ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

アンチエイジング

話題!カメリナオイルの凄い効果!加熱もOK?他のオメガ3系との違いとは?

更新日:

オメガ3系なのに加熱できる驚きのオイル?カメリナオイルとは

AdobeStock_47667595

みなさんはカメリナオイルというオイルをご存知でしょうか。健康のために油などの質にこだわっているという方も多いと思います。カメリナオイルとは、カメリナサティバという植物からつくられるオイルです。ドイツのゴマとも呼ばれ、栄養成分や美容成分が注目されています。近年までは安価で大量生産できる菜種油やヒマワリ油が消費のメインでしたが、健康志向の高まりとともにカメリナオイルにもフォーカスが当たるようになってきたようです。

そんなカメリナオイルはどのような点がすごいのか、そしてメリットと合わせてデメリットも紹介していきます。

 

まずは脂質について理解しよう

私たちの身体にとって脂質は非常に重要な成分です。エネルギー源となるだけでなく、細胞の膜の構成や伝達、免疫などにも関わっています。この脂質は多すぎると肥満などの弊害になることは誰でも知っていると思いますが、少なくても良くないのです。組織や身体の健康が保てなくなってしまいます。

そんな脂質には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸とはいわゆる動物性脂肪のことで、バターやラードなどに含まれています。常温で固体というところが特徴で、脂という漢字で表されます。不飽和脂肪酸とはいわゆる植物性脂肪のことで、ごま油やオリーブオイルなどが含まれます。こちらは常温で液体というところが特徴で、油という漢字で表されます。

動物性脂肪は体内で合成ができるため食事でたくさん摂る必要がないことや、脂質の代謝に悪影響なので特に肥満の人は控えた方が良いということはご存知の方が多いでしょう。

不飽和脂肪酸はもう少し細かく分けられており、この分類にオメガ~系というものがあります。不飽和脂肪酸には一価の不飽和脂肪酸と多価の不飽和脂肪酸があり、一価の不飽和脂肪酸にはオメガ9系と呼ばれる不飽和脂肪酸が、多価の不飽和脂肪酸にはオメガ3系オメガ6系と呼ばれる不飽和脂肪酸が分類されています。

多価不飽和脂肪酸であるオメガ3系とオメガ6系の不飽和脂肪酸は体内では合成できないため必須脂肪酸と呼ばれています。つまり食事などによって体外から摂取するしかないということです。不飽和脂肪酸は脂質の代謝に有効にはたらくことから積極的な摂取が奨められています。

このオメガ~系の中でも重要とされているのがオメガ3系の不飽和脂肪酸です。オメガ6系も同じ必須脂肪酸ですが、実はこのオメガ6系は普段の食事で摂取できているとされています。特に加工食品や外食が多い人は摂取過多になっているとも言われており、意識して摂る必要はないということです。オメガ9系は体内で合成されることから、こちらも意識してたくさん摂取する必要はないとされています。

 

脂質について理解したところで、カメリナオイルについてみていきましょう。

 

カメリナオイルのメリットとは

AdobeStock_78245730

カメリナオイルのメリットとしてまず挙げられるのは、上でみてきたオメガ3系の不飽和脂肪酸を豊富に含んでいるというところです。上述のようにオメガ3系の不飽和脂肪酸は体内で合成できない必須脂肪酸です。

オメガ3系の不飽和脂肪酸を摂取することで期待できる効果としては、女性ホルモンの分泌促進によるアンチエイジング効果や新陳代謝の活性化による美肌効果・生活習慣病などの予防効果、そして抵抗力・免疫力向上によるアレルギーやアトピーの軽減が挙げられています。他にがん細胞の抑制精神面での安定化などもあるようです。

 

カメリナオイルのメリットとして次に挙げるのは加工や加熱に強いということです。本来オメガ3系の不飽和脂肪酸は加工や加熱に弱く、それらの工程によって壊れてしまうとされています。えごま油や亜麻仁油に含まれるオメガ3系の不飽和脂肪酸も140℃くらいの熱であれば耐えられるとされていますが、炒め物は180℃程度、揚げ物では200℃近くにもなるとされています。つまり調理の段階で壊れてしまうことが多いのがオメガ3系の不飽和脂肪酸の問題点とされていました。

しかし、カメリナオイルに含まれるオメガ3系の不飽和脂肪酸は加熱に強く、230℃近くまで耐えられるとされています。

 

カメリナオイルのメリットとして挙げる3つ目は、抗酸化作用が強いということです。抗酸化作用というと身体の中で活性酸素などの物質と戦ってくれるというイメージをもつ人も多いでしょう。事実、ビタミンEやポリフェノールなども豊富に含んでいるのでカメリナオイルにはそれらのはたらきからアンチエイジングが期待できます。

もう1つ、油自体の抗酸化作用として保存しやすいという点もあります。本来油はビンなどに入っていますが、褐色など色のついたビンで保存されているのを見ることが多いと思います。これは光や熱に弱く油が酸化しやすいためで、酸化してしまった油を摂取してもあまり良いことはありません。この点でもカメリナオイルは優れているということです。ちなみに透明の容器に入っている油は加工されているため保存ができるということです。

 

カメリナオイルのメリットとして最後に挙げるのは、オメガ3系の不飽和脂肪酸だけでなく他の不飽和脂肪酸もバランスよく入っているということです。オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の不飽和脂肪酸が2:1:2のバランスで入っているとされ、不飽和脂肪酸を効率よく摂取できるとされています。カメリナオイルが熱に強いのは上記の抗酸化作用の他に熱に強いオメガ9系の不飽和脂肪酸も含んでいるからのようです。

 

これらの点から、カメリナオイルはとても優れたものとして再認識されているようです。ではカメリナオイルのメリットをみてきたところで、次はカメリナオイルのデメリットもみていきましょう。

 

カメリナオイルのデメリットとは

カメリナオイルのデメリットとしてまず挙げられるのは、価格が高いということです。安価で大量生産できる他の油に消費の面で負けていると述べたように、普及しなかったのには理由があったということですね。しかし近年では、安くて大量生産されているものの中には身体にとって害になるものもあり、健康志向の高まりとともに様々な食品が見直されています。

えごま油や亜麻仁油なども大量生産品に比べれば高いですが、カメリナオイルはそれよりも少し高い値段のものが多いようです。

 

カメリナオイルのデメリットとしては、摂取過多も挙げられます。これはどの食品にも言えることですが、どれだけ身体に良いものであっても摂りすぎはよくありません。

特にカメリナオイルの場合は、身体に良いと言っても油であることに変わりはないので摂りすぎはそのまま肥満につながります。オメガ3系の不飽和脂肪酸を油から摂取することを考えると、1日当たりでは2~3g程度で良いようです。

 

 

こだわりのある人は是非一度カメリナオイルを

AdobeStock_85192407

カメリナオイルについて、まずは脂質の基礎を理解したあとでメリットやデメリットについてみてきました。カメリナオイルはこれまでのオメガ3系の不飽和脂肪酸の弱点を補ってくれるものであり、健康のために摂取することで良い効果が期待できます。食事など健康に気を遣っている人は一度試してみると良いでしょう。

ただし何事も、過ぎたるは猶及ばざるが如しなので摂りすぎには注意したいものですね。良質のものをうまく使っていくことによって、しっかり健康を保っていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

-アンチエイジング
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.