今悩んでいるお肌の乾燥は、もしかしたらセラミド不足が原因かもしれません。そんな人には、セラミド美容液がおすすめ!肌を乾燥から守り、お肌の状態を健康に保ってくれるセラミドは、美肌作りには欠かせない成分なのです。セラミドが不足してしまうと、乾燥以外にも様々な肌トラブルが発生してしまう原因に。潤いたっぷりの理想のお肌になるために、セラミド美容液の選び方や効果について知っておきましょう。

セラミドって何?

美肌になりたい人なら絶対に知っておきたい「セラミド」。セラミドの働きや、不足によって起こる症状について見てみましょう。

セラミドとは

私達の皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という層で成り立っています。表皮は更に、角層(角質層)、顆粒層、有棘層、基底層に分かれており、表皮の一番外側にある角層は、様々な外部刺激から肌を守る重要な働きをしています。セラミドが存在しているのは、この角層の細胞間脂質です。角層を構成する細胞と細胞の間を埋め、しっかりと固定する働きをするのが細胞間脂質で、セラミドは細胞間脂質の50%以上を占める重要な成分なのです。セラミドによって、肌は水分を保持し、外部刺激から身体を守ることができるのです。

セラミドが減るとどうなるの?

セラミドが減ると、角層の細胞同士が密着できず、細胞と細胞の間に隙間が生まれてしまいます。その隙間から水分が蒸発して肌の潤いが失われると乾燥肌の原因になりますし、隙間ができてバリア機能が低下した肌では、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまいます。このように、セラミドが減って外気から肌を守れなくなると、痒みや肌荒れなどの様々な肌トラブルが発生してしまうのです。

セラミドが減る原因は?

セラミドが減る原因の1つに、加齢があります。20歳をピークにして、セラミドは徐々に減少し、40歳で約半分ほどになってしまうのです。また、セラミドは肌細胞のターンオーバー時に作られる為、ストレスや睡眠不足などが原因で、ターンオーバーが乱れてしまうと、セラミドが減少してしまいます。顔の洗いすぎなどの間違ったスキンケアでもセラミドは減少してしまいます。

セラミドにはどんな効果があるの?

セラミド美容液を使うことで、どのような効果を期待することができるでしょうか?

水分を保持する効果

美容液で肌にセラミドを与えることで、高い保湿効果を得ることができます。細胞の隙間を細胞間脂質がきっちりと埋めることで、肌の水分が蒸発することを防ぎ、さらに乾燥した外気からも肌を守ります。水々しく、潤ったお肌にするために、セラミドは欠かせない成分なのです。

肌のバリア機能を高める効果

乾燥肌の人は、細胞と細胞の間に隙間ができているため、隙間から外気や紫外線によるダメージを受けたり、細菌やウイルスが侵入しやすい状態になっています。セラミドが充分に肌にあれば、細胞間の隙間が無くなるので、肌をしっかりと外部の刺激から守ることができます。セラミド美容液を使うことで肌のバリア機能が高まれば、肌荒れなどの様々な皮膚トラブルを予防したり、アトピー性皮膚炎の症状を改善することもできます。

ニキビ予防効果

肌が乾燥すると、古い角質が剥がれにくくなります。角質が剥がれずに溜まってしまうと、毛穴が詰まって皮脂が溜まり、皮脂内でアクネ菌が繁殖してニキビができてしまいます。セラミドを補うことで肌の乾燥を防げれば、角質が厚くなるのを防ぎ、ニキビの発生を予防することができます。

セラミド美容液の選び方

自分にぴったりのセラミド美容液を選ぶには、どのような点に気をつければ良いでしょうか?

セラミドには様々な種類がある

セラミドは、原材料によって様々な種類があります。植物から作られた「植物セラミド」や牛乳から作られた「ミルクセラミド」、石油から作られた「合成セラミド」などがあります。この中でも、酵母を使って作られた「ヒト型セラミド」は、より肌への刺激が少ないと言われています。低刺激のセラミドを使いたい場合は、「ヒト型セラミド」が配合してある美容液を選べば、より安心して使用することができるでしょう。

浸透力の強いセラミドを選ぼう

美容液の効果を実感するためにも、しっかりと成分を肌に浸透させたいですよね。しかし、セラミドはそのままでは皮膚に塗ってもなかなか奥まで浸透してくれません。ですので、セラミド美容液を選ぶ時には、浸透力がどのくらい強いのかをチェックするようにしましょう。セラミドをナノ化している美容液であれば、よりお肌に浸透しやすくなっているのでおすすめです。

セラミド配合量をチェックしよう

セラミドは高価な成分であるため、値段が安い美容液には少ししか配合されていないこともあります。必ず、セラミドがどのくらい配合されているのかを確認し、美容液の値段と、セラミドの配合量のバランスを良く考えながら選びましょう。

使用感をチェックしてから購入しよう

セラミドの浸透力や配合量も大事ですが、使用感も大切です。お肌に良い美容液を、毎日気持ち良く使いたいですよね。サンプルやテスターがあるのであれば、試しに使ってみてから購入を考えるのも良いでしょう。肌が乾燥している場合は、刺激を受けやすい状態になっているので、特に注意して選んでみましょう。

セラミド以外の配合成分にも注目しよう

セラミド美容液には、セラミド以外にも様々な成分を配合しているものがあります。保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲン、美容成分であるプラセンタやビタミンCなどを配合している美容液もあります。セラミドの保湿作用や美肌作用にプラスして、どのような効果が得られうのかも注目して選んでみましょう。

美容液以外でもセラミドを増やすことができる?

実は、セラミドは食品からも摂取することができるのです。美容液を使いながら食事でもセラミドを摂取することができれば、よりお肌の状態を改善することができますよ。

セラミドを増やす食べ物

セラミドは、こんにゃく芋や米、大豆、ブロッコリーなどに含まれています。色が黒い黒豆、ごぼう、蕎麦といった食材にもセラミドは多く含まれていますが、1日の必要量を全て食品から摂取しようとすると、かなりの量を食べなくてはいけません。全て食事で摂取するのではなく、美容液でお肌にセラミドを補充しつつ、食事でも積極的に摂取するようにしてみましょう。

セラミドの働きを助ける食べ物

トマトやニンジン、リンゴなどの抗酸化作用を持つ食べ物は、セラミドの働きを阻害してしまう活性酸素を除去し、セラミドの働きを助ける作用があります。また、玉ねぎやキャベツ、じゃがいもが持つ毛細血管の流れを改善する作用は、セラミドが作られるのを助ける効果もあります。ターンオーバーを正常化させるビタミンやミネラルをしっかり摂ることも、セラミドが作られるのを助ける為に必要です。カボチャなどの緑黄色野菜からビタミンAを、豚肉や大豆などからビタミンB群を、果物やブロッコリーなどからビタミンCを、ナッツ類やアボカドからビタミンEを摂りましょう。亜鉛を多く含む牡蠣や牛肉も積極的に摂るようにしましょう。

お肌の乾燥にストップ!セラミド美容液でお肌の潤いをキープしよう!

乾燥知らずの潤いお肌になりたいなら、セラミド美容液を日々のお手入れに加えてみましょう。セラミド美容液を使うだけではなく、今までの洗顔方法を見直したり、セラミドを増やすような食事を心がけるようにすると、より美肌効果を実感できるでしょう。セラミドに注目したお肌のケアで、乾燥やお肌のトラブルの悩みを解決しちゃいましょう!

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。