ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

キャビテーション

エステのキャビテーションとラジオ波はどっちがおすすめ?効果・費用徹底分析

更新日:

エステのキャビテーションにかかる費用とは?

キャビテーションは、エステサロンや美容外科などで行われる痩身方法の一種です。「メスを使わない脂肪吸引」などと称されることもありますが、脂肪吸引と異なって、メスを身体に入れる必要もないのです。

よって術後のクールダウンの時間も不要で、身体へのダメージもほぼ皆無といえるのです。日本だけでなく海外でも大変人気が高くなってきている痩身方法です。

メスを使わないでどうやって体脂肪を減らせるのか疑問に感じる方もいるでしょう。

キャビテーションは、自分が痩せたいと希望する部位に超音波をあてて、体脂肪を分解して乳化させ、乳化させた体脂肪を身体の外に排出させるため、メスは一切不要なのです。

安全性もとても高く、痛みを感じずに施術できるので、安心して受けることができます。しかし、施術の際に痛みを感じることがなく理想の体型に変われるといっても、費用面が心配な方も多いでしょう。

ですから、キャビテーションにかかる費用についてご説明いたしましょう。

キャビテーションは、エステサロンや美容外科などで行います。保険診療にはなりませんから、当然ですが全額自己負担です。自由診療ですから、どのサロンや美容外科にかかるかによって、キャビテーションを実施するための費用が変わってくるのです。たいていは、1回につき2万円から5万円程度となります。

また、キャビテーションは1回ではそれほどの効果が上がらないので、5回前後通うことになるでしょう。結局、合計で約10万円から25万円のお金が必要だということになります。

サロンによっては、セット割引やキャンペーン特価になっている場合もあるので、いくらか安く受けられるかも知れません。エステサロンのホームページなどを事前に確認して、キャンペーン情報を手に入れたり、サロンごとの費用総額を比較すると良いでしょう。

お試しコースを利用することで、お得に施術できる場合もありますよ。充分に下調べしてから施術すると、予算がずいぶん変わってくることもあるかも知れませんね。

エステのキャビテーションの長所と短所とは?

キャビテーションというのは、エステサロンで行っている痩身方法のひとつです。

自分が痩せたいと望む場所に超音波をあてて、体脂肪を分解して乳化させ、乳化された体脂肪を体外へ排出させる方法です。このようにして、効率良く痩せることができるのです。

近年、キャビティーションの人気はうなぎ登りです。もの凄い人気になるには理由があって、キャビテーションにはたくさんのメリットがあるからです。しかし、メリットがあればデメリットもあります。

キャビテーションの長所と短所についてそれぞれご説明していきましょう。まずは、キャビテーションの長所についてです。

1.施術で痛みを感じない
キャビテーションでは、自分が希望する痩せたい場所に超音波をあてていくだけなので、痛みを感じることがないのです。痛みの心配をすることがないので、安心して施術できます。

2.メスが不要
美容外科などで行う脂肪吸引とは異なり、身体にメスを入れることがありません。クールダウンする時間も不要ですし、身体へのダメージがほとんどありません。

3.希望する場所だけが痩せられる
キャビテーションでは、自分が希望する痩せたい場所だけに超音波をあてていきます。それ以外の部分が必要以上に痩せてしまうこともありません。痩せたいところだけスッキリできます。

4.リバウンドしにくい
キャビテーションを行うと、脂肪細胞自体の数を減少させる可能性が高いです。脂肪細胞が減るので、ほかのダイエット法と比較してリバウンドしにくいといえるのです。

5.セルライトの除去が可能
キャビテーションは、体脂肪を攻撃するだけでなく、セルライトも一緒に取り除くことが可能です。嫌なセルライトがスッキリして、きれいな肌と身体が1度に手に入ります。長所は以上になります。

次は短所について述べてみます。

1.何回か通わなければいけない
キャビテーションは、1回の施術で完全に痩身できるわけではありません。個人差はありますが、何回か通うことで高い効果が出るようになります。

2.費用面がそれなりにかかる
キャビテーションは何回かエステサロンに通わなければいけません。どこのサロンに通うかや個人差などによって、施術に必要な回数も異なってきますが、1回だけで終了するところはほとんどありません。サロンに通う回数によっては、それなりに費用がかかってきます。

以上、メリットとデメリットについて述べましたが、短所を上回る充分な長所があるので、これほどまでに人気になっているのがうかがえるでしょう。

エステのキャビテーションの安全性について

AdobeStock_74924916

キャビテーションは、最近日本国内でも人気が高まってきていますが、欧米諸国で大変人気の高いエステの痩身施術方法のことです。

超音波の機械を使用して体脂肪を分解して乳化させ、乳化させた体脂肪を体外へと排出させるのです。痩せる効果が高いだけでなく、施術で痛みを感じることもないため、人気沸騰中となっているのです。

最近ではさまざまなメディアでキャビテーションのことが取り上げられるようになってきていますが、まだご存じでない人もいるでしょう。よく分からないという方は、安全性に疑問を持つのではないでしょうか?

そこで、ここでは、キャビテーションの安全性に関してみていきましょう。

キャビテーションは、エステだけでなく、病院等でも使用されています。その他にも、日本国内だけでなく海外の多くの大学が安全性に関して認めています。

昔ながらの痩身方法では、火傷やうっ血する可能性があったことは否めません。しかし、キャビテーションならば、火傷やうっ血の危険性は全然ないのです。キャビテーションは、とても信頼できる安全性が高い痩身方法といえるのです。

また、キャビテーションは「メスが不要な脂肪吸引」と呼ばれることもあります。美容外科などで行う脂肪吸引とは異なり、メスで切開することがありません。身体を切ったりしないということは、術後のクールダウンも不要だということです。キャビテーションは、身体へのダメージもほとんどない安全な痩身方法なのです。

しかし、心臓にペースメーカーを取り付けている方や、妊娠中の方はキャビテーションをすることを断られるようです。高い安全性を誇ってはいますが、キャビテーションの施術をできない人もいるのです。

念のためお断りしているのでしょうが、一般の方でも体調が悪い場合などは、サロンのスタッフに施術前にその旨伝えた方が良いでしょう。

キャビテーション以外でもそうですが、たとえ安全性が高い施術でも無理をするのは危険ですから、前もってしっかり相談することが大切なのです。

エステのキャビテーションが受けられない人について

キャビテーションは、エステサロンなどで行われている痩身方法の一種です。自分が痩せたいと希望する身体の部位に超音波をあてて、体脂肪を分解して乳化させ、乳化させた体脂肪を身体の外へ排出させます。

いったん乳化した体脂肪は、もう一度もとの脂肪に変わることがないため、大変高い痩身効果が得られるといえるのです。また、メスを使わないで脂肪を除去する方法ですから、身体へのダメージが全くないのです。

ほかにも、キャビテーションを受けるときに痛みを感じることもないため、安心して施術できると人気がとても高まってきているのです。

キャビテーションは日本で人気が出ているだけでなく、海外でも大変注目を浴びている痩身方法で、だいぶ一般化してきたといえます。

キャビテーションは痛みを感じることもなく、超音波をあてるだけなので危険性も少なく、痩身効果が高いという優れた方法です。ですから、多くの方が今までにキャビテーションの施術を行っています。

しかし、誰でも受けられるかというと、なかにはキャビテーションを断られる方もいるのです。

どんな人がキャビテーションの施術を受けられないかというと、以下になります。

妊婦
心臓ペースメーカーを利用している人
心臓疾患や頻脈症の人
過去に臓器移植を受けたことがある人
血栓症や血栓症静脈炎の既往がある人
金属製のプロテーゼを体内に入れている人

以上のような人は、キャビテーションの施術はできませんから、ほかの痩身方法を考えることになります。

また、一般の方でも、体調が悪いときなどは、事前にサロンのスタッフにひとこと相談してください。

無理をして施術することで体調が悪くなることもありますので、自分の体調と相談して、キャビテーションを実施するかどうか判断すると良いでしょう。

キャビテーション関連のおすすめ記事

【効果なしは本当か!?】キャビテーションエステの口コミからわかった真実

キャビテーションをご存知でしょうか?気になる脂肪を気軽に落とすことができるエステの施術のことですが、今は、脂肪吸引よりも ...

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

-キャビテーション
-, , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.