バストアップ

バストアップ効果のある食べ物とNGな食べ物まとめ

更新日:

気軽にバストアップしたい人に朗報!なんと、食べるだけでバストアップ効果が得られる食材があるのです。どうして食べ物でバストアップできるのか、そして何を食べたらバストアップできるのかを解説します。食生活をちょっと工夫するだけで、バストアップしやすい身体になれますよ!

 

食べ物でバストアップできるって本当?

adobestock_60339179

女性として産まれたからには、どうしてもバストが大きい身体に憧れてしまうもの。でも、どうやってバストアップしたら良いのか分からない人も多いと思います。胸の筋肉を鍛えたり、矯正下着をつけたりする方法もありますが、簡単な方法で身体の内側からバストアップできたら良いですよね。大きなバストに憧れるけど、キツい運動はやりたくないという人もいるでしょう。

 

ホルモンを整えることでバストアップにつなげる

実は、ある食材を食べることでバストを大きくする方法があるのです。食べ物でどうやってバストアップできるのか不思議に思う人もいるでしょう。バストアップには、女性ホルモンの働きが必要です。食べ物の中には、女性ホルモンに働きかけてバストを大きくしたり、身体の調子を整えることでホルモンバランスを整え、バストアップしやすい身体にしてくれるものがあるのです。

 

バストアップに効果的な食べ物

adobestock_116489871

バストアップ効果のある食材には、具体的にどのようなものがあるのか見てみましょう。

 

大豆

大豆には、大豆イソフラボンという成分が含まれています。大豆イソフラボンは、実は女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持つことが分かっています。豆腐や納豆といった大豆製品を沢山食べることによって、体内の女性ホルモンの働きを高めることができますよ。

 

エストロゲンの効果は

エストロゲンは、女性の若々しさや美しさを保つ効果がありますので、バストを大きくするだけではなく、美肌効果や髪の毛のツヤも手に入れることができますよ。美容以外にも、コレステロール値を下げたり、骨を丈夫にする作用もあります。

 

キャベツ

キャベツには、ボロンという成分が含まれています。ボロン自体にはバストアップ効果はありませんが、女性ホルモンのエストロゲンの分泌を増やす効果があると言われています。間接的に女性ホルモンの分泌を増やすことができれば、胸も大きくなるというわけです。

 

ボロンは熱に弱い

ただし、ボロンは熱に弱い成分なので、バストアップ目的でキャベツを食べるのであれば、生のまま食べるようにしましょう。キャベツ以外にも、りんごやピーナッツ、アーモンドなどもボロンを含んでいます。

 

ビタミン

ビタミンも、バストアップに欠かせない大事な成分です。それぞれの働きを細かく見ていきましょう。

 

ビタミンA

ビタミンAはお肌のツヤを生み出し、ハリのあるバストにしてくれます。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は疲労回復効果以外にも、神経機能を正常に保ってエネルギーを作り出す効果があります。血行を良くすることでバストアップ効果をサポートします。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は細胞の新陳代謝を活性化させ、皮膚や粘膜を正常に保ちます。バストの発育に欠かせないビタミンです。

 

ビタミンE

ビタミンEは美肌効果以外にも、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。また、ビタミンEは女性ホルモンの1つである黄体ホルモンを作り出す効果がある成分です。黄体ホルモンに働きかけることで、乳腺を発達させ、バストを大きくさせることができます。

 

乳製品

乳製品には、良質なタンパク質がたっぷり含まれています。タンパク質は、バストのハリやツヤを出すために必要な栄養素です。胸を支える大胸筋を維持するためにも、タンパク質は必要です。バストの為に積極的に摂っていきたい成分ですが、乳製品の摂り過ぎは脂肪の摂り過ぎになりますので注意しましょう。

 

バストアップに良くない食品や食べ方

adobestock_73469450

逆に、バストアップに良くない食材について知っておきましょう。バストに良くない食材以外にも、食事の摂り方についても注意が必要です。

 

アルコール

少量のアルコールなら問題ありませんが、大量にアルコールを飲むのはバストアップに良くありませ。アルコールを摂取すると、肝臓はアルコールの分解で精一杯になってしまいます。そうすると、肝臓で分解されるべき女性ホルモンがなかなか分解されなくなってしまうのです。

 

肝臓と女性ホルモン

女性ホルモンは、肝臓で分解されることで新しく作られるという特徴があります。女性ホルモンがすぐに肝臓で分解されない場合は、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌量が落ちてしまうのです。

 

コーヒー

毎日飲むのが好きな人もいるコーヒーですが、実はバストアップにあまり良くないとされています。なぜなら、コーヒーを沢山飲むことで身体の細い血管の流れが悪くなるからです。血液の流れが悪くなると、バストアップに必要な女性ホルモンや栄養素がバストに届きにくくなってしまいます。

 

一日あたりのコーヒーの量は

1日あたりのコーヒーの量を3杯以下にすると、影響が少ないので良いでしょう。

 

偏った食事

忙しいと、ついつい偏った食事になりがちです。偏った食事では、バストアップに必要な栄養素をしっかり摂ることが難しくなり、女性ホルモンの分泌を悪くさせる原因となります。脂肪や炭水化物が多い食事が続くと、身体全体に脂肪が付いてしまい、メリハリのあるボディから遠ざかってしまいますよ。

 

ムリなダイエットは厳禁

無理なダイエットをしようとして厳しい食事制限をすることでも、栄養バランスが偏る原因になります。1日3食、しっかりと食べるように心がけましょう。

 

胸に良い成分を沢山摂ってバストアップしよう!

adobestock_109954735

バストアップするには、胸に良い食材をなるべく沢山摂ることが大事です。ですが、食材を摂ることだけに頼らずに、自分の生活の見直しも必要です。規則正しく生活することは、女性ホルモンのバランスを整えます。毎日規則正しく生活しているかどうか、バランス良く栄養を摂っているか、ストレスの少ない生活かどうか、一度自分自身を見つめ直してみましょう。自分の生活の見直しが、バストアップへと繋がる第一歩ですよ。

 

バストアップの人気記事

バストアップサプリおすすめランキング|口コミで効果の高いものを比較しました

このページでは、バストの小さいことに悩む方にオススメのバストアップサプリについて詳しく書かれたページです。   ...

【やばい!】バストアップサプリは間違った飲み方で太る!太らないための注意点

「バストアップサプリを飲むと太る」というのは本当なんです。女性にとってダイエットは常に付きまとう課題のようなもの。バスト ...

【動画解説】筋トレで効果的にバストアップする方法!大胸筋エクササイズのウソ・ホント

バストアップしたいなら、大胸筋のエクササイズが効果的!実は筋トレをすることでバストアップにつながるんですよ。でも正しいや ...

The following two tabs change content below.
Lacy編集部:桜井香織

Lacy編集部:桜井香織

ビューティーライター(エディター) 美容の専門学校を卒業後、美容関連の広告代理店に就職。美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。 【得意ジャンル】 スキンケア/メイクアップ/ヘアケア/ダイエット/美容サプリ など美容系全般 Twitter:https://twitter.com/Ranklabo

-バストアップ
-, ,

Copyright© Lacy(レーシー) , 2018 All Rights Reserved.