ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

バストアップ

豊胸手術の副作用ってどんなもの?ダウンタイムとは?

更新日:

豊胸手術をしたいと考えた時、やはり気になるのは副作用として起こるダウンタイムではないでしょうか。ダウンタイムとは、手術前と同じ日常生活が送れるようになるまでにかかる時間のこと。ダウンタイムにはどのような事が起きるのか、そしてその症状を軽くするにはどうしたら良いのかを知っておきましょう。

 

豊胸手術にはどんな種類がある?

adobestock_28099868

豊胸手術の種類によって、起きる副作用の内容やダウンタイムの長さも変わってきます。まずは、どのような種類の豊胸手術があるのか見てみましょう。

 

シリコンバッグ挿入

脇の下を小さく切開し、そこからシリコンバッグを挿入する方法です。自分の好みの大きさや形のシリコンバッグを選べるので、挿入した直後から理想のバストになることができます。

 

一度挿入したシリコンバッグは、取り出すまではずっと大きいままですので、途中で小さくなる心配はありません。加齢などの理由によりシリコンを取り出したくなった場合、もう一度手術を受ける必要があります。

 

脂肪注入法

自分の身体の余分な脂肪を取り、それをバストに注入する方法です。人工物ではなく、自分の脂肪を使うので、拒絶反応なくバストアップすることができます。触った感触も自然ですので、他人に手術したことが知られてしまうことはありません。

 

ただし、注入した脂肪が全て定着するわけではないため、時間の経過と共に施術直後からやや小さくなる可能性があります。ですが、定着した脂肪は減らずにそのままバストに残ります。痩せている人の場合は、バストに注入する分の脂肪が他の部分から取れない可能性がある為、誰でも施術を受けられるわけではありません。

 

ヒアルロン酸注入

バストにヒアルロン酸を注入し、バストアップさせる方法です。シリコンバッグ挿入や脂肪注入法と異なり、施術の傷跡は注射針のみのとても小さなものです。処置の時間も20分から30分と短く、痛みも非常に少ないことがメリットです。施術後の通院も不要で、仕事を休む必要もありません。

 

注入したヒアルロン酸は、身体の中に少しづつ吸収されていく為、バストアップ効果は約1~2年と考えられています。

 

手術後に起こるダウンタイムって?

adobestock_113184502

豊胸手術後に起きるダウンタイムについて解説します。

 

ダウンタイムとは

どんな手術でも、身体が回復するまでは時間がかかるものです。術後身体が回復し、手術前と同じような身体の状態に戻るまでにかかる時間をダウンタイムと呼びます。かかるダウンタイムは豊胸手術の内容によって異なります。

 

シリコンバッグのダウンタイムが一番長く、次に脂肪注入法、最後にヒアルロン酸注入です。シリコンバッグ挿入の場合は、約1週間、脂肪注入法は約3日間は仕事を休んだり、家事をしないようにするなどの工夫が必要になってきます。ヒアルロン酸注入は、特に休みは必要ありませんが、注入した日から2~3日は安静にするなどの必要が出てきます。

 

痛み

身体を切開するシリコンバッグ挿入では約1週間から2週間、脂肪注入法の場合は約1週間は痛みが出ると言われています。脂肪注入法で痛みが出るのはバストだけではありません。脂肪を吸引した部位にも痛みが出てしまいますので注意しましょう。

 

バストに注射するだけのヒアルロン酸注入であっても痛みは生じますが、シリコンバッグ挿入や脂肪注入法よりかは軽い痛みです。どの豊胸手術でも、クリニックから処方された痛み止めを服用しながら、術後の経過を見ていきます。

 

腫れ

身体に出来た傷が、炎症を起こすことで腫れを引き起こします。腫れの場合も、豊胸手術と同様に手術内容によって痛みの度合いや治るまでの期間が異なります。ヒアルロン酸注入によって起こる腫れは3日ほどですが、シリコンバッグ挿入や脂肪注入による豊胸手術では、腫れが引くまで約2週間かかると考えておくと良いでしょう。

 

内出血

皮膚の外側ではなく、内側で出血する状態を内出血と言います。切開を伴う手術の時には、どうしても皮膚の内側の血管にダメージを与えてしまいます。シリコンバッグ挿入時や、脂肪の吸引、注入の時に内出血が起きると、炎症やむくみの原因となります。

 

シリコンバッグ挿入、脂肪注入法による手術の場合は、内出血が治るまでに2週間くらいかかりますが、ヒアルロン酸注入であれば内出血の心配はほとんどありません。

 

ダウンタイムを軽くするにはどうしたらいい?

adobestock_113613502

辛いダウンタイムの症状を、できるだけ軽くするために注意すべきポイントがあります。以下の点に注意して過ごせば、身体の治りも早くなりますよ。

 

禁煙

タバコは、身体の血管を細くさせてしまいます。血管が細くなると、豊胸手術で出来た傷の治りが遅くなってしまいます。いつまでも痛みが続いたり、腫れが引くまで時間がかかってしまう原因となります。

 

特に注意しなければならないのは、脂肪注入法を行った時です。注入した脂肪の定着率は、タバコにより激減してしまうので注意しなければなりません。せっかく注入した脂肪が、タバコで定着しなくなってしまうのは避けたいですよね。

 

担当するクリニックの医師にもよりますが、脂肪注入法を行った場合は、約1ヶ月ほど禁煙を指示されることが一般的です。

 

アルコールもダメ

タバコだけではなく、アルコールも術後の身体に良くありません。アルコールは、身体の血管を広げて流れを良くする作用があります。手術の後の状態でアルコールを飲むと、内出血が酷くなったり、腫れが出てしまったりと悪影響が出てしまいます。

 

ダウンタイムを出来るだけ短くしたい人は、術後のアルコールは1週間控えるようにしましょう。どうしても飲みたい場合は、少量であれば構いませんが、手術当日は身体のダメージが大きい状態ですので、絶対に禁酒してください。

 

食事と睡眠をしっかりと!

基本的なことですが、食事で栄養をしっかり摂り、睡眠で身体を休ませることはとても大事です。身体を十分に休ませつつ栄養を摂ることで、ダウンタイムを短くすることができます。身体の調子が元に戻るまでは、激しい運動は避け、栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

 

痛くて眠れない場合は、医師に相談して痛み止めを処方してもらってください

 

しこりにも注意!

adobestock_106280027

豊胸手術の副作用として起こるのは、腫れや痛み、内出血だけではありません。しこりも同様に、術後注意する必要がある症状です。しこりに注意しなければならないのは、脂肪注入法とヒアルロン酸注入による手術です。脂肪やヒアルロン酸を少量づつ、バストにバランス良く注入すれば、しこりの発生を抑えることができますが、一度に大量の脂肪やヒアルロン酸を注入してしまうと、しこりが発生しやすくなってしまいます

 

また、注入する脂肪に、死んだ細胞や細胞膜などの不純物が沢山含まれていることも、しこりの原因となります。脂肪注入法を受ける際には、吸引した脂肪から不純物をどのように処理しているのかを確認すると良いでしょう。一度しこりになってしまうと、元の状態に戻すのは非常に難しくなりますし、触り心地が悪くなったり、バストの形が悪くなるなどの影響が出てしまいます。

 

施術を担当する医師の技術によっても、しこりが出来るかどうかが左右されますので、口コミなどを参考にして、腕の良い医師を探してみるというのも良いでしょう。

 

一方、シリコンバッグではしこりの心配はありません。ですが、シリコンバッグが固くなってしまう場合がありますので、定期的にマッサージをする必要があります。

 

ダウンタイムを理解し、納得して豊胸手術を受けよう!

adobestock_40123767

確実に、そして短時間でバストアップしたい人の願いを叶えてくれる豊胸手術ですが、副作用として起こるダウンタイムについても術前に知っておく必要があります。ダウンタイムをより短く、そして辛い症状を軽くするためにも、術後の禁煙や禁酒などの生活上でのポイントをしっかり守りましょう。

 

手術の事で何か不明な点があれば、自分が納得行くまで施術を担当する医師に確認してください。完全に納得できてから豊胸手術を受けるようにしましょう。

 

安心して受けられる豊胸手術クリニック


女性の体に関する悩みでも常に上位にあるのがバストに関するもので、形や大きさは特に気にする方が多い部分です。
そんな女性特有の悩みを解決する手段の1つに豊胸手術があり、THE CLINICでは最先端の豊胸手術を安全に受けることが出来ます。

 

豊胸手術と言っても種類は複数あり、THE CLINICでは新しい豊胸である脂肪注入豊胸の人気が高くなっています。
シリコンバッグを使った豊胸手術よりも自然な見た目に出来、拒否反応もほとんど出ないことが人気の理由です。
メスを使わないプチ豊胸の代表格であるヒアルロン酸注入が一時的な豊胸であるのに対し、脂肪注入は長期間理想のバストをキープしやすくなっています。

安心安全で自然な形のバストアップ

また、自分の体の要らない部分の脂肪をバストに注入する形になるので、脂肪が気になる箇所の部分やせが同時に出来るのも大きな魅力です。
ヒアルロン酸注入よりは時間がかかるバストアップの方法ですが、シリコンバッグで発生しやすい拒否反応も無いので安心して施術を受けることが出来ます。

 

バストアップを見た目も触感も自然な形で、尚且つ安全に行いたいという人にはとてもオススメ出来る豊胸手術です。

 

脂肪注入豊胸はリスクが低い豊胸手術ですが、実は技術次第ではしこりが出来てしまう可能性があります。
しかし技術が高いクリニックや医師であればしこりのリスクを回避出来るため、THE CLINICでは技術の高い専門のドクターだけが施術を行います。

 

THE CLINICは全国各地に医院があるため、不安な場合はまずはカウンセリングを受けに行ってみてはいかがでしょうか?

THE CLINICの体験談

32歳/OL
バストのボリューム不足がずっと気になっていましたが、シリコンバッグの豊胸はちょっと…と思って延ばし延ばしになっていました。
そんなときに相談をしたTHE CLINICで自分の脂肪を使った豊胸ができることをしり、すぐにその手術を受けることに決めました。

術後に自分のバストを確かめると本当に自然な形でバストアップ出来ていて、触った感じも柔らかくて言わなければ絶対にバレないと思いました(笑)
形も満足行くものだったので最近はお風呂上がりに鏡で自分のバストをチェックするのが楽しくて仕方ないです。
同時のお腹周りもスッキリしたのでバストが目立ちやすくなり、ボディバランスも整って本当に手術をしてよかったと思っています。

28歳/専業主婦
バストの形の悪さと小ささが気になっていて、THE CLINICでヒアルロン酸注入を何度か行っていました。
でも体に吸収されてしまうと病院にまた行く必要があるのが億劫に感じていたので、思い切って脂肪注入の豊胸手術を行ってもらいました。

ヒアルロン酸注入よりも時間がかかる手術だったので不安でしたが、術後のバストを見て本当にやってもらってよかった!と感じました。
理想としていた自然な谷間が出来てしっかりとした膨らみを感じることが出来たのが何よりも嬉しかったです。

バストが強調される服も着れるようになり、大好きなファッションを今まで以上に楽しめています。
しばらく経った後も変わらない形をキープしてくれていて、触り心地も本当に自然なのでもっと早くやっていればよかったと思いました。

早速貴女も体験してみてください

 

バストアップの人気記事

バストアップサプリ口コミランキングBEST9|人気・安全のサプリはこれ!

このページでは、バストの小さいことに悩む方にオススメのバストアップサプリについて詳しく書かれたページです。   ...

バストアップクリームの効果と選び方!これで美乳を手に入れよう

みなさんはバストアップの方法と言われたらどのような方法を思い浮かべますか?バストアップの方法には豊胸手術やサプリメントな ...

【今すぐ始める】簡単!効果絶大バストアップマッサージ3選

効果的にバストアップするには、マッサージがおすすめです。どうしてマッサージがバストアップに効果的なのか、どのような点に注 ...

 

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-バストアップ
-, ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.