリケートです。

 

そのため、シワやたるみなどのトラブルが出やすくなってしまうのです。デコルテにシワができるのは、乾燥と加齢によるもの、血行不良などがあります。また、デコルテや首にシワが寄った状態が長く続くことでもシワができてしまいます。

 

悪い姿勢で長時間過ごす習慣があると、デコルテにシワができてしまいます。また、紫外線のダメージによってデコルテが乾燥した状態だと、シワができやすくなります。

デコルテを美しく保つための方法

デコルテのシワ対策だけでなく、きめの細かい美しい肌をキープするためには、どのようなケアをしていくと良いのでしょうか。毎日のケアをしっかりと続けることで、美しいデコルテをキープすることができるでしょう。

顔と同じようにしっかり保湿

顔の肌はしっかりと保湿を行っても、デコルテまで保湿をしていない人が多いのではないでしょうか。顔を保湿する流れで、デコルテも同じように保湿しましょう。化粧水、乳液、クリームや美容液といった基本的なスキンケアは、デコルテの肌にも必要なケアです。

 

クリームや美容オイルのベタつきが気になるという人は、顔のケアを終えて手のひらに残っているクリームをデコルテに塗るようにしましょう。毎回のスキンケアのルーティーンに、しっかりとデコルテのケアを入れることが大切です。

デコルテにも紫外線対策を

肌にとって紫外線を浴びることは、乾燥肌を促進し、シミやシワなどの老化を招くことにつながります。また、日焼けによるくすみ、色ムラができてしまい、美しいデコルテとは言えなくなってしまいます。顔だけでなく、デコルテにもしっかりと紫外線対策を行うことが大切です。

 

日焼け止めを顔に塗ったら、デコルテにもしっかりと塗るようにしましょう。ちょっとした外出であっても、紫外線対策を怠ると、何年か経ってからシミとなって出てくる場合があります。日傘や帽子などで紫外線対策をするのもおすすめです。

デコルテマッサージを行う

デコルテには、リンパ節という部分があり、血液の流れを良くするにはこのリンパ節をマッサージするのが効果的です。デコルテマッサージを行うことで、むくみの解消につながるだけでなく、血行を良くする効果もあります。

 

マッサージをする時には、クリームやオイルを使うようにしましょう。肌は摩擦を与えることでダメージを受けてしまうので、滑らせるように優しくマッサージすることがポイントです。

デコルテマッサージのやり方

1、鎖骨の下のラインに沿って、親指以外の4本の指を使って外に向かって流していきます。軽く押しながら流すイメージで、あまり力を入れすぎないように気をつけましょう。

2、手でグーを作ったら、鎖骨の下側を中心から外側に向けて、流していきます。

3、今度は4本の指を使って、耳の後ろから鎖骨に向かって流していきましょう。

4、このセットは左右両方行います。

マッサージをするタイミングは、お風呂上りなど血行が良くなっている時が良いでしょう。また、朝起きてデコルテがくすんでいると感じた時などに行うのも良いでしょう。

姿勢を良くする

普段の姿勢が悪いと、デコルテや首筋に負担がかかり、血行が悪くなる原因になります。とくに猫背の姿勢は、デコルテの筋肉が衰えることにもつながります。姿勢を意識して良くすることで、大胸筋を鍛えることができ、デコルテのシワ対策になります。

 

また、姿勢を良くすることで血行が良くなり、気になるデコルテのくすみ、むくみ対策にもなるのです。自分の姿勢はなかなか意識するのが難しいですが、鏡で姿勢を見てみたり、長時間座っている時などは意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

大胸筋を鍛える

魅力的なデコルテラインは、女性らしく盛り上がっていることが必要ですが、年齢を重ねるとともにデコルテが痩せてしまい貧弱な印象を与えてしまうこともあります。その原因は、胸が重力に逆らえず垂れてきているからかもしれません。

 

胸の垂れを改善することによって、魅力的なデコルテラインを作ることにつまがるのです。内側からバストの土台となる大胸筋を鍛えることが効果的なので、簡単なエクササイズを取り入れましょう。

 

大胸筋を鍛えるには、合掌のポーズで力を入れ、15秒ほどキープするエクササイズがおすすめです。大胸筋が鍛えられることで、胸の下垂を防止し、魅力的なバストをキープします。

デコルテの吹き出物やニキビのケア

デコルテにも、顔と同じように吹き出物などの肌トラブルが出てしまうことがあります。吹き出物やニキビの場合、顔の肌と同じようにしっかりとケアすることで解消できます。毛穴に汚れが詰まってしまわないように、常に清潔に心がけることと、保湿をしっかりと行うのがポイントです。

 

汚れを落としたいと思うあまり、ゴシゴシと強く擦ってしまいがちですが、それでは乾燥肌を招いてしまいます。泡洗顔と同じように、デコルテの肌を傷つけないように優しく洗うようにしましょう。潤いをしっかりと残した上で、保湿もきちんと行います。吹き出物やニキビができた時には、まずは洗い方を見直してみると良いでしょう。

最後に

デコルテは、自分で思っている以上に人から見られているパーツです。肌年齢が出やすい部分なだけに、ついケアを怠ってしまうとすぐにシワができてしまいます。浅いシワのうちに、しっかりと保湿して姿勢を良くし、マッサージなどでケアすることで、すっきりと解消することが可能です。

 

毎日のデコルテケアを取り入れることで、見た目年齢をぐっと下げて、より自信を持って過ごすことができるようになるでしょう。ぜひデコルテのケアを毎日のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
編集部:チカりん

編集部:チカりん

5年ほど前から自分のブログで美容関連記事を配信していました。脱毛やサプリメントに関する記事が得意です。美容以外も書いているので是非読んでみてください。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-アンチエイジング
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.