朝起きれない

朝食を食べるメリット・デメリット!朝ごはんは食べないと損!?

更新日:

朝食は、子供の頃から当たり前のようにとっている人もいれば、食べない習慣がついているという人もいると思います。

あまり深く考えることはないであろう朝食の有無ですが、実は重要な役割を担っているんです。

 

今回は、朝食をとることによるメリットや抜くデメリットなどについて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

朝食は1日の始まり

adobestock_16590221

朝起きたら、カーテンを開けて太陽の光を浴びて、朝ごはんを食べる。

そこから一日が始まると言っても過言ではありません。

大人になってからはつい朝食は抜くようになったという人も、子供の頃は当たり前のように食べていたのではないでしょうか?

 

基本的に食事をするタイミングは朝・昼・晩の3回とされているので、この3回を2回に減らしてしまうのは非常にもったいないです。

 

1日を健康的に過ごすためには都度食事からエネルギーや栄養を摂取することが必要不可欠なのです。

お腹がすいていては、最高のパフォーマンスを発揮するのは難しいですよね。

朝食を食べるメリット

adobestock_44174481

朝食をとることによって得られるメリットはたくさんあります。

普段朝食は食べないという人も、メリットを理解しておけば積極的に食べたくなるかもしれません。

頭・体が目覚める

朝食をとると、頭の働きが活発になります。

食べるときに咀嚼するのと、脳にブドウ糖を送り届けることによって頭がシャキッとします。

また、栄養バランスを考えたメニューをとることで体に必要なたんぱく質などの栄養素を摂り入れることができるので、寝起きモードだった体もばっちり目覚めることができるでしょう。

 

頭と体をきちんと起こしてあげることで集中力もアップするようになり、仕事や勉強がはかどるようになります。

イライラしたり、ボーっとしたりすることも少なくなりますよ。

便秘解消

便秘解消や予防には、毎日なるべく決まった時間に食事をすることが効果的です。

朝起きてすぐは胃腸の活動量が少なくなっているので、朝食をとることにより胃腸の活性化を促すことができます。

もちろん、食べるものは便秘に良いものを選ぶと良いでしょう。

美肌効果

朝食を抜いてあとの2食だけで栄養バランスを考えても、なかなか難しいところがあると思います。

1日の始まりとなる朝からしっかりと、タンパク質やビタミンミネラルを補給することで、美肌効果にもなります。

肌は意外にも簡単に荒れてしまうので、朝食を食べることでそのリスクをある程度減らすことができますよ。

代謝アップ

ダイエット中だから、などと言って朝食を抜く人も多いかもしれませんが、朝食をとると体温が上昇するため、代謝がアップします

その結果、脂肪燃焼率が上昇し痩せやすい体をつくることができます。

 

朝食を食べないデメリット

adobestock_80767073

朝食を抜くことによるデメリットをご紹介します。

集中力や記憶力の低下

朝食を抜いてしまうと、脳に十分なブドウ糖が供給されず、朝食をとったときと比べると脳の働きが弱くなります。

実際に、朝食を抜いた場合には集中力や記憶力が低下したというデータもあります。

 

朝一の仕事や勉強で、実感したことがある人も多いのではないでしょうか?

生活習慣病のリスクが高くなる

朝食を抜くと、糖尿病心臓病肥満などの生活習慣病が発症するリスクが高くなることが明らかになっています。

 

朝食をとると脂肪燃焼効果にも期待ができるため、積極的に朝食をとるとこのリスクを低く抑えることができます。

太りやすい体質になる

朝食を抜いてしまうということは、前日の夜ご飯から次にご飯を食べるまでの時間が非常に多くあいてしまうことになります。

このときの体は軽い飢餓状態になっているため、お昼や夜に食事をしたときによりたくさんの脂肪を取り込もうとし、太りやすい体になってしまいます。

血圧が上昇する

朝食を抜くと、空腹によるストレスなどが影響し血圧が上昇することが明らかになっています。

高血圧になると脳卒中や脳出血のリスクも高まるので、そのような病気を避けたい場合には朝食をとるようにするのが賢明です。

朝食を食べるときの注意点

adobestock_119154404

朝食はただ食べればいいというわけではなく、いくつか注意点やコツがありますのでご紹介します。

ごはん食を食べる

「朝ごはんはパン派!」という人もいるかもしれませんが、パンよりもごはんを主食とした朝食をとるとより腹持ちがよくなり、お昼までの間に余計な間食をしたりすることもなくなります。

 

間食は肥満の元ですので、ダイエットをしている人はパンよりもごはんを食べるようにすると良いかもしれません。

家でなくてもOK

朝食は、なにも家で食べなければいけないものではありません。

どうしても時間がなかったり作るのが面倒という場合には、通勤途中のお店で食べたり、コンビニで買って会社のデスクで食べたりするのも良いでしょう。

 

とにかく胃にごはんを入れれば、その後の作業効率も格段にアップしますよ。

胃もたれをしているときは無理して食べない

前日の食事で無理をして食べ過ぎてしまったりすると、朝起きて胃もたれを感じていることもあるかと思います。

そんなときには無理して朝食をとると、胃もたれが悪化して体調が悪くなってしまうこともあります。

そのため、不調を感じているときには朝食を控えるようにするのも賢明な判断と言えるでしょう。

また、朝から脂っこいものなどを食べるのも胃もたれの原因となりますので注意が必要です。

朝食の時間は昼食から逆算する

朝食は、およそ3時間で消化するとされています。

その後は徐々にブドウ糖の濃度が低下してしまいますので、次に食べるご飯の時間から逆算したタイミングに食べるようにするのがベストです。

例えば、昼食が12時だとしたら遅くとも9時までには朝食をとるようにするのが理想的です。

ごはん食であれば血糖値の上昇も緩やかなので、特におすすめです。

 

朝食におすすめの食材

adobestock_88061621

朝食に何を食べたら良いかわからない…という方のために、おすすめの食材をご紹介します。

目玉焼きや卵焼きなど豊富な調理法があることから朝食にも取り入れやすい卵ですが、使いやすいだけでなくたんぱく質やビタミンなどの栄養も豊富なので、朝食で食べるのにおすすめの食材です。

空腹感を感じにくくなるというメリットもあるので、積極的にメニューに取り入れてみてください。

グレープフルーツ

グレープフルーツの柑橘系の香りは、シャキッと目を覚まさせてくれるだけでなく食欲を減退させる効果があるとされています。

うまく取り入れれば、ダイエットにも効果的ですね。

バナナ

朝バナナダイエットといって一時期話題を集めていたバナナ。

食べやすい形状なので、時間がないときにもさっと食べることができますよね。

バナナの糖質はゆっくり消化されるため腹持ちが良いのと、豊富なミネラルを含んでいることから朝食にも向いていると言われています。

ほうれん草

ほうれん草には、アミノ酸ビタミンBが豊富に含まれています。

これらは脳の働きを活発にさせてくれる栄養素なので、作業効率アップにも繋がります。

まとめ

adobestock_63436454

いかがでしたでしょうか?

 

朝食の摂取についてはどうしても軽視しがちかもしれませんが、実は食べることによって得られるメリットはたくさんあります。

集中力・記憶力のアップだけでなく、便秘解消効果など、一見意外なものもあるかもしれません。

逆に朝食を抜いてしまうと様々なデメリットもありますので、これまで朝食をとる習慣がなかったという人も意識して朝食をとるようにしてみてはいかがでしょうか。

食べる食材や、タイミングに気を使ってみると朝食のメリットを最大限得ることができるのでおすすめですよ。

 

朝起きられない人はこちらがおすすめ

キリツテインの口コミまとめ│本当に効果があるの?成分は何?

医学論文に掲載されたことで話題の辛い朝を解消するサプリメント、「キリツテイン」。 「子供が学校を休まなくなった」「元気に ...

よく読まれてる人気記事

【メンズ向け】モテる男は匂わない!おすすめ人気ボディソープランキング

最近では、メンズ専用のボディソープが多く売られていますが、 「ボディソープっていっても結局はどれも一緒でしょ?」 と思う ...

【今からでも遅くない】小じわは消せる!乾燥肌の原因・徹底保湿対策

このページでは、気になる小じわ対策についてまとめています。小じわの原因やその原因のもととなる乾燥肌を改善する保湿対策。 ...

【妊活に効果ある?!】ミトコア300mgを実際に使った私の口コミ!

妊活に効果のあるサプリとして噂のミトコア300mg! 不妊症に悩む方に評判の高いサプリメントとして、雑誌やネットでよく取 ...

【スリミングジェル効果ランキング】口コミで人気の高いものを集めました

スリミングジェルは、自分で気になる部分に塗ってマッサージすることで部分的に痩せられるジェル。 スリミングジェルは、エステ ...

レジーナクリニックの口コミまとめ(銀座・渋谷・青山・大阪梅田・博多天神)

このページでは、最近の脱毛業界でもっとも注目されている医療永久脱毛のレジーナクリニックについてまとめたページです。 &n ...

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-朝起きれない
-

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.