ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

風邪の時には風呂は避けるべき?風邪を引いたときの入浴のポイントと注意点とは

更新日:

風邪を引いて汗をかくと、お風呂に入りたくなりますよね。ですが小さい頃から「風邪の時にはお風呂はやめておきなさい」と言われて育った人が多いのではないでしょうか?風邪の時にはお風呂は避けるべきでしょうか?それともお風呂に入ってもよいのでしょうか? 風邪とお風呂の関係について、驚きの真実をお伝えします。

風邪のときのお風呂はダメ?

昔から「風邪の時にはお風呂に入ったらダメよ」ということが一般的によく言われます。これはどのような理由によるものなのでしょうか。科学的な根拠があるのか、またはただの習慣なのか、理由を考えていきましょう。

風邪を引いたときのお風呂はどうしてダメなのか

風邪を引いたときにお風呂に入ってはいけないという理由の一つは「体が冷えるから」というものでしょう。昔ながらの日本家屋は冷房が無くても夏の蒸し暑さをやり過ごすことが出来るように、風通しがよい作りになっています。そのため隙間風が入ってくることも多く、冬であっても建物全体を密閉して温めるという暖房システムがなかったことが「風邪のときにお風呂に入ってはいけない」といわれていた原因です。つまり、風邪を引いたときにお風呂に入ってはいけないという医学的な根拠は何もないのです。

欧米では風邪を引いたときにはお風呂に入る

日本とは逆に、欧米では風邪を引いたときにお風呂に入るべきだと言われます。欧米は日本のように隙間の多い木造の建築物ではなく、レンガや石などで作られていることが多く、密閉して外気を遮断出来るようになっています。

昔と今の住環境の違い

今の日本の住宅はエアコンの普及に伴い、窓やドアなどを密閉して暖かい空気を逃さないように作られています。十分に部屋を温めておけば体が冷えてしまうということはありません。そのため、風邪を引いたときにお風呂に入ることに反対する理由は何もないという状況なのです。

風邪を引いた時にもお風呂に入るべき!

実は風邪を引いたときにお風呂に入るのは多くのメリットがあるのです。そのため、「風邪を引いたときにはお風呂に入るべきだ」と言われています。どのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

血管拡張と発汗作用

お風呂でしっかりと温まることにより、こわばった筋肉がやわらかくなり血行が良くなります。血管が拡張されるため、温められた血液が全身にしっかりと行き渡るため、体全体まで温まります。そのため、発汗が促進されます。熱が出たときに汗をかくと熱が下がりますが、これは体の熱を逃がすためなのです。そのため、発熱による熱を効率よく逃がすことができます。

高温多湿が風邪に良い

冬に風邪が流行るのは「乾燥・低温」が風邪のウィルスの活動を活発にする環境であるためです。風邪のウィルスは15度以下の気温と40%未満の湿度を好みます。お風呂場は湿度も室温も高いため、風邪のウィルスの活動が鈍くなります。しかも湿度が高いため、喉にうるおいを与えてくれます。

風邪を引いたときのより良いお風呂の入り方とは

風邪を引いたときにはお風呂に入ると良い影響がありますが、入り方も気をつけておきたいところです。よりよい入浴方法を見ていきましょう。

脱衣所と浴室を温めておく

入浴前に脱衣所と浴室をしっかり温めておきましょう。浴室暖房がついている場合にはうまく活用し、ついていない場合は湯船に張ったお湯の熱気と、事前にお湯をまいておくなどの工夫をしましょう。脱衣所を温めておくことで、お風呂上がりに急速に熱を奪われるのを避けることができます。

ぬるめのお湯にゆっくりつかる

風邪を引いたときには全身をしっかり温めるためにぬるめのお湯にゆっくりと体が温まるまで浸かることが望ましいでしょう。熱いお湯に浸かると体力をうばわれ、疲労感を感じることがあります。風邪を引いている時には体力が落ちているため、疲労するほどの熱いお湯や過度な長風呂は逆効果になります。熱すぎずぬるすぎないお湯に浸かり、のぼせる前に上がるようにしましょう。

熱いお湯では交感神経が刺激されてしまう

42度以上の熱いお湯に浸かると交感神経が刺激され、興奮状態になってしまいます。そのため、筋肉の緊張や血圧の上昇などが起こります。少しぬるめのお湯ならば副交感神経が優位になり、リラックスすることができます。

すぐに水気を取る

風呂から上がったら乾いたタオルでしっかりと水気を取りましょう。水分は体から体温を奪います。いち早く水気を取ったら髪もドライヤーでしっかりと乾かしましょう。髪の毛は乾かすのに時間がかかるため、風邪のときには頭を洗わないというのも良いかもしれません。いつまでも体が濡れているのは風邪を悪化させる元です。

風邪を引いたときのお風呂の注意点とは

風邪をひいたときのお風呂は、出たあとも最新の注意が必要です。

水分補給を欠かさずに

お風呂に入ることで血行がよくなり発汗が促されますが、お風呂に入ることで500ml程度の水分が汗として出ていってしまいます。お風呂上がりにお水を飲む人は多いですが、できればお風呂上がりだけでなくお風呂に入る前にもコップ1杯分程度の水を飲んでおきましょう。寝ている間にまた汗をかくことを考えても、しっかりと水分補給をしておくことが大切です。

風邪を引いたときの水分は

風邪を引いたときにどのような形で水分補給をすればよいでしょうか?熱があるので冷たい水が欲しいと思うかもしれませんが、冷たい水は弱った内臓に刺激が強すぎるため、避けた方がよいでしょう。常温に戻した水か、白湯などがお腹に優しいでしょう。あたたかいお湯やお茶などは体を中から温めてくれます。また、スポーツドリンクや経口補水液によってミネラル類を補給するのも良いでしょう。ただしスポーツドリンクは糖分が入っているため、飲み過ぎしないように気をつけましょう。コーヒーなどカフェインの含まれる飲み物は胃腸に刺激が強かったり、眠れなくなったりということがあるので気をつけてください。

いっぺんに飲みすぎないようにする

体調が悪い時には一度に多くの水を飲みすぎないように気をつけましょう。風邪を引いたときは全身の働きが鈍くなっていることが考えられます。一度に多くの水を飲むことで胃腸への刺激となり、嘔吐などを引き起こす場合もあります。

湯冷めに注意する

風呂上がりにすばやく水分を拭き取ったあと、体が温まっているからという理由で暖かい部屋の中でのんびり過ごしてしまう人もいるかもしれません。ですが、水気を取って服を着たらすぐに布団に入りましょう。できれば布団も温めておくことができればベストです。体が温まっているからと言って油断をしないようにしましょう。

高熱などの場合は避けるべき

風邪を引いている場合、症状や体温によっては入浴を避けた方がよいという場合もあります。平熱+1度程度の微熱であれば入浴をしても問題ありませんが、38度を超えるような高熱の場合や、寒気、だるさ、吐き気、腹痛や下痢などの症状がある場合には体力が相当落ちている事が考えられます。この場合、お風呂に入ることでさらに体力が奪われ、症状が悪化してしまうということが考えられます。そのため、お風呂に入るのを避けておいた方が良いでしょう。

風邪をひいたときは無理をせずにしっかり栄養をとって休息を!

風邪をひいたときにお風呂に入ることは問題ありません。自分の体調と相談し、お風呂に入れそうだと思ったらゆっくりと温まり、風呂上がりには湯冷めをしないように気をつけましょう。もちろん、無理にお風呂に入ることもありません。体調が悪い時には無理をせず、しっかりと栄養と水分を取って、よく睡眠を取ることが何より大切です。

 

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-健康
-, , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.