ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

毎日髪を洗ってもフケが出る!フケの原因とフケ対策をしっかり知ろう!

更新日:

フケ対策に悩んでいる人はいませんか?毎日ちゃんと髪を洗っているのにフケが出ると悩んでいる人もいることでしょう。フケ対策はフケの原因をしっかりと知ることで立てることが出来ます。あなたのそのフケ対策は間違っているのかも? 正しい方法でフケ対策をしていきましょう!

フケとは?

フケといえば「不潔な人」という印象がありませんか?気がついたら肩のところに白いフケがあると、それだけで好感度が下がってしまいそうですね。「この人はちゃんとお風呂に入っているのかしら」「頭洗ってないんじゃないの?」と、いろいろと考えてしまいそう。ですが、フケには種類があり、必ずしも不潔だからという理由だけではないのです。

そもそもフケの正体とは

フケの正体は頭皮の角質です。皮膚は常に生まれ変わり(ターンオーバー)をしていますが、古くなった角質が剥がれおちたものフケとなります。ターンオーバーが正常に行われている場合には、角質は見えないくらいに細かく剥がれ、シャンプーやブラシなどのときに自然と取り除かれます。ターンオーバーが早くなると、本来剥がれるはずではなかった未熟な角質がまとまって剥がれてしまいます。このまとまって剥がれた角質の塊がフケです。

フケには二つの種類がある

フケには2つの種類があります。一つは「脂性フケ」、もう一つは「乾燥フケ」です。これらは原因も異なれば、対策も異なります。「フケ」と一括りにしてしまうことは間違ったフケ対策をしてしまうことにつながるかもしれません。

脂性フケ

髪にフケがついて落ちてこないタイプのフケは、ベタベタした「脂性フケ」と言います。これは頭皮の皮脂が過剰に分泌されることが原因で起こるフケです。

頭皮にカビが生えることも?

頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで、頭皮にカビが生える事があります。正確には皮脂をエサにしている頭皮の常在菌が活発に活動をしている状態です。この常在菌がカビの一種で、マラセチア菌といいます。最初は脂性フケが出る程度ですが、ひどくなると炎症を起こして赤くなり、強いかゆみを伴います。これを「脂漏性皮膚炎」と言います。

乾燥フケ

もう一つのフケはパラパラとした「乾燥フケ」です。衣服の肩などに白く降っているフケはこのタイプで、簡単に払うことができます。乾燥フケは文字通り、頭皮の乾燥によって起こります。

フケの原因とは?

フケが出る原因は不潔にしているからというだけではありません。様々な理由が考えられます。それぞれのフケのタイプによって原因が異なりますので、的確な対策を取るためにも原因を知ることが必要です。

脂性フケの原因

脂性フケの原因には「体質」「清潔ではないこと」「生活スタイル」の3点があります。

体質

頭皮は体の中でも特に毛穴や皮脂腺が多い場所として知られています。脂性肌の人は頭皮での皮脂の分泌が体の他の部位以上に多いため、頭皮の常在菌が繁殖しやすい状態になるのです。ひどい場合は脂漏性皮膚炎になり、フケだけでなく、かゆみや抜け毛などにつながります。

清潔ではない状態

シャンプーの仕方が悪く、頭皮の余分な皮脂が落としきれていない場合や、洗髪自体をあまりしていない場合など、清潔でないことによっても脂性フケが出やすくなります。また、枕や枕カバーが汚れているなど不衛生な場合も考えられますので、正しい方法で洗髪をしましょう。盲点なのはタオルです。数日間続けて使ったタオルは雑菌が繁殖しています。必ず1度使ったタオルは洗濯するようにしましょう。

シャンプー後に濡れたままにする

シャンプーのあとに濡れたままにしたり、タオルドライだけでドライヤーをかけなかったりすることもよくありません。髪は密集しているため、湿気がこもりやすいのです。この湿気によって頭皮の常在菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

シャンプーのしすぎ

フケが出るからと言って1日に2回も3回も洗髪をしていると、頭皮の皮脂が全くなくなってしまいます。ほどよい皮脂は頭皮から水分が失われないように守ってくれる働きをしていますし、皮脂がなくなってしまうと頭皮の水分が失われるのを防ぐため、皮脂が多く分泌され、過剰分泌になる場合もあるのです。

食生活

油っぽいものや甘いものなどが多い食生活では、皮脂が分泌されやすくなります。揚げ物やスイーツ、スナック菓子ばかりではなく、パンやパスタ、ご飯なども消化されて糖質に変化するために取り過ぎには注意です。ピーナツやアーモンドなどのナッツ類は脂肪分が多いため、取り過ぎに気をつけましょう。

乾燥フケの原因

乾燥フケは頭皮の乾燥が大きな原因です。頭皮は本来であれば適度な皮脂によって守られ、潤いが保たれた状態です。それが何らかの原因によって頭皮の皮脂が失われて頭皮が乾燥したり、皮脂によるバリア機能が失われるため、外部からの刺激を受けやすい状態になります。さらに頭皮のターンオーバーが乱れるためにフケが出るのです。

洗髪のしすぎ

「フケ=不潔」という考えで一日に何度も洗髪をすると、頭皮の皮脂が失われてしまい、乾燥してしまいます。適度な皮脂は皮膚の水分が失われないように守ってくれる働きがありますから、1日に2度も3度も洗髪しないようにしましょう。

シャンプーの選び方

洗浄力が強いシャンプーは、皮脂を取り除いてくれますが、肌質によっては皮脂を失いすぎてしまったり、頭皮への刺激が強すぎたりと言ったことが起こります。低刺激のものに変えたらフケが改善されたという人もいます。

紫外線の影響

紫外線による刺激を受けることで頭皮が荒れてしまい、フケが発生するということもよくある原因の一つです。帽子を被るなどして紫外線を直接受けないように気をつけましょう。

疲労やストレス

疲労が溜まっていたり、ストレスが溜まっている状態もフケの原因になります。ターンオーバーが正常に行われるには成長ホルモンの分泌が欠かせません。成長ホルモンの分泌を促す信号は脳の下垂体というところで出されます。脳下垂体はストレスに非常に弱いため、ストレスや疲労が溜まっている状態では正常にホルモンが分泌されず、ターンオーバーが乱れる原因となるのです。

栄養バランスが崩れている

外食中心だったり、野菜をなかなか摂取出来ないために栄養バランスが崩れているというのもフケの原因の一つです。栄養バランスが崩れることでターンオーバーに乱れが生じることがあるのです。

日頃からできるフケ対策とは?

脂漏性皮膚炎になってしまった場合は皮膚科を受診した方がよいですが、その前の状態であればまだ日常生活の中で対策が出来ます。

タオルや枕カバーは清潔に

フケが出たからと必死に髪を洗っても、タオルを何日も使い続けたり、枕カバーが汚れているということでは意味がありません。タオルは毎日洗いたてのものを使う、枕カバーをこまめに洗濯する、枕は乾燥させるなどの対策を取りましょう。洗える枕を使うというのも良いですね。

髪を洗いすぎないようにする

髪を洗うのは1日1回にしておきましょう。頭皮の皮脂などや細胞間脂質など、頭皮の水分を保持してくれる成分は洗い流されても24時間程度で元の状態に戻ります。そのため、一日に複数回髪を洗うと頭皮が乾燥してしまいます。また、皮脂が多いからと言って何度も洗うのではなく、頭の洗い方を工夫してみましょう。

生活スタイルを見直す

頭皮も体の一部です。健康な体であれば頭皮の健康にもつながります。健康に日々を過ごせるように生活スタイルを見直してみましょう。

栄養バランスの取れた食生活に

ビタミン、ミネラルなど栄養バランスの取れた食生活を心がけましょう。どうしても栄養バランスが崩れてしまうという場合にはマルチビタミン・ミネラルなどのサプリメントの力を借りてみましょう。

適度にストレスを解消しよう

ストレスを感じない人はいないと思います。心理学では、生きていく上で身近にある全てのものがストレッサー(ストレスを与えるもの)であると言われています。人間関係や仕事など、さまざまなストレッサーがあると思いますが、趣味に打ち込んだり、リラックスする時間を作るなど、ストレスを適度に解消しましょう。

しっかりと休息を取ろう

休息も非常に大切です。シャワーだけで済ませるのではなく、お湯を張ったお風呂にゆっくり使ってリラックスしたり、睡眠をしっかりとったりということが大切です。睡眠不足ではお肌も荒れますが、頭皮でも同じようなことが言えるのです。

運動不足の解消を!

ほどよく運動をすることで血行が良くなり、ターンオーバーも活発になります。ウォーキングやジョギング、筋トレやヨガ、ストレッチなど、継続できるようなものを行いましょう。

フケ対策に効果のある洗髪方法とシャンプーの選び方は?

フケ対策に効果がある洗髪の方法とシャンプーの選び方を抑えておきましょう。

洗髪方法

頭皮の健康を守ることができる洗髪方法を心がけましょう。以下のような順序で洗髪をすると良いですよ。

  1. 髪が乾いている状態で念入りにブラッシングして汚れや皮脂を浮かせる。頭皮を傷つけないように。
  2. お湯であらかじめ汚れを流しておく。熱すぎないお湯(38度程度)で、頭皮までしっかり濡れるようにしましょう。
  3. シャンプーを泡立ててから頭につける。爪を立てないように頭皮をマッサージ。
  4. しっかりとすすぐ。シャンプーを洗い流すため、頭皮までマッサージしながら。
  5. タオルドライした後にドライヤーで十分に乾かす。

シャンプーの選び方

脂性フケに悩んでいる人は、スカルプケアシャンプーを使って頭皮の余分な皮脂を落としたり、薬用のシャンプーで脂性フケ対策をすると良いでしょう。乾燥フケに悩んでいる人は肌に刺激の少ないシャンプーを使うと良いでしょう。どちらの人も、石油系の界面活性剤を使用しているシャンプーは頭皮への刺激が強く、洗浄力が強すぎるため避けた方が良いでしょう。天然成分を使用したものや、石鹸シャンプー、アミノ酸系シャンプーなどが低刺激です。

フケは無くせる!自分のフケのタイプを知って的確な対策を!

フケはちゃんとケアをすることでなくすことが出来ます。まずは自分のフケが乾燥フケなのか脂性フケなのかをしっかり見極めることがから始めましょう。自分の生活スタイルをしっかり省みることもフケ対策には必要なことですよ。頭皮の健康を取り戻し、フケのないすっきりした頭を取り戻しましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-美容
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.