ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育児

5~6ヶ月子供の育児【お世話ポイント注意点】離乳食、歯磨きは?

更新日:

5~6ヶ月の子供になると、離乳食が始まったり寝返りが出来るようになったりという成長が見られます。今まで寝ているだけの赤ちゃんが動くようになり、ママはますます目が離せなくなるでしょう。泣き方にも変化が出て、癇癪を起こすこともあります。そんな5~6ヶ月の子供のお世話についての知識を深めましょう。

 

5~6ヶ月の成長はこのくらい!

adobestock_73369546

手足がしっかりとして力が強くなり、手先の動きが器用になってきます。食事の所には、母乳とミルクしか書いてありませんが、そろそろ離乳食が始める時期です。赤ちゃんの様子を見ながら、ゆっくりとしたペースで離乳食を進めてみましょう。

 

男の子 女の子
身長 61.9~72.1cm 60.1~70.4cm
体重 6.1~9.57kg 5.74~9.05kg
食事 母乳は1日8回から12回、ミルクは200~220mlを1日5回与える。
睡眠 1日14時間寝ますが、1~2時間のお昼寝を1日2回します。

 

5~6ヶ月の子の特徴

adobestock_100948063

5~6ヶ月になると、かなり動きが活発になり、今までできなかったことが出来るようになります。親が目を離した隙に赤ちゃん自身でどこかに移動してしまう可能性があり、ますます危険に注意しながらお世話をしなければなりません。そんな5~6ヶ月の子供の特徴について知っておきましょう。

 

寝返り

一般的には6ヶ月までに出来るようになる寝返りですが、早い子では4ヶ月のうちに出来る子もいます。子供の成長度合いは様々ですので、5~6ヶ月で寝返りが出来なくとも心配する必要はありません。赤ちゃんの身体を少し支えて仰向けの状態から下半身をひねってやり、優しく寝返りを促してみるのも良い方法です。

 

寝返りによる事故に注意

寝返りが出来るようになると、自分でどんどん動くようになるため、家の中であっても事故に注意しなければなりません。オモチャや小さいものを飲み込んでしまったり、転んで頭を打ったりしないように、早めに家の中の対策をとっておきましょう。また、支えてあげるとおすわりができるようになるのもこの時期です。

 

人見知り

毎日会っているパパやママ以外の人の顔を見た途端、泣き出す赤ちゃんも出て来る頃です。人見知りは、親の顔とそれ以外の人の顔を認識出来るようになったということです。急に他の人の顔を見て泣いたら、赤ちゃんが成長している証拠ですので、優しくなだめてあげましょう。

 

よだれが増える

気がつくと、オモチャや洋服がよだれでビシャビシャに濡れていることが多くなります。5~6ヶ月になると、消化機能がかなり完成してきます。よだれが多く感じるのも、消化機能が発達してきた影響によるものです。よだれはそのままにしておくと、口の周りが赤くなったり痒くなったりしてしまいますので、気がついたらこまめに拭いてあげましょう。

 

病気にかかりやすくなる

初乳といって出産後しばらく出る黄色いドロリとした母乳には、赤ちゃんを守るための免疫物質が沢山含まれています。今までは、その初乳に含まれた免疫物質が赤ちゃんを守ってくれていましたが、6ヶ月頃になると、母親由来の免疫物質の力が落ちてきてしまいますですので、今までと違って急に熱を出したり、発疹がでてしまう子が多くなります。

 

体温を測ろう

赤ちゃんの様子が何かおかしいと感じたら、まずは熱を測ってみましょう。熱があっても、元気で食欲があるなら自宅で様子を見て構いません。しかし、顔色が悪くて白っぽかったり、ぐったりしているようであればすぐに医師の診察を受けましょう。普段との違いをハッキリさせるためにも、日頃から毎日赤ちゃんの体温を測っておくのがおすすめです。

 

離乳食を始めよう

adobestock_89663131

5~6ヶ月になったら、そろそろ離乳食をスタートさせましょう。母乳をしっかり飲んでいても、それだけでは栄養不足になってしまいます。足らない栄養素は、母乳以外の食品から摂る必要があります。しかし、産まれてかららずっとミルクや母乳を飲んできた赤ちゃんにとって、急に何かを食べるというのはとても大変です。物を噛んだり飲み込んだりする力や、消化する力は、すぐには身につきません。

 

離乳食を始めるときには

離乳食は、赤ちゃんの発達に合わせて、食べやすく消化しやすいように調理したものです。数ヶ月かけて離乳食を食べることで、赤ちゃんは大人と同じものを食べられるようになります。離乳食をスタートするときは、1日数回の授乳時間のうち、どれか1回分を離乳食に切り替えてみましょう。時間は何時でも構いませんが、朝早い時間や、夜遅い時間は避けてください。

 

離乳食は授乳の前に

ミルクや母乳の後で離乳食を与えると、お腹がいっぱいで食べてくれません。必ず授乳の前のお腹が空いている時に離乳食を与えてください離乳食を食べた後は、好きなだけミルクや母乳をあげましょう。

 

離乳食はいつから始めるの?

離乳食は、胃腸の消化機能が整う5~6ヶ月頃に始めるのが理想です。離乳食を開始する目安として、「よだれの量が増える」「何かをかむ」「親の食事に興味を示す」「一緒に口をもぐもぐさせる」などが挙げられます。もしも赤ちゃんの体調が悪かったら、良くなるまで待ちましょう。

 

機嫌が良く、健康状態に問題が無い時に始めるのもポイントになります。最初は1日小さじ1杯から始めて、少しづつ食べる量を増やしていきます。

 

離乳食の形状変化について

赤ちゃんの成長に合わせて、離乳食の形状も変化させましょう。5~6ヶ月は「ごっくん期」であり、まだ食べ物を噛んだり、舌を上手く動かして食べることが出来ません。飲み込みやすく、なめらかな状態のドロドロとした10倍がゆから始めていきます。

 

ごっくん期は、栄養を摂るという目的ではなく、離乳食に慣れるための時期です。少しずつ、スプーンやドロドロとした状態の食べ物を飲み込むことに慣れさせていきます。

 

赤ちゃんのペースで食べさせよう

せっかく作った離乳食を食べてくれない、という悩みを持つママは多いと思います。まずは、与えているものが冷たすぎないか、熱すぎないかどうかを確認しましょう。口当たりが悪いと嫌がる赤ちゃんが多いので、なめらかな状態になっているかどうかも確認します。

 

離乳食を嫌がる場合は

嫌がるようであれば、一度離乳食を中止しても構いません。しばらくして、赤ちゃんの機嫌が良い時にまた試してみるのも良いでしょう。赤ちゃんの様子を見ながら、ゆっくりと離乳食を進めて行きましょう。

 

歯のケアもしっかりと

adobestock_45946229

5~6ヶ月になると、歯が生えてくる子が多くなります。子供によっては、1歳近くまで生えてこない子もいるので、このあたりはかなり個人差があると理解しておきましょう。大体2歳頃までに全ての歯が生えそろいます。

 

歯が生えてきたときの赤ちゃんは

歯が生えてくると、赤ちゃんは歯茎を痒く感じるので、不機嫌になることが多いです。赤ちゃんが安心して噛める歯固めオモチャを与えると落ち着きます。授乳の後にガーゼを指に巻きつけて、歯茎全体をなでてあげると、赤ちゃんは気持ち良く感じるでしょう。

 

歯が生える順番

子供の歯は、最初は下の歯から生えてきます。下の前歯が2本、次に上の前歯が4本生えます。今度は下の前歯の両脇に2本、上下の奥歯が4本、上下の糸切り歯が4本、最後に上下の後ろの奥歯が生えてきます。

 

ハミガキをしよう

乳歯が虫歯になると、その後の永久歯にも悪影響を与えてしまいます。子供のうちから、しっかりとハミガキをする習慣を付けましょう。歯の数が上下合わせて6本から8本くらいになる1歳前後あたりになったら、子供用歯ブラシを使ってハミガキをします。

 

歯磨きペーストはまだいらない

この時期はまだ歯磨きペーストは不要です。2歳近くなり全ての歯が生えそろって、うがいもしっかり出来る状態になったら、歯磨きペーストを使って歯を磨きましょう。

 

親子で楽しく!

子供が楽しく歯磨きが出来るよう、親子で楽しくハミガキをしましょう。この時期は大人が歯磨きをしてあげます。子供自身がハミガキが出来るようになってからは、最初に子供自身でハミガキをさせたら、最後は必ず大人が仕上げ磨きを行います。歯ブラシは、1ヶ月に1回新しいものに交換してください。

 

5~6ヶ月の赤ちゃんはますます活発に!

adobestock_6255131

5~6ヶ月になると、様々なことが出来るようになります。消化機能が完成に近づき、離乳食が始められるようになりますし、寝返りが出来るようになって赤ちゃんの興味がますます広がります。赤ちゃんがベッドから落ちないような工夫をするなど、家の中が赤ちゃんにとって安全な場所かどうかチェックしてみましょう。自己主張をしたり、身体だけではなく心の面も成長が見られる時期です。親子のコミュニケーションをしっかりとって、子供の成長を見守りましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-育児
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.