ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美肌

大人気のセラミド美容液の効果とは?選び方とおすすめ商品3選

更新日:

しっとりうるおうと話題のセラミド入り美容液ですが、セラミドって何?ということを聞かれるとわからない人が多いと思います。人気のセラミドとは何なのか、セラミド美容液の選び方やおすすめのセラミド美容液など、これを読めば全てがわかります!

セラミドとは?

セラミドとはもともと皮膚にも含まれている成分です。実際にどのような働きをしているのかを見ていきましょう。

セラミドは表皮に存在する

皮膚は表面に近い方から「表皮」「真皮」「皮下組織」と別れています。セラミドは表皮の中でもさらに皮膚表面に近い「角質層」に含まれているのです。角質層には「角質細胞」が並んでおり、角質細胞の間を埋めていくように「細胞間脂質」があります。セラミドは細胞間脂質の50%を占め、細胞間脂質の主成分としての役割を担っているのです。

セラミドの成り立ちは

皮膚の細胞は表皮の中の「基底層」で生まれ、上に上がってきます。もっとも皮膚表面に近い角質層に上がってくるときに細胞の核が落ちて死にます。この細胞死を「アポトーシス」と言いますが、この死んだ細胞によって角質層ができるのです。アポトーシスの際に細胞からセラミドが放出され、細胞間脂質となります。

セラミドの働きは

セラミドは肌の角質層で水分を保持してくれるという働きがあります。セラミドが水分を保持することで肌がしっかり保湿されます。肌が保湿されると角質の細胞と細胞の間がしっかりと目が詰まった状態になり、外部の刺激から肌を守ってくれる「バリア機能」ができます。逆に肌からセラミドが失われてしまうと、肌が乾燥してカサカサ肌になったり肌荒れを起こしたります。それだけではなく、バリア機能が下がってしまいます。老化した肌やアトピー性皮膚炎の人はセラミドが不足していると言われています。

年齢とともに減る

セラミドは年齢とともに減ることがわかっています。セラミドは20歳ごろを100%とすると、徐々に減っていき、40歳になると約半分まで減ります。また、加齢にプラスして毎日の洗顔やクレンジングを正しいやり方で行わないとセラミドを落とすことになってしまうのです。しっかり泡を立てずに洗顔することで肌に負担がかかり、角質層を削り落としてしまうことがあります。また、クレンジング剤は皮脂を溶かし落としてしまうため、脂質であるセラミドも落としてしまうのです。そのため、セラミド保護の観点から見ると非常に悪影響です。洗顔料はしっかり泡立ててこすらないように顔を洗い、クレンジング剤も低刺激のものを使うようにすると良いでしょう。

紫外線によっても減る

紫外線は日焼けをすることで知られていますが、日焼けするのは紫外線による強い刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成されるのが原因です。紫外線は洗濯物や布団などの殺菌ができるくらい非常に強い力を持った光です。紫外線を受けると、肌はダメージを受けます。そのダメージによって皮膚表面の細胞が剥がれおちます。するとまだ十分に成長していない細胞が角質細胞に上がってくることになり、十分なセラミドが生産されないことになるのです。

血行不良や体の冷えによっても減る

皮膚は新陳代謝を繰り返しています。皮膚の細胞が死んで剥がれ落ち、新しい細胞が生まれてくるサイクルのことを「ターンオーバー」と言います。ターンオーバーがうまくいっている肌は十分な水分を保持した健康な肌ですが、血行が悪くなるとターンオーバーがうまく行かなくなります。また、体が冷えることで血行が悪くなり、肌を始めとする体の各器官の働きが鈍ります。そのためターンオーバーもうまくいかなくなるのです。ターンオーバーがうまくいかなくなると、セラミドのできる量も十分ではなくなり、減少していくのです。

セラミドの持つ美肌効果とは?

セラミドが美肌に良いと言いますが、実際にはどのような美肌効果があるのでしょうか。

赤ちゃん肌になる!

セラミドは肌に水分を与える役割よりも、肌に水分を保持する能力を与えるという役割が大きいのです。赤ちゃんの肌はぷるぷるしていてみずみずしいですね。赤ちゃんの肌は人生の中でもセラミドの量が最も多い時期の肌なのです。逆にカサカサした肌はセラミドが不足しているために水分を保持できないという特徴があります。化粧水やクリーム、ジェルなどを使ってもなかなかしっとりしないという人はセラミド不足の可能性が高いです。

肌荒れ・乾燥肌・アトピー性皮膚炎の症状が改善される

セラミドを補給することによって水分をしっかりと保持できるようになるため、肌荒れや乾燥肌が改善されます。また、アトピー性皮膚炎の人の皮膚はセラミドが不足していることが知られていますので、セラミドを補給することで症状が改善されます。また、肌のかゆみも緩和されます。

肌のバリア機能がアップする

セラミドによって水分をしっかり保持できるようになることで、肌のバリア機能がアップします。具体的には、紫外線等の刺激から肌を守るようになったり、外部からのホコリやアレルゲンと言った者から肌を守ることができるようになったりします。肌が乾燥することでかゆみを感じやすくなり、かくことで炎症が起こります。また乾燥した肌では細菌なども入り込みやすくなります。そのため、湿疹などの皮膚疾患も起こりやすくなるのです。

セラミド入り美容液の選び方は

セラミド入りの美容液はどのような基準で選べばよいのか、ポイントをまとめておきましょう。

天然・ヒト型セラミドがベスト

セラミドは原料や生成法から「天然セラミド」「植物セラミド」「合成セラミド」「バイオセラミド(ヒト型セラミド)」という種類分けがあります。また、セラミド自体にも種類があり、セラミド1からセラミド7までナンバリングされています。その中でも「天然セラミド」あるいは「バイオセラミド」の含有しているものを選ぶと良いでしょう。天然セラミドは「ビオセラミド」あるいは「セレブロシド」と表記されており、セラミド1〜セラミド7までの全てを含んでいます。バイオセラミドはセラミド2・セラミド3と表記されています。

特にセラミド1・2・3・6配合が望ましい

最も保湿力の高いセラミドはセラミド2ですが、アトピー性皮膚炎や乾燥肌にはセラミド1・3・6が効果的だといわれていますので、セラミド1・2・3・6が入っているかどうかを確認してみると良いでしょう。

配合量をチェックする

配合量も重要なポイントです。成分表を見ると、配合量の多い成分から順に書かれていますので、最初から10個以内にセラミドが含まれていることを確認しましょう。また、価格が安すぎるものはセラミドの配合量が少ないことが考えられます。セラミドは高価格な成分であるため、量にもよりますが少なくとも1本3,000円以上はすることが多いです。

ヒアルロン酸など美容成分が入っているとさらに良い

セラミドに加えてヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分が含まれているとさらに良いです。出来るだけ欲張って選びましょう。

人気のセラミド美容液おすすめ3選

ネットでの評価が高いセラミド美容液の中から、特におすすめのものを3種類厳選してみました。購入する際の参考にしてみてくださいね。

小林製薬・ヒフミド

リフティングエッセンス(ハリ専用美容液):価格 7,344円(税込み) 内容量 30ml
エッセンスクリーム(美容クリーム):価格 6,480円(税込み) 内容量 40g

小林製薬の「ヒフミド」シリーズはクレンジング・洗顔ソープ・洗顔料・化粧水・乳液・美容液・美容クリーム・目元用美容液・日焼け止めと全ての製品に天然セラミドが含まれています。中でもハリ専用美容液の「リフティングエッセンス」は最も保湿力の高いセラミド2を配合しているほか、目元や頬のハリ感をアップさせるとネットでの評価も高い美容液です。また、美容クリームの「エッセンスクリーム」はセラミド1・2・3の3種類を含んでおり、しっとりすべすべとした感触になって乾燥知らずの肌になると評判です。

エトヴォス モイスチャライジングセラム

価格 4,000円(税抜き) 内容量 50ml

ETVOS(エトヴォス)のモイスチャライジングセラムはヒト型セラミドとしてセラミド1・2・3・5・6Ⅱの5種類を配合。さらにヒアルロン酸やアミノ酸などの天然の保湿成分も配合しているため、保湿力が非常に高い化粧水です。柔らかくキメの整ったしっとり肌になります。さらにシリコンや鉱物油、石油系の界面活性剤などを使用していない低刺激処方のため、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

アルージェ モイストトリートメントジェル

価格:1,800円(税抜き) 内容量:50ml

アルージェのモイストトリートメントジェルは1,800円と安価な、いわゆる「プチプラコスメ」です。ですが、鉱物油や界面活性剤などを使用していない低刺激な美容液で、天然セラミドであるビオセラミドを配合しています。ヒアルロン酸や抗酸化作用の強いビタミンEも配合されており、十分に使える1本であることは間違いありません。

セラミドを効果的に使って潤いたっぷりのぷるぷる肌に!

バシャバシャと保湿をしても、肌のセラミドの量が少なくなってしまっては、穴の空いた容器で水をくんでいるようなものです。しっかりとセラミドを補うことで、お肌に水分を保持する機能を取り戻し、潤いたっぷりのぷるぷるしっとり肌になりましょう。

 

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-美肌
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.