ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

更年期障害

男性も?!更年期障害の実態とは?あなたは大丈夫?自己チェックの結果は?

更新日:

女性だけでなく男性にも起こる更年期障害

AdobeStock_49781224

更年期障害というと、今までは女性が歳をとってからなる疾患というイメージが強かったのではないでしょうか。もしくは、今でもそうなのかもしれません。しかし近年では、男性の更年期障害も注目を集めています。男性でも女性と同じように更年期障害の症状として身体的な症状や精神的な症状が出るということです。

そんな男性の更年期障害とはどのようなものなのでしょうか。男性の更年期障害の原因などの病態や治療などについて紹介していきます。

 

原因は女性と同じでホルモンバランス

女性の更年期障害は、定期的に起こっていた月経が閉経によってなくなることによるホルモンバランスの乱れが原因とされています。閉経の前後は閉経周辺期とされ、この間にホルモンのバランスがそれまでと変化することによって身体面や精神面で様々な症状が出るというものです。閉経して身体が現状のホルモンバランスに慣れることで症状は治まっていくとされています。ホルモンバランスの乱れによる症状は人によって個人差があり、急激なバランスの変化に身体がついていけない場合には症状も強くでるということです。ほとんど症状を感じることなく経過していく人もいるとされています。

 

一方で、男性の更年期障害の場合も同じようにホルモンのバランスが関係しているとされています。男性ホルモンであるテストステロンというホルモンの影響によるもののようです。男性ホルモンの減少と言うと性機能に関わることや、男性の勃起不全などの障害をイメージする人が多いでしょう。しかし、男性ホルモンはこれらだけでなく精神的な部分にも影響を及ぼすことや、筋肉などのはたらきにも関与しているとされています。

 

男性の更年期障害の症状としては女性と同じく身体的な面と精神的な面の両方に起こることに加えて、性機能の症状も起こります。

身体的な症状としては、テストステロンは筋肉や骨をつくる作用をもっているために筋肉量の低下に伴う筋力低下が挙げられます。筋力の低下に伴う症状としては疲れやすくなることも挙げられています。そして筋肉のはたらきと関連して内臓脂肪の蓄積にもつながるようです。その他には女性の更年期障害と共通しますが、ほてりや汗をよくかくといった症状、そしてめまいも起こるとされています。

 

精神的な症状としては、これも女性の更年期障害と共通でイライラしやすくなったりうつ状態に陥ることがあるとされています。実はテストステロンには抗うつ剤と同じ作用があるとされ、一酸化窒素を作り出すはたらきやストレスの軽減効果があるようです。一酸化窒素が少なくなるとイライラしやすくなると言われています。またテストステロンには悪い情動や記憶を抑えるはたらきがあるとされていますが、テストステロンの減少によりこれらの感情が沸きやすくなりうつ状態になってしまうということです。

テストステロンにはもう1つ、睡眠を深くするというはたらきもあるとされ、減少によって睡眠の質が下がってしまうようです。

 

性の症状としては、勃起に問題が生じるEDなどが挙げられています。これらの問題は特に支障がないと軽視されることも多いですが、実はそうでもないということです。正常に勃起が起こるには、細胞や血管の内側の状態が健康に保たれている必要があるとされています。細胞の健康や血管の内側がきれいに保たれるには、上記の一酸化窒素が必要でテストステロンのはたらきが重要ということです。これは生殖器だけでなく全身の血管にも反映されているとされ、勃起不全は全身の細胞や血管の健康状態が悪いというサインかもしれないのです。

陰茎の血管の直径は1~2mm、心臓周囲の血管の直径は3~4mm、脳の血管の直径は5~6mmとされ、細い血管から影響を受けていくということを考えれば勃起不全は心臓や脳の血管系の疾患の前兆とも言えるということです。

 

 

男性ホルモン低下のリスクとチェックリスト

AdobeStock_96013128

テストステロンが減少してしまうことで起こる症状について、身体的な面の症状と精神的な面の症状、そして性の症状をみてきました。テストステロンの分泌が減ってこれらの症状が出ることを、正確には性腺機能低下症と言います。このテストステロンの分泌低下が、何らかの疾患というわけではなく加齢によるものの場合には加齢男性性腺機能低下症候群というようです。LOH症候群と略されることもあります。Late-onset hypogonadismの頭文字です。

このテストステロンの分泌低下の一番のリスクは既にみてきた心臓や脳の血管系の疾患です。加齢によって筋肉は減っていきますが、テストステロンの分泌低下によりさらに内臓脂肪の増加や高血圧などの引き金になってしまいます。生活習慣病のリスクもあるということです。これらのことからつながって動脈硬化などが起こり、心筋梗塞や脳梗塞につながっていくということです。もちろん上述した血管の内側の状態も関連しています。

また、男性の更年期障害の特徴としてはっきりとした基準点がないということです。女性であれば、個人差こそありますが閉経の前後という決まった基準点があります。しかし男性の場合にはいつ始まっているのかがはっきりせず、更年期障害とわからずに苦しんでいる場合もあるということです。そして女性の場合は閉経後の身体の状態に慣れれば症状が落ち着くとされていますが、男性の場合は持続して男性ホルモンが減っていく場合が多く自然に治まることは少ないようです。できるだけ早い段階で受診しておくことが奨められています。

男性の更年期障害のチェックリストを挙げるので参考にしてみてください。

 

・40歳前後である
・日々ストレスを感じている
・うつ状態がみられるときがある
・疲れやだるさを感じやすい
・関節や筋肉が痛むことが多い
・筋力が低下したことを感じる
・メタボリックシンドロームである
・EDである
・頻尿である
・動悸を感じることが増えた
・顔などのほてりを感じることが増えた
・集中力が続かないことが増えた

 

いかがでしたか?半数以上当てはまる場合には一度病院で検査を受けた方が良いようです。当てはまる項目が多いほど更年期障害だけでなく他の疾患の可能性もあります。

では次は、更年期障害の治療についてみていきましょう。

 

男性更年期障害の治療

男性の更年期障害の治療としては、女性と同じでホルモンの補充療法が多いようです。テストステロンの補充によって症状は軽減するとされていますが、前立腺疾患がある場合には使えず、肝機能障害や痒みなどのアレルギー症状を起こす場合もあるようです。

 

女性と共通していることでもありますが、男性の場合にも生活習慣の見直しで症状が改善する場合があるようです。食事や運動に気を付けることで生活習慣病をコントロールし、睡眠やストレスの解消などしっかりすることで改善が期待できるようです。生活習慣とホルモンのバランスは密接に関連しているので、睡眠を改善しただけで症状が良くなったという例もあるとされています。

 

生活習慣を整えることでホルモンバランスも改善させよう

AdobeStock_47576285

男性の更年期障害の原因などの病態や治療などについて紹介してきましたがいかがでしたか?男性の更年期障害の場合は閉経などのはっきりとしたものがない分わかりづらいとされていますが、大きな原因の2つである生活習慣病などに気を付けることとストレスにうまく対処することで改善できるともされています。

食事・運動・睡眠などをしっかり整えることでホルモンバランスも改善させ、症状に悩まされることのない生活を送っていきたいものですね。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-更年期障害
-,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.