ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

健康

胸やけは食後?空腹時?起床時?タイミングで違う原因があった!

更新日:

胸やけが起こりやすい人は多い

adobestock_73807901

食べ過ぎた場合や脂っこいものを食べた後、アルコールを摂取した後に胸やけやそれに伴う吐き気を感じるという人はどのくらいいるでしょうか。胸が重たく感じたり、何とも言えない不快感を感じた経験があるという人は少なくないと思います。すぐに胸やけするから食事は抑えめに気を付けているという人もいるでしょう。

 

胸やけはいったい身体の中でどのようなことが起こっているのでしょうか。また、起きたときに感じる場合や食事をした後に感じる場合などいくつかのケースがあると思います。このケースによって原因が違ってくるようです。

 

今回は胸やけについて、胸やけとはどのようなものなのか、そしてケース別にみた胸やけの原因を紹介していきます。

 

胸やけとは?

adobestock_71513616

まずは、胸焼けとはどのようなものなのかについてみていきましょう。胸焼けと胃もたれの違いについても挙げていきます。

 

食道の症状

胸焼けとは、文字の示すように胸が重苦しいといった不快感や痛みなどから焼けるような症状ということです。胸焼けの症状を表現する言葉は人によって様々で、ドーンと重たく圧迫されているという場合やチリチリと焼けるような不快感などが挙げられます。締め付けられる感じがすることや、位置が胸であるということから心臓の病気を心配する人も多いとされています。

 

正確には、胸焼けとは食道からの不快な症状をまとめて言うようです。多くは後述する逆流性食道炎が原因とされていますが、胃酸が多く分泌されている状態や腹部の圧迫によって食道に胃酸の逆流が起こるということです。逆流性食道炎では食道と胃の境目にあって逆流を防いでいる筋肉がうまくはたらいていないと言われており、このことはご存知の方も多いでしょう。

 

逆流性食道炎の症状が強く出るのは過食やアルコール、カフェインの他に、香辛料などの刺激物を摂取した場合です。また、食後すぐに横になると胃酸が逆流しやすいので症状も出やすくなります。水を飲むなどで食道を洗い流すようにすると症状が楽になると言われています。

 

実際に胸焼けの症状で受診した場合には、逆流性食道炎を念頭において診察されるようです。上記のように胸焼けとは食道からの症状を指すので、胃もたれとは違うということです。胃もたれとの違いについてもみていきましょう。

 

胃もたれとの違いとは

食道からの症状を胸焼けと言うとのべましたが、胃もたれは文字通り胃からの症状ということになります。胸より少し下の、お腹の上の方に症状を感じます。上腹部と呼ばれる場所です。

 

胃がムカムカすると言った表現や、重く鈍い痛みなど胃の不快感が表わされますが、胸焼けの原因とは反対のようです。胃のはたらきが低下したり、胃酸の分泌が減少することで消化に支障をきたしていると言われています。胃そのものに問題がない場合には、機能性胃腸症とされるようです。

 

原因としては胸焼けと同様で、過食やアルコール、カフェイン、香辛料などの刺激物とされています。ピロリ菌が原因のこともあるようです。胃が疲れてはたらきが鈍ってしまうということが主な原因ということですね。

 

また、ストレスなどで自律神経のはたらきが乱れることによっても起こるとされています。腹八分目にすることや、消化の良いものを意識して負担の軽減を図ることで胃のはたらきを取り戻すことが推奨されています。胃酸が少ない場合でも胃の粘膜に影響が出ており、粘膜の修復が症状軽減のカギとなるようです。

 

ケース別にみた胸やけの原因

adobestock_47711028

胸焼けがどのようなものなのかみてきた次は、ケース別になぜ胸焼けが起こるのかについてみていきましょう。基本的には食道からの症状と述べたことからわかるように、逆流性食道炎が原因となります。起床時やお腹の状態について挙げていきます。

 

起床時の胸焼け

朝目が覚めたときに胸焼けを感じるという人は、やはり逆流性食道炎の影響が強いとされています。寝ているときは横になっているので、胃から食道に向かって逆流が起こりやすいということです。食道に内容物が留まりやすい体位でもあります。

 

前日の夜にアルコールの摂取が多かった場合や、食べ過ぎた場合には症状が強く出るようになります。アルコールや食べ過ぎによって分泌された胃酸や内容物が逆流しやすいということです。食事から睡眠までの時間が短い場合などは、余計に胸焼けの原因となりやすいので注意が必要です。

 

そうは言っても帰りは遅いし、疲れているから食事をとって風呂などを済ませたらすぐ寝てしまうという人も多いでしょう。そういった場合には消化の良いものを選択したり、よく噛んで食べることで負担を減らしましょう。寝るだけであれば野菜をミキサーにかけてスムージーを作るなど、回復材料を摂取するだけでも充分とされています。

 

ただし、摂取するエネルギーがトータルで減らないように朝や昼をしっかり摂るようにしましょう。

 

食事後の胸焼け

食事をしているときにはどうしても胃酸の分泌が盛んになります。げっぷなどで内容物が一緒に戻ってくるという人も多いのではないでしょうか。このような場合には空気嚥下症もあるかもしれません。

 

空気嚥下症とは、食べ物や飲み物と一緒に必要以上に空気を飲み込んでしまうことを言い、げっぷやおならが増えたりお腹が張ったりします。このげっぷと一緒に戻ってくるということです。ストレスとの関わりが深いとされ、空気嚥下症と逆流性食道炎の関連も深いとされています。

 

つまり、ストレスが関与して空気を飲み込む癖がつくと、げっぷが増えて逆流が起こりやすくなるということですね。繰り返しの負荷によって、逆流を防いでいる筋肉のはたらきにも支障が出るということです。

 

また、食後の場合には上述した胃もたれである場合もあり、部位が近いことから混同されていることもあるようです。ドクターの診察を受ける場合には、症状や部位などを細かく伝えることが必要とされています。

 

空腹時の胸焼け

お腹が空いているときに胸焼けを感じる場合も、逆流性食道炎の影響が強いようです。また、普段から胃酸の分泌が過多になっている可能性があるとされています。口にものを入れて噛んだり、食事環境を認識することで胃酸の分泌は行われますが、それ以外のときにも分泌が多くなっているということが言えます。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎などの疾患がある場合には、普段から胃酸の分泌が多いと考えてよく、逆に空腹時の胸焼けが強い場合にはこれらの疾患が疑われるということです。

 

胃酸が多くても食道と胃の境にある筋肉が正常にはたらいていれば逆流は起こりにくいですが、先にも述べたように繰り返しての負担によって疲弊してしまいます。また、加齢とともにこの筋肉は緩くなってしまうと言われています。その他にはピロリ菌の影響も挙げられ、慢性胃炎につながるようです。

 

胸やけ改善には生活習慣を整えることから

adobestock_31259538

胸やけについて、胸やけとはどのようなものなのか、そしてケース別にみた胸やけの原因を紹介してきましたがいかがでしたか?胸やけは食道の症状であることや、胸やけには逆流性食道炎が深く関わっていることなど理解してもらえたかと思います。気になる症状がある場合には、一度受診してみましょう。

 

また、胸やけの改善、ひいては逆流性食道炎の改善には生活習慣を整えることが重要とされています。食事の内容や時間帯はもとより、睡眠や運動などのバランスを整えて根本から改善を図っていきましょう。

The following two tabs change content below.
編集部:ミモー

編集部:ミモー

美容関連の専門学校で学んできた豊富な知識を記事にしています。私自身も使用しているコスメやサプリなどもご紹介していますので、お役立て出来ればと思います。

年末の準備はできてますか?

カニ通販おすすめランキング
カニ通販おすすめランキング【絶対満足な口コミで人気のサイトを厳選】

年末にうれしいカニ!カニ通販で絶対満足できる口コミで人気のおすすめサイトをランキング形式でご紹介いたします。カニ通販で失敗しいないポイントやカニの種類別のおすすめ通販などカニを通販で購入するときのおすすめや注意点などをわかりやすくまとめたページです。カニ通販をするときにご利用ください。

-健康
-

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.