ライフスタイル

エアコン暖房で節約する方法。ちょっとしたことでかなり電気代がお得に!?

更新日:

寒い冬には欠かせない暖房。ストーブやヒーターなど多数の暖房器具がありますが、使い方によっては意外にもエアコンの暖房が効率的ってご存知でしたか?

 

エアコンは現在では賃貸でも初めからついていることがほとんどなので、新しい暖房器具を買うよりもエアコンを駆使した方がお得かもしれませんよ。

 

今回は、エアコンの暖房を効率的に使う方法についてご紹介していきたいと思います。

 

エアコンは意外にも安い!

なんとなく「エアコンの電気代って高そう」と思ってエアコンの使用を避けている人も中にはいるのではないでしょうか?

 

実は、エアコンの暖房を使用したことによる電気代は意外にも安く抑えられます。

最近では、省エネを強く推している商品が多数販売されていますよね。比較的新しいものであれば省エネ効果が高いため、おそらく長時間使用したとしても思ったほど料金はかさまないはずです。(古いものだと商品自体の劣化もあり電気代が高くなってしまう可能性があります。)

 

むしろ、電気代を気にして電気ストーブなどを常時使っている方が、電気代がかかってしまうということもあります。

 

ただし、エアコンを安く使いたいのであればいくつかのポイントに気をつける必要があります。普段ついやってしまいがちなことが思わぬ浪費に繋がっている可能性もありますので、一度エアコンの使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

こまめにオンオフしない

エアコンは、電源をオンにした直後に電力が一番多く使われます。「少しでも節約しなきゃ!」と思って頻繁にオンオフを繰り返してしまうと、逆に電気代が多くかかってしまうのです。

 

エアコンの種類にもよりますが、少し近所に買い物に行く程度であればつけっぱなしにしておいた方が断然お得なことが多いです。大体の目安としては、1時間程度でしょうか。

 

外出するのにつけたままにするのは慣れてないと少し心苦しいかもしれませんが、「いちいち消した方が損!」と自分に言い聞かせてみてください。

 

「1ヶ月、24時間エアコンの暖房をつけっぱなし」という実験をした人もいるようですが、想像とは裏腹に意外にも想像できる金額よりも低く済んだという結果があります。

 

 

暖房が逃げるのでドアを開けっ放しにしない

エアコンを使うのは多くの人の場合一部屋二部屋だと思います。すると当然、その部屋以外の部屋や廊下などは冷えていますよね。

 

多少の出入りは仕方ありませんが、ドアを開けっ放しにしてしまってはせっかく暖まった空気が逃げてしまうのと同時に冷たい空気が入ってきてしまいます。すると当然部屋の温度が下がるだけでなく、エアコンは部屋の温度が下がったと思い再び多くの電力を消費してしまいます。

 

暖かい快適な部屋にしたいのであれば、こまめなドアの開け閉めを心がけましょう。

風量は「自動」にする

ほとんどのエアコンは風量を「弱」「中」「強」「自動」などに設定できると思います。一見「電力消費の少なそうな弱がお得かな?」と思うかもしれませんが、実はそれが落とし穴。

 

エアコンには設定温度があり、室温がこの温度になるまでは多く電力が使われます。いつまでも弱い風を出していては、室温が上がるのも時間がかかってしまいますよね。すると、その分余分な電力を消費してしまうことになるのです。

 

これを避けるためには、常に「自動」運転にするようにしましょう。自動であれば、エアコンをオンにしてから設定温度に向けて一気に暖められ、多量に電力を消費する時間も少なく済みます。その後は勝手に風を弱めてくれるので、暖めすぎてしまう心配もありません。

 

なお、部屋が温まりきったら「弱」に切り替えても同様の効果が得られます。

 

風向きを下にする

エアコンの暖房に限らず、暖かい空気はどうしても上にたまってしまう性質があります。私たちが生活しているのは地面なので、その部分が暖かくならなければ意味がありませんよね。

 

エアコンの風向きは自由に設定することができますが、おすすめなのは下向きです。下向きにすれば体にもあたりやすくなり、当然体感温度も上げることができます。

 

可能であれば、空気を回すためのサーキュレータなどを用意するときちんと部屋全体を暖かくすることができますよ。

 

定期的にフィルターの掃除をする

意外とおろそかにしがちなのが、エアコン内部のフィルターの掃除です。フィルターに埃がたまってしまうと、本来のエアコンの効果が発揮されないこともあります。

 

「そんなに汚れないし大丈夫でしょ」と油断してはいけません。めったに掃除をしないのであれば、エアコンを開けた時にびっくりするはずです。

 

掃除機をサッとかけるだけでも綺麗になりますので、面倒くさがらずにきちんとお手入れしましょう。目安としては、少なくとも大体2週間に1回は掃除するようにすると稼働効率が上がり、節電にも繋がるそうですよ。

 

窓を断熱する

エアコン自体に直接関係はありませんが、部屋を冷やす原因として大きいのが窓の冷えです。寒い地域であれば二重窓にしている家もあると思いますが、何も対策をしていなければ窓に近づくだけでもヒンヤリとした冷気を感じるはずです。

 

せっかくエアコンで暖かい風を出しているのに、窓から来る冷気と相殺してしまっては非常にもったいないですよね。

 

部屋の中の暖かさをきちんと閉じ込めるためにも、窓を断熱するのが効果的です。専用の断熱シートや気泡シートを窓に貼ることで、部屋の温度が上がりやすく、また下がりにくくなります。

 

 

室外機の周辺を整理する

エアコンの効率は、室外機によっても左右されます。室外機が物で覆われていたり雪が多く積もっていたりすると効率が下がってしまいますので、エアコンの電源をオンにする前にまず室外機の状態をチェックしてみましょう。

 

雪が多い地域であれば、防雪グッズなどで室外機に積もらないよう工夫が必要になります。

 

カーテンを変える

窓から冷気が入ってくるということをご紹介しましたが、それを少しでも抑えるためにはカーテンを厚手のものや断熱のものに変えるのも効果的です。カーテンも服と同じように、薄ければそれだけ冷気を通しやすくなってしまいます。

 

また、カーテンの丈も見直してみましょう。丈が地面に近ければ近いほど、冷気が入ってくるのを防ぐことができます。

 

ただし夏も丈の長い厚手のカーテンを使っていては暑苦しくなってしまいますので、冬用のカーテンは別に用意しておくと良いかもしれませんね。

 

設定温度に注意する

エアコンの暖房は、設定温度を1℃下げるとなんとおよそ10%もの電力・電気代を削減できると言われています。

 

少しでもお得に使うためには、設定温度をこまめに見直してみましょう。エアコンばかりに頼って薄着でいるようではもったいないですよ。ある程度着込めば、これまでの設定温度よりも1℃2℃下げてもへっちゃらになるかもしれません。

 

暖房をつけて「暑いな」と思うようでは、効率的な使い方とは言えません。必要最低限の暖かさで十分になるよう、少しだけ温度を下げたり服装で工夫したりしてみましょう。

 

他の暖房器具と併用する

エアコン単体ではなく、こたつやホットカーペットなど比較的消費電力の少ない暖房器具を併用することをおすすめします。

 

直接的に暖気に触れることで体感温度も高くなるので、無駄にエアコンの稼働を増やす必要も無くなります。

 

まとめ

エアコンは、使い方次第ではとても効率的な暖房器具です。電気代が高いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、いくつかのポイントに気をつければむしろその他の暖房器具よりも電気代は安くなることも多いです。

 

最大限効果を発揮させるためにも、効率の良い使い方を頭に入れておくと良いと思います。

 

これまで使用を避けていた人も、ぜひ冬はエアコンの暖房を使ってみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
編集部:犬ドック

編集部:犬ドック

ふざけたペンネームですが、記事内容はいたって真面目です(笑)誰にでもわかりやすく、また参考になるような内容を心掛けて日々記事を投稿しています。

-ライフスタイル
-,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.