ランクラボ

美容・健康・ライフスタイルに関するさまざまな話題・口コミ・ランキングをわかりやすくご紹介いたします。

美容

効果はあるの?今話題のボタニカルシャンプーの正体とは

投稿日:

最近はノンシリコンシャンプーなどのような髪や頭皮にやさしいシャンプーが話題になっていますが、その中でも「ボタニカルシャンプー」が注目を集めています。オーガニックシャンプーとはどこが違うのか?ボタニカルシャンプーの特徴や選び方は?など、これを読めばボタニカルシャンプーの全てがわかります。

ボタニカルシャンプーとは?

まずはボタニカルシャンプーの基本を抑えておきましょう。

植物由来成分を配合したシャンプー

「ボタニカル(botanical)」とは英語で「植物学上の、植物由来の」という意味があります。植物園などは英語でbotanical gardenと言いますので、海外旅行などで植物園に行ったことがある人は目にしたことのある単語かもしれません。ボタニカルシャンプーとはその名の通り、植物由来の成分を配合したシャンプーのことを指します。

オーガニックシャンプーとの違いは?

オーガニックシャンプーの「オーガニック(organic)」とは「有機栽培の、無農薬の」という意味があります。ですから、オーガニックシャンプーは有機栽培の植物を利用したシャンプーということになります。ボタニカルシャンプーは植物由来ではありますが、有機栽培かどうかということまではこだわっていないシャンプーです。ですから、ボタニカルシャンプーという大きなくくりの中で、有機栽培の原料を使用したものを「オーガニックシャンプー」と呼びます。

ボタニカルシャンプーの成分は

ボタニカルシャンプーにはどのような成分が含まれているのでしょうか?ボタニカルシャンプーの成分は大きく分けて洗浄成分と植物由来の成分の2種類に分けられます。

洗浄成分

ボタニカルシャンプーに含まれる洗浄成分は、製品によって様々な種類の物があります。それぞれについて特徴を挙げておきましょう。

高級アルコール系

高級アルコール系の洗浄成分はさまざまなシャンプーに用いられています。泡立ちがよく、洗浄力が強いことが特徴ですが、使い続けることで髪や頭皮がダメージを受けるというデメリットもあります。「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」などがこれに当たります。

石鹸系

石鹸系のシャンプーは「使うと髪の毛がごわつく」という声を聴くことがあります。石鹸はアルカリ性で、髪の毛についた皮脂や、皮脂で髪に貼り付いた汚れなどが非常によく落ちるという特徴があります。アルカリ性の石鹸であらうとキューティクルが開いてしまうためにごわつくと言われたり、いたんでいる箇所に石鹸が残ってしまうためにごわつくと言われたりするようです。そのため、洗髪後に弱酸性のリンスなどで整える必要があります。石鹸系のシャンプーのメリットは安全であるということです。肌や髪へのダメージが少ないことが特徴です。

アミノ酸系

アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪にやさしいというイメージがあると思います。確かに低刺激ですので、頭皮や髪にやさしいといえます。その分洗浄力が少し弱いという欠点もあります。また、肌に残ると肌トラブルが起こることもあるので、しっかりと洗い流すことが必要です。

両イオン性界面活性剤

両イオン性界面活性剤はベビーシャンプーに使われているほどの低刺激が特徴です。保湿力が高いため、続けて使っていると髪がしっとりしてきます。

種類 洗浄成分
高級アルコール系 ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウム

石鹸系 カリ石鹸素地

ラウリン酸カリウム

オレイン酸カリウム

ミリスチンカリウム

アミノ酸系  アシルグルタミン酸

ラウロイルメチルアラニンナトリウム

ラウロイルサルコシンTEA

ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム

ココイルアラニンナトリウム

ココイルグルタミン酸TEA

パーム脂肪酸グルタミン酸ナトリウム

両イオン性界面活性剤  コカミドプロピルベタイン

ラウラミドプロピルベタイン

ヒドロキシエチルサルコシン

植物由来の成分

植物由来の成分が入っているのがボタニカルシャンプーの最大の特徴です。どのような植物が配合されているのかは製品ごとに異なりますが、「保湿成分」あるいは「抗炎症作用」が含まれているものが多いようです。保湿成分は髪だけでなく頭皮を乾燥から守り、ターンオーバーを正常化させるのを助けます。また、ヤシ油やパーム油などの植物油も含まれている場合があります。抗炎症作用をもつ成分は、頭皮の炎症を抑えたり予防してくれたりという効果があります。

自分にあったボタニカルシャンプーを選ぼう

ボタニカルシャンプーにもさまざまなものがありますが、どのような基準でボタニカルシャンプーを選べばよいのでしょうか?シャンプーを選ぶ際の基準を知っておきましょう。

全てのボタニカルシャンプーが髪に優しいわけではない

ボタニカルシャンプーは髪に優しい、というイメージが非常に強いと思いますが、全てのボタニカルシャンプーが髪に優しいというわけではありません。ボタニカルシャンプーには植物成分の配合量や配合率についての規定が無いため、少しでも植物由来の成分が入っていれば「ボタニカルシャンプー」と名乗ってもかまわないのです。そのため、実は通常のシャンプーと変わらないという場合もあるので、注意が必要です。

界面活性剤の強さをチェックしよう

ボタニカルシャンプーが髪や頭皮に優しいかどうかは、界面活性剤の強さによって決まります。高級アルコール系の界面活性剤を使っている製品や、場合によっては石油系の界面活性剤を使用している製品があるかもしれません。アミノ酸系や石鹸系などが髪に優しい洗浄成分ですので、選ぶ際の参考にしてみましょう。

ボタニカルシャンプーの長所・短所は?

ボタニカルシャンプーにも長所や短所があります。どのような点があるのかを見ていきましょう。

頭皮や髪にやさしい製品が多い

ボタニカルシャンプーには、頭皮や髪に優しい製品が多いということが最大の長所です。ネットなどの口コミを見て、評価の高さだけでなく、良い口コミと悪い口コミをそれぞれしっかりと読んでどのシャンプーが良いかを選びましょう。安すぎる場合などは植物由来の成分が十分ではなかったり、洗浄成分が肌や髪に優しくないものであることがあります。

低刺激のものは洗浄力が強くないことがある

アミノ酸系の洗浄剤や石鹸系の洗浄剤の場合、低刺激であるため髪や頭皮にやさしいという特徴がある反面、洗浄力自体はそれほど強くありません。洗浄力が強くないからこその低刺激であるのですが、洗い方に気をつければしっかりと頭皮や髪の汚れや皮脂を落とすことができます。

シャンプーの効果を上げるためのポイント

まずは事前にお湯だけで予洗いするということが大切です。また、髪が乾いているうちに髪をブラッシングしておくというのも有効です。事前にブラッシングすることで頭皮が刺激されたり、汚れを浮かび上がらせたりすることが出来るためです。その上で予洗いをして汚れを洗い流し、さらにシャンプーでダメ押しをするというのが有効な洗髪方法です。

シャンプーだけでなくコンディショナーの成分にも注目

多くのボタニカルシャンプーがコンディショナーやリンスなどとセットになっていることが多いです。シャンプーは肌や髪に優しいけれど、コンディショナーが刺激が強かったり、肌や髪に優しくないということもありえます。ノンシリコンを使いたい人がノンシリコンのボタニカルシャンプーを使うけれどもコンディショナーにはシリコンが入っている、ということもよくあることです。コンディショナーも成分表や原材料のところをしっかり見て選ぶ必要があります。

頭皮や髪に優しいボタニカルシャンプーを選んで美しい髪になろう

「ボタニカルシャンプー」だからといってすぐに飛びつくのではなく、製品ごとの成分や口コミ、評価などをしっかりとチェックすることは大切なことです。評価が高く、よく売れているシャンプーであれば信頼性も高いと考えて良いでしょう。シャンプーに加えて、効果的な洗い方を実践すると頭皮と髪の健康維持にとって良い影響がありますよ。

The following two tabs change content below.
編集部:ピンク娘

編集部:ピンク娘

学生時代は自分の容姿に自信が持てなく、人前に出るのが苦手でした。でも今は色々な美容を学び、逆に「自分を見て♪」と思えるようになった26歳のライターです。

-美容
-, , , ,

Copyright© ランクラボ , 2017 All Rights Reserved.