ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

洗顔

正しい洗顔方法で肌トラブル改善!肌を痛める原因は?あなたは大丈夫?

更新日:

洗顔のポイント

正しい洗顔と言われると難しいですが、洗顔はポイントを押さえて行う事で肌荒れが起きにくくなったり、洗顔の効果を感じやすくなったりします。
正しい洗顔をして、洗顔やその後のケアの効果を最大限引き出すようにしていきましょう。洗顔をするためのポイントをまとめましたので、ご覧いただき参考にしてみてください。

洗顔のポイント

・洗顔前
石鹸を使って洗顔をする前には、十分にお湯で流しておく必要があります。
髪の毛も洗う前に十分にお湯に濡らすと思いますが、同じ要領です。お湯で流しておくことで、顔についている小さなゴミや汚れを取っておきます。

その際のお湯の温度ですが、熱すぎても冷たすぎてもいけません。
熱いと肌を痛めてしまいますし、冷たいとこれから洗うのに毛穴が閉じてしまいます。28度から36度くらいのぬるま湯で、十分に洗い流すようにしましょう。

・洗顔時
洗顔の際は、きめの細かい泡を掌にたくさん作っておきます。洗顔用のネットを使うと、とても簡単に作れます。

手で作る場合は少々時間がかかりますが、ここでどの程度きめの細かい泡が作れるかで、どのくらい効果のある洗顔ができるかが変わります。

ひっくり返しても落ちないくらいの泡を作って、肌の上を転がすように優しく洗ってください。ここで注意していただきたいのは、洗顔はやればやるほど良いというものではありません。

むしろ、長時間石鹸を付けたままでいると、肌への負担はとても大きくなります。
洗っている時間は30秒程度に留めるようにしましょう。

・洗顔後
泡でキレイに顔を洗ったら、十分に洗い流します。髪の生え際や顎の下などは石鹸が残りやすいので注意してください。洗い流しは、十分すぎるほど行っても問題ありません。

それよりも、石鹸を顔に残してしまう方が肌トラブルの原因になりますので注意しましょう。また、最後に冷たい水で洗い流す事で毛穴が引き締まりますのでおすすめです。

きめ細かい泡を作るには

AdobeStock_113221862

洗顔は、モコモコの泡で優しく行うのが鉄則です。
では、モコモコできめの細かい泡はどのように作るのでしょうか。一番簡単なのは、泡立てネットを使う事です。

今ではたくさんの種類が販売されていますので、みなさんご覧になったことがあると思います。泡立てネットがない場合は、手で泡を作る必要があります。

手で泡を作るのに大切なことをいくつか紹介しようと思います。

手でモコモコの泡を作るには

最初に、手をよく洗ってください。
手が汚かったり、脂が付着していると石鹸はそちらに作用するため泡になりません。
キレイになった手のひらに、少し洗顔料を取り、ぬるま湯を足してください。その後、反対の手でクルクルと混ぜていきます。泡は、水分と空気と洗顔料がうまく混ざる事でできます。
クルクルしていくと、少しずつ泡立ちが出てきます。泡が経ったら今度はその泡をつぶすように混ぜてください。そうすると、さっきできた泡よりももっと細かい泡ができてきます。

きめの細かい泡を作るには、この作業を繰り返します。メレンゲを作るのと同じ要領です。角が立つようになったら、立派なモコモコ泡の出来上がりです。

ただ、手で作るのは時間もかかるし難しいので、できれば泡立てネットを使ってみてください。どんなタイプの洗顔料でもビックリするくらいモコモコの泡を作る事ができます。

意外と怖い洗顔のし過ぎ

洗顔と言うと、女性はほとんどが良いものと認識しているのではないでしょうか。

ポツポツ毛穴が気になったり、皮脂の過剰な分泌が気になると、とにかく洗顔を見直さなければと思われる方が多いようです。そんな洗顔ですが、し過ぎには大きな危険が潜んでいます。

そもそも、顔も体も同じ皮膚でできているのに、なぜ顔ばかりに気を使ってしまうのでしょうか。もちろん、体の皮膚は洋服で守られているし、顔の皮膚よりも丈夫にできています。
その為、顔よりはお手入れに手間暇をかける必要はありません。だからと言って、顔を一生懸命お手入れしすぎてしまうのも危険なのです。

洗顔をしすぎるとこんなリスクがあります。

・顔が脂っぽく感じる事が増える
洗顔をすることによって顔の皮脂が奪われます。皮脂が奪われてしまうと、私たちの体は皮脂を一生懸命作り出そうとします。結果、洗っても洗っても脂っぽいという状態に陥ります。

・乾燥が増す
洗顔の回数が増える事で、皮脂がなくなります。皮膚は一生懸命皮脂を作り出そうとしますが、どんどん洗い流してしまうとそれは追いつきません。それによってお肌の乾燥がどんどん進んでしまいます。

・肌トラブルの増加
洗顔をすれば肌はキレイになります。やればやるほどキレイになると思いがちですが、そうではありません。
キレイにはなりますが、どうしても肌に負担がかかってしまいます。どんなに肌の強い方でも、洗顔をし過ぎるだけで肌トラブルを引き起こします。

洗顔には、適度な回数が重要です。適度と呼ばれる回数は、1日に2回程度です。
朝は、洗顔料を使わずにお水だけで洗うのも良いと言われています。

肌のトラブルは洗顔の回数が増える事に増していくと考えてよいでしょう。

肌を痛めない洗顔方法

AdobeStock_92120979

せっかく洗顔しても、それが肌を痛める原因になってしまっている場合があります。
肌のトラブルはすぐに改善できるものではなく、間違った方法を取ってしまうと逆に悪化してしまいますので、肌を痛めない洗顔方法を実践してください。

肌を痛めないための洗顔の方法をまとめましたので、ご参考にしてみてください。

肌を痛めないために

・洗顔石鹸は十分に泡立てる
洗顔は、十分に泡立てた泡で行うことが絶対です。肌を痛めてしまう原因で一番大きなものは、摩擦です。それは洗顔時でも起こってしまいます。

皮脂が気になるからと言って、ゴシゴシと洗ってしまったり、十分に泡立っていない泡で洗う事で、指の腹が肌についていたりすると肌を傷つける原因になります。肌に傷がついてしまうと、そこから肌荒れしてしまいます。

洗顔は、泡立てネットを使って十分に泡立ててから行ってください。できてきた泡をつぶしながら再度泡立てるということを繰り返すと、きめの細かい泡ができてきます。
ひっくり返しても落ちないくらいもっちりした泡で洗ってあげることが大切です。

・肌には直接触れない事
洗顔をする時、もちろん手で洗顔をしますので肌に直接指や掌が触れてしまいます。
ところが、洗顔石鹸を十分に泡立てれば手が肌に触れてしまうことがありません。

手が触れると、どうしても摩擦が生じ、お肌が傷ついてしまいます。
洗顔は、きめ細かい泡で優しく行ってあげることで、毛穴の中の汚れまで吸着してキレイにすることができます。手に感触がない事で、きちんと洗えているのか不安になるかもしれませんが、泡で洗う事が何よりも重要なのです。

変わった洗顔方法

最近は、いかにお金をかけずに美容に力を入れるかということが注目されています。
洗顔だけに留まりませんが、洗顔は毎日の事なので、やり方次第でよくも悪くもなります。

テレビやネットなどには、たくさんの美容方法が掲載されていますが、その中でも少し変わった洗顔方法について紹介していこうと思います。

変わった洗顔方法

・塩を使った洗顔
洗顔時に、を使うというのが今注目されています。
塩は、ダイエットやむくみ改善にも効果があり、粗塩で脚や腕をマッサージする事に使われたりしていますが、最近ではその方法を洗顔に応用するのが流行っています。

塩には、引き締めの効果や血行促進の効果があります。
粗塩をそのまま顔にゴシゴシするのはお肌を痛めてしまう可能性もあるので、ぬるま湯などに溶かしてマッサージするように洗顔してあげることがおすすめです。

・酵素を使った洗顔
酵素を使った洗顔は、酵素洗顔に特化したメーカーがあるほどメジャーになっています。洗顔に酵素を使う事で少々面倒なのは、酵素はそれ自体が泡立ちがとても悪い事にあります。

酵素だけの洗顔はとても難しいので、普段使用している洗顔料に少しだけ混ぜて使うと良いでしょう。また、酵素にはタンパク質を分解する働きがあります。

毎日使ってしまうと肌を痛めてしまう可能性があるので、週1回のスペシャルケアにすると良いでしょう。

・重層を使った洗顔
重層も、最近とても見直されている物質です。環境に良く、汚れも落ちやすいので、お掃除に使われる方も多くいらっしゃいます。洗顔に使う際も、お掃除と同じような効果が期待できます。

ただし、こちらも毎日行っては肌に負担がかかるので、週1度程度に留めましょう。
また、重層はお掃除グッズのコーナーに売られている事が多いですが、できれば食用や美容用を使うようにしましょう。

 朝と夜の洗顔に違いはあるのか

洗顔は、ほとんどの人が1日に2回、朝と夜にされていると思いますが、それぞれの洗顔の目的は全く違います。できれば、朝と夜の洗顔石鹸は分けてあげると良いでしょう。

朝と夜の洗顔の違いについてまとめましたので、是非参考にしてみてください。

朝と夜の洗顔の違い

・朝の洗顔
朝の洗顔は、寝ている間に分泌された皮脂を取り除くために行います。極端な話ですが、夜お風呂に入った時に顔を洗うとすれば、その後は眠るだけです。

朝のお肌は汚れているかというとそうではありません。その為、朝の洗顔はお肌に優しく保湿性の高いものを選んであげるようにしましょう。
また、洗顔時もよく泡立ててきめの細かい泡を作り、肌の上で泡を転がすように洗浄してください。

洗い流す時は熱いお湯ではなく、体温と同じくらいのぬるまで丁寧に洗い流してください。泡を肌に乗せているのは20秒程度に留めると、洗顔後の乾燥が気になりにくくなります。

泡は、髪の毛の生え際などにもついていますので、流し残しのないようにしっかりすすいでください。

・夜の洗顔
夜は、一日外気にさらされた顔の汚れを落とすために洗顔をします。
また、一日の汗や皮脂も洗い流す必要があるので、夜の洗顔は多少洗浄力が強いものでも大丈夫です。ただし、洗顔後の保湿は念入りに行ってください。

夜の洗顔は、同時にメイクを落とす場合もありますので、肌への負担には十分注意してください。

泡は朝と同様で、きめの細かい泡を作って、優しく洗ってください。
キレイにするためにゴシゴシとやってしまいがちですが、優しくなでるように洗うのは鉄則です。最後に、体温と同じくらいの温度で十分に洗い流してください。

 

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-洗顔
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.