ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

育児

子どもが生まれてからすぐに貯め始めよう!効率的な教育費の貯金法とは

投稿日:

お子さんがいる方の多くは教育費を貯めていらっしゃるかと思います。

しかし現代社会で働く人々の中にはなかなか教育費を貯めれないでいる方達もまた、多いのです。
そこで今回は教育費を貯金できている方達はどのようにしてそのお金を捻出しているのか、また一人のお子さんを育てる教育費がいくらかかるかなどをまとめてみましたのでご覧ください。

子育てにかかる一般的な教育費について

adobestock_64426463

まず一人のお子さんを育てるための教育費ですが、ここでは色々なパターンで考えてみました。

高校まで国公立で大学が私立の場合

まず最初に高校まで公立で大学から私立の場合の学費計算です。

東京等の大都市や首都圏などでは私立の方が学力が高いとされますが筆者が生まれた北海道など地方では公立の方が学力が高いとされる場合もあるので、このルートで進学する人は結構多いと思います。

学費:国公立幼稚園66万円+国公立小学校182万円+国公立中学校140万円+国公立高校118万円+私立大学学費390~520万円=896~1026万円

一般的に子どもを一人育てるには家が一軒建つ値段=約1000万円かかると言われていますが、その噂は本当だったようです。

更に私立大学の医学部に通った場合はこれにプラスして最大1500万円程かかる可能性もあるので、医療系に進みたい方は早くから頑張って効率や国立の大学を目指してもらった方がかなり家計には大助かりな計算になります。

更にこの学費計算は純粋な学費のみの金額で教科書代などの雑費や家賃、生活費などはもちろん含まれていません

高校から私立の場合

そして大学からでなく高校から私立に通う場合です。

この場合は高校と大学が一貫校になっている学校に受験で入る場合などですね。

学費:国公立幼稚園66万円+国公立小学校182万円+国公立中学校140万円+私立高校280万円+私立大学学費390~520万円=1058~1188万円

どうでしょうか、高校から私立に通っただけで先程の高校を国公立に通った場合とかなり学費に差が出てしまいます

これを踏まえてやはりできるだけ国公立の学校を目指してほしい所ですが、例えばお子さんが高校の音楽科など専門分野に通いたい場合は私立のみしか音楽科がない場合もあるので、お子さんの性格や趣向を見て先取りで教育費プランを立てて貯金していくのが賢明だと思います。

中学校から私立の場合

一方中学校から私立の場合は更に学費が高くなります

学費:国公立幼稚園66万円+国公立小学校182万円+私立中学校384万円+私立高校280万円+私立大学学費390~520万円=1302~1432万円

意外なのは私立高校より私立中学の方が学費が高い傾向にある点ですが、それは中高一貫校の場合入学時にかかるお金などが高い所からきているのでしょう。

ここまでくると両親とも共働きだったりお金持ち、あるいはお子さんが一人しかいない場合などかなり裕福な家庭でなければ現状厳しいでしょう

しかし私立の学校は国公立より授業やカリキュラムがかなり充実している所が多いのもまた事実なので、中学から私立に通わせたいと考えている方はお子さんが生まれてすぐ教育費の貯金を始めましょう。

全部私立の場合

全部私立の学校に通った場合、全部国公立の学校に通った場合と一体どの位教育費に差が出るのか、ここで具体的に計算してみましょう。

全部国公立に通った場合の学費:国公立幼稚園学費66万円+国公立小学校学費182万円+国公立中学校学費140万円+国公立高校学費118万円+国公立大学学費205万円=711万円

全部私立に通った場合の学費:私立幼稚園学費161万円+私立小学校学費881万円+私立中学校学費384万円+私立高校学費276万円+私立大学学費390~520万円=2047~2177万円

全部国公立の学校に通った場合と全部私立の学校に通った場合の教育費の差は何と3倍もの違いが出る事がわかりました

いや~私立の学校の教育費が高いのは知っていましたがここまでとは!?

更に医療系や音楽系など専門要素が高くなるにつれて教育費が高くなる傾向になります。

いずれにせよ早め早めの対策に出る事が重要ポイントとなってきます。

では、教育費の貯金は一体いつ頃から始めれば良いのでしょうか?

教育費の貯金はいつから始めるのか

adobestock_85636124

教育費の貯金の開始時期ですが、各家庭により差があります。

しかし先ほど具体的に教育費について計算してきましたが、教育費の予算が大きいほどお子さんの選択できる進路の幅が広がるのは確かです。

となると早め早めで行動していった方が教育費もよりたくさんたまり、直前になって困ったりトラブルがあっても先にお金を貯めておけば大方難なくクリアできるでしょう。

そこでお子さんが生まれたらすぐ教育費の貯金を始めれるようにしましょう

お子さんを妊娠中は出産費用や生まれてから育児用品を買うお金などを捻出しないといけないのでまだ学費までは考えなくても良いですが、2人目の子どもの出産時などは育児用品はお方揃っているでしょうし余裕があれば妊娠中から教育費の貯金をしても良いかもしれませんね。

子ども2人希望の筆者宅の例

ここで海外在住の筆者宅の例を挙げます。

まず筆者と主人の間には1歳を迎えた息子がいますが、もう一人子どもが欲しいので2人で学費を計算してみようと思います。

まず1人目の教育費貯金計画は2016年10月に開始し(つまり1歳から)、月2万を15歳まで貯めた場合336万円、それに3歳から日本に移住した場合は児童手当15000円×12ヶ月×12年間=216万円をプラスすると552万円、更に月3万円貯金できた場合は720万円になります。

今は来年夏に家族旅行をする予定でそのお金も同時に貯めているのでとりあえず息子の教育費は月2万ですが、今後家計に余裕ができ次第すぐに3万にする予定です。

またここに息子のお年玉など臨時収入は入っていないので、それらも手を付けないで教育費にまわすかできれば息子が大きくなった時に渡せればと思っています。

更に2人目の教育費は1歳から日本に移住した場合、月2万を15歳まで貯めた場合336万円、それに1歳から15歳までの児童手当15000円×12か月×14年間=270万円をプラスすると654万円になり、1人目の息子との差は日本移住が早ければその分児童手当を多く貯めれる計算になります(筆者が今住んでいる国でも児童手当は貰っていますが、それを貯金に回さない計算で考えた場合です)。

つまし2人合計で月額それぞれ2万円貯金した場合でも教育費はおおよそ1200万円貯まる計算になります

この具体的な金額を見ると一般的にいわれている子ども一人の教育費1000万円に近いので意外と何とかなりそうだという気がしてきて頑張れますよね!

問題はこれらの金額を一体毎月どうやって家計から捻出していくかです。

オススメ貯金方法まとめ

adobestock_84471005

日々真面目に働いていても貯金が出来ない!という方は生活の仕方や家計のやりくりに問題があります

忙しいから貯金について考えられないという方も多いと思いますが、必要な時間は作るようにしないと後でしまった!?と思った時にはもう遅いですよ。

ここではそうならないためにオススメの貯金方法について説明していきます。

筆者的オススメ貯金法

①先取り貯金

これは上手に貯金が出来ている殆どの方が実施している貯金方法です。お給料が入ったその日または次の日に貯金口座に一定の金額を振り込んでしまう方法です。先にお給料が減ると残った金額でやりくりしていこうという気持ちにできるので、いわゆる心理戦ですね!

②小銭貯金

これはものすごく簡単で、かつモチベーションをあげれる貯金法です。500円玉貯金、100円玉貯金など硬貨別で貯金するのも良いですがそれ以外の小銭はまとめて貯金箱に入れ、毎月口座に入金する様にすると具体的な数字が見えるのでなお貯金への意欲がわきます

③ポイントサイト貯金

最近OLやサラリーマンの副業として人気のポイントサイトですが、頑張ってためたポイントを現金に換える事が出来るのでその現金をそのまま手を付けないで貯金しましょう。ポイントサイト専用の口座を作ると換金した後そのまま貯金できるので楽ですよ!

④定期預金

貯金用の口座を作ってもお金をおろしてしまう、という方に崩せない口座をつくる事をおススメします。最近では色々な銀行がキャンペーンなどを行っているので自分に合った銀行をじっくり吟味しましょう。

⑤用途別に口座を作る

この方法はやや初歩的だと思われがちですが、意外と口座をわけたりするのに時間を費やすので面倒くさがりだったり時間がない方には出来ない傾向にあります。しかし目的別に口座を持つと毎月の収入と支出がはっきりとわかるのでお金が貯まりやすくなりますよ!

まとめ

adobestock_16590424

如何でしたでしょうか?

貯金をする事であなたやあなたの家族の生活の5年後、10年後への安心感にもなりますしだいぶ生活に潤いが出てきます

もちろん切り詰めすぎるのは良くないのでたまにはご褒美に外食をしたり好きなものを買ったりして程よく地道にコツコツ続けていきましょう。

あなたが頑張ってためたその教育費であなたのお子さんが好きな方面にすすめ、ご活躍されます事を祈ります。

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部

ランクラボ編集部

ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-育児
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.