ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

車売る

中古車査定で高く売る方法マニュアル!人気の車一括査定は本当にいいの?

更新日:

査定について

車を買い替える時に、今乗っている車を下取りに出したり買取に出す時には、車の査定をしてもらい車の価値を判断してもらうことになります。

車査定には、ある程度の相場があるもので車種や年式、走行距離などによりおおよその金額を割り出すことが出来るのでネットで一括査定してもらうこともできます。

やはり一番の査定ポイントとなるのは、車種だと言われていて、人気の車種で、走行距離が短く、型が新しければ新しいほど高値で買い取ってもらうことが出来る!というのが一般的です。

ですが、同じ時期に購入した同型の車であっても、乗り方や普段のメンテナンスの仕方で数年後の査定額が大きく異なることもあり、最終的には実車を見てもらい正確な査定額を算出してもらうことになります。

自動車査定には、車種以外にもボディーカラーや装備、改造、仕様、走行距離、傷や内装の状態、事故歴、エンジンの調子など様々な項目がありそれらを総合して最終的な査定額が決定します。

ボディーカラーで言えば、ホワイトやブラック長年不動の人気を誇っていますし、シルバー・パールなども人気があります。また、女性向けの車だとレッドも人気上昇中ですので、高額査定が見込めるカラーと言えるでしょう。

ちなみに、傷は直してから査定に出したほうが良いのか?

事故歴は隠したほうが良いのか悩む人もいるようですが、例えば傷を直すのに5万円かけたとして、査定の段階で修理代の5万円が上乗せになることはまずありません。査定でマイナスになったとしても修理代よりは少なくてすみますので、わざわざ高いお金をかけて修理に出すことはありません。

余談ですが、中古車を買い取る会社というのは、買い取ったあとに傷や調子の悪い部分を直してから転売するために自社工場を持っていたり、安く修理してくれる整備工場と提携しているものなのであとは、お任せしたほうが無難です。

それから、事故歴についてですが、下手に隠しだてしてバレてしまうと信用のおけない人、と思われほかにも何かあるのでは?と疑われてしまいかねませんし、心象を悪くすると査定額を上げてもらうどころか下げられてしまうかもしれません。

事故歴のある車は確かにマイナス査定となってしまいますが、嘘をつくことによって更にマイナスが加算されるかもしれませんし、正直に申告することが査定会社&愛車に対してのマナーです。

プラス査定を狙おう!

愛車を売るとなると少しでも高く買い取ってもらいたい!と誰もが思うはず。

では、どうすれば、プラス査定を狙えるのでしょう。

まず、心象を良くするために洗車をする、それから窓ガラスを拭いたり、シフト回りやマットも綺麗にし、車内は一通り掃除機をかけましょう。

車内の掃除をする時には、トランクなどにも余計な荷物を残さないように整理整頓しておくこと。出来ればスペアタイヤなど装備品以外は搭載しないようにしましょう。

それから、何年も乗っている車だとどうしても傷があるものですが、大きな傷は直しても修理代にかかった費用分、査定でプラスされることは殆どないので、そのままにしておいたほうが無難ですが、市販の補修ペイントやタッチペン、コンパウンド(研磨材)などを使って自分で補修出来るような小さな傷は補修しておくと良いでしょう。

特にドアノブ&鍵穴付近は小さな傷が付き易い部分ですし、査定の際にチェックされるポイントとなりますので目立つ傷が無いか確認しておきましょう。

実際のところ、車が汚れているからマイナスになるわけではないし、小さな傷の1つや2つはあるのが普通で(複数ある場合は別ですが)それだけでマイナスになることはない、と言われていますが、査定士も人間ですから、綺麗な車だったり傷もきちんと補修しているとなれば「大切に車に乗っていたんだな」、と思ってくれるでしょうし、ぐちゃぐちゃの車よりも気持ち良く査定することが出来るので、他の部分で多少不具合があってもマイナスにしない!可能性も無きにしも非ずです。

それに、キレイな車は愛情の表れ!愛着を持って乗っていた車なら、最高の状態で評価してもらいたい!と思うのがオーナーというものですよね。

あとは、車の査定を受ける時に、必ず必要となる自動車検査証(車検証)と自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)が搭載されているか確認しすぐに出せるように用意しておくこと。また、整備記録簿(定期点検整備記録簿)や各種保証書があれば一緒に用意しておくと良いでしょう。

メーカーオプション(純正品)・ディーラーオプションは基本的にプラス査定になりますし、自分で取り付けたカーナビ・オーディオ類・ETC・アルミホイール・エアロパーツ・サスペンション・マフラー・ハンドルなどの社外品も物によってはプラス査定に繋がることもあります。

ちなみに、ディーラーで下取りしてもらう場合、社外品はほとんど評価してくれませんが、中古車買い取り業者などはきちんと評価してくれることが多いので、高価な社外品を取り付けている場合は、ディーラーに出すより買取業者に査定に出した方が良いでしょう。

また、社外品を自分で後から取り付けているけれど純正のものもあるという場合は、両方揃っていた方が査定額がアップする可能性がありますし、純正品、社外品問わず保証書&取扱説明書をセットで用意しておくとプラス査定に繋がります。

特に、新車を購入していた場合のメーカー保証またはディーラー保証は、転売した場合も継続されることがあるので、保証期間を確認の上、しっかりと用意しておきましょう。

ちなみに、売るとなった時に今更どうしようもないことではありますが、ワンオーナー車であったり、低走行車、ホワイトやブラックなどの人気のボディーカラー、ミニバン・コンパクトカー・軽自動車等の低燃費車、メーカーから純正で発売されている限定色、限定モデルはプラス査定される要素と言われています。

愛車を最高の状態で見てもらい、評価して貰うための準備としてユーザーが出来ることは、概ね上記に列挙したこととなりますが、準備が整ったら後は、出来るだけ多くの業者に査定依頼することです。

業者によって同じ車、同状態であっても査定額というのは大きく異なり、場合によっては買い取り額に数十万単位の差がつくこともあります。

2~3社に査定してもらって、面倒だからこの辺でいいか!と売ってしまって後々後悔しないために、複数のインターネット一括査定サイトに登録し、出来るだけ多くの業者に査定してもらうようにしましょう。

そして、高値を付けてくれた業者をいくつかピックアップして出張依頼をお願いし実際の買い取り価格を提示してもらい、一番高値を出してくれた業者と直接交渉し更なる買い取り額アップを狙いましょう。

愛着ある車を手放すのだから、「少しでも高く納得のいく金額で買い取ってくれる業者を見つけたい!」と思うなら、車を最高の状態に整え、より多くの業者に査定してもらうしかありません。愛車に最高額を付けてもらえるようにプラス査定を狙いましょう。

マイナス査定に繋がる要素とは?

車を少しでも高く買い取ってもらうためには、車をキレイに清掃して査定に出すとか、必要書類を整えておくなどといいますが、では逆にマイナス査定に繋がってしまう要素には何があるのでしょう?

まず、事故車・修復歴車ですね。事故車・修復歴車は確実にマイナス査定となります。ですが査定における「事故車」というのは、一般的に言われる事故を起こした車や事故に巻き込まれた車のことではなく、骨格などに欠陥が生じてしまった車を「事故車」といい、それを修復した車を「修復歴車」と呼びます。

多少こすってしまった程度では「事故車」とは言いませんのでインプットしておきましょう。

査定士は、フロント部分(ラジエターグリルなど)のネジに着脱跡はないか?新しいネジが使われていないか?ピラーやパネル、フレームに歪みはないか?塗装跡はないか?サイドステップの継ぎ目にズレはないか?ドアの交換跡はないか?トランクルームに問題はないか?などをチェックして事故車であるかどうかを確認しますので、「黙っていればバレないだろう」と事故車や修復歴車であることを隠していても大抵バレてしまいますし、バレると当然ながら心象を悪くしてしまいます。

もしかすると、痛くもない腹を探られ、他の部分まで詳細にチェックを入れられるかもしれません。そうなるとお互いに嫌な思いをすることになりますし、正直に申告したほうが気持ち良く査定してもらえ結果的に査定額が高くなることが多いので隠しだてせずきちんと申告しましょう。

それから、自分で取り付けたカーナビ・アルミホイール・エアロパーツ・サスペンション・マフラー・ハンドルなどの社外品は、物によってはプラス査定になることもありますが、残念ながらマイナス査定になってしまう場合もあります。

マイナス査定になるケースとして多いのは、車にマッチしていない、取り付けの際に穴を開けていたり傷をつけている、汚れが酷い、車検に通らないほど改造している場合です。

また、車のニオイは大きなマイナスポイントで、「高額査定の敵」とまで言われていますので注意しましょう。ニオイというは、自分では気づいていないことも多いのですが、特にタバコの臭いやペットの臭いは他人様からすると鼻につく嫌なニオイです。

それから、自分ではお気に入りの香水や芳香剤のニオイであっても他人にとっては気になるニオイだったりしますし、密閉された空間である車内のニオイというのは査定において確実にマイナスです。

対処法としては、ニオイをニオイで消すのではなくファブリーズなどの消臭剤や脱臭剤などで臭いの元から断つこが大切です。ちなみに、ペットを乗せていたという人は、ペットの臭い専用の除菌消臭スプレーを使ってみるのもよいでしょう。

ニオイ取りは査定日前日や当日に慌てて行っても間に合いません。車を売ろうと考えた時から車の中ではタバコは吸わない、ペットはなるべく乗せない、そしてニオイを元から断つことを考え少なくとも1ヶ月くらいから対処し始めた方がよいでしょう。

また、長年車でタバコを吸っていた、ペットを乗せ続けていた場合は、強烈なニオイが染み付いているでしょうから、天気の良い日に窓やドアを開けて換気を行い、天日干しする、あわせてタバコのヤニ落しをする。ペットの毛が残らないように掃除機をかけたあとに粘着クリーナーなどで再度念入りに掃除するようにしましょう。

このように、マイナス査定となってしまうポイントがいくつかありますので、心当たりのある方は査定に出す前にチェックしお手入れするなどして高額で買い取ってもらえるように頑張りましょう。

国産車の査定

国産車(日本)メーカーには、トヨタ自動車、日産自動車、レクサス、三菱自動車、ホンダ(本田技研工業)、マツダ、スバル(富士重工業)、スズキ、ダイハツ工業、いすゞ自動車、日野自動車、日産ディーゼルなど色々とあり、各メーカーごとに複数の車種を販売していますね。

国産車の査定において最もポイントが高いと言われているのは「車種」で人気の高い車種は査定において高く見積もられ、逆に人気のない車種は低めの査定となります。

相場検索ランキングを見てみると現在のところ、ホンダの「フィット」、トヨタの「プリウス」、スバルの「レガシィツーリングワゴン」、スズキの「ワゴンR」、ホンダの「オデッセイ」、日産の「セレナ」の順となっています。

人気も査定相場も変動しやすいので、これらの車を手放したい!と考えている方は早めに情報収集し、高値で買い取ってくれる業者を探すとよいでしょう。

ちなみに、近年国内で人気が高まっている車は、エコカーと言われるハイブリッド車や電気自動車で、今後もしばらく高価査定が見込めそうですが、どの車種の車を売るにしろ買取業者によって買取額が異なりますので、車を売るとなれば買取業者選びが大切になってきます。

同じ車であっても買取業者によって10万円もの開きがあるのがこの世界ですのでアンテナを張り巡らし情報収集をし、こまめに査定を受けることが大切!と言いたいところですが、今はネットで簡単に申し込める便利な一括査定サイトがありますので、複数の一括査定サイトに申し込みたくさんの買取業者に査定してもらい、高値をつけてくれた業者の中からいくつかピックアップして出張査定をしてもらい、実際の買取価格を出して貰うと良いでしょう。

一括査定をネットで申し込めるようになったことで、複数のディーラーや買取業者を回らずして査定してもらえるようになり、本当に便利になりましたし、一括査定に依頼することで、そこに参加している複数の会社が買取価格を競い合ってくれるのですから一社一社に見積依頼を出すよりも高値がつきやすく、効率的に買取業者をしぼり込めるというのはユーザーにとって本当にありがたいことですよね。

ここでより高値をつけてもらうためのワンポイントアドバイスです。日本は世界的にも有名な自動車大国で、日本の車は海外でも大人気で需要が絶えることがないと言われています。

ですから、海外への販売ルートを持った中古車店や中古車買取専門店は、国内向けに販売する中古車と並行して輸出する中古車も欲しいわけですから需要が高い!

つまり高値で買い取ってくれる可能性が高いので、海外への販売ルートを持った中古車店や中古車買取専門店に白羽の矢を立ててみるのも良いのではないでしょうか?

事故車の査定

AdobeStock_102279645

事故を起こしてしまっても小さな事故なら査定に出す時に、黙っていればわからないだろうと、修復歴を隠しておこう、とする人もいますが、査定士はその道のプロですから、事故歴を隠してもほとんどの場合バレてしまい心象を悪くし減点対象になってしまいます。

勿論、事故歴なある車は査定においてマイナスとなってしまうことは言うまでもありませんが、小さなすり傷程度なら査定に影響しない場合もありますし、大きな損傷を受けた車であっても修復しているのであればその旨きちんと伝えて査定してもらいましょう。

また、一方で事故を起こして車が動かなくなった!という場合、下取りや買取は無理だろうと廃車してしまう人もいるようですが、それは非常にもったいない話で事故車であっても買い取ってもらうことができます。

程度にもよりますが、事故車や修復歴のある車の方が安く入手できることからそういった中古車を探しているマーケットもあるくらいです。

でも、どこに査定を出したらいいの?どこなら買い取ってくれるの?という人も多いですよね。そういった方は、便利な一括査定に依頼し買い取ってくれる業者を探しましょう。

日本の車は性能が良いので修理して輸出され海外で活躍していることも珍しくありませんので特に海外に販売ルートをもつ買取業者は買い取ってくれる可能性大ですし、ダメもとで査定依頼したけれど思いのほか査定額が高かった!と喜んでいる人も結構いるようです。諦めて廃車にする前にチャレンジしてみることをおすすめします。

ちなみに、事故車の破損していない部分の部品を求めている事故車買取業者もあります。特に製造中止になった車の部品などは喜ばれるので、古い車だし、動かないからもうダメ!と廃車にするのはもったいない話です。

貴方にとってもプラスになり部品を求めている人にとっても助かる話、また、業者にとっても貴重な部品を手に入れられるチャンス!事故車も無駄なく有効活用することが出来るのです。

事故って動かなくなった車に廃車費用を払って処分してもらうことを考えればいくらかのお金になるだけでも棚からぼた餅!まずは、諦めずに査定に出してみましょう。

事故歴と修復歴の違い

車の査定において事故車や修復歴車は、確実にマイナス査定の対象となります。しかし、査定における事故車とは、「交通事故やその他の災害により、自動車の骨格等に欠陥を生じた車」のことであり、例えば、信号待ちしていた時に追突されてバンパーが少しへっこんだ、とか電柱とゴッチンコしてミラーが壊れた、という程度であれば確かに事故にあった車であり、事故歴としてカウントされますが事故車とは言いません。

ですから、査定において特にマイナスになることもありませんし、事故車として申告する必要もないのです。

また、修復歴とは、「事故車」を修復した車のことで、バンパー交換や車のボディーのへこみ、擦り傷の修理程度では修復歴とは言いません。

事故歴と事故車を混合している人も多く、「一度接触事故を起こしているから、査定に響く!」とドキドキしているなんて人もいるかもしれませんが、実は上記のように事故歴と事故車の定義が異なることから、事故歴はあるけれど修復歴はない、という車が多いのです。もちろん、修復歴がないということは、事故車ではないということです。

事故車や修復歴車というのは、査定に大きな影響を与えるもので、当然ない方が査定は高い訳ですが、もしも事故車&修復歴車であることを誤魔化して査定を受けたとしても、査定士はプロですからまず間違いなく見破られてしまいますし、そうなるとほかの部分にまで疑いをもたれ通常の査定より念入りにチェックされたり、心象を悪くしたことで事故車&修復歴車という以外でも厳しいポイントが付けられてしまうこともあるかもしれません。

そんなことにならないように、最初から正しく申告しましょう。正しく申告することで結果的に高値で買い取ってもらうことができるかもしれませんし、後々のトラブルを避けるためにも大切なことですよ。

車の一括査定のメリット

車の売却方法には、車買取店への売却、新車ディーラーへの下取りでの売却、中古車販売店での下取り、個人売買で売却、オークション委託販売で売却、YAHOOオークションなどで売却など色々とありますが、近年人気があるのがネットを利用した車の一括査定です。

一括査定だとディーラーや買取店を一箇所一箇所回る手間が省けますし、最低価格、最高価格、相場をすぐに把握することが出来大変便利ですよね。

無料で複数の車買取会社に一括査定を申し込むことで、容易に買取金額の概算を比較することが出来、効率よく買取業者を絞り込むことが可能!な点が一括査定のメリットと言われていますが、実は一括査定のメリットはこれだけではありません。

一括査定のシステムを知らない人は、単に「高値を付けているところは何処?」というふうに金額だけを見てしまうことと思いますが、実は一括査定というのは、複数の車買取会社が競争入札を行い査定額を提示するので、単独で見積もり依頼した場合や相場価格よりも高値が付くことが多いのです。

ですから、一括査定を依頼する場合も一社のみに依頼するのではなく、複数社に依頼する方がより、高額で売却できる確率がアップするのです。

例えば、カービュー車買取一括査定ならガリバー・ラビット・アップル・カーチス・カーセブンなど大手車買取会社をはじめ全国600社以上の車買取店が参加していますし、ウェブクルーやカーセンサー、エイチーム、楽天オート、車査定買取ジャパン、モータートレードなど色々ありますので、愛車をオークションに出すつもりでいくつかの会社に一括査定依頼を出し、高値をつけてくれた業者から、ここは良さそう!という複数の会社を選び、出張査定を依頼し「いくらになるか」見積もってもらい、最終的に一番高値をつけてくれた業者と直接交渉し、さらに高値で買い取ってもらうように頑張りましょう。

車の一括査定は、家にいながら簡単入力で複数社が競争入札してくれる夢のようなシステムです。車の売却を考えているなら是非活用していきましょう。

車の査定に必要な書類

AdobeStock_16589236

車の査定を受ける時に、必ず必要な書類といえば自動車検査証(車検証)と自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)です。この2つの書類は売却する時にも必要な書類でこれがなければ査定を受けることも売却することもできませんので、紛失してしまった!という方は再発行してもらい査定日までに揃えておきましょう。

ちなみに、結婚などで自動車検査証や自賠責保険証に記載されている氏名と異なる場合、戸籍謄本が必要になりますし、車検書の住所が現住所でない場合、住民票が必要になる場合もありますので予め確認しておくことをお勧めいたします。

それから、必ず必要というわけではありませんが、整備記録簿(定期点検整備記録簿)があれば、査定にかかる時間を短縮することが出来ますし、整備状況、オイル交換の頻度などが一目で分かるのでマメに手入れしている、ということがわかれば買い手側も安心して買うことが出来ますし、査定額アップに繋がるかもしれません。

更に、車両本体の保証書を始め、カーナビなど社外品の保証書(取扱説明書もあればなお良し)もあれば、高額査定に繋がる可能性があるので査定額アップのために用意しておくと良いでしょう。

また、査定に出す車が新車で購入した車であれば新車保証書があるはずですので用意しておきましょう。

そもそも、自動車検査証(車検証)と自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)は車に搭載して置かなくては違法となりますし、査定員が来てからアレもない、コレもどこにあるのかわからない?といった状態では、だらしがない人間と思われ、それだけでマイナス査定になってしまいます。

最低限必要な、自動車検査証(車検証)と自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)はもちろんのこと、プラス査定につながる可能性のある書類は抜かりなく揃えておきましょう。

車検が残っている車の査定と車検なしの車

車の売却をする際に、もうすぐ車検が切れるけれど車検を通してから売った方が高く売れるのでは?でも・・・手放す車なのにわざわざ車検まで待って高い車検費用を払ってから売却するのも勿体無い・・・。と悩まれている人もいるのではないでしょうか?

確かに、次の車検まで長ければ長いほど次のお客さんに売りやすいですから業者は車検の長い車の方が良いでしょう。しかし、車検を取るとなると10万円~15万円ほどかかりますが、車検をとって査定に出したからといって車検費用として払った10万~15万円が査定額にプラスされることはありません。

ですから、車検まで残り少ないからといってわざわざ車検を通して査定を受けると損することになりますので、そのまま売ってしまいましょう。

ちなみに、買取業者の中には、「車検が残っているかどうかは査定に影響しない」と公言しているところもあるくらいですから、車検の有無は価格にさほど影響しないと考えていいかもしれません。

余談ですが、ディーラーや車買取業者の多くは、自社工場を構えていたり格安で整備を引き受けたり車検を通してくれる工場と提携していることが多いので、ユーザーが車検をとるよりも安い費用で車検を通すことが出来るので、わざわざ車検を通して査定を受けたからといってたいしてプラスにならない、ということのようですが、いずれにせよ高い車検費用を払って車検を通してから売却に出すのは“損”ということを覚えておくと良いでしょう。

商用車の査定

トラック、バス、フォークリフト、油圧ショベル・ミニショベル・ブルドーザー・ホイルローダー・クレーン・グレーダー・フィニッシャー・ローラーなどの建機といった商用車を買い替えることになった場合、新しく購入するディーラーに下取りに出す、というのが一般的ですが、下取りに出したところでほんのわずか数万円で下取りしてくれれば良い、という感じではないでしょうか?

それどころか、商用車の場合、経費削減のためにダメになるまでとことん乗せる!という会社も多いことから使用した期間や走行距離が長くほとんどの場合、査定を受けても「査定ゼロ」。廃車処分ということで廃車費用がかかってしまうのではないでしょうか?

しかし、置いておいても税金はかかるし処分に困るからディーラーに持ち込んで処分してもらう、という会社が多いようですが、実は日本の商用車は、国内ではポンコツで査定ゼロ、であっても海外では大人気で海外では結構な値段で取引されているのです。

例えば、日本ではポンコツ扱い廃車処分になってもおかしくないトラックが東南アジアやフィリピンでは乗合バスに改装されて再利用されていたりするのです。それを知らずに、廃車費用を出して処分してもらうのは随分もったいない話だと思いませんか?

商用車を買い替えるために、今まで使っていた車をいくらでもいいから下取りして欲しい!お金を出してでも処分して欲しい、と考えていた経営者の方は、ディーラーに下取り依頼をするのではなく、一括査定をしてみることをおすすめします。

廃車費用を覚悟して処分しようと考えていたのに、査定で10万でも20万でも値が付いたら嬉しいですよね。もちろん、すべての社用車に数十万の値が付くとは限りませんが、それ以上の値が付くものもあるかもしれません!廃車にするならいつでもできます。

一括査定は無料ですからダメもとでも失うものはありませんし、試してみる価値はあるのではないでしょうか?

一括査定サイトには、商用車を得意としているサイトや海外向けの販売ルートをもち海外向け商用車の査定を得意としている買取専門店が多く参加しているサイトなどいろいろあるので、複数の一括査定サイトに依頼し複数社の査定を試してみると良いでしょう。

装備品の査定金額

AdobeStock_74489860

愛車を売るとなると、少しでも高く買い取ってもらいたい!と一括査定サイトを利用して複数社に見積依頼される方も近年急増してきましたね。

査定額をアップさせる要素には、車種や走行距離、エンジンの状態、人気カラーなど様々ありますが、装備品の存在も大きいことをご存知でしょうか?

新車を購入する時に新車ディーラーに下取りに出す場合は、メーカー純正品以外の社外パーツは、よほど人気のあるものや高性能なものでなければ評価はあまり期待出来ませんが、中古車買取専門店で買い取ってもらう場合は、社外パーツもプラス評価の対象となることが多いので、社外パーツが多い!という人は、ディーラーに下取りに出すより買取店に出すほうがお得な場合が多いと言われています。

車本体同様に状態や性能、人気などにもよりますし同じものであっても業者によって装備品の査定額は異なりますが、一番人気のある装備品といえばやはりカーナビです。

今は、カーナビがついていて当たり前、とも言える時代になりつつあり、カーナビが付いているかいないかでかなり査定額が違ってくる、つまりカーナビがついているとプラスアルファが期待できるということです。

特に純正のカーナビは、元々高額なものが多いですし、使い勝手がよく、壊れにくいことからニーズが高いので、高額査定を受けやすいのです。

それから、エアロやサンルーフ、本革シートも人気でプラス査定が期待できます。ちなみに、自動車の装備品・基本4セットであるオーディオ・パワステ・パワーウインドー・エアコンは、4点揃って「フル装備」と呼ばれますが、中でもオーディオは欠かせない存在で、オーディオがないと、逆にマイナス査定の対象になってしまいます。

お気に入りのオーディオは次の車につけたいから外して査定を受けたいという人もいるかもしれませんが、取り外してしまうとバランスも悪くなってしまい査定額が大幅にマイナスになる可能性があるので取り外す場合は、他のオーディオを代わりにつけておくことをおすすめします。

また、クラウンやセルシオなどの高級車の場合、カーナビ、皮シート、サンルーフがセットになっていて当たり前!とされていますので、どれか一つでもないと吃驚するほど査定額下がる場合があります。

それから、自分ではお気に入り!購入の際、高かった!という装備品でも、内装のバランスが保たれていない場合やカスタマイズのしすぎで車検が通らない状態だとマイナス査定になってしまう場合があります。

ユーザーはドレスアップのつもりでお金をかけてきたかもしれませんが、あまりに個性的すぎるものは、買い手がつかない可能性もあるためマイナス査定になってしまうことがあります。

一般的に、車を売却するときには購入時に近い状態が良いと言われているのもそういったことが関係しているのかもしれません。

ただし、査定士の感性とあっている場合は、思いのほか高額査定を受けられる場合もあるといいますから、この点についてはどちらに転ぶか?といったところかもしれませんね。

ちなみに、装備品で査定額アップを狙うなら、まずはきちんと作動するか確認しておきましょう。折角高級な装備品を搭載していても壊れていたり、状態が悪ければマイナス査定になってしまいますよ。

それから、保証書や取扱説明書があれば査定額が更にアップする可能性があるので用意しておくと良いでしょう。

新車ディーラーで下取りしてもらうデメリット

新車ディーラーで下取りしてもらうと、手続きが簡易であったり営業マンさんが段取りしてくれたりと、何かと便利ですが、一方で基本的に買取業者の買取価格よりも「安い」というデメリットがあります。

もちろん、ディーラーで下取りした場合、どこの買取業者よりも必ず安い、というわけではありませんが一般的に「安い」傾向であることは否めません。

また、値引き額と下取り額が混合していて、一件下取り額が高いように見えても実は、値引き額を少なめに設定し、下取り額に上乗せしていることもあり、下取り査定額が正しいかどうか定かでない場合も少なくありません。ディーラーによって見積もりの出し方も様々ですが、はっきりとした下取り価格が知りたい。

少しでも下取り額を高くして、総支払額を減らしたいのであれば、先に、下取りなしの金額で見積をしてもらった上で、下取りした場合どのくらいになるのか査定してもらう、もしくは車自体の査定をしてもらった上で、新車を購入する場合、どのくらいの値引きをしてもらうことが出来るのか、値引き額単体の交渉をしたほうが良いでしょう。

ちなにみ、同時に買取業者にも査定してもらい、査定額がどのくらいになるのかを把握した上で、交渉を進めていくことにより少しは有利に話を進めることが出来るはずですので、全てお任せ!というステンスではなく自分で集められる情報は集めておくようにしたほうがいいですね。

また、下取りしてもらう場合、社外品のパーツや装備はどんなにお気に入りで、どんなに高価なものであっても評価としてはマイナスになってしまうことも多く、新車ディーラーで下取りしてもらううえではデメリットになりかねません。

今まで、お金をかけてきたのにマイナスなんて!という方は、買取店やマニアが集まる専門店で値段交渉する方が良いかもしれませんね。

新車ディーラーで下取りしてもらうメリット

新車ディーラー(日産やトヨタ、ダイハツなど)で下取りしてもらう、ということは、新車を買う前提で、今乗っている車を査定してもらい、新車購入総額から下取り額を引いてもらい、支払総額を少なくする売却方法ですが、新車の納車の際に、中古車を引き取ってくれるのが一般的ですので代車の心配もありませんし、何より手続きがラク!ということで、ディーラーさんに全てお任せしている、という人が多いようです。

確かに、車の購入先と売却先が同じですから手続きも一度ですみますし、営業マンが購入&売却についての段取りをとり、書類の書き方を教えてくれ、雛形通りに埋めていきさえすれば後は手続きを進めてくれますので自分で書類を用意したりあちこち書類を出しに行く必要もなくラクです。

また、新車の場合、購入手続きを進めても納車までに数ヶ月かかることも珍しくありませんが、買取業者で査定してもらった場合、査定額に納得でき売却するとなると早急に車を引き渡さなくてはなりません。

何故なら、買取業者が算出する査定額というのは、あくまでその時点での査定額となり、契約が成立すれば業者は価格が下がらないうちにすぐに転売したいと考えているからです。

ですから、数ヶ月先の査定額を算出して貰うことなどは出来ません。このような理由から、本来であれば「車を売れる・手放せる」環境を整えてから買取業者で査定を受ける必要があるのですが、新車ディーラーで下取りしてもらう場合は新車契約時点における査定額で判定してもらえ、その査定額は例え半年後に納車!という場合でも変わらないので、新車購入手続きと同時に下取り価格を決め、差し引いて総支払額が決まる、というメリットがあります。

つまり、新車購入手続きと同時に下取りの契約を行えば例え新車納入が半年後で、それまで下取りに入れる車を乗っていたとしても「下取り契約」をした時点の金額と変わることがない、ということです。

それから、車買取店に持ち込んでも型が古すぎたり不人気の車種だと値段がつかないこともありますが、新車の下取りなら少なからず値段が付く可能性もありますし、これまで使っていた車のタイヤがまだ新しいし新車のサイズにも合うので使いたから下取り(引取り)後に、タイヤを外して欲しい、とか、今の車と新しい車のタイヤのサイズが合わないので、今までの冬タイヤも要らないので引取りの際一緒に持っていて処分して欲しい、などの融通を効かしてもらうことができる可能性が高いのも新車ディーラーのメリットとして挙げることが出来るのではないでしょうか?

中古車相場が動く時期

中古車の相場は、日々変化しているもので、わずか1ヶ月の間に、査定額が10万円上がることもあれば10万円下がることもあります。誰だって車を売却するとなると高額で売却したい!と考える訳ですから、相場が上昇する時期を狙っているという人も多いのではないでしょうか?

確かに、相場には波がありますし、特に相場が動く時期というのもあります。

それは、中古車の需要が増えるボーナス期の1ヶ月ほど前と車が一番売れると言われる3月に向けての2月~3月上旬!この時期は中古車買取業者も車を多数確保したいため通常よりも高い金額で買い取ってくれる可能性大です。

ですが、この時期以外にも大きく相場が動く時期があります。それは、モデルチェンジ後です。同型車がモデルチェンジするとフルモデルチェンジ、マイナーチェンジに関わらず、大幅に下落してしまいます。

ですから、車を売ろうと考えている時に、モデルチェンジの情報が入ったらすぐに売りましょう。また、もし、売ろうと考えているけれどモデルチェンジが行われてしまったばかり!という場合は、しばらく売らずに動向を見守るのが賢明と言えるでしょう。

ただし、中古車というのは売りたい時に売るのがベストと言われています。もちろん、モデルチェンジが行われた直後の相場が大幅に下落した時にわざわざ手放すこともないでしょうが、2月まで待ったほうが少しでも高く売れそうだから、と秋口から待っているとしたらそれは得策とは言えません。

何故なら、必ずしもあなたの売りたい車に高値がつくという保証がないからです。また、中古車は年式が下がると相場も下がるため年内に売ったほうが高額で買い取ってもらえる可能性が高いからです。

ちなみに、改めて言うこともないかもしれませんが、年数や走行距離が伸びれば伸びるほど買取価格というのは下がってしまいますので、少しでも早く売ったほうが高く売ることにつながります。

ですから、中古車相場が動く時期も気になるでしょうが、数ヶ月先の相場が上昇する可能性のある時期を待つよりは、売りたいと思った時がチャンス!と考え、できるだけ多くの業者に査定依頼をし、高額で買い取ってくれる業者を見つけることをオススメいたします。

一括査定サイトならカンタン入力で一度に複数の業者に査定してもらうことができますし、日々変動する相場を知ることも出来るので、活用してみては如何でしょう。

中古車販売店で下取りしてもらうデメリット

新車ディーラーで下取り&新車購入するとき同様に、中古車販売店で下取りしてもらい中古車を購入するときにも、下取り価格が曖昧になりがち!というデメリットがあります。

例えば、欲しいクルマの値段交渉をしている際に、「この車は値引きが出来ないので、下取り価格をアップしてサービスします」とか「この車(持ち込んだ車)にほとんど価値がなく普通であれば廃車手続きをするのにお金がかかるのですが、無料で引き取ることならできます。」的な言い方をされた場合は特に注意が必要です。値引きができない分、下取り額をアップすると言われても実際の下取り価格はいくらなのかわかりませんよね。

また、例えば10年乗った車だったり走行距離が多い車であったとして車自体にさほど価値がなくても、パーツとしてはまだまだ使えるものがある場合もあります。

あたかも「無料で引き取ってあげます。それが精一杯のサービスです。」的なことを言っていても部品として後でパーツを使い回しする、という中古車店があるのも事実です。それなら、中古車の部品を専門に扱っているお店に持ち込んだほうがいいですよね。

と、言っても本当にその車や車のパーツに価値がない場合もありますし、値引きできない分本当に、下取り価格に上乗せしてくれている親切な中古車販売店もないわけではありません。

ただ、残念ながら素人ではその判断がつかないものですから、下取りや買取に出すときには1社ではなく複数社で査定を受け、比較検討した上で、さらなる交渉を進めるようにしましょう。どんなに古い車でも財産です。

たとえ動かなくなった車や事故車でも下取りや買取りをしてくれる業者はあるはずです。財産である車を手放すのであればやはり、業者のいい値で「はい、そうですか」と鵜呑みにすることのないようにしっかり下調べしておくことが大切です。

中古車販売店で下取りしてもらうメリット

中古車販売店で下取りしてもらう場合、新車ディーラーで車を購入する際に、今乗っている車を下取りするのと同様に、中古車販売店で中古車を購入する際に今乗っている車を下取りしてもらうことになるので、購入&売却手続きが一度に済みますし、自動車保険の切り替え手続きなどもお願いすることが出来ます。

また、基本的に納車時に今乗っている車を引き取ってくれるので代車の心配もいらない、といったリットもあります。

中古車販売店の場合、下取りだけではなく買取もしてくれますが、いずれの場合も、査定に出した車を「すぐに買いたい」というお客さんを抱えている場合、高額査定を期待することが出来る、というのも中古車販売店を利用するメリットと言えます。

ちなみに、自分が売りたいと思っている車を多く扱っている中古車専門店に持ち込むことが高額査定の可能性をアップさせることに繋がります。

例えば、輸入車なら輸入車を専門に扱っている販売店、四駆なら四駆を専門に扱っている販売店、ミニバンならミニバン専門に扱っている販売店、スポーツカーならスポーツカーを専門に扱っている専門店、ドレスアップカーはドレスアップカーを専門に扱っている専門店、軽自動車なら軽自動車専門販売店に持ち込むと自社での販売も得意としていますし、タイミング良くその車を探しているというお客さんがいる場合は、「是非に」とばかりに高額で買い取ってくれるかもしれません。

勿論、どの中古車販売店で下取りや買取をしてもらうにしても、やはり複数の販売店(会社)で査定を受け、相場を事前に確認しておくと交渉しやすく、いくらかでもプラスアルファを望むことができると思いますよ。

輸入車の査定

AdobeStock_99449723

日本は世界に誇る自動車大国と言われるほど生産量も多く、性能もピカイチ!また、最も壊れにくい車として世界中から引く手あまた!ですが、輸入車に憧れて買った!外車が好き!という人も勿論いる訳ですよね。

そんな方が、買い替えや手放すことを考えたとき、自動車大国日本で輸入車を売るとなると現実は厳しいようで、メルセデス・BMW・アウディなどの人気の高いドイツ車を除けば、外車の査定価格は低く、始めて輸入車を売ろうと思った人は査定価格に吃驚してしまうかもしれませんね。

輸入車は値が落ちるのが早く、一説によれば2年乗った輸入車より4年乗った日本製の軽自動車の買取価格の相場の方が高い!ということも珍しくないとか。

購入価格が高かったのだから、売却する時も高いはず!という考えは庶民向けの輸入車においては捨てたほうが無難かもしれません。

勿論、前述の通り、メルセデス・BMW・アウディなどの人気高級車は別ですが、日本車の性能が良いことから、逆に輸入車は壊れやすく、燃費が悪いというイメージを持っている人が多い上に、メンテナンスなどのアフターフォローも充分受けられないのでは?と懸念される方が多く、輸入車を求める人が少ないことから、どうしても査定額は「低め」なのです。

ですが、一部のマニアにとっては逆に希少価値の高いものであり、意外と高値が付いたりすることもあります。といっても、輸入車を下取りしてくれたり買い取ってくれる業者は、まだまだ少ないのが現状で個別に業者をあたっても「貴方の売りたい輸入車を探しているので、高値で買取ります!」という業者に巡り合うのはそう簡単ではないかもしれません。

そんな時、頼りになるのが複数の輸入車の買取り業者に、一括で査定を申し込む事ができる「一括査定」です。

輸入車買取業者にも色々有り地域に根ざした業者もあれば、全国にネットワークを持つ買取業者もあるので北海道にいる貴方の愛車を求めている九州の業者が高値で買い取ってくれる可能性もあるわけです。

一社で査定ゼロでも他社では数万円、数十万という値が付くかもしれません。効率よく買取業者を探すために一括査定を活用してみては如何がでしょう?

The following two tabs change content below.
ランクラボ編集部
ランクラボ編集部では、美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題をいろんな確度からとりあげしっかりと調査しどなたでもわかりやすく紹介することを目的としたサイトです。 Facebookページ・ツイッターで更新情報配信中です。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

続きを見る

-車売る
-, , , , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.